在宅ワークをお探しの方はこちら

これからの時代に役立つ資格13選!定番からマイナーまで一覧で紹介!【2022年最新】

これからの時代に役に立つ資格が何か知りたい」「資格をどう活かせばいい?」こんな疑問にお答えします。変化の早い時代に役立つ資格を取得したいと思っている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、これからの時代に役立つ13の資格を紹介します。内容は以下の通りです。

  • これからの時代に役立つ資格の3つのポイント
  • どんな業界でも役に立つ5つの資格
  • 独占業務のある6つの資格
  • IT関係の4つの資格
  • 高校生にもおすすめな3つの資格
  • 資格取得におすすめの通信講座
  • 取得した資格の活かし方
  • 趣味を深めるおすすめの資格

どの資格が自分に合うか悩んでいる人や、資格取得で就職や転職を成功させてい人はぜひご覧ください。

これからの時代に役立つ資格とは?押さえておきたい3つのポイント

これからの時代に役立つ資格とは?

これからの時代に役立つ資格を選ぶための3つのポイントを紹介します。せっかく資格を取得するなら、役に立つものを選びましょう

ポイントは以下の3点です。

  1. 仕事につながる資格か
  2. 将来性のある分野か
  3. 知名度や信頼性はあるか

①仕事につながる資格かどうか

役に立つ資格といえば、仕事につながる資格です。その資格を取得することによって、仕事につながるかどうかを確認しましょう。

仕事につながる資格は多数あります。中でも取得することで食いっぱぐれる可能性を減らせたり、高収入を目指せる資格がおすすめです。

独占業務があるとより有利

「独占業務」がある資格は仕事を得る上で非常に有利です。独占業務資格とはその資格がないと、その仕事に就職できなかったり、仕事に携われない資格のことを指します。

後述しますが、例えば「税理士」や「公認会計士」などが代表的な独占業務のある資格です。難関資格が多く、取得までに時間や労力がかかりますが、食いっぱぐれる可能性を減らせます

手に職をつけられるので、先行きの不透明なこれからの時代におすすめの資格です。

高年収を目指すなら独立できる方が良い

将来的に高収入を目指したい場合は、独立開業できる資格がおすすめです。資格があれば、独立後も顧客からの信頼を得られるというメリットもあります。

終身雇用は終わりを向け、年功序列で昇給していく時代ではありません。資格取得によって、独立開業を目指す方が高収入を狙えます

先述した「独占業務がある資格」や「士業」などは独立開業に向いている資格です。税理士や公認会計士、医師などは独立後に高収入を得られます。

資格取得によって高収入を目指したい人は、独立開業に向いている資格を取得しましょう。

②将来性のある分野かどうか

将来性のある業界や分野の資格を取得しましょう。すでに斜陽産業となってしまっている分野の資格を取得しても、仕事につながりません。

将来性のある分野や業界の資格なら、資格所有者の需要がこれからますます伸びていきます。その分野のスペシャリストを目指せば、待遇や収入アップも可能です。

これからの時代に伸びていく分野を見極めて、取得する資格を選びましょう。

③知名度や信頼性はあるかどうか

知名度や信頼性があるかどうかも確認しておきたいポイントです。一目置かれたり、初対面でも信頼を得られるような資格はいつの時代も役に立ちます。

士業関係の国家資格、高難易度のIT系資格などは、それぞれの業界で知名度や信頼性があり働く上で役に立つのでおすすめです。

どの業界にも活かせる!これからの時代に役立つ資格5選

業界を問わず活かせる資格

業界を問わず、これからの時代に役立つ資格を5つ紹介します。どの資格の取得を目指すか迷った人には、以下の5つがおすすめです。

  • 日商簿記
  • ファイナンシャルプランナー(FP)
  • 中小企業診断士
  • マーケティング検定
  • メンタルヘルス・マネジメント®検定

一つずつ詳しく解説していきます。

日商簿記

会計の基礎にあたる簿記は、あらゆる業界で役に立つ資格です。3級〜1級までありますが、実務で役に立ったり、履歴書に書くなら2級以上が必要になります。

日商簿記は、知名度が高く、いつの時代も役に立つ資格です。経理の仕事だけではなく、営業や製造、さらには私生活の家計管理でも活かせます。

日商簿記検定がどのように役に立つか、より詳しく知りたい人は、簿記は就職に役立つ?有利な就職先や活かし方を紹介!をご覧ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナーは、生活に関するお金と、ライフプランに関するプロです。私生活で生涯にわたって役に立つことはもちろん、仕事でも役に立ちます。

2級以上を取得して、実績を積むことで独立開業も望め、うまくいけば高収入も夢ではありません。また、私生活では、税制の知識を活かして節税対策を講じられるようになります。

仕事や生活で役に立つファイナンシャルプランナーの資格は、これからの時代にマッチした資格です。取得するメリットや、活かし方をより詳しく知りたい人は、FP資格のメリットは?就職には役に立たない?とる意味や活かし方を紹介!をご覧ください。

中小企業診断士

中小企業診断士はどの業界でも活躍できる需要の高い資格です。経営コンサルタント資格では唯一の国家資格であり、日本版MBAと呼ばれるなど注目度も高くなっています。

景気の先行きが不透明な昨今、経営アドバイスや補助金の相談をする企業が多く、将来性も悪くない分野です。独立開業も可能で、平均年収も高いので、これからの時代に役立つ資格と言えます。

中小企業診断士の平均年収や、将来性については、中小企業診断士の年収は平均700万?稼ぐための方法と将来性についても解説にて詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

マーケティング検定

マーケティング検定は2017年に誕生した比較的新しい資格です。業界や業種を超えて通用するビジネススキルであるマーケティングを、基礎から習得することができます。

モノやサービスが行き届いた現代では、商品やサービスを売ることは難しく、マーケティングのスキルは必須です。解析データを読み解く力や課題・問題解決の提案力は今後さらに需要が高まるでしょう。

3級〜1級まであり、3級と2級は受験資格がないため、マーケティングに興味がある人や、マーケティング関係の仕事をしている人は受験してみてはいかがでしょうか?

メンタルヘルス・マネジメント®検定

メンタルヘルスマネジメント検定は、自分や部下、同僚、会社全体のメンタルヘルスを管理する知識や能力を測る検定です。近年では心の不調を訴える人が非常に増えており、雇用する企業側も従業員の心の健康の管理が急務となっています。

人事や労務部門で働く人に必要な資格と思われがちですが、管理職や、後輩を持つ先輩社員など企業で働く人全てに役立つ資格です。心の不調を予防したり、自身の心の健康管理のために取得を目指してみてはいかがでしょうか?

メンタルヘルスマネジメント検定に興味がある人は、メンタルヘルスマネジメント検定の勉強時間は?1種・2種・3種それぞれ解説!をぜひご覧ください。資格の詳しい内容や、勉強時間、おすすめの講座を紹介しています。

独占業務がある!これからの時代に役立つ資格6選

独占業務のあるこれからの時代におすすめ資格

独占業務のある資格は、取得すると高収入かつ就職や転職で非常に役に立ちます。ほとんど全て国家資格で、取得するだけで将来の安定度が増すものばかりです。

ここでは、これからの時代に役に立つ独占業務のある以下の6つの資格を紹介します。

  • 公認会計士
  • 税理士
  • 社会保険労務士(社労士)
  • 行政書士
  • 司法書士
  • 宅地建物取引士(宅建士)

難関資格ばかりですが、チャレンジする価値は高いものばかりです。一つずつ詳しく解説していきます。

公認会計士

公認会計士は最難関国家資格の一つです。企業での会計がルールに則って正しく行われているかチェックすることが主な業務内容となっています。

試験に合格するためには数年の勉強が必要なほど難関資格です。そのため、有資格者の市場価値は高く、就職や転職で有利となります。

将来性も十分あり、AI時代でも需要は無くならないでしょう。公認会計士の将来性については、公認会計士に将来性はある?AIの影響を踏まえて解説!にて詳しく解説しています。チャレンジするか迷っている人は、ぜひご覧ください。

税理士

税理士は、その名の通り、税に関するスペシャリストです。税理士の仕事には、資格を取得しなければ携われない独占業務と、税の知識を活かした業務があります。

独立開業も可能で、高収入を狙える一方、勤務税理士として安定した給料を得ることも可能です。税理士の仕事は、時代に左右されない需要があるので、将来性も問題ありません

税理士になった後のことを知りたい人は、税理士の仕事内容は?忙しいって本当?収入は?をぜひご覧ください。仕事内容や、1年のスケジュール、税理士になるメリットを詳しく解説しています。

社会保険労務士(社労士)

社会保険労務士は社会保険や年金、労働管理などの人事労務に関する専門家です。働き方改革など、労務管理が注目される近年は需要が高まってきています。

独立開業も可能で、うまくいけば高収入を目指せる仕事です。また、業界を問わず、就職や転職を有利に進めることができます

しかし、難関国家資格のため、その勉強時間は1,000時間にも及び、合格率は6%前後です。社会保険労務士の難易度や試験内容については、社会保険労務士の難易度は?合格率や試験内容をくわしく解説!にて詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

行政書士

行政書士は独立開業を目指しやすい国家資格です。受験資格がなく難易度も他の士業と比べると低いという特徴があります。

主な仕事内容は、「書類作成業務」「手続代理業務」「相談業務」の3つです。会社設立時や、外国人雇用、遺言書作成などが挙げられます。

いきなり独立開業を目指さなくても、行政書士事務所に就職して経験と実績を積むことも可能です。詳しい仕事内容や資格の活かし方については行政書士の仕事内容は?資格を活かす具体的な場面や主な業務内容について解説にて詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

司法書士

司法書士は超難関の国家資格です。裁判所や法務局へ提出する書類の作成が主な業務になります。書類の内容は、不動産登記や商業登記、供託など権利と財産に関する重要なものです。

独立開業が可能で、平均年収も高い水準を誇っています。借金などの問題も扱うため、景気の先行きが不透明な今後も需要が絶えない職業です。

司法書士になるには、司法書士試験に合格後、裁判所や検察局で5年または10年以上のキャリアを積む必要があります。司法書士に興味のある人は、司法書士になるにはどうしたらいい?勉強から試験合格・就職までの流れを徹底解説!をご覧ください。

宅地建物取引士(宅建士)

宅地建物取引士、通称「宅建」は、不動産関係の独占業務がある資格です。平均年収は他の士業と比べると一般企業並みですが、非常に人気があります。

不動産業者は、事業所内の従業員5人に1人は宅建士がいなければなりません。法的に雇用の守られた資格です。不動産はいつの時代も変わらず需要があるので、取得しておいて損はないと言えます。

不動産関係の仕事に就いていると、宅建の資格取得で手当や昇給がある企業も多いです。月々数万円規模ですが、生涯年収で考えると、馬鹿にできない数字となります。

宅建士の詳しい仕事内容や、就職先については、宅建士の仕事内容って?資格取得後から就職までの流れと合わせて解説!にて紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

IT関連に強くなる!これからの時代に役立つ資格4選

これからの時代に役に立つIT系の資格

これからの時代はますますIT関係の仕事が伸びていくと予測されます。ITについての知識が全くないようでは、就職や転職で不利です。

ここでは、IT関連のおすすめ資格を入門編から難関資格まで4つ紹介します。全く知識のない人や、IT業界に就職や転職希望者は以下の資格にチャレンジしてみましょう。

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • ウェブデザイン技能検定
  • MOS検定

一つずつ詳しく解説していきます。

ITパスポート

ITパスポートはITの入門編と言える国家資格です。全くの初心者の場合はITパスポートからチャレンジしましょう。

試験の難易度も高くないので、資格に挑戦することが初めての人にもおすすめです。ITパスポートを取得して、ITに興味が出たら、さらにハイレベルなIT資格である「基本情報技術者」や「データスペシャリスト」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

ITパスポート取得のメリットや資格の活かし方については、ITパスポートのメリットは?資格の活かし方を考えよう!にて詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

基本情報技術者

基本情報技術者は「新人エンジニアの登竜門」として知名度の高いIT系国家資格です。エンジニアを目指す場合は、取得しておくべき資格と言えます。

システムやデータベース、ネットワークなどのITに関する基礎知識を体系的に学ぶことが可能です。就職や転職の際に有利になることはもちろん、取得によって資格手当がもらえる企業もあります。

ITパスポートよりも難易度が高いので、確実に試験突破を目指したいのなら、通信講座の利用がおすすめです。勉強時間やおすすめの講座については、基本情報技術者試験の難易度は難しすぎる?合格率や勉強時間・独学方法などを解説!にて詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、Webデザイン関係で唯一の国家資格です。取得するとウェブデザイン技能士と履歴書に記載することができます。

Webサイト作成に直結した内容の試験で、フリーランスや副業でサイト作成をしている人にもおすすめの資格です。すでにWebデザイン関係の仕事をしている場合、自分のスキル把握のための受験する人も少なくありません。

3級〜1級まであり、実務レベルなら2級以上の取得を目指しましょう。3級はITパスポートと同等かそれ以下の難易度なので、初めての資格挑戦にも向いているので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

MOS検定

MOSはマイクロオフィススペシャリストの略で、マイクロソフトのオフィスソフトに関する資格です。Word・Excel・PowerPoint・Access・Outlookの操作スキルを証明できます。

オフィスソフトは現代に働くほとんどの人が使うもので、その知識やスキルは必須です。事務職の募集要項にはMOS取得が条件になっていたり、オフィスソフトの基本操作スキルを求められることが多くあります。これから就職する人や、事務職への転職希望者は取得しておくべき資格です。

一般レベルなら独学でも取得は可能で、働きながらの取得も目指せます。MOS検定の難易度や試験概要については、パソコンMOS資格は初心者でも独学で取得可能?詳細を徹底解説!にて詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

高校生にもおすすめ!これからの時代に役立つ資格3選

高校生にもおすすめなこれからの時代に役立つ資格

社会人はもちろん、高校生にもおすすめの資格を3つ紹介します。今後いつ来るかわからない就職氷河期に備えて、資格を取得してみてはいかがでしょうか?

紹介する資格は以下の3つです。

  • TOEIC
  • 整理収納アドバイザー
  • 日本語教師養成講座

気になる資格があれば、時間と体力のある学生時代からチャレンジしていきましょう。

TOEIC

TOEICは「国際的な意思疎通のための英語テスト」のことで、ハイスコア所有者は就職活動で有利です。最大990点まであり、600点以上あれば就職活動でアピールポイントになります。

今後ますますグローバル化が進んでいくため、英語力が必須のスキルとなる日も近いかもしれません。特に将来的に外資系や海外勤務を目指す場合は、ハイスコアを目指してチャレンジすることをおすすめします。

TOEICは英語力とは別に、TOEICそのものに対するテクニックが必要です。詳しい対策についてはTOEICのコツってある?テスト直前にこれだけは押さえたいポイントを解説!にて詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

整理収納アドバイザー

整理収納アドバイザーその名の通り、整理と収納のスキルを証明する資格です。3級〜1級まであり、仕事で活かすなら1級の取得を目指しましょう

これから就職したり、大学に進学して一人ぐらしを始める高校生にもおすすめできます。整理収納のスキルがあれば、生活していく上でのメリットが豊富です。仕事としても、整理収納アドバイザー・コンサルティングや、講師業として活躍している人もいます。

整理収納アドバイザー取得のメリットや、級による違いは、整理収納アドバイザーは独学できる?1級2級の違いや独学のコツを解説!にて解説しているので、ぜひご覧ください。

日本語教師養成講座

日本語教師養成講座を修了すると、外国人向けの日本語教師になることができます。少子高齢化の日本では、外国人労働者の受け入れを増やす傾向が進むでしょう。そのため、日本語教師の需要は今後も見込めます

最近では、オンラインで日本語講座を受講する人も増えており、在宅ワークやフリーランス講師を目指すことも可能です。国際交流に興味のある高校生は今のうちに取得を目指してみてはいかがでしょうか?

そのほかにも学生向けの就職活動で有利になる資格を就活で有利になる大学生にオススメの資格15選!文理や取得難易度についても解説にて紹介しています。時間のある学生のうちに資格を取得して理想のキャリアを目指しましょう。

これからの時代に役立つ資格の独学が不安?おすすめ通信講座を活用しよう

これからの時代に役立つ資格の独学が不安ならおすすめ通信講座を活用しよう

いざ資格を取得しようと思っても、勉強方法に不安を感じる人も多いと思います。特に独学の場合は、続けることが難しかったり、勉強方法が間違っていないか気になる方もいるでしょう。

独学での勉強に不安を感じたら、在宅で学習が可能な通信講座を活用するのがおすすめです。スキマ時間や通勤通学時など、自分のペースで勉強を進めることができます。

通信講座にも様々なタイプがあり、自分に合った講座を選ぶようにしましょう。予算や学習スタイル、教材のタイプなどを比較すると選びやすいのでおすすめです。

コース名 行政書士実務講座
税込み価格 40,800円
受講形式 オンライン
教育給付金制度 1年間
特典や割引 調査中
受講者の合格率
公式サイト 資格スクエア公式

資格を取得しただけで終わらないために!活かし方を考えておこう

これからの時代に役立つ資格を取得後の活かし方

資格によっては、膨大な勉強時間・費用・労力が必要となります。苦労して取得したものの、自分の仕事や生活で役に立たなかったということを避けるためにも、資格の活かし方を考えておきましょう

資格を活かす方法は、様々ですが、代表的なものは以下の通りです。

  • 志望する業界・業種への転職
  • 収入アップや昇格、キャリアアップ
  • スキルアップして活躍できる人材になる

このような、取得後の未来を想像して、学習を進めることをおすすめします。自分のなりたい未来像や、キャリア、将来性や仕事に活かせるかどうかを再確認してみてください

自分の興味を追求したい!趣味を深める資格・検定もおすすめ

自分の趣味を深める資格・検定もおすすめ

仕事に直結する資格だけではなく、自分の趣味や関心、興味を深めるための資格や検定もおすすめです。最近ではYouTubeやSNSサイトで趣味を極めた人の活躍が目立ちます。

趣味や興味を深めて発信することで仕事につながる素晴らしい時代です。そのためにも資格取得からスタートしてみてはいかがでしょうか?

ファッションに興味のある人は、ファッション・アパレルに役立つオススメ資格8選!趣味を仕事につなげる資格を紹介!をぜひご覧ください。好きなことを仕事に繋げる方法などを紹介しています。

これからの時代に役立つ資格を仕事に活かそう!

これからの時代に役立つ資格を仕事に活かす

今回は、「これからの時代に役立つ資格」を紹介してきました。気になる資格があれば積極的にチャレンジしてみてください。

終身雇用や年功序列制度が終わりを迎え、稼ぐためには実力やスキルが必要な時代が到来しています。流れに乗り遅れないように、今のうちから仕事につながる将来性のある資格を取得しておきましょう。

将来性や需要、高年収の資格を需要のある資格ランキング!将来性や年収の高い要チェック資格!にて紹介しています。仕事に活かせる資格をより詳しく知りたい人はぜひチェックしてみてください。