在宅ワークをお探しの方はこちら

宅建士の年収の現実は?高卒・大卒や男性・女性の違いから地域差まで徹底解説!

「宅建士の収入はどのくらいだろう?」

「宅建士になって稼ぐ方法を知りたい!」

こんな悩みを解消する情報をお伝えします。

宅建士(宅地建物取引士)は、平均合格率15〜18%の難しい国家資格ですが、不動産業務に携わるなら、ぜひ持っておきたい資格です。

今回の記事では、宅建士のお金事情にフォーカスして、以下の内容をお届けします。

  • 宅建士の平均年収
  • 宅建士の仕事内容
  • 宅建士の年収アップ方法
  • 宅建士の資格取得方法

宅建士の資格を取得して、稼ぎたい方は、ぜひご覧になってください。

宅建士全体の平均年収は?500万円前後!

宅建士平均年収

宅建士の平均年収は500万円前後と言われています。ただし、就職先や地域、性別や年齢によって年収額に幅があるので注意が必要です。

宅建士の年収については、これから詳しく解説しますが、ここでは宅建士の仕事内容について先に触れておきます。

宅建士の仕事内容は?不動産取引の重要説明が主!

宅建士の仕事内容は、不動産取引の重要説明がメインです。不動産取引の重要説明に関する業務は、具体的には以下の3つが挙げられます。

  • 重要事項説明書への記名と押印
  • 取引を証明する契約書への記名と押印
  • 賃貸借契約・売買契約時の重要事項の説明

宅建士の仕事内容の詳細については「宅建士の仕事内容は?収入や資格取得の方法まで解説」にて解説していますので、合わせてご覧ください。

就職先別宅建士の平均年収は?大きな企業ほど年収は高め!

宅建士年収就職

宅建士の平均年収は就職先によって異なります。ここでは、就職先別で宅建士の年収を解説しましょう。宅建士として就職活動する際の参考にしてみてください。

企業に就職した場合の平均年収は?企業規模によって異なる

企業に就職した場合、平均年収は400〜600万円が目安です。宅建士の資格があっても、企業の規模によって平均年収に開きがあるので注意してください。

役職や年齢なども関係してきますが、一般的には大企業の方が平均年収は高い傾向にあります。

目安にはなりますが、企業規模による宅建士の平均年収の違いは、以下の表をご確認ください。

企業規模平均年収
大規模企業500~600万円台
中規模企業400~500万円台
小規模企業300~400万円台

宅建士の役職における平均年収の目安を、以下の表に記載します。役職者の平均年収は企業規模によっても変わってくるのです。

役職平均年収
主任400~500万円台
係長500~600万円台
課長600~700万円台
部長700~800万円台

宅建士の年齢別の平均年収の目安は、以下の表をご確認ください。60代を過ぎると役職定年があるため、年収が下がる傾向です。

年齢平均年収
20代300~400万円台
30代400~500万円台
40代500~600万円台
50代600~700万円台
60代500~600万円台

独立した場合の平均年収は?状況によって大きく差がでる

宅建士として独立した場合の平均年収は、開業する場所や顧客数などの状況によって大きく異なります

独立にお金がかかり顧客数が少ない状態であれば、赤字もありえますし、初期費用を抑えてかつ顧客を確保している状態であれば、大きく稼ぐことも可能でしょう。

独立・開業は、やり方次第ではサラリーマン時代より大きく稼げる可能性はありますが、反面、収入が減ってしまうリスクもあるので注意が必要です。

男性女性別宅建士の平均年収は?性別による差がやや大きい

宅建士年収性別

宅建士の平均年収は性別で差があります。男性の方が女性より高い傾向にあるのです。具体的には以下の表をご確認ください。

性別平均年収
男性400~600万円台
女性300~500万円台

高卒と大卒で宅建士の平均年収は変わる?大きな差はない!

宅建士年収学歴

宅建士は学歴に関係なく取得できる資格のため、高卒と大卒とで平均年収に大きな違いはありません

宅建士は不動産業界において必要とされる資格のため、資格保有者は一定の評価が与えられるのです。そのため、資格を考慮した給与額が期待できます。

経験年数による平均年収の差はありますが、学歴による平均年収の差は大きくないので、積極的に資格の取得を目指した方が良いでしょう。

地域別宅建士の平均年収ランキング!大阪・愛知より高い1位は?

宅建士年収ランキング

ここでは、宅建士の地域別の平均年収ランキングを紹介します。基本的には人口の多い大都市は年収が高い傾向です。

そのため、就職や独立開業は地域も考慮に入れて、検討しても良いかも知れません。以下の地域別平均年収ランキングのベスト・ワースト表をご確認ください。

宅建士・地域別平均年収ランキング・ベスト3
順位 都道府県 平均年収
1 東京 750万円~
2 大阪 640万円~
3 愛知 590万円~
宅建士・地域別平均年収ランキング・ワースト3
順位 都道府県 平均年収
同率順位 青森 430万円~
宮崎 430万円~
沖縄 430万円~

宅建士で年収アップを目指したい!おすすめの方法4選

宅建士年収アップ方法

宅建士で年収をアップするための、おすすめの方法を4つ紹介します。自分に合った方法を選択して、宅建士として年収アップを目指してください。

①資格取得で手当てを狙う

宅建士の資格を取得すると、企業によっては資格取得手当が付くことがあります。企業によって金額は異なりますが、手当額は1〜3万円ほどが平均的です。

資格手当で年収アップを狙うなら、宅建士の資格を取得する効率の良い学習が必須です。資格取得をより確実にするための方法は「宅建士の勉強におすすめの予備校TOP3をランキングで紹介!」で詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

②ダブルライセンスで給与アップを目指す

宅建合格後に別の資格を取得して、ダブルライセンスで給与をアップする方法があります。ダブルライセンスで給与アップを目指すメリットは、以下の通り全部で3つです。

  • 試験内容の重複

宅建士は試験範囲が幅広く、他の有用な資格と試験内容が重複することがあります。つまり宅建士の資格を持っていれば、効率的な学習でダブルライセンスを目指せるのです。

  • 就職・転職に有利

宅建士と合わせて、関連性の高い資格を持っておけば不動産業界だけでなく、幅広い業種において、就職や転職が有利になります。

  • 独立・起業に有利

宅建士を基本に、ダブルライセンスがあれば独立・起業の際に信用度が上がり、新規の顧客獲得が有利になるでしょう。

以下に、宅建士と相性の良い9つの資格を記載します。ダブルライセンスを取得する際の参考にしてみてください。

  • 行政書士
  • 司法書士
  • 測量士補
  • 不動産鑑定士
  • 管理業務主任者
  • 土地家屋調査士
  • マンション管理士
  • 福祉住環境コーディネーター
  • ファイナンシャルプランナー

③宅建士の独立・起業で年収1,000万円を目指す

独立・起業で宅建士としての年収を大幅にアップする方法があります。

独立・起業するには、サラリーマン時代から顧客の獲得や、開業している宅建士との人脈づくりなどの準備を進めてください。

独立・起業してから最初の数年は、サラリーマン時代より一時的に年収が下がる恐れはありますが、やり方次第では年収1,000万円を目指せます。

なぜなら、業務に対する対価や仕事量などを自分で決められるので、サラリーマン時代よりも大きく稼げる可能性があるからです。

④副業してお小遣いゲットを目指す

宅建士の資格保有者は、資格を活かした副業ができます。副業収入から年収をアップすることも可能なのです。

たとえば、宅建士しかできない独占業務の代行や、Webライターの執筆・監修業務などが考えられます。

宅建士の副業に関しては「宅建資格でできる副業の内容と得られる報酬を解説」で分かりやすく説明していますので、ご覧になってください。

宅建士の独学が不安?お金がもらえるおすすめ講座でお得に取得しよう!

宅建士おすすめ講座

宅建士の資格試験は、難易度が高いので独学が不安な方は、講座の受講を検討してみましょう。

おすすめは教育訓練給付金制度に対応している講座になります。なぜなら、受講代金の一部を国が補助してくれるからです。

宅建士の講座で教育訓練給付金制度に対応しているのは、以下の3つがあります。

  • ユーキャン
  • フォーサイト
  • 資格の大原

講座代金の補助には適用条件があるので、詳しくは「宅建の資格講座で教育訓練給付金制度が適用される業者一覧!いくらもらえる?適用条件も解説します」をご覧ください。

宅建士の年収は平均500万円!やり方次第で年収アップを目指せる

宅建士平均年収アップ

宅建士の年収平均は500万ほどですが、やり方次第で十分にキャリアアップを狙えます。

なぜなら、宅建士の資格は不動産業界でニーズが高いのはもちろん、さまざまなスキルの掛け合わせが可能だからです。

ここで、宅建士の年収に関する情報をまとめますので、ご確認ください。

  • 宅建士の年収アップ方法は4つ
  • 宅建士の平均年収は500万円前後
  • 宅建士の平均年収は学歴と無関係
  • 宅建士の仕事は不動産取引の重要説明がメイン
  • 宅建士の平均年収は企業規模・性別・地域で変動
  • 宅建士の資格取得は受講代金の補助がある講座がおすすめ

宅建士は不動産業界を中心に、ビジネスを多方面に展開できる実用的な国家資格です。宅建士の資格を取得して、ぜひ年収アップを実現してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です