在宅ワークをお探しの方はこちら

宅建士の勉強におすすめの予備校TOP3をランキングで紹介!

不動産の民法や税金など、宅建士の試験では法律関係の知識についての理解が求められます。初めて勉強するには、専門用語やルールの理解が難しいと感じやすい内容です。

宅建士の合格率は15~17%台になるので、確実に理解を進めたいときは、予備校のサービスを使う方法を検討してみてください。

本記事では、宅建士の勉強におすすめの予備校TOP3をランキングで紹介します。宅建士の予備校選びのポイントやメリットなど、事前に確認しておくと、自分に合った内容を選びやすくなるはずです。

これから勉強を始める方、独学で勉強を進めて予備校に切り替えたい方の参考にしてください。

宅建士の予備校選びのポイントは?

 

独学よりも費用がかかる予備校選びは、慎重に進めたい方が多いと思います。

講義の内容や講師の実績など、それぞれ気になる項目はリサーチをかけておくと後悔が減らせるでしょう。

予備校を選ぶときに、事前に確認しておきたいポイントを解説します。

教材や講義内容

独学と併用しやすい直前対策コースなど、ポイントを絞った集中講座が選びやすい点は予備校のメリットです。

初めて勉強する方なら、一から丁寧にサポートしてもらえるコースを選ぶと不安や心配を解消できます。

予備校を選ぶときに決め手にしたい項目は、下記のとおりです。

  • テキストや問題集(紙媒体・デジタル)
  • 質問サポートの有無、回数制限(直接対面、メールなど)
  • カリキュラム内容の充実度(添削や過去問など)
  • オンラインの機能、サポート対応

また、講義の内容は「通信」または「通学」のスタイルで勉強を進めます。

オンライン授業に対応している講座では、パソコンやスマホから講義の動画を視聴できる内容が便利です。スマホを使えば、場所を選ばずに思いついたときに勉強できます。

それぞれの予備校の特徴を公式サイトから比較しておき、勉強を進めるときの優先順位と検討して選んでみてください。

費用と予算

宅建士の費用を安く抑えて受験する場合は、独学がおすすめです。ただ、初めて不動産に関する知識を学ぶ方は「法律や税関係の知識が難しい」と感じるかもしれません。

ある程度お金をかけられる方は、確実に理解が進めやすい予備校の講座を受講すると効率的に勉強が進められます。

  • どのくらい勉強にお金がかけられるか?
  • 予算はどのくらいまで出せそうか?
  • 予備校に求める優先順位はなにか?

など、自分にとって譲れないポイントを見直してみましょう。

宅建士の予備校では、早割やキャンペーンのサービスを定期的に実施しています。3,000~10,000円程度の割引やお祝い金がもらえる内容もあるので、コスパを重視したい方は時期を見て選びましょう。条件によっては、全額返金制度が適用できる場合もあります。

予備校選びのポイントとして、少しでも費用を抑えられるようにキャンペーンを有効活用してみてください。

合格者の声・実績

予備校の公式サイトには、宅建士合格者のインタビュー記事や感想コメントが掲載されている場合があります。

  • どのような対策をしていたのか?
  • 勉強時間はどのくらいかかったのか?
  • 実際に予備校の講座を受けた感想は?

など、合格後の未来がイメージしやすくなり、勉強のモチベーションをあげる上でも重要です。実際に合格した人の声は、これから勉強を始める方にとって役立つ内容が詰め込まれています。

宅建士の予備校の実績を調べるときも、公式サイトに掲載されている内容を参考にして全国の合格率と比較しましょう。

合格者の声や実績が公開されていない場合は、SNSやネット検索で「宅建士+予備校の名前(+評判)」で検索します。リアルな声が集められるので、受講後に想像と違っていたという状況を避けられるでしょう。

ネットの評判や口コミも予備校選びのポイントとして参考にしてください。

宅建士を予備校で勉強するメリット

 

独学の進め方に不安や心配を感じるときは、予備校で通信や通学の勉強スタイルがおすすめです。

  • 確実に一発合格で勉強を進めたい方
  • 自己管理が苦手な方、仕事との両立で忙しい方
  • 講師から授業を受けたい方

など、宅建士の予備校は上記のような方に向いています。

宅建士を予備校で勉強するメリットを見ていきましょう。

一発合格が目指しやすい

宅建士の合格率は15~17台で、国家資格のなかでも高い難易度です。不安を感じる方や勉強が苦手だと感じる方は、予備校の教材を使った試験対策を進めるのが安心です。

  • 宅建業法
  • 民法等
  • 法令上の制限
  • 税、そのほか

宅建士では、不動産に関わる民法や法律、税金に関する専門知識を学びます。初めて勉強を始めたときは難しいと感じる用語や知識が多いと感じるでしょう。

予備校の場合は、わかりやすい解説や試験傾向を予測した対策が充実しており、一発合格を目指したい方にもおすすめです。

講師に質問できるサービスがある講座なら、宅建士の試験対策でわからない点を解消しながら理解が進められます。

スケジュールが管理しやすい

宅建士の勉強時間は平均300時間かかります。半年のスケジュールで進めるなら、一日1~2時間程度の勉強で達成が可能です。

勉強してみるとわかるのですが、社会人が毎日1~2時間の勉強を継続するのは意外に大変と感じるかと思います。ある程度まとまった時間がとれる方でないと、独学の継続にはモチベーションの維持が重要です。

予備校なら、試験日に合わせたスケジュールですべて自己管理する必要がなくなるので集中して試験対策が進められます。

予備校を使うときは「試験日までどのくらいあるのか」「ある程度不動産関係の知識があるのか」など、不動産に関する理解度とスケジュールを考慮して選びましょう。

自分に合うカリキュラムとコースを選ぶことで、宅建士の勉強を効果的に進められるメリットがあります。

講師から授業が受けられる

独学とは違い、多くの予備校は質問サービスの対応を実施しています。対面ならその場で質問ができる場合もあり、通信ならメールやSNSを使った質問で不明点の理解が進められるでしょう。

独学のようにわからない部分をひとまず放置することもありません。

また、通学の場合は、講師や仲間と一緒に勉強ができてモチベーションアップが期待できるでしょう。

講義は講師のノウハウや実績から内容が構成されているので、ひとりで勉強するよりも視覚と聴覚から内容を理解しやすいメリットがあります。

「ひとりの勉強は苦手。講師から授業を学びたい」と感じるときは、予備校の講義で通信や通学の勉強法がおすすめです。

どのような講師がいるのか、実績や経歴を確認するときは、予備校の公式サイトを使いましょう。実際に使ってみた人の声をネットで検索するときは「予備校名+口コミ(評判)」で検索をかけると、有益な実体験の情報が得られます。

宅建士の予備校にかかるスケジュールは?

 

予備校の講座を使う場合は、本人の理解度に合わせて短期集中型から初心者向けの内容までさまざまです。

試験日までどのくらいあるか計算して決めるとよいでしょう。

宅建士の予備校にかかるスケジュールを解説します。

短期間(3ヶ月~半年程度)で挑戦したい方

宅建士の勉強時間は約300時間かかります。3ヶ月程度なら毎日3~4時間の勉強が必要です。宅建士の資格を短期集中で取得したい方に向いているでしょう。

たとえば、令和3年は試験日が10月中旬になるので、短期間の勉強なら4~7月ごろから始めます。(※例年同じ時期に開催予定)

「資格の大原」の直前コースでは、10時間程度で理解度の確認ができるなど、短期間で集中的に学びやすい内容です。

試験日までの勉強時間と検討しながら、生活スタイルに合う勉強スケジュールで挑戦しましょう。

長期間(半年~1年程度)で挑戦したい方

宅建士の勉強時間は約300時間かかるので、半年の勉強なら毎日1~2時間、一年かけて勉強するなら毎日1時間程度必要です。

たとえば、試験日は例年10月中旬になるので、長期間の勉強なら一年前の10月~本年の4月ごろには勉強を始めます。

本記事で紹介する「ユーキャン」の講座は、6ヶ月かけて勉強できる流れです。試験日から逆算して標準勉強期間に満たない時期に開始したときは、来年の試験までサポートしてもらえます。

「ゆっくり知識を身につけたい」方に向いているので、スケジュールや時間を気にせず勉強を進めたいときの参考にしてください。

宅建士の勉強におすすめの予備校ランキングTOP3!

 

宅建士の勉強が進められる通信、通学の講座をまとめています。

  • アガルート
  • ユーキャン
  • 資格の大原

短期集中型から長期間かけて勉強できるものまで幅広いコースがあります。

宅建士の勉強におすすめの予備校ランキングを見ていきましょう。

1,アガルート

確実に実績を伸ばしている人気の予備校で、宅建士の講座を開いています。

令和2年の全国平均合格率は16.81%でした。一方、アガルート受講生の合格率は43.3%で、全国平均に比べると2.58倍の合格率という好成績です。(※全国平均合格率は10月・12月の試験の受験者数と合格者数を合算して算出されたもの)

カリキュラムの条件によっては、合格した人に1万円または受講料の全額返金サービスを実施しています。合格後のメリットが大きく、勉強のモチベーション維持ができる内容です。

そのほかのアガルートの講義内容や特徴をまとめます。

  • 動画講義(倍速や音声ダウンロード可)
  • アナログのテキストとデジタルで併用できる
  • 質問サービス(Facebookから回数制限なし)

アガルートの宅建士講座では、初めて勉強する方と短期集中で勉強したい方のコースにわけられています。

合格者のインタビュー記事も豊富で確実に実績を伸ばしている会社なので、予備校を選ぶときの候補に入れてみてください。

2,ユーキャン

通信タイプで学べる大手の人気講座です。実際にユーキャンの講座で合格した人の声が公式サイトに届いています。

ユーキャンの宅建士講座の受講者は、69.8%が初めて勉強した方ばかりなので「資格の勉強が初めてで心配…」という方にも安心です。(数字は、2019年9月~2020年8月のアンケートより)

質問サポートのある勉強法で、自宅で時間をかけてじっくり進めたい方に向いています。

勉強の進め方に決まりはないので、平日に少しずつ進める方法もあれば、休日にまとめて進めるなど、それぞれのライフスタイルに合わせて進められるところも魅力のひとつでしょう。

ユーキャンの講義内容や特徴は、下記のとおりです。

  • 添削課題(模擬試験はオプションサービス)
  • 紙媒体のテキストや問題集、デジタル教材のテキストや動画(スマホに対応)
  • 国の給付金制度の対象(条件あり)

初めて勉強する方で半年から一年程度の長い期間をかけて対策を進めたいときは、ユーキャンの講座を検討してみてください。

3,資格の大原

社会人からの資格取得に力を入れている大原は、歴史が長く安心して学べる予備校です。「先生の指導、授業が丁寧かつわかりやすい」という感想が多く、通学・通信ともに合格者の声が届いています。

大原の宅建士講座の勉強スタイルは、主に下記のとおりです。

  • 通学:教室通学、映像通学(2種類)
  • 通信:Web通信、DVD通信、資料通信(3種類)

勉強の理解度に合わせたコースが充実しているもの特徴です。

たとえば、試験直前に腕試しをして追い込みたいときは「直前対策講座」で勉強すると、実力を把握するのに役立ちます。

また、9ヶ月程度かけてじっくり順を追って対策ができる入門の内容もあり、初めての勉強でもサポートや対策が手厚いところが特徴です。

短期間から長期間まで幅広いコースがあり、自分の状況に合ったサービスが選びたいときは、大原の講座を候補に入れてみてください。

宅建士の予備校まとめ

 

宅建士の勉強におすすめの予備校ランキングを見てきました。

もう一度、おすすめの内容をおさらいしましょう。

  • アガルート:通信/高い合格率の実績がある。
  • ユーキャン:通信/誰でも勉強が進めやすく、ゆっくり勉強できる。
  • 資格の大原:通学・通信/社会人からの勉強が進めやすい。

宅建士の合格率は15~17%台で、勉強時間は平均300時間かかります。

初めて勉強する人は、不動産関係の民法や税金の知識に対する理解が難しいと感じやすいでしょう。通信や通学の講座を活用すると、効率よく勉強が進められます。

本記事で紹介した予備校を参考にしながら、自分に合った勉強法を選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です