在宅ワークをお探しの方はこちら

宅建士の仕事内容は?収入や資格取得の方法まで解説

「宅建士はどんな仕事をしているの?」

「宅建士の収入や資格取得の方法について知りたい」

キャリアアップや転職に有利な資格と言われる「宅建士」に興味があるものの、具体的にどのような仕事をしているのか分からないという方も多いと思います。宅建士とは、不動産会社などで高いニーズを誇る「不動産取引の専門家」を示す国家資格です。

今回は宅建士の仕事内容が気になる人に向けて、宅建士の収入や資格取得の方法についてご紹介します。

宅建士とは何を指す?

宅建士とは、宅地建物取引士(たくちたてものとりひきし)の略称で、不動産取引においてお客様に重要事項を説明する独占業務を有する職業を指します。不動産会社などで高いニーズを誇り、毎年約20万人もの人が受験する人気の国家資格です。

宅建士の具体的な仕事は3種類!

宅建士には、不動産取引の際に宅建士にしかできない独占業務があります。独占業務とは、特定の資格を持っている人のみ仕事することが認められている独占された業務のことです。

宅建士の具体的な仕事を3つ紹介します。

  1. 不動産取引におけるお客さんへの「重要事項の説明」
  2. お客さんに交付する「重要事項説明書への記名押印」
  3. 公正な不動産取引を証明する「契約書への記名押印」

宅建士の3つの仕事について詳しく説明します。

不動産取引におけるお客さんへの「重要事項の説明」

宅建士はお客さんが不動産を契約する前に、契約の重要事項の説明を行います。不動産は高額な取引である一方で、お客さんが不動産に関する法律知識について詳しくないケースが多くあります。
そのため不動産取引のトラブルを未然に防ぐため、契約前に必ず宅建士による重要事項の説明が義務付けられています。

お客さんに交付する「重要事項説明書への記名押印」

宅建士は、お客さんの不動産取引に責任を持つ立場です。宅建士による重要事項の説明は口頭ではなく、重要事項説明書の作成・交付によって適正な取引が担保されます。この重要事項説明書の記名押印をすることで、宅建士がお客さんへ重要事項を説明したという証明になります。

公正な不動産取引を証明する「契約書への記名押印」

重要事項の説明が終わり、不動産の契約が成立したら契約書を作成します。不動産取引において最も重要な書面は契約書です。契約書にも宅建士が記名押印をすることで、適正な取引が行われたことを証明します。

これらの3つの業務は宅建士の独占業務となっており、宅建士の人にしかできない仕事です。そのため不動産取引の重要な役割を持つ宅建士は、不動産業界で需要の高い資格となっています。

宅建士はどこで働いている?

宅建士の働き方は一般企業に勤める場合と独立開業があり、企業に勤める働き方が一般的です。
人気の国家資格である宅建士は、不動産業界や住宅メーカーなどの建設業から銀行・保険などの金融業まで幅広い業界で活躍しています。建設業や金融業では、土地家屋などに関する知識が役に立ちます。

一般企業に勤めている場合

宅建士が最も活躍できる会社は、やはり不動産管理会社です。不動産管理会社は、主に賃貸物件の仲介業務や管理業務を行う会社です。事務所の従業員の5人に1人以上の割合で宅建士を設置しなければならないと宅建業法にて定められており、宅建士の資格取得を義務付けられている会社もあります。

一般企業に勤務した場合の平均年収は、約450万円~650万円です。一般企業の年収は、勤続年数や役職などによって変わります。

独立開業している場合

高収入が目指せて自由な働き方が魅力的な独立開業は、自分で営業する必要があったり、収入が不安定であったり、いくつかの不安要素があります。独立開業には会社を設立する必要があり、会社設立費用や保証協会加入料など約300万円の初期費用がかかると言われています。

独立開業した場合の平均年収は、会社ごとの仲介手数料や経費が異なるため一概に平均年収を計算することは難しいです。安定した収入が得られるとは限りませんが、事業が成功すれば年収1,000万円も目指せるでしょう。

宅建士になると何ができる?メリット3選!

宅建士試験は学歴・実務経験・年齢などの制限がなく、誰でも受験できます。どんな人でも目指せる宅建士は、資格を取得することで多くのメリットが得られます。

宅建士のメリットを3つ紹介します。

  1. 就職や転職で有利になる
  2. 仕事以外でも役に立つ
  3. 女性の再就職に役立つ

宅建士になると得られる3つのメリットについて詳しく説明します。

就職や転職で有利になる

宅建業法にて、事務所の従業員5人に1人以上の宅建士の設置を義務付けられていることから宅建士の資格を持っていると就職や転職で有利です。また就職後も宅建士にしかできない独占業務があるなど、資格の有無が業務に直接影響します。

仕事以外でも役に立つ

宅建士の知識は、賃貸マンションの契約やマイホームの購入など私生活でも役に立ちます。

住宅ローンの返済計画や退去時のトラブル、不動産の相続など多くの人が不安を感じる問題を、自分で判断できるのは安心で適正な不動産取引につながります。

女性の再就職に役立つ

結婚・引っ越しや出産・育児などのライフイベントによって女性の働く環境は変わりやすいものです。

幅広い業界で活用できる宅建士の資格があると、希望の仕事に就けたり、就職後も自信を持って働けたり、スムーズな再就職につながる可能性があります。

宅建士になるには?資格が必要!

宅建士になるには、まず年に1回行われる宅地建物取引士資格試験に合格する必要があります。そして合格後に宅建士として働く場合は、都道府県への登録が必須です。宅建士を目指す方は試験合格に向けて、まずは宅建士試験の概要や勉強方法について情報収集から始めましょう。

まずは試験に合格する

宅地建物取引士資格試験は、全問マークシート方式(4肢択一式)、出題数は50問、試験時間は2時間で行われます。合格基準は50点満点中35点前後(約75%)で、合格率は15~17%ほどです。

宅建士の勉強方法は、独学や通信講座、予備校への通学などがあります。自分のペースでしっかり勉強すれば独学で合格を目指すことも可能です。それぞれのメリット・デメリットを確認し、自分に合った勉強方法を選びましょう。

以下の記事では宅建士の予備校の比較を行っていますので、参考にしてみてください。

また、宅地建物取引士資格試験の詳しい内容は「宅建試験の概要」をご覧ください。

資格講座名アガルートアガルートユーキャンユーキャンフォーサイトフォーサイト大原大原スタディングスタディング
コース名ゼロから合格カリキュラム宅地建物取引士(宅建士)資格取得講座バリューセット1宅建士速修合格コース宅建士合格コース
税込価格29,800円63,000円59,800円102,800円19,800円
受講形式オンラインオンラインオンラインweb通信オンライン
教育給付制度何度でも1日3問まで10回各校に問い合わせ記載なし
特典や割引お祝い金1万円or全額返金基礎テキスト 3冊、実戦テキスト 3冊合格したら最大2000円のアマゾンギフトコード2か月の短期学習合格でamazonギフト券3000円分
受講者の合格率43.30%記載なし65.90%記載なし記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

実務経験を2年間積んで登録する

宅建士として働くには受験した都道府県に登録し、宅建士証の交付を受ける必要があります。資格の取得が目的で、宅建士として従事する予定がない方はこちらの登録は不要です。

都道府県の登録には、2年以上の実務経験や登録実務講習の受講などの条件があります。宅建士の資格自体の更新はありませんが、こちらの宅建士証は5年ごとの更新が義務付けられています。

資格登録の手続きの詳しい内容については「宅地建物取引士資格登録等の手続について」をご確認ください。

宅建士は不動産取引に必要不可欠な存在

今回は宅建士の仕事内容や収入、資格取得の方法についてご紹介しました。

不動産取引のスペシャリストである宅建士は、宅建士にしかできない独占業務があったり、私生活に活かせたり、幅広い業界で人気の国家資格です。

宅建士の仕事内容を十分に理解して、より良い転職やキャリアアップにつなげましょう。

ユーキャンの特徴

  • 通信教育なら生涯学習のユーキャン
  • 充実したカリキュラム
  • 気になる資格の講座を選んで申込んでみよう

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
ユーキャンのカリキュラムを確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です