在宅ワークをお探しの方はこちら

宅建士のテキストはどれがおすすめ?2022年独学で受験する人必見!

「宅建士の資格を独学で取得したい」

「宅建士のテキストの選び方やおすすめを知りたい」

「転職・給与アップのために宅建士を独学で取りたい」

独学で宅建士を目指していて、テキスト選びに迷っている方はいませんか?

宅建士は難易度の高い国家資格なので、自分に合ったテキストを使った効率の良い勉強が必要です。

そこで、この記事ではおすすめのテキストと自分に合った選び方を紹介しています。

独学で宅建士の資格取得を目指す方はぜひ、ご覧になってください。

コンテンツ

宅建士試験のテキストの選び方は?チェックするべき5つのポイント!

宅建士試験テキスト

宅建士のテキスト選びには、ポイントが5つあります。ここでは、チェックすべき5つのポイントを解説しましょう。

①図や文のわかりやすさをチェック

文章が長くて多かったり、難解な言葉や表現が並んでいたりすると、どうしても理解度が下がってしまいます。

そのため、直感的に理解しやすい図やイラストが多用されているか、言葉の言い回しや表現が分かりやすいかなど、図や文のわかりやすさをチェックしてください。

②問題集と参考書がセットになっているかチェック

問題集と参考書がセットになっているかも大切なポイントになります。なぜなら、問題集と参考書がセットになっていると、内容の整合性が高く、より効率的な学習ができるからです。

問題集を解いた時に、間違いや不明な点があった場合、セットになっている参考書であればすぐに確認ができます。

問題集と参考書がセットになっていないと、整合性が低く、学習効率が下がってしまうのです。そのため、問題集と参考書がセットになっているテキストを選んでください。

③最新版かどうかをチェック

最新版かどうかはとても重要になります。なぜなら、宅建士の試験にでる内容は、頻繁に法改正が行われるからです。

頻繁に行われる法改正に対応した、最新版テキストの必要があります。必ず試験を受ける年度に対応した最新のテキストを選んでください。

④出版社をチェック

どこの出版社から発売されているかもポイントになります。というのも、宅建士試験で実績を出している予備校の出版社から発売されていれば、より実用的な内容であると判断できるからです。

資格試験に特化した出版社からのテキストであれば、実績に裏打ちされた内容の場合が多く、効率的に学習を進めやすいでしょう。

⑤情報量の多さをチェック

宅建士試験の情報がしっかりと網羅されている内容か確認してください。宅建士試験の出題範囲はとても広く、多岐にわたっているため情報量がどうしても多くなります。

独学で勉強する場合は、試験範囲全体を網羅的に学習する方が良いので、情報量の多さは一定の判断材料になるのです。

宅建士独学のおすすめテキスト2022年版!人気の本を徹底比較!

宅建士独学のおすすめテキスト


ここからは、宅建士の独学におすすめの2022年度版テキストを紹介していきます。テーマ別に分かれているので、自分に合ったテキスト選びの参考にしてください。

まず何から始める?おすすめ問題集で対策!

まずは問題集をやってみて、宅建士試験に出題されている内容や難易度を把握しましょう。必要に応じて、参考書を併用しながら問題集を繰り返し解けば実力が付きます。

宅建士のおすすめ問題集は以下の3冊です。

  1. 2022年版 宅建士 合格のトリセツ 基本問題集
  2. みんなが欲しかった! 宅建士の問題集 本試験論点別 [最新試験解き方動画付] 2022年度
  3. 2022年版 ユーキャンの宅建士 きほんの問題集【赤シートつき】3分冊

これらのテキストがどのような内容なのかご紹介します。

2022年版 宅建士 合格のトリセツ 基本問題集

2022年版 宅建士 合格のトリセツ 基本問題集
  • 出版社:東京リーガルマインド
  • 発売日:2021/10/19
  • 本の長さ:656ページ
  • 著者:友次 正浩

資格の総合スクールLECより出版されている、宅建の初学者向け問題集です。法律知識ゼロの宅建初学者向けに、やさしい文章とイメージしやすいイラストを多用した一冊になっています。

合格に必要な過去問300問を厳選して掲載、持ち運びやすい3分冊セパレート型なのでいつでもどこでも学習が可能です。

法に強いLECなので、もちろん法改正対応にも万全と言えます。別売りのテキストと内容はリンクしているので、セットで活用すれば効率的な学習が可能です。

みんなが欲しかった! 宅建士の問題集 本試験論点別 [最新試験解き方動画付] 2022年度

みんなが欲しかった! 宅建士の問題集 本試験論点別 [最新試験解き方動画付] 2022年度

  • 出版社:TAC出版
  • 発売日:2021/10/20
  • 本の長さ:668ページ
  • 著者:滝澤 ななみ

資格の学校TACより出版されている問題集になります。今までの過去問から良問約300問を厳選して収録した内容です。

分野別に3分冊した使い勝手の良い作りと、購入者限定の特典が付いています。特典は2つあり、1つ目は最新の過去問題とその解説書になります。

2つ目の特典は、宅建士試験の解き方を解説した講義動画です。「みんなが欲しかった! 宅建士の教科書」とリンクした問題集になっています。

2022年版 ユーキャンの宅建士 きほんの問題集【赤シートつき】3分冊

2022年版 ユーキャンの宅建士 きほんの問題集【赤シートつき】3分冊
  • 出版社:U-CAN
  • 発売日:2021/10/22
  • 本の長さ:672ページ
  • 著者:ユーキャン宅建士試験研究会

資格の予備校で有名なユーキャンから、出版されている宅建のきほん問題集です。過去30年分の徹底した試験分析に基づいた320問を収録した一冊になっています。

ていねいな解説と厳選された問題で構成されており、重要事項を整理できる補足解説も充実した内容です。

解説文は重要ワードが赤字になっているので、付属の赤シートの活用で穴埋め問題としても使用できます。姉妹書となる「きほんの教科書」との併用で効率的な学習が可能です。

内容を深く理解したいなら?おすすめ参考書で学習しよう!

問題集を解きながら実力を付けていきますが、より深く宅建士の出題内容を理解するなら参考書での学習が欠かせません。出題内容の深い理解が合格に結びつくのです。

宅建士のおすすめ参考書は以下の3冊です。

  1. 2022年版 宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト
  2. みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 [スマホ学習対応(例題付)] 2022年度
  3. 2022年版 ユーキャンの宅建士 きほんの教科書 豪華付録【でるとこ論点帖】フルカラー4分冊

これらのテキストがどのような内容なのかご紹介します。

2022年版 宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト

2022年版 宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト
  • 出版社:東京リーガルマインド
  • 発売日:2021/10/19
  • 本の長さ:560ページ
  • 著者:友次 正浩

資格の総合スクールLECより出版されている、宅建の初学者向け参考書です。宅建士試験を初めて受験する初学者向けの内容で、分かりやすい文章と図解を用いた一冊になっています。

各章に過去問を設置して、解説した内容の理解度を深める構成になっており、別売りの「2022年版 宅建士 合格のトリセツ 基本問題集」とリンクした内容です。

LECのベテラン講師が担当する動画講義が、購入者特典なのでテキストと合わせて、宅建士試験の学習を効率的にインプットできます。

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 [スマホ学習対応(例題付)] 2022年度

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 [スマホ学習対応(例題付)] 2022年度
  • 出版社:TAC出版
  • 発売日:2021/10/20
  • 本の長さ:652ページ
  • 著者:滝澤 ななみ

資格の学校TACより出版されている宅建士の教科書です。見やすいフルカラーテキストが特徴になっています。

シンプルで読みやすい本文で、初学者でも理解しやすい解説です。その場で問題演習できる豊富な例題付きで、一段と理解が深まります。

スマホ学習機能があり、テキスト掲載の例題や一問一答の基本問題100問をいつでもどこでもオンラインで学習可能です。

更にTAC宅建士講座が作成した「法律改正点レジュメ」で、最新の法改正情報や統計データなどが網羅できます。

2022年版 ユーキャンの宅建士 きほんの教科書 豪華付録【でるとこ論点帖】フルカラー4分冊

2022年版 ユーキャンの宅建士 きほんの教科書 豪華付録【でるとこ論点帖】フルカラー4分冊
  • 出版社:U-CAN
  • 発売日:2021/10/22
  • 本の長さ:744ページ
  • 著者:ユーキャン宅建士試験研究会

資格の予備校で有名なユーキャンから、出版されている宅建のきほんの教科書です。過去30年分の試験分析を反映した、フルカラーのテキストになっています。

わかりやすい本文解説と豊富な具体例で構成されており、便利な「でるとこ論点帖100」が付録です。

学習優先度を表示して、論点別の優先度が分かるので得点に直結した学習ができます。「きほんの問題集」とリンクしているので、スムーズに問題演習に移行可能です。

受験が近づいてきたら?おすすめ過去問で問題演習!

受験が近づいてきたら、より実践的な学習が必要になります。時間を計りながら過去問を繰り返し解くことで、実際の試験に近い学習環境で試験突破の実力が身に付くでしょう。

宅建士のおすすめ過去問は以下の3冊です。

  1. わかって合格(うか)る宅建士 過去問12年PLUS(プラス) 2022年度
  2. みんなが欲しかった! 宅建士の12年過去問題集 2022年度
  3. 2022年版 ユーキャンの宅建士 過去12年問題集

これらのテキストがどのような内容なのかご紹介します。

わかって合格(うか)る宅建士 過去問12年PLUS(プラス) 2022年度

わかって合格(うか)る宅建士 過去問12年PLUS(プラス) 2022年度
  • 出版社:TAC出版
  • 発売日:2022/1/26
  • 本の長さ:956ページ
  • 著者:TAC宅建士講座

TAC宅建士講座が著書の過去問集です。12年分の本試験問題を収録し、実戦演習で本番に強い実力を養えます。

分野ごとの出題項目一覧表で出題頻度と重要度が確認でき、すべての問題に重要度を示すアイコンが表示されているので、効率的な学習が可能です。

みんなが欲しかった! 宅建士の12年過去問題集 2022年度

みんなが欲しかった! 宅建士の12年過去問題集 2022年度
  • 出版社:TAC出版
  • 発売日:2022/1/27
  • 本の長さ:868ページ
  • 著者:滝澤 ななみ

資格の学校TACより出版されている過去問題集です。最新年度を含む、12年分の過去問を難易度の低い年度順から掲載した構成になっています。

問題に重要度と難易度を明示しているので、復習の際に力を入れるべき箇所がわかる仕組みです。また、問題と解説をそれぞれ取り外せるので、使い勝手の良い一冊と言えます。

購入者限定の特典として、書籍連動ダウンロードサービスがあり、試験直前に確認したい「最新の統計資料と練習問題」をWEBから閲覧可能です。

2022年版 ユーキャンの宅建士 過去12年問題集

2022年版 ユーキャンの宅建士 過去12年問題集
  • 出版社:U-CAN
  • 発売日:2022/2/4
  • 本の長さ:860ページ
  • 著者:ユーキャン宅建士試験研究会

ユーキャンの講師陣が、過去12年間分の試験を徹底分析して、わかりやすい解説と解法のテクニックを掲載した一冊になっています。

ベテラン講師の作成による、過去12年分の出題・頻出度・重要度の一覧表や各年度の試験講評なども合わせて掲載しているので、実践的な受験対策に役立つでしょう。

また、科目別の出題傾向と対策、勉強の指針は、特に独学で宅建士試験を受ける方には有益な情報と言えます。

すき間時間を活用したい!宅建士対策のアプリを導入!

仕事休憩中や通勤途中などの、スキマ時間を使って学習を進めるならアプリの有効活用がおすすめです。アプリならネット環境があれば、いつでもどこでも学習ができます。

ここでは、宅建士試験の学習におすすめのアプリを3つ紹介しましょう。2021年度版なので、あくまでスキマ時間などに学習を補う役割として使ってください。興味のある方はダウンロードをおすすめします。

宅建士のおすすめアプリは以下の3つです。

  • 宅建 過去問 2021
  • 宅建士 過去問題《受験用》
  • 宅建 過去問集 2021年版「スタケン」

これらのアプリがどのような内容なのかご紹介します。

宅建 過去問 2021

宅建 過去問 2021をApp Storeでダウンロード

宅建 過去問 2021をGoogle Playでダウンロード

一問一答から分野別の4択、10年分の過去問演習まで、全部で3000題以上の問題を掲載しているアプリです。

全ての問題に解説があり、チェック機能で問題をまとめて復習可能、本試験と同じ形式で実践演習ができます。

宅建士 過去問題《受験用》

宅建士 過去問題《受験用》をApp Storeでダウンロード

宅建士 過去問題《受験用》をGoogle Playでダウンロード

シリーズ累計ダウンロード数が、330,000本を突破した人気のアプリです。過去21年分の試験から、過去問題4,600問以上、正誤問題2,100問以上を掲載しています。

すべての問題に解説が付いており、難易度の設定も可能なので、自分の学力に合わせた学習が可能です。

宅建 過去問集 2021年版「スタケン」

宅建 過去問集 2021年版「スタケン」をApp Storeでダウンロード

宅建 過去問集 2021年版「スタケン」をGoogle Playでダウンロード

不動産コンサル会社が、受験者目線で開発したアプリで、モチベーションを維持するための仕組みを取り入れている点が特徴になります。

学習時間・学習日数・挑戦問題数・正答率・連続正答数などを自動的に記録するので、自分の得意・不得意分野を把握できるのです。

ユーザーの実績をシステムが自動的に集計して、スタケンアプリ利用者間でランキング化されるため、独学でもモチベーションアップに繋がります。

宅建士の資格を取りたい社会人向け!絶対チェックしたいポイント

ポイント

ここでは、宅建士を取得したい社会人に向けて、絶対チェックしておきたいポイントをご紹介します。宅建士を取るには独学か予備校か、おすすめ宅建士講座、転職・就職のアピールのコツなどについて、解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

宅建士の独学と予備校はどっちがお得?損をしないために

宅建士の取得のための勉強は独学と予備校のどちらがお得なのでしょうか?独学に挑戦したけれどうまくいかず、結局予備校も使ったということになれば、時間もお金も損をしてしまいます。自分が独学に向いているのか、予備校に向いているのか見極めましょう。

独学で挫折するのはもったいない!覚悟を持って挑もう

独学が挫折しやすいと言われる理由は、以下の3点があげられます。

  • 合格に必要な学習時間が多い
  • 効率の良い学習ができない
  • 合格するまで学習する意思がもたない

独学で合格するには、出題範囲全ての知識を身に付け、自分で出題傾向をつかんで得点できるようになることが必要です。ゆえに、学習時間が膨大にかかってしまいます。学習内容を解説してくれる講師や質問に答えてくれるサポーターがいないので、効率よく学習ができず、モチベーションが低下することも挫折の原因です。

予備校や通信講座には、出題傾向などをあらかじめおさえて「合格に必要なところだけ」に学習範囲を絞り、効率よく合格を目指すカリキュラムを組んで、高い合格率を誇るところが多くあります。さらに、合格までのスケジュール管理や質問・面接対応など、モチベーションを保つためのサポートを用意しているところがほとんどです。

独学のメリットは、お金をかけずに学習できるという1点のみと言えます。仕事と学習を両立させる必要のある社会人は特に、「より合格しやすい教材を使って時間を買う」という考えを持つと良いでしょう。

通学が難しい場合は通信講座も

「近くに予備校がない」、「予備校の時間割と生活スタイルが合わない」など、距離や時間に制約があり通学が難しい場合は、通信講座を活用するのが有効です。

宅建士の通信講座のメリットとしては、

  • 自分の好きな時間、好きなペースで勉強できる
  • 講義DVDやオンライン講義で何回でも解説を聞ける
  • 無理なく効率よく学習できる
  • 仕事と両立しやすい
  • 質問やスケジュール管理などサポートがある講座も存在する

などがあげられます。「通学講座と通信講座ではどちらが合格しやすいか?」と考えるのではなく「どちらの学習スタイルが自分に合っていて、合格まで無理なく続けられそうか」という観点を大切にしてみてください。

宅建士のおすすめ通信講座は?社会人の「欲しい!」が満載

宅建士おすすめの通信講座をご紹介します。仕事が忙しく学習時間を確保するのが難しい社会人にぴったりなカリキュラムと機能がつまっているので、ぜひチェックして活用してみてください。

一発逆転狙いなら「アガルート」

アガルートの宅建講座は、過去問をしっかり研究して作られた講義と、いつでもどこでも学習できるオンライン教材で短期間で合格に必要な実力を身に付けることができます。

アガルート宅建講座の特徴は?口コミ評判も紹介では、アガルートの宅建講座の評判や特徴、講座受講に向いている人を詳しく解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

 

アガルートの特徴

  • 合格までの最短ルートを提供してくれるアガルート
  • 予備試験や司法試験など難関資格に強い
  • 月に1回講師によるカウンセリングが受けられる

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
アガルートのカリキュラムを確認

スキマ時間で学ぶなら「スタンディング」

スタディング の宅建士講座は、Web動画/音声講座・テキスト・問題を活用し、スキマ時間をうまく使って学習することができます。すべてスマートフォンやPCなどの端末から利用できるうえに、一つひとつの講義が10分ほどにまとまられていて倍速視聴もでき、毎日の生活・仕事の間に、ムリなく学習を組み込むことが可能です。

また、学習フロー(学習スケジュール管理機能)・学習レポート(進捗状況確認)・勉強仲間機能など、学習のペースやモチベーションをアップさせてくれる機能も充実しています。

コース名宅建士合格コース
税込み価格19,800円
受講形式オンライン
教育給付金制度2022年10月31日まで
特典や割引調査中
受講者の合格率
公式サイトスタディング公式

サポート力なら「ユーキャン」

ユーキャンの宅建講座は、Web動画・テキスト・Webテストを組み合わせ、こまめにインプットとアウトプットを繰り返すことで合格への実力をつけることができます。紙媒体のテキストもあるので、書き込んで学習したい人には向最適です。

過去10年間で15,551名の合格と実績も十分、かつ、効率的な学習の土台となるスケジュール・課題管理・質問対応などサポートも充実していて大手の安心感があります。受講期間中の質問(1日3問まで)はメールでも、郵送でも利用可能です。

コース名宅地建物取引士(宅建士)資格取得講座
税込み価格63,000円
受講形式オンライン
教育給付金制度6か月(受講開始から試験月までが標準学習期間に満たない場合は、翌年の試験月まで)
特典や割引調査中
受講者の合格率
公式サイトユーキャン公式

ユーキャンの特徴

  • 通信教育なら生涯学習のユーキャン
  • 充実したカリキュラム
  • 気になる資格の講座を選んで申込んでみよう

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
ユーキャンのカリキュラムを確認

宅建士の資格を活かして転職・就職しよう!アピールのコツ

転職や就職で宅建士の資格を活かすには、業界・業種のニーズに沿った内容をまとめることが大切です。特に、以下の3点を意識してアピールすると良いでしょう。

  • 資格取得の経緯を伝える
  • 資格取得までの過程で行ったことを具体的に伝える
  • 資格を活かした志望する企業での将来ビジョンを伝える

資格取得を目指した経緯や、取得過程で行ったことをエピソードとして伝えることで、向上心や意欲、あなたの人となりが伝わります。ただ、資格を持っているという事実だけでなく、一緒に働くイメージを持ってもらえるようにしてください。

あなたが志望する企業でしか達成できないことを伝え、宅建の資格と自分のスキルをかけ合わせて実現していけることをアピールしましょう。転職の場合は、前職での経験やスキルと合わせて宅建士資格を活かすビジョンを伝えられると、より効果的です。

宅建士のテキストは豊富にある!自分に合ったものを見つけよう!

宅建士テキスト豊富

宅建士のテキストはたくさん出版されているので、どのテキストを選んで良いか分からない場合もあるでしょう。

ですが、今回の記事に記載したポイントを押さえていただき、自分にあったテキストを選んでみてください。

ここで、テキスト選びの5つのチェックポイントをまとめておきます。

  1. 図や文のわかりやすさをチェック
  2. 問題集と参考書がセットになっているかチェック
  3. 最新版かどうかをチェック
  4. 出版社をチェック
  5. 情報量の多さをチェック

本記事で紹介したおすすめのテキストと合わせて、上記のポイントチェックで適切なテキストを選んでみてください。自分に合ったテキストを有効活用して、独学で宅建士合格を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です