在宅ワークをお探しの方はこちら

中小企業診断士の勉強方法が知りたい!合格に向けての科目別勉強法や過去問の活用法を徹底解説!

「中小企業診断士の勉強法ってどうすればいいの?」

「独学と通学どっちが確実?」

そんなお悩みを持つあなたのために、中小企業診断士試験の勉強法について調べました。

中小企業診断士は経営コンサルタント業務関連の唯一の国家試験です。ビジネスマンや就活中の学生に注目を浴びています。

中小企業診断士は難易度が高く簡単に合格できる試験ではありません。専門学校、オンライン講座などで勉強することができます。独学で合格する人もいます。

この記事では、試験の内容や学習スケジュールの立て方など、様々な角度から中小企業診断士試験の勉強法について解説します。

資格講座名アガルートアガルートフォーサイトフォーサイト大原大原スタディングスタディング
コース名総合カリキュラムバリューセット11次・2次合格コース中小企業診断士 1次2次合格コース
税込価格76,780円63,800円268,000円69,300円
受講形式オンラインオンラインweb通信オンライン
教育給付制度記載なし21回各校に問い合わせ3回
特典や割引合格したらお祝い金3万円+全額返金。模擬口頭試験1回合格したら、最大2,000円のアマゾンギフトコード2021年に第1次試験または第2次試験の受験をされた方は20%off合格で10,000円のお祝い金
受講者の合格率記載なし60%記載なし記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

中小企業診断士のおすすめ勉強方法!まずは独学・通学かを選択!

独学か通学かはとても悩ましい問題です。費用のことを考えれば独学にしたい。一方で、独学では自分の勉強法が正しいのかどうかもわからないといった不安があります。

少しでも合格率を上げたい!それならTACなどへの通学がおすすめ!

独学の不安で最も多いのが、効率的な勉強方法がわからないということです。もし、効率の悪い勉強や的外れの勉強をしていたら合格が難しくなります。TACなどの学校で着実に学べば合格の確率は高くなります。

資格取得講座では、過去問の出題傾向を的確に分析しています。無駄な勉強をすることなく効率的に合格を目指すことがでるのです。

TAC中小企業診断士公式サイト:https://www.tac-school.co.jp/kouza_chusho.html

お金をかけずに合格したい!それなら独学で目指そう!

TACなどの通学講座は最短1年コースで約30万円かかります。この料金を出す余裕がない人も多いでしょう。その時には独学の道もあります。独学は受講料も交通費もかかりません。そして、自分の都合のいい時間に勉強できます。

ただし、独学では勉強方法から自分で考えなければなりません。モチベーションの維持も大変です。独学で合格を勝ち取るためにはどうすればいいのでしょうか?

中小企業診断士を独学で目指す!勉強時間の目安は1000時間!

中小企業診断士試験合格を目指すなら計画をたてて勉強する必要があります。一般的に言われている必要学習時間は1000時間です。これを1年間でこなすには、週20時間勉強しなければなりません。

まずは何からすればいい?勉強方法や内容のスケジュールをチェック!

中小企業診断士の試験スケジュール
・1次試験 8月上旬の土・日の2日間
・2次試験
 筆記:10月中旬の日曜日
 口述:12月中旬の日曜日

1年間、毎週確実に20時間の学習時間を確保できるなら、1次試験が終わった時点で学習を開始すれば翌年の1次試験に間に合います。9月から初めれば翌年の試験に間に合う計算です。

働きながら学ぶ人には1年間毎週20時間学習時間を確保するのは容易ではないでしょう。

もし、週15時間、学習時間を確保できるなら1.5年必要です。3月から初めて翌年8月の試験に間に合わせることになります。週10時間学習なら、9月から初めて翌年受験で科目合格、その翌年に合格を勝ち取る方法もあります。

中小企業診断士の科目合格制度
・1次試験の科目合格有効期限は合格の翌年を含む2年間
・1次試験そのものの合格有効期限は合格の翌年を含む2年間
・2次試験には科目合格制度はなし

テキストは何から揃える?参考書と問題集・過去問がそれぞれ必要!

独学では教材選びが非常に重要です。スケジュール管理に万全を期して挑んでも教材選びで間違えば苦労が報われません。ここでは、中小企業診断士受験のためのおすすめテキストをご紹介します。

  • 「中小企業診断士試験非常識合格法」クレアールの講座資料についてくる冊子です。内容は資格試験に挑む心構えに関することです。「ストレート合格する人の特徴」「モチベーション維持の方法」などが書かれています。徹底的な合格主義による効率的な勉強法を教えてくれます。クレアールに資料請求すると無料でもらえます。
  • 「中小企業診断士 最速合格のためのスピードテキスト」+「スピード問題集」(TAC出版)科目別に要点を簡潔にまとめた問題集。TACの講座にも使われています。第2次試験対応なのでお得です。
  • 「中小企業診断士 最短合格のための 第2次試験過去問題集 2021年度」(TAC出版)
  • 「30日でマスターできる中小企業診断士第2次試験 解き方の黄金手順」(中央経済社) 筆記問題の読解~正解作成の手順を6段階に分けて「黄金手順」として解説
  • 「ふぞろいな合格答案」(同友館)二次試験筆記部門の参考書で人気士リースです。

二次試験の勉強はいつから?一次試験が終わってからでもOK!

中小企業診断士試験一次試験に合格して2か月後には二次試験があります。二次試験の勉強が間に合うのか気になるところです。でも、安心してください。二次試験の内容を理解勉強すれば恐れることはありません。

一次試験では知識の有無を試されます。二次試験は理解の深さや応用力を試されます。一次試験の学習を深めることで二次試験に対応できます。もちろん対策は必要です。

出題内容は「中小企業の診断及び助言に関する実務の事例」 I~IVまでの4問です。中小企業診断士の主業務である「診断と助言」を200文字程度の文章にして解答します。

二次試験の過去問題を何度も解くことで出題形式に慣れることができます。

中小企業診断士の勉強方法のコツ!1冊の問題集を繰り返し解こう!

資格試験は合格することに価値があります。満点を取るよりも合格点をとることが大切です。中小企業診断士資格試験の合格点は全科目60%正です。何冊もの問題集を解くよりも、1冊の問題集を何回も学ぶ方が効率よく合格点をとれます。

問題集のほかには何をする?ノート作りや過去問で対策!

問題集をこなしていくと、不正解が多い部門がわかってきます。弱い部分は何度も繰り返しましょう。苦手な部分をノートに記載して、間違った原因を考えましょう。同じ間違いを繰り返さない工夫が学力UPにつながります。

資格試験の勉強で重要視されるのが過去問題の勉強です。過去5年ぐらいの問題に取り組むと、頻繁に出る問題がわかります。試験に出そうな問題を確実に解ければ、満点は無理でも合格点は確保できるのです。必要なのは実際に計算することです。読むだけではなく、書く学習も適度に取り入れると理解が深まります。

楽しく続けられる勉強方法って?毎日のルーティーンを決めておこう!

独学で難しいのがモチベーションの維持です。時間を無駄にせず楽しく勉強するために、早い時期から勉強習慣をつけましょう。

勉強を習慣づけるのに有効な方法がルーティン化です。寝る時間と起きる時間を決めてルーティン化すると眠りの質が上がります。朝気分よく目覚めて決まった時間から勉強を始めれば集中力も上がります。夜家に帰ってから決まった時間に教材を手に取ることを繰り返すのも有効です。その時間が来れば脳が勉強に向けて切り替わるのです。

ルーティン化の効果は学習内容にも応用できます。テキストで学んで、その日のうちに問題集で解くと内容がしっかり印象に残ります。インプット&アウトプット同時に済ませることを繰り返すと、それが脳の習慣になるのです。

ルーティン化の効果
・気分切り替えが早くなる
・集中力が高くなる
・モチベーション維持がしやすい

独学するときの学習順番は?企業経営理論か財務会計から手を付けてみよう!

独学の場合、どの科目から勉強すればいいのかも迷います。最初に学ぶ科目としておすすめは財務会計です。学ぶことが多く、そのほかの科目との関連が深いからです。簿記知識があれば財務会計は始めやすい科目です。

その反面、経理的な知識がない人には財務会計はとても難しい科目です。財務会計が難しい場合は企業経営理論から始めましょう。

既に就職している人なら、会社の組織や戦略に無縁ではありません。人事異動、販売会議、企画会議など普通に行われていることです。これらのことを学問的に理論的に学ぶのが企業経営理論です。試験科目の中ではとっつきやすいといえるでしょう。

この2科目は二次試験にも関連してきます。早い段階から初めて理解を深めておかなければなりません。あなたがとっつきやすい方から始めましょう。勉強を続けるうちに、脳が勉強モードに切り替わります。難しいと感じた科目も受け入れやすくなるのです。

科目別の勉強スケジュールは?暗記や難易度別に勉強時間を配分しよう

中小企業診断士資格試験では一次試験で7科目あります。そのうちの4科目が二次試験に応用的に出題されます。この4科目を優先的に勉強すれば二次試験勉強につながります。

二次試験の出題科目
・企業経営理論
・財務・会計
・運営管理
・経営情報

また、暗記系項目と理解系項目なら理解系から勉強を始めましょう。理解するには時間が必要です。理解してしまえば忘れにくいのです。一方で暗記は短時間でできる割に忘れやすいという性質があります。

暗記は寝る前に覚えて、朝サクっと復習すると定着しやすくなります。理解系は朝の集中力が高い時間帯にしたほうが身につくといわれています。

財務会計って何を勉強すればいい?基礎を固めるのが重要!

財務会計は経理関連の仕事をしている人にとっては親しみやすい科目です。反面、経理や簿記に縁がない人にとっては苦手意識を持ちやすい科目です。

財務会計は中小企業診断士資格試験の最大のポイントともいえる科目です。地道に勉強を積み重ねて基礎固めをすることが大切です。簿記は財務会計の基礎中の基礎知識です。並行して簿記3級の勉強をすると理解が早くなります。

財務・会計の勉強は頭の中でだけで理解するのは困難です。必ず、仕訳や計算を実際にやってみましょう。計算や仕分けを書いて覚えると効果的です。  

「理論がわかる&仕訳ける&計算する」という動作を繰り返して理解を深めましょう。仕訳や計算を怠っていると本番で戸惑うことになります。

一次試験では計算機を持ち込めません。筆算や暗算に慣れることも重要です。

経営法務って何を勉強すればいい?法律の表現に注意!

経営法務は学習の壁になりやすい科目です。理由はテキストの言葉遣いにあります。法律関連の仕事をしていれば、特に難しくもないものです。そうでない人にとっては、とても難解です。最初のうちは読んでも意味が分からないこともあります。

法律のすべてを完璧に理解しなくても構いません。実際に法的な問題が起きた時に解決するのは弁護士や司法書士です。中小企業診断士は法律の専門家と解決に向けて協議することになります。その協議をスムーズにするための基礎的な知識が必要なのです。

中小企業診断士資格試験でも法律の基礎的な出題が多くなります。意外な出題が多いのはこの科目の特徴です。しかし、出題頻度が少ない部分に気を取られる必要はありません。頻出部分だけを確実に学べば十分合格点につながります。重要ポイントは会社法と特許法です。

テキストを読んだ直後にその部分の問題を解いて言葉に慣れましょう。言葉遣いに慣れると正答率が上がってきます。

中小企業経営・中小企業政策って何を勉強すればいい?定番の問題に答えられるようになろう!

中小企業経営・政策も難易度は低くはありません。ただし、出題は定番問題が多いのが特徴です。重要点をきっちり押さえておけば点を取りやすい科目です。手抜きはいけませんが、効率的に勉強して余力を財務会計に回した方が合格に近づきます。

この科目では「中小企業白書」と「中小企業施策利用ガイドブック」から出題があります。両方とも中小企業庁のHPで毎年4月に公開されます。4月以降から勉強を始めることになります。暗記科目なので直前勉強でも効果を上げることができます。

中小企業診断士の実際の勉強方法って?一例を紹介!

中小企業診断士試験は7科目の試験があります。二次試験筆記部門では一次試験の7科目のうち4科目の応用問題が出題されます。二次試験口述部門では筆記部門から1科目出題されます。

最短で合格する為には科目別の時間配分が重要になります。一試験と二次試験は800時間と200時間が標準的配分です。

まず一二次試験とも出題対象である4科目には時間をかけます。一次試験までは800時間中550時間をこの4科目にかけます。残り3科目を200時間でこなしていきます。

財務会計は最重要科目なので、最も長時間の勉強時間が必要です。理解系科目の勉強時間を長く、暗記系を若干短くした方が効率的です。一般的に考えられている時間配分は下の表のような配分です。

<一次試験勉強の科目別時間配分例>

科目名時間配分
1次2次出題科目財務・会計200時間
企業經營理論:150時間
经济学·经济政策150時間
時間 運營管理150時間
1次のみ出題科目經營法務100時間
経営情報システム80時間
中小企業経営・政策70時間

二次試験の対策には、合計約200時間程度が必要です。設問形式は「とある企業の問題点に対しての助言」を筆記解答します。応用力と助言力を試されます。

<二次試験の勉強の時間配分例>

科目名
筆記試験2次試験で必要な知識を整理する30時間
整理した知識を記述できるように練習する 問題集を利用40時間
解法の手順を頭に入れる40時間
得点力UPのために過去問にトライ!弱点強化も重要40時間
80分内で筆記を終える練習30時間
口述試験筆記試験の回答内容を口頭で答えられるように練習20時間

上の表はあくまで一例です。得意科目なら若干時間を短縮、苦手科目に時間を割きましょう。あなたの得手不得手を十分検討することが大切です。

企業診断士に合格するメリットって?収入アップに活かせる!

中小企業診断士の資格を取ると様々なメリットがあります企業戦略の専門家として社内外で評価を受けることができるのです。また、就職や転職にも役立ちます。職場での給与UPや好条件の就職に結びつくのです。

中小企業診断士の資格で得られるメリット
・経営の専門知識を持っていると証明できる。
・社内で企画経営や立案部門に重用されやすくなる。
・経営トップに近づきやすくなる
・就職や転職の際にも、知識があることを評価される。
・積極的に難関資格取得にチャレンジした姿勢を認めてもらえる。
・中小企業診断士として独立開業できる。
・業界を問わず独立開業に役立つ

中小企業診断士の勉強方法は計画と反復が大切!最短合格に向けて対策しよう!

中小企業診断士資格は今後ますます注目されるでしょう。難易度の高い資格試験ですが、メリットも多岐にわたります。社員としても経営者としても役に立つ資格です。

通学して勉強するなら経験豊富で実績のある講座選びがポイントになります。

独学合格のカギを握るのは教材の選び方と計画性です。合格点を狙うためには、効率がよく、わかりやすい教材を手に入れることが大切です。また、計画倒れにならないように時間管理をして毎日着実に学ぶことで合格が見えてきます。毎日の学習をルーティーンすることで時間管理、モチベーションの維持がしやすくなります。

中小企業診断士に興味が湧いてきたら、勇気を出してスタートしてみましょう!

資格講座名アガルートアガルートフォーサイトフォーサイト大原大原スタディングスタディング
コース名総合カリキュラムバリューセット11次・2次合格コース中小企業診断士 1次2次合格コース
税込価格76,780円63,800円268,000円69,300円
受講形式オンラインオンラインweb通信オンライン
教育給付制度記載なし21回各校に問い合わせ3回
特典や割引合格したらお祝い金3万円+全額返金。模擬口頭試験1回合格したら、最大2,000円のアマゾンギフトコード2021年に第1次試験または第2次試験の受験をされた方は20%off合格で10,000円のお祝い金
受講者の合格率記載なし60%記載なし記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です