在宅ワークをお探しの方はこちら

社会福祉士の仕事内容って?日々の業務や社会的な役割から年収までわかりやすく徹底解説!

社会福祉士の仕事内容って?日々の業務や社会的な役割から年収までわかりやすく徹底解説!

現在介護の仕事をしている方を始めとして、これから社会福祉士の資格を取得して転職しようとしている方も多いのではないでしょうか?

また、これから進路を決める高校生、大学生でも社会福祉士を視野にいれている方もいらっしゃると思います。

近年少子高齢化も進み、現在の社会情勢からも介護以外での社会福祉士の需要は高まってきています。

そんな社会福祉士の仕事内容や役割、年収について以下の内容を解説します。

  • 社会福祉士の仕事内容、役割
  • 社会福祉士と関連資格の違い
  • 社会福祉士の働く場所
  • 社会福祉士の実際の様子
  • 社会福祉士の年収や勤め先
  • 社会福祉士の資格を取得するメリットは
  • 社会福祉士になる方法
  • これからの進路として社会福祉士を目指すには
  • 勉強には通信講座もおすすめ
  • まとめ

コンテンツ

社会福祉士とは?メインの仕事内容・役割は相談に乗ること!

社会福祉士とは?メインの仕事内容・役割は相談に乗ること!

社会福祉士とは「ソーシャルワーカー」とも呼ばれる国家資格です。

主な仕事内容としては、様々な理由で生活が困難になった方々の相談に応じ、助言や指導をしたり、必要に応じて福祉サービスや保健医療サービスの橋渡しを行うお仕事です。

具体的にどんな業務を行うかなどは、後ほど詳しく解説していきます。

また社会福祉士は国家資格ですが、「医師」「看護師」などの「業務独占資格」ではなく、「名称独占資格」なので、社会福祉士以外でも業務をすることは可能です。しかし、資格保有者でなければ「社会福祉士」を名乗ることはできません。

社会福祉士と関連資格の違いは?メイン業務と国家資格の有無にある!

社会福祉士と関連資格の違いは?メイン業務と国家資格の有無にある!

社会福祉士に関連する資格といえば「介護福祉士」や「精神保健福祉士」等があげられます。

その資格の違いについて以下の表で説明します。

資格名社会福祉士介護福祉士精神保健福祉士
合格率30%前後60~70%60%前後
受験資格大学や養成施設を経て取得3年以上の実務経験と実務研修大学や養成施設を経て取得
業務内容様々な理由で生活が困難になった方の相談、サポート要介護者に直接介護サポート心に病を抱えた方の相談、サポート

上記3つの資格のうち合格率が最も低いのは社会福祉士です。

業務内容をみてみると、介護福祉士、精神保健福祉士と比べ広い範囲になっていることが分かります。

業務内容が、限られた対象の方ではなく、事故やケガでの要介助の方や障がい者や高齢者と幅広い内容となっている点は、介護福祉士や精神保健福祉士と大きく違う点となるのではないでしょうか。

社会福祉士はどこで働く?場所によって業務も違う!

社会福祉士はどこで働く?場所によって業務も違う!

社会福祉士は資格種類も多いことから、様々な場所で働くことができ、場所によって業務も変わってきます

以下で具体的に見ていきましょう。

  • 病院に勤める
  • 介護施設に勤める
  • 福祉施設に勤める
  • 学校に勤める
  • その他

病院に勤める社会福祉士の仕事は?医療ソーシャルワーカーの道も!

病院に勤める社会福祉士は「医療ソーシャルワーカー」として仕事をしています。

医療ソーシャルワーカーとは病気になってしまった方々やその家族の相談を受け、サポートをする業務です。

医療ソーシャルワーカーとして働くためには特別な資格は必要ありませんが、募集の条件として「社会福祉士」や「精神保健福祉士」を必要としています。

介護施設に勤める社会福祉士の仕事は?利用者の相談やサポート

介護施設でも社会福祉士は必要とされています。厚生労働省の統計では社会福祉士の43.7%が介護施設で勤務しているようです。(平成27年度社会福祉士・介護福祉士就労状況調査結果より)

介護施設に勤める社会福祉士は入所希望者やその家族の相談を受け、入所前の実態調査や契約にも携わっています。

入所にまつわるお仕事だけではなく、入所後のサポートや退所する際のサポートも行っています。

介護施設で働きたい場合は社会福祉士以外の資格は必要ありません。

福祉施設に勤める社会福祉士の仕事は?福祉サービスの利用をサポート!

障害者施設等の福祉施設でも社会福祉士は必要とされています。

福祉の現場では多岐にわたり、生活支援員・就労支援員・サービス管理責任者という肩書で勤務します。介護施設と同様に主に相談業務を行いますが、家族との連絡・調整、自立支援などがメインです。

また、児童福祉施設での勤務や、母子支援員、社会福祉協議会の職員としての勤務もあり、他の福祉サービスの利用や、専門機関などとの橋渡しも行っています。

福祉施設で働きたい場合は社会福祉士以外の資格は必要ありません。

学校に勤める社会福祉士の仕事は?子供の相談を受けたり施設との連携を図る!

学校で働く社会福祉士は「スクールソーシャルワーカー」として仕事をしています。各校に派遣されることがほとんどですが、決められた日に必ず学校にいる配置型もあるようです。

不登校や虐待など様々な問題を抱えた児童・生徒とそのおかれた環境に働きかけ、生徒とその家族の相談業務、保護者や教職員に対する支援や相談、情報提供等も行います。

必要に応じて教育委員会や、児童相談所と連絡をとることもあります。

また、公立校の正社員になる場合は公務員試験に合格する必要があります。

他にはどんな働く場所がある?児童相談所など多岐にわたる!

上記で紹介した以外にも社会福祉士の働く場所があります。

児童相談所

児童相談所でも社会福祉士は活躍しています。

スクールソーシャルワーカーとも似ていますが、問題を抱えた生徒やその家族の相談業務をはじめ、家庭訪問、家庭環境の調査、担任の先生や教育委員会とも連絡、調整をしています。

児童相談所で働きたい場合は地方公務員試験の合格が必要です。

また任用資格ですが児童福祉士試験も合格しておいた方がより有利です。

地域包括支援センター

地域包括支援センターで働く社会福祉士は、地域住民や高齢者の相談業務をしています。

また相談窓口だけではなく、地域の福祉を推進する仕事もしています。

地域包括支援センターで働きたい場合は社会福祉士以外の資格は必要ありません。

社会福祉士の実際の様子は?一例を紹介!

社会福祉士の実際の様子は?一例を紹介!

様々な場所で相談業務を行う社会福祉士の実際の様子が気になりますよね。

一例をあげて紹介します。

人と密にかかわる仕事

社会福祉士のメイン業務は相談業務です。

相談者の気持ちに寄り添うには、相手のことをよく考えて向き合う必要があるため、自分自身が肉体対的精神的にも疲れてしまう方がいます。

最初は大変だと思いますが、経験を重ね自分自身のケアや相談スキルを磨くことが出来るので、向上心を持って接しプラスに変えていくことがより重要だと思います。

また、相談者に良い変化をもたらすことが出来た時や、感謝されたときは大きなやりがいを感じるでしょう。

正解のない仕事

相談業務において正解はありません。

マニュアルが決まっている仕事が好きな方には向かないかも知れませんが、自分のやり方で一人一人に向き合うことが出来る仕事です。

突発的に面談が必要になったりもするので、その場に応じて臨機応変に対応できる能力がより重要です。

正解がない中で自分自信の正解を導き出せたときは大きなやりがいを感じるでしょう。

社会福祉士の年収や勤め先は?約403万円が目安!

社会福祉士の年収や勤め先は?約370万円が目安!

社会福祉士の平均の年収はどれくらいなのでしょうか?

社会福祉士の平均年収は403万円が目安です。年収は業務内容や男女別、雇用形態や勤務先によって差があります。しかし正規職員だけでみると約49%が平均年収の403万円を上回るようです。

平成27年に行われた調査で、社会福祉士の平均年収は約377万円でした。ここ数年で平均年収が25万円以上高くなっています。

このことからも、社会福祉士の重要性が年々高まっており、待遇も良くなってきていると考えられます。

以下は勤務先ごとの平均年収となっています。

勤務先平均年収
介護老人保健施設423万円
介護老人保健施設392万円
障がい者支援施設416万円
児童相談所532万円
都道府県社会福祉協議会475万円
保護観察所・地方更生保護委員会638万円
都道府県庁496万円
病院・診療所398万円
社会福祉士の年収・給料はどのくらい?より

以下の記事で詳しい給与の説明をしています。

では、どのような勤務先があるのでしょうか?

社会福祉士の主な勤め先は以下の通りです。

それぞれの場所で勤務形態や業務内容が異なるので、前もって下調べをすると良いでしょう。

  • 高齢者施設
  • 福祉施設
  • 学校
  • 病院
  • 児童相談所

社会福祉士の資格を取得するメリットは?活かせる仕事を紹介!

社会福祉士の資格を取得するメリットは?活かせる仕事を紹介!

社会福祉士資格を取得する最大のメリットは、幅広い福祉の現場で活躍できることです。

自分に合った勤め先を選ぶことができ、万が一興味が他へ移った場合も安心です。

  • 介護施設
  • 公立校のスクールソーシャルワーカー
  • 公立病院の医療ソーシャルワーカー
  • 地域包括支援センターの職員
  • 高齢者施設

資格を活かせる場所として挙げられるのは上記の5つです。

例えば介護職員として働いていた方は、資格を取得することによって介護以外の仕事を経験できるようになりキャリアアップが見込めます。

安定を求めるのであれば公務員という道もあります。役所の福祉課や公立校のスクールソーシャルワーカー、地域包括支援センターなどに勤めることによって、公務員として安定した収入があります。

人と関わるのが好きな方や、誰かを支えたい方には高齢者施設がおすすめです。少子高齢化が進み、より需要が高くなってきている高齢者施設では、入所から退所まで社会福祉士がかかわることができ、あらゆる場面で必要とされています。

社会福祉士になるには?まずは受験資格があるかチェック!

社会福祉士になるには?まずは受験資格があるかチェック!

社会福祉士試験を受けるには受験資格が必要となります。

様々な取得ルートをご紹介します。

福祉系大学・短大等(指定科目履修)ルート
①福祉系大学4年で指定科目履修
②福祉系短大3年で指定科目履修+1年間の相談援助実務
③福祉系短大2年で指定科目履修+2年間の相談援助実務
短期養成施設等ルート
①福祉系大学4年で基礎科目履修+6ヶ月以上の短期養成施設等
②福祉系短大3年で基礎科目履修+1年間相談援助実務+6ヶ月以上の短期養成施設等
③福祉系短大2年で基礎科目履修+2年間の相談援助実務+6ヶ月以上の短期養成施設等
④社会福祉主事養成機関+2年間の相談援助実務+6ヶ月以上の短期養成施設等
⑤児童福祉司、身体障害者福祉司、査察指導員、知的障害者福祉司、老人福祉指導主事の実務4年+6ヶ月以上の短期養成施設等
一般養成施設等ルート
①一般大学4年+1年以上の一般養成施設等
②一般短期大学3年+1年間の相談援助実務+1年以上の一般養成施設等
③一般短期大学等2年+2年間の相談援助実務+1年以上の一般養成施設等
④相談援助実務4年+1年以上の一般養成施設等

上記を参考に、まずは自分に受験資格があるかチェックしてみましょう。

社会福祉士の受験資格は、有効期限や年齢制限等はないので、いつでも挑戦することが出来ます。

現在社会人の方で取得を考えている方は、養成施設に通い取得する方法をお勧めします。

社会福祉士の詳しい受験資格については以下の記事で解説しています。

社会福祉士の受験資格が得られる大学は?通信講座で得る方法も!

社会福祉士の受験資格が得られる大学

それでは具体的に、社会福祉士の受験資格を得ることができる大学をみていきましょう。

前述しておりますが社会福祉士は「名称独占資格」なので、資格なしで業務を行うことはできますが、資格をもっていないと専門家を名乗ることはできません。

スムーズに資格取得をするために、これから大学へ進学を考えている方は、自分に合った大学を選びましょう

以下は、合格者数が多い大学をあげてみました。

順位大学合格者数
1日本福祉大通信教育部743名
2日本社会事業大通信教育課236名
2日本福祉大236名
4東北福祉大172名
5日本社会事業大169名
社会福祉士志望者におすすめの大学!より

上記はすべて私立大学となっており、国公立での合格者数トップは岩手県立大、関西圏のトップは龍谷大学となっています。

私立大学への学費の問題や、遠方の大学を選ぶことも選択肢としては検討できますが、通信制講座でも社会福祉士の受験資格は得ることができます。

以下で詳しくみていきましょう。

  • おすすめの大学
  • 合格ラインを身に付けるアガルート
  • 仕事と勉強を両立ユーキャン

通学・講座受講で受験資格を手に入れられる大学一例

合格者数が圧倒的に多い、日本福祉大を一例にあげてみましょう。

日本福祉大は通信制の大学となっているため、年齢や受講地域を選ばないという点でも魅力的です。

「オンデマンド学習」「テキスト学習」「スクーリング学習」「テキスト+オンデマンド学習」と自分のライフスタイルに合わせた学習方法の選択が可能となっています。

講義は24時間インターネットで受講でき、添削課題や科目修了試験も自宅で受講することができます。

また、在校生には主婦の方や社会人、定年後の方もいるため、様々な年齢層の方とコミュニケーションをとることができ、社会福祉士の資格取得後に大いに役立つでしょう。

大学に行かずに社会福祉士を目指すなら?大原がおすすめ

必ず大学に行かなければ、受験資格は得られないのでしょうか?

そんなことはありません。

社会人になって、働きながら資格取得を検討している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

大原では受験資格がない人を対象とした養成過程も設置されていますので、おすすめの通信講座となっています。

以下で詳しく紹介しています。

コース名社会福祉士養成コース
税込み価格調査中
受講形式web通信
教育給付金制度調査中
特典や割引調査中
受講者の合格率
公式サイト大原公式

福祉資格はどれを取るべき?進路の絞り方!

進路の絞り方

これまで「社会福祉士」の仕事内容や資格の取り方に焦点を当てて解説していきました。でも中には、福祉系の資格全般がなんとなく気になっているという人もいらっしゃるでしょう。

「福祉系の資格といっても、たくさんありすぎて、何を取得すればいいのかわからない。」

これから取得を目指す方なら、必ずこの壁にぶつかるでしょう。

福祉系の資格は多くありますが、大きく3つに分けられます。

3つの分野を理解して、将来どのような職に就きたいのか、何を身に付けたいのかを明確にし、進路を絞っていきましょう。

  • 介護系分野
  • 障がい者支援系分野
  • 相談・指導系分野

福祉の資格は3つの分野に分けられる!まずは分野を絞って検討しよう

3つの分野とお伝えしましたが、どのような内容になっているのでしょうか。

社会福祉系の資格分野は「介護系」「障がい者支援系」「相談・指導系」の3つにわけられます。

以下でそれぞれ具体的な資格を簡単にみていきましょう。

介護系

介護系の資格は、日常生活を送ることが困難なお年寄りや障害者の方を介助するなどの仕事を行います。

例えば、よく耳にするのはホームヘルパーなどがこの、介護系にあたります。

以下が一覧になります。

介護福祉士
お年寄りや障がい者の方の介助・支援をする資格
ケアマネージャー
介護保険サービスを利用する際のケアプランを作成する資格
ホームヘルパー
自宅で暮らす要介護者の介助・支援をする資格
移動介護従事者
全身性障害者など1人で外出するのが困難な方の介助・支援を行う資格

障がい者支援系

障害者支援系の資格は、障害者の方の医学的な治療や訓練、指導、補助などの仕事を行います。

理学療法士
病気や事故で障害残ってしまった方の身体機能を回復させるための支援をする資格
義肢装具士
義肢・装具の装着部位の採型・設計・製作を行う資格
言語聴覚士
音声、言語、聴覚機能に障害がある方のリハビリ支援をする資格
盲導犬訓練士
犬を訓練して盲導犬として育成する資格
手話通訳士
聴覚障害の方のために手話を用いて通訳を行う資格
精神保健福祉士
精神障害者の方の社会復帰の支援を行う資格

相談・指導系

相談・指導系の資格は、身体的・精神的・経済的にハンディキャップがある人からの相談を受け、指導や助言をする仕事を行います。

社会福祉士
日常生活を営むことに問題のある方からの相談に対して助言や指導を行う資格
社会福祉主事
社会福祉事務所の現業員として家庭訪問・面談・生活指導を行う資格
臨床心理士
臨床心理学を基盤にして相談依頼者の心理的問題の解決を支援する資格
健康運動指導士
安全で健康な運動プログラムの作成を行う資格
福祉住環境コーディネーター
障害者やお年寄りが住みやすい十環境を整備する資格
福祉レクリエーションワーカー
障害者やお年寄りが楽しめるレクリエーションを企画する資格

いかがでしょうか。

将来目指したい仕事内容、資格はありましたか?

ここでは簡潔に紹介するにとどめましたが、もし気になる資格があった場合は詳しく調べることをおすすめします。今後資格を取得するにあたって、参考にしてみてください。

気になる分野が見つかったら?職場や仕事内容でさらに絞り込もう

先ほどの資格一覧の中に気になる分野はありましたか?

将来は自宅を訪問して支援を行う職業に就きたい、怪我などからの回復をお手伝いしたいなど、ある程度目的が決まっている方は資格も検討しやすいでしょう。

福祉系の資格取得者の主な勤務先としては以下があげられます。

  • 高齢者施設
  • 児童相談所・児童福祉施設
  • 障がい者支援施設
  • 社会福祉協議会・地域包括支援センター
  • 学校・学童
  • 医療機関

実際に学童での勤務をしている方は、子供の頃にお世話になった社会福祉士の方の影響で資格取得を目指すことを決めた、という方もいらっしゃるようです。その場合は、希望の職場が決まっていることから、おのずと取得資格も決まってきます。

そういった、過去の経験や、周りの環境も仕事内容を検討する助けとなるのではないでしょうか。

まだ進路を確定できない?対応できる幅が広い資格を目指すのがおすすめ

進路を決定するタイミングは誰にも必ず訪れます。

しかし、高校在学中などにしっかりと進路決定できている人は少なく、大学進学理由として「将来の仕事に役立つ勉強がしたい」と回答する方が多いようです。

大学へ進学を検討する際に、数多くある分野や資格を選ぶときには、幅広く対応でき、途中から進路変更が可能なものを選んでおくことも重要です。

そういった点では、社会福祉士の資格を取得を目指すことはおすすめできます。

資格内容は違えど、類似の資格が多いことから途中で内容を変更することも可能と言えます。

どの分野の資格でも、将来必ず役に立つであろう資格内容であることからも、たとえ進路変更をしたとしても他の職業に役に立てることができるのが社会福祉士の資格なのではないでしょうか。

効率よく合格を目指すには?アガルートやユーキャンなど通信講座もおすすめ!

効率よく勉強をすすめるには通信講座もおすすめ!

スムーズに効率よく受験資格を得るため、通信講座もうまく利用していくことをおすすめします。

以下でおすすめの通信講座を紹介していきます。

しっかり知識を身に付けるにはアガルート

アガルートの社会福祉士通信講座は、頻出知識を中心に網羅的にまとめられたテキストと講義で、しっかりと合格ラインに乗る知識を身につけることができるようになっています。

全体の3~4割出題される難問・奇問を捨て、確実に取るべき問題をしっかりと読んで判断する時間を確保する力、合格するために必要な問題を選別し解答する力を養います。

以下で、アガルートの社会福祉士通信講座について詳しく紹介しています。

コース名合格カリキュラム
税込み価格53,900円
受講形式オンライン
教育給付金制度なし
特典や割引合格したらお祝い金1万円
受講者の合格率記載なし
公式サイトアガルート公式

仕事と勉強の両立にはユーキャン

ユーキャンは知名度の高い通信講座ですので、安心して活用することができるのではないでしょうか。

社会福祉士通信講座は合格者実績、働きながら合格を目指す方の割合ともにとても高い水準となっていることから、仕事と勉強を両立させながら合格を目指す方に大変おすすめです。

丁寧なサポートもあるので、通信講座でモチベーションを保って最後まで学習できるか不安という方も安心して受講できます。

実際に活用した方も、添削指導で励ましの言葉が多くて、やる気を維持させることができた、添削課題や過去問題を通じて、解答するコツが身についていたので、本番の試験も落ち着いて挑むことができたという声があるようです。

以下で、ユーキャンの社会福祉士通信講座について詳しく紹介しています。

コース名社会福祉士資格取得講座
税込み価格59,000円
受講形式オンライン
教育給付金制度7か月(受講開始から試験月までが標準学習期間に満たない場合は、翌年の試験月まで)
特典や割引調査中
受講者の合格率
公式サイトユーキャン公式

社会福祉士の仕事内容は相談やサポートが中心!資格を活かせる仕事に就こう!

社会福祉士の仕事内容は相談やサポートが中心!資格を活かせる仕事に就こう!

いかがでしたか?

社会福祉士の仕事内容について解説しました。

  • 社会福祉士のメイン業務は相談にのり、サポートすること
  • 様々な勤め先を選ぶことが出来る
  • 相談業務がメインなので大変なこともあるが、その分やりがいや成長がある
  • 社会福祉士の年収は403万と需要とともに年々あがってきており、独立や副業によってさらに上を目指せる
  • 幅広い分野で活躍できるため、資格を活かしたキャリアを選択できる
  • 資格取得によってより信頼のある社会福祉士になれる
  • 受験資格は大学や短大で勉強し取得、または養成施設に通うことで取得できる
  • 効率よく合格を目指すためには通信講座もおすすめ

社会福祉士のお仕事は相談やサポートが中心のお仕事です。

その分大変なことが多い仕事ですが、やりがいや自分自身の成長につながる仕事です。

社会福祉士は幅広い分野で活躍できます。これから取得を目指す方、既に関連のお仕事をされている方、これから進路を検討する方におすすめの資格です。

これまでお話してきましたように、社会福祉士は仕事の種類や内容が多岐にわたります。しっかりと計画をたて、自分に合った内容を選び、資格を活かせる仕事に就くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です