在宅ワークをお探しの方はこちら

社会福祉士試験に合格するための勉強時間は?勉強を始めるタイミングも紹介!

社会福祉士の資格を取ろうと考えている方で、「忙しくて、十分な勉強時間がとれるかどうか不安」「できるだけ効率よく試験勉強がしたい」と悩む方は多いのではないでしょうか。

本記事では、社会福祉士に合格した人の勉強時間や、少ない勉強時間で合格を目指す方法などをご紹介します。

社会福祉士の資格取得を目指す方は、ぜひ最後までご覧ください。

社会福祉士試験には受験資格が必要

社会福祉士試験は誰でも受験資格があるわけではありません。大学等で必要な科目を履修したり、一般養成施設等に通ったりといった決められた方法のいずれかで、受験資格を取得する必要があります。

国家試験の受験要件を満たすルートは全部で12通りありますが、大きく分けると次の4つのルートがあります。

  • 4年制の福祉系大学で指定科目を修了し卒業する
  • 2~3年制の福祉系短期大学などで指定科目を修了し、1~2年以上の相談援助業務に従事する
  • 社会福祉士短期養成施設(6ヵ月以上)を卒業する
  • 社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業する

なお、一般の大学や短大から受験資格を満たすには、予備校の夜間コースや通信教育も含まれる、一般養成施設などで1年以上学ぶ必要があります。

本記事では、既に受験資格を持っている人に向けて、以下から試験勉強の目安時間や効率的な勉強方法を紹介していきます。

社会福祉士の受験資格については以下の記事で詳しく説明しています。

社会福祉士試験の合格には約300時間必要

技術士 勉強方法

社会福祉士の受験資格を持っている人が、試験合格に向けて必要な勉強時間は約300時間です。

社会人で1日の平均学習時間が1~2時間となると、平均学習期間はおよそ5~10カ月となるでしょう。

どういった勉強方法を行えばよいのか、試験の内容を確認していきましょう。

社会福祉士の試験内容は?

社会福祉士試験は、全部で18科目からと広範囲からの出題があり、合格得点率はおよそ6割です。

次から、詳しく見ていきましょう。

出題範囲は全部で18科目

出題範囲は大きく分けて18科目あり、まんべんなく全ての科目から出題されます。

試験時間等、試験に関する詳細は下記の通りです。

  • 試験科目:18科目
  • 試験時間:240分(午前・午後に分かれる)
  • 問題数:150問
  • 出題方法:マークシート方式(五肢択一)

特に「相談援助の理論と方法」の範囲からは、21問と比較的多くの問題が出題されるため、十分な対策が必要です。

厚生労働省が公表している第34回「社会福祉士国家試験」試験科目

「人体の構造と機能及び疾病」「心理学理論と心理的支援」「社会理論と社会システム」「現代社会と福祉」「社会調査の基礎」「相談援助の基盤と専門職」「相談援助の理論と方法」「地域福祉の理論と方法」「福祉行財政と福祉計画」「福祉サービスの組織と経営」「社会保障」「高齢者に対する支援と介護保険制度」「障害者に対する支援と障害者自立支援制度」「児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度」「低所得者に対する支援と生活保護制度」「保健医療サービス」「就労支援サービス」「権利擁護と成年後見制度及び更生保護制度」

合格には約6割の得点が必要

社会福祉士試験の合格基準は、総得点が60%程度、さらに18科目全てで得点があることとされています。

総得点が150点なので合格目安は90点前後なりますが、試験の難易度によっては調整が入るため近年は85点~90点前後が合格基準点となっているようです。

合格ラインだけでみると決して高すぎることはないように思われますが、膨大な範囲を考えると効率よく、さらに苦手科目を作らないように勉強を進める必要があります。

社会福祉士試験の勉強のポイント

社会福祉士試験の合格に向けて勉強するうえで、大切なポイントは2点あります。

  • 全ての範囲をまんべんなく学習する
  • 時間を測って演習問題を解く

膨大な試験範囲と、時間との戦いになる本番を制するために、ポイントを守って学習を進めることをおすすめします。

次から、2点のポイントを詳しく解説していきます。

全ての範囲をまんべんなく学習する

社会福祉士の試験範囲は、全18科目とかなり広いです。

合格するには、全ての科目で1点以上の得点を取ることと、合計で60%程度の正答率が必要なため、捨ててよい科目はありません。

苦手科目を作らず、全ての範囲をまんべんなく学習しましょう。

時間を測って演習問題を解く

あらかじめ、1問にかける時間を短くする練習をしておくことをおすすめします。

試験時間は240分で150問出題されますから、単純計算で1問にかけられる時間はおよそ1分半しかありません。

実際の試験と同様の時間を測りながら演習問題を解く練習をしておくと、本番も焦らずに済みます。

社会福祉士試験の勉強方法

社会福祉士の試験に向けた勉強方法としては、独学で学習を進める人もいれば、予備校の講座を受講する人もいます。

それぞれの学習方法の特徴や注意点を見ていきましょう。

独学で対策する

独学で社会福祉士の試験対策を行うには、相当な時間がかかることが予想されるため、特に社会人の方には不向きと言えます。

独学で対策をする場合には、長い期間勉強することを見越して、自分に合っているテキストを使用するのをおすすめします。問題演習も繰り返し練習できるよう、複数のテキストを用意するのが良いでしょう。

通信制の講座で対策する

予備校の通信制講座を利用すれば、効率よく学習を進めることができ、社会人の方にはおすすめです。

合格のノウハウが詰め込まれたカリキュラムに従って効率よく勉強でき、さらにオンラインでの受講ならスキマ時間も利用して学習を進めることができます。

下記のような予備校が通信制講座の提供を行っています。

資格講座名アガルートアガルートユーキャンユーキャン大原大原
コース名合格カリキュラム社会福祉士資格取得講座社会福祉士養成コース
税込価格53,900円59,000円調査中
受講形式オンラインオンラインweb通信
教育給付制度何度でも1日3問まで各校に問い合わせ
特典や割引合格したらお祝い金1万円メインテキスト5冊調査中
受講者の合格率記載なし記載なし69.3%
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

予備校の講座は、忙しい方でも一発合格を目指せるカリキュラムが組まれているので、安心できます。

それぞれの予備校について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

社会福祉士になるにはいつから勉強すればいい?

必要な勉強時間はおよそ300時間ですが、具体的にいつから勉強を始めればよいのでしょうか

独学で合格を目指す場合と、予備校に通う場合の2パターンを確認していきましょう。

独学の場合は1年前から

独学で学習を進める場合には、試験のおよそ1年前から勉強を始めると余裕が持てそうです。

社会人の方で1日に1時間程度しか学習時間が取れないとすると、学習期間は最低10カ月は必要です。

計画通りに学習が進まない可能性も考慮して、1年ほど前から勉強を開始するのがおすすめです。

予備校の場合は、カリキュラムに従う

講座を受講して学習を進める場合は、プロの講師陣によって考え抜かれたカリキュラムに従って学習できます。

社会福祉士の試験は、出題範囲がかなり幅広く難易度も高いため、独学よりも予備校の通信講座などを受講して、効率よく試験対策を行うことがおすすめです。

オンラインで学習を進めることができる講座を利用すれば、忙しい方でもスキマ時間を利用して学習を進められます。

社会福祉士の試験対策には約300時間必要

社会福祉士の試験合格に向けては、約300時間の勉強が必要とされます。一人で最後までやりきるのが不安な方は、予備校を利用して合格を目指すのがおすすめの勉強法です。

近年の平均合格率が3割前後という社会福祉士は、福祉系国家資格の中でも最難関と言えるでしょう。

それでも、学業や仕事で忙しいが両立して資格取得を目指したい、効率よく学習して1発合格を狙いたいという方は、ぜひ予備校の通信講座の利用も検討してみてください。

下記の各講座のURLから資料請求も可能です。

資格講座名アガルートアガルートユーキャンユーキャン大原大原
コース名合格カリキュラム社会福祉士資格取得講座社会福祉士養成コース
税込価格53,900円59,000円調査中
受講形式オンラインオンラインweb通信
教育給付制度何度でも1日3問まで各校に問い合わせ
特典や割引合格したらお祝い金1万円メインテキスト5冊調査中
受講者の合格率記載なし記載なし69.3%
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です