在宅ワークをお探しの方はこちら

行動心理士とは?仕事内容・資格の難易度まで解説!

心理学に関わる資格取得をしたいものの、学校に通う方法は時間や費用がかかると諦めている方もおられるのではないでしょうか。

自営業やフリーランス、趣味や教養、本業のスキルアップで心理学の資格取得をしたいときは、行動心理士の資格がおすすめです。

今回は、行動心理士の資格に興味がある方に向けて、どのように仕事に活かせるのか、資格の難易度とともに解説します。

行動心理士とはどんな資格?人の本音を読み解く専門家!

人間の行動から心理を読み取れる知識が身につく資格です。行動心理学の基礎を学びながら、人間関係を上手に築く能力を養えます。

行動心理士は、指定のカリキュラムを受講後、自宅から受験して合格すると資格取得が可能です。初心者から心理学の基礎知識を学びたい方に向いています。

大学・専門学校に通う以外の方法で心理学の資格がほしい方、心について理解を深めたい方におすすめです。

行動心理士の仕事内容は?独占業務があるわけではない!

民間資格の行動心理士は、資格取得=心理学の専門業務ができるというわけではありません。

あくまでも行動心理学の基礎知識を身につけているという証明のみになります。本業がある方のスキルアップや教養として活用できる資格内容です。

行動心理士の資格取得には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

行動心理士のメリットは?今の仕事にプラスαできること!

行動心理士の資格取得は、自営業やフリーランスで働く方に向いています。心理学関係の大学・専門学校などに通わず、資格を肩書きとして使いたいときに便利です。

また、福祉・医療関係、サービス業などの職場で働く方は、行動心理士の勉強を通して心理学の知識を学ぶ機会につながります。

相手の行動から読み取れる心理は何か、どのように寄り添うと円滑な人間関係が築けるかなど、仕事のスキルを高める機会に役立つでしょう。

行動心理士は意味ない?悩み解消の役に立つ!

民間資格の行動心理士は、資格取得=就職に直結するわけではないため、人によっては取得のメリットがないように感じられるかもしれません。

ただ、人間の心の動きや行動の仕組みが理解できると、日常生活のさまざまな場面に応用できます。職場の人間関係やプライベートで「どうして〇〇の行動を取るのか?」という心理状態を把握しやすくなり、人間関係の調整に役立つスキルが学べるからです。

人間関係のあらゆる場面では、相手の視点に立って理解できる能力を高められると、揉めごとを回避する能力を高めやすくなります。

行動心理士の資格は履歴書に書ける?特技のアピールになる!

資格取得後、合格すると履歴書の欄に「行動心理士」の記載ができます。

ただ、行動心理士の資格だけでは、心理学関係の職場に雇用されるという保証はありません。資格をアピール材料にしたいときは、福祉・医療関係、サービス業など、職場でのスキルアップや経歴の補強材料として活用できます。

行動心理士資格の難易度は?それほど高くないので取得しやすい!

初心者におすすめのやさしい難易度で、心理学の勉強が初めてでも安心して理解を進められるでしょう。

途中で挫折することなく、行動心理学の基礎知識を身につけたい方におすすめです。

合格の判断基準は?試験で70%以上得点すること

行動心理士の資格取得の試験は「在宅受験+教材のテキストの持参OK」になるため、カリキュラムの勉強で対策を進めていれば、問題なく合格できるでしょう。

試験中に教材のテキストを見ながら解答できるため、丸暗記をせずに対応できる点は初心者にも安心です。試験は70%以上の得点があれば合格できます。

また、万が一合格できなかった場合も再度試験を受験できるため、確実に合格を目指せる仕組みです。

行動心理士資格の取り方は?資格のキャリカレを活用しよう!

認定講座である『資格のキャリカレ』で教材を購入し、カリキュラムを終了すると行動心理士の受験資格が得られます。在宅試験の受験で70%以上の得点があると合格ラインです。

合格者には認定証・認定カードがもらえるため、仕事やプライベートで活動するときの証明にできます。

教材はテキストと映像講義の両方を活用しながら、インプットした内容をすぐに実生活でアウトプットできる内容です。

行動心理士は国家資格ではない!関連資格なら「公認心理師」がおすすめ

行動心理士は民間資格です。一方、国家資格の公認心理師は、社会的信頼性が高いため、心理学関係の仕事に就職したい方に有利な資格です。

これから初めて心理学の勉強に取り組む方は、指定の4年制大学などに通う方法で取得できます。長期的に心理学に関わる仕事で活躍したいときは、公認心理師の資格取得をご検討ください。

心理学に関わる資格や仕事内容の詳細が知りたい方は「心理学を仕事に活かすには?資格の種類・収入・就職に役立つ情報を紹介します」の記事をご参照ください。

行動心理士は人の行動を読み解ける!取得して仕事に生かそう!

行動心理士は、本業のスキルアップに心理学の勉強を図りたい方におすすめです。行動心理士の基礎知識が身につくと、人の行動の裏にある心理を読み解く能力を養えるでしょう。

行動心理士の試験は、在宅でテキストを見ながら解答できるため、資格の難易度はやさしく初心者にもおすすめです。

本業のスキルアップに心理学の資格を取りたい方、自営業やフリーランスの肩書きで資格取得に使いたい方は、行動心理士の資格取得をご検討ください。