在宅ワークをお探しの方はこちら

50代から勉強できる!おすすめの勉強法や資格取得の方法を徹底解説

50代から資格の勉強を始めるのは、決して遅くはありません。60~70代以降の老後に備えてできることは、今から対策を打っておくことで後悔を少しでも減らせるからです。

たとえば、金融庁に関わる組織は「老後の30年間で約2,000万円が足りない」と発表されているデータもあります。

あくまで予想のデータではありますが、お金があって困ることはないので、多くの方にとっても不安や耳が痛いと感じる話題ではないでしょうか。

本記事では、老後の不安を解消するためにも、50代からできるおすすめの勉強法や資格取得の方法を徹底解説します。

生涯食べていける仕事や就職先を獲得したいと感じられる方は、新しい第一歩を踏み出すときの参考にご活用ください。

50代が稼げる資格10選!転職や定年後に役立つ資格・就職先を解説

50代から勉強して手に職をつけるのは遅くない!

 

資格の勉強といえば「若い学生が学校に通って就職するもの、高齢では無理だ」というイメージがある方もおられるかもしれません。

しかし、実は50代から勉強して手に職をつけられる資格は多くあるのはご存知でしょうか?

受験資格や年齢制限はなく、学校に通わず独学で資格取得を進められるものも多くあるのです。そのため、50代から勉強を始めて手に職をつける行動は決して遅くはありません。

むしろ60代に比べると、50代のうちに新しい挑戦にチャレンジすることで「頑張ってよかった」という結果を得られるかもしれません。

周りの目を気にしまって行動に移せない方、今更勉強なんて遅いと感じておられる方は、もう一度諦めずに一歩を踏み出してみてほしいと願います。

50歳からのスキルアップの勉強には根気と体力が必須

50代から手に職をつける勉強を始めるときは、ご自身の体力や気力がどのくらいあるのか、把握することをおすすめします。

  • 寝る時間は最低でもどのくらい必要か?
  • 一日のうちに取れる勉強時間はどのくらいか?
  • 集中できる勉強時間はどのくらいか?

など、ひとまず勉強を継続しながら自分の体力や気力の限界を検証してみましょう。

自分のペースを把握することで、勉強のモチベーションを維持しながら継続できるコツにつながります。

50代の勉強で記憶力を上げる方法

 

勉強で記憶を定着させるには、勉強のコツを知って効果的に進めることが重要です。モチベーションを低下させずに継続できる工夫にもつながります。

50代の勉強で記憶力を上げる方法を見ていきましょう。

テスト効果を使って記憶力アップに利用する

勉強した単語や内容は、何度も繰り返し思い出すことで記憶の定着につながり「テスト効果」と呼ばれます。

始めは聞いたことのない単語も、一度耳にすると別の場所で聞いたときの理解力が高まっていると感じた経験がある方もおられるかもしれません。

  • 寝る前に今日勉強した内容を復習する
  • 起床後に昨日勉強したところを問題集で理解度を確認する
  • 外出時の移動中や家事の合間に勉強した内容を頭で思い出す

など、勉強の基本として何度も思い出して記憶を強化しましょう。

基礎的ではありながらも、意識して思い出すかどうかで50代からの勉強に感じる「記憶力の不安」を少しでも和らげる効果が期待できます。

休日は起床後2~3時間までの勉強がおすすめ

人間の集中力が高まる時間帯は、朝起きてからの2~3時間程度といわれています。

人によっては集中できる時間帯は変わるかもしれませんが、生産性をあげて効率的に勉強したいときは、起床後の時間に注目しましょう。

軽く朝食を済ませたあとは、ラジオ体操を5~10分程度取り入れたり、散歩したりして血流アップをうながすと脳や体が目覚めやすくなるはずです。

休日の時間を有効活用して勉強するときは、できる限り用事や家事を起床後2~3時間のあとにずらすと集中力をうまく活用できる手段につながるでしょう。

朝は記憶の確認、夜は暗記がおすすめ

記憶が定着しやすい夜の時間帯は、テキストや問題集を新しく理解するよりも暗記におすすめの時間といわれています。

たとえば、夜の寝る前に書籍を開いて復習する形で勉強を進め、翌朝にどのくらい記憶が定着しているのか問題集を解いて試す方法を取ると記憶力アップに効果的でしょう。

読書を進めるときも、就寝前に読み進めると寝ている間に脳が記憶を整理してくれて上手に知識を吸収できます。

朝と夜の時間を意識して勉強方法を変えることで、効果的に50代からの勉強で記憶の定着を図る手段につながるでしょう。

50代から勉強するメリット

 

新しい勉強を始めることは、今まで知らなかった分野や世界を広げられるよい機会につながります。

「勉強するだけ無駄かもしれない…」と迷われている方は、まずはテキストや問題集を購入して、どんな分野の勉強ができるのか読み物として目を通す方法もおすすめです。

勉強のモチベーションアップにつなげるためにも、50代から勉強するメリットを見ていきましょう。

国家資格ゲットのチャンスができる

50代から手に職を諦めている方でも、国家資格に挑戦して仕事に活かすチャンスはあります。国家資格のなかには、下記のように条件不問で受験できる内容もあるからです。

  • 業界未経験でもOK
  • 学歴に関係なく受験できる
  • 年齢に関係なく受験できる

学校に通わず独学で取得できる国家資格も多くあります。今のうちに勉強を始めておくと後から「チャレンジしておけばよかった!」という後悔はなくせるはずです。

50代から勉強するメリットには、国家資格が取得できる機会につなげられる点があげられます。

定年後の保険につながる

60代の定年退職後の未来を考えて今から勉強を始めるのは、決して遅くはありません。定年の年齢は年々引き上げられており、老後に備えた資金の準備は多くの人にとって必須課題です。

資格を取得しておけば、シニア世代に活かせる資格も多くあります。

たとえば「ビルメンテナンス」や「建築・不動産」関係の仕事は、今後も全国各地でシニア世代の需要がある仕事で人気です。

また、50代と60代では、勉強にかけられる体力や集中力に差があるでしょう。今のうちに勉強を進めておくことで、周りのシニア世代と差をつけた老後のスタートを切るチャンスを掴めます。

出世や採用のチャンスが生まれる

50代からスキルアップの勉強を始めるのは、体力と精神面からの負担はかかるものの、周りからの信頼性を高められる手段に有効活用できます。

正社員や契約社員で就職されている方は、社内で指導する立場として出世や給料アップにつなげられるかもしれません。

また、早期退職や定年退職が迫っておられる方は、違う職場や業界で採用のチャンスを得られる機会につなげられることが資格取得のメリットにあげられます。

50代におすすめの勉強法6選はこちら!

 

勉強を始めるときは、それぞれのライフスタイルや価値観に合ったやり方で理解を進めましょう。

ネットよりも書籍を使った勉強が得意な方、持ち物を減らしてネットの教材で勉強を進めたい方など、それぞれの好みがあるはずです。

資格Hacksが選ぶ「50代におすすめの勉強法6選」を見ていきましょう。

5分間勉強法

勉強の科目を5分ごとに切り替えて集中力を保つ勉強法です。5分間勉強法は、50代からの勉強法にも活用できます。

  • 家事の合間に5分だけ勉強する
  • お風呂に湯船をためる間にテキストを読む
  • 会社の通勤時間や休憩時間に5分ほど復習する
  • 布団に入る前に少しだけ勉強する

勉強の継続に時間がないと感じられる方におすすめの方法です。

スキマ時間をうまく見つけて勉強できるので、集中力が途切れずに継続しやすいメリットがあります。勉強のやる気がでないときにもおすすめです!

5分間を固定しなければいけないわけではありません。臨機応変に10~15分間続けるなど、それぞれの状況に合わせて対応してください。

音読

テキストや問題集を声に出して読み進める形で対応できる勉強法です。耳から脳に記憶を定着できて、小学生のころに戻った気持ちで簡単に取り入れられます。

  • テキストを読みあげて音から理解を進められる
  • 自宅の勉強で集中力が切れてきたときに使える
  • ボイスレコーダーや携帯の録音機能を使えば、自分の声を再生して外出時に聞ける

感覚から覚えることが得意な方に向いています。また、音読するときは立ち上がって歩くやり方もおすすめです。

長時間座ったままの勉強よりも全身の血流がよくなり、集中力が回復しやすくなります。

スキマ時間勉強法

仕事や家事、移動時間の空き時間を活用して進められる勉強法です。忙しい現代人にピッタリのやり方で、思いついたときに時間を有効活用できます。

  • 病院に行くまでの電車やバスの移動時間にスマホで勉強
  • 音声教材や動画配信サービスから料理をつくりながら音声勉強
  • 寝る前に学習ノートを読み返して復習

たとえば、YouTubeで「○○+勉強」と検索すると目当ての項目が見つけられます。○○に入る部分には、取りたい資格名や就職を目指したい業界名など、関連キーワードを入力しましょう。

書籍のようなアナログ、携帯を使ったデジタルの方法など、自分に合った勉強方法を選ぶ形で構いません。時間を有効活用できれば、50代からの勉強を無駄なく効果的に進められます。

チームメイキング勉強法

勉強を一緒に続けるチーム(仲間)をつくって取り組む勉強法です。独学の勉強が苦手で、誰かとコミュニケーションを取りながら勉強を継続したい方に合っています。

  • 予備校やスクールに通って勉強する
  • インターネットからオンラインサロン(個人が情報発信して参加者を募るサークルのようなもの)に参加

広義の意味では、教室に通って先生から指導を受ける方法も含まれるかもしれません。新しい勉強を始めるときに仲間と一緒に活動を始めたい方に向いています。

ストップウォッチ勉強法

100円ショップで購入できるストップウォッチを使って勉強時間を計測しながら始められる勉強法です。

一日に「合計で何時間の勉強が進められたのか」を把握するのに役立ちます。また、どのくらい勉強に対する集中力が続くか把握できる目安になるでしょう。

毎日継続するためにも「30分」のタイマー設定をかけて、タイマーが鳴ると5分間休憩を挟むなど、メリハリをつけた勉強を続けるときにおすすめです。

スマホのストップウォッチを使う方法もありますが、携帯に意識がいってしまい、気づけばメールやSNSを開いてしまう懸念もあげられます。

勉強時間の計測に役立つストップウォッチを有効活用し、勉強と休憩時間の切り替えに利用してください。

ミニマム勉強法

最小限の意味があるミニマムは、テキストと問題集のみでポイントを絞って取り組む勉強法です。

始めに問題集に取りかり、試験の傾向や内容を先に暗記する形で勉強を進めます。問題集でわかならないポイントは、先に答えを見てから問題文を読む形で同時に理解を進める流れです。

テキストに関しても重要ポイントや赤字、問題集でわからなかった部分に絞って暗記を進めていきましょう。

じっくり型で勉強を進めたい方には不向きなので、短期集中で暗記を中心に覚えたいときにおすすめの勉強法です。

50代から手に職をつけるために資格取得がおすすめ

 

「手に職があれば人生が変わったかもしれない」と考える方は、50代からでも目指せる資格をご存知でしょうか。

実は年齢や学歴、実務経験の有無に関わらず取得できる資格は多くあるのです。50代から手に職をつけるためにおすすめの資格を見ていきましょう。

50代からの勉強におすすめの国家資格

社会からの信頼性が高い資格を取りたい方は、国家資格がおすすめです。「国家資格って学校に行かないと取れないの?」と悩まれる方は安心してください。

学校に通う必要がなく、受験資格のない独学で進められる資格の一覧を簡単にまとめました。

  • 宅建士:不動産の取引や賃貸の仲介など、物件管理や取引に関わる国家資格。
  • マンション管理士:マンション管理や運営に役立つ国家資格。不動産やビルメンテナンス、建築業界に就職できる。
  • 登録販売者:全国のドラッグストアを中心に、調剤薬局や健康食品を扱う企業で働ける国家資格。

50代から食べられる仕事と相性のよい国家資格です。「就職で通用するスキルを持っていなくて困る」と感じられる方は、60代になる前にもう一歩だけ踏み出して頑張ってみてほしいと思います。

*50代の仕事と就職に相性のよい国家資格を知りたい方は、下記のページをご参照ください。

50代が稼げる資格10選!転職や定年後に役立つ資格・就職先を解説

50代から長く続けられる仕事と資格【女性】

「手に職を持っておらず、就職が難しい…」そんな悩みを抱えておられる方には、医療業界の仕事と資格取得がおすすめです。

未経験や無資格から雇用を目指すことが可能な業界で、資格取得で面接時のアピール材料につなげられます。50代から医療業界に飛び込んで働く方もおられるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

  • 介護ヘルパー二級:介護に必要な基礎知識が学べる内容。経験を積んで介護の専門職である国家資格の介護福祉士を目指せる。
  • 医療事務:医療や福祉施設を裏方から支える事務の仕事に関わる資格。
  • 介護事務:介護施設を裏方から支える事務の仕事に関わる資格。

上記は、医療の学校に通わず取得が可能な資格です。医療業界の仕事におけるメリットには、地域や近隣で働ける場所が比較的多いことがあげられます。

人のサポートをすることが好きな方、コミュニケーション能力に自信がある方に向いている仕事です。挑戦してみたい方は、資格をスキルの証明に活用して勉強を進めてみてください。

*医療の関連資格である「調剤薬局事務」「歯科助手」などの内容を解説した記事は、こちらをご参照ください。

医療系の稼げる資格おすすめ7選!専門学校に通わなくても取れる、受験資格がない資格を厳選紹介

50代からの転職に役立つ仕事と資格【男性】

全国に求人数が多く、シニア世代の再雇用があるおすすめの資格一覧を簡単にまとめています。

50代からも需要が高い業界には、ビルメンテナンスや工場に関係する業界が人気です。

  • 危険物取扱者(乙4):灯油やガソリンなど、身近で使われる危険物の取り扱いが認められる資格。ガソリンスタンドや運送、工場関係の職場に役立つ。
  • 第二種電気工事士:電気工事や管理のプロとして活躍できる資格。電気関係やビルメンテナンス系の職場で活用できる。

どちらも受験資格がないため、年齢や学歴、実務経験に関わらず受験が可能です。勉強時間は1~2ヶ月程度を目安に合格を目指せます。

「何かお金につながる資格を取得したい」「定年後にも役立つ資格がほしい」と考える方に必見です。

*定年後に稼げる資格の種類を知りたいときは、下記のページをご参照ください。

定年後に稼げる資格7選!老後の不安を解消できる再就職に役立つ資格を解説

50代からの勉強まとめ

 

50代からできるおすすめの勉強法や資格取得の方法を解説しました。

もう一度、50代におすすめの勉強法や資格を振り返りましょう。

*50代におすすめの勉強法

  • 5分間勉強法(5分間だけ勉強)
  • 音読(声に出して読む)
  • スキマ時間勉強法(空き時間に勉強)
  • チームメイキング勉強法(仲間と一緒に勉強)
  • ストップウォッチ勉強法(時間を計測して勉強)
  • ミニマム勉強法(テキストと問題集で最低限の勉強)

*50代からの勉強におすすめの国家資格

  • 宅建士
  • マンション管理士
  • 登録販売者

*50代から長く続けられる仕事と資格【女性】

  • 介護ヘルパー二級
  • 医療事務
  • 介護事務

*50代からの転職に役立つ仕事と資格【男性】

  • 危険物取扱者(乙4)
  • 第二種電気工事士

50代から取得できる国家資格は以外に多く、受験資格や年齢に関わらず合格を目指せる内容が多いことが理解できたのではないでしょうか。

体力と気力の面で調整は必要にはなりますが、新しい勉強のチャレンジが遅いということは決してありません。これからの老後2,000万円問題の解消を兼ねて、ぜひお金の不安をなくせる選択をご決断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です