在宅ワークをお探しの方はこちら

【2021年】マンション管理士資格のおすすめ予備校講座は?講座選びのポイントや各社の口コミ評判を解説

法令やマンション管理に関わる専門知識は、初心者の方が難しいと感じやすいポイントです。独学での対策に限界を感じるときは、予備校を利用した対策が向いています。

ただ、どのような予備校を選ぶべきなのか、講座の内容に迷われている方もいるかもしれません。

今回は、最新の情報からマンション管理士資格おすすめの予備校講座を解説します。予備校選びのポイントや各社の口コミ評判をまとめていくので参考にしてください。

マンション管理士の予備校講座を社会人が選ぶときのポイント

予備校選びでは、それぞれのライフスタイルに合った内容を選びましょう。費用や講義内容、予備校の実績を基準に選ぶと後悔が減らせるはずです。

マンション管理士の予備校講座を社会人が選ぶときのポイントを解説します。

予備校講座の費用と予算から選ぶ

マンション管理士の予備校の相場は4~10万円台です。資格取得にかけられる費用を考えて予算に見合う内容かご検討ください。

「お金の準備が一括払いでは難しい」と感じるときは、分割払いに対応している予備校もあります。支払い方法は、クレジットカードや銀行振込、コンビニ決済などが一般的です。

費用を最小限に抑えたい方は、独学でテキストと問題集を購入して対策を進めましょう。勉強を続ける過程で対策が難しいと感じたときは、予備校に切り替えることも可能です。

予備校のお金をなるべく抑えたいときは、早割やキャンペーンを活用すると、数万円程度の割引が適応できる内容もあります。

予備校選びでは、できる限り費用を抑える方法を検討しながら予算や家計の事情とご相談ください。

予備校講座の教材や講義内容から選ぶ

マンション管理士の予備校は、管理業務主任者の資格と両立して勉強を進めるコース、または単体で受講できるコースにわけられています。

予備校を選ぶときは、下記の項目を確認しましょう。

  • テキストや問題集(紙媒体・デジタル)
  • 質問サポートの有無、回数制限(直接対面、メールなど)
  • カリキュラム内容の充実度(添削や過去問など)
  • オンラインの機能、サポート対応

社会人が仕事と資格取得を両立させるには、自宅で進められる通信タイプの予備校がおすすめです。勉強の不明点をなくせるように、質問サービスの有無を確認しておきましょう。

忙しい社会人の方が勉強時間をつくる工夫として、パソコンやスマホから動画講義やデジタルテキストで復習する方法がおすすめです。

予備校選びで後悔のない選択ができるように、上記のポイントを参考にしながら予備校講座をご検討ください。

合格者の声・実績から選ぶ

過去にどのくらいの合格者や合格率の実績があるかは、予備校を選ぶ判断基準のひとつです。

マンション管理士の試験に合格することが目標になるので、確実に理解が進められて最短でゴールを目指せる講座を選びましょう。

気になる予備校の公式サイトに合格者のインタビュー記事やコメントがあると、これから勉強を始める方にとっての参考になります。

公式サイトに合格者の声や実績が公開されていない場合は、SNSで「マンション管理士+予備校の名前+評判(口コミ)」で検索すると、過去から現在までの評判や感想を探すことが可能です。

マンション管理士は予備校講座以外の独学は難しすぎる?

不動産や法律の知識がどのくらいあるかによって、マンション管理士の難易度は変わります。

初めて勉強する方とっては、複雑な専門知識やルールに戸惑いを感じて「独学は難しすぎる」と感じられるかもしれません。

マンション管理士の勉強時間と合格率の観点から、独学と予備校の勉強法を選ぶときの参考にしてください。

勉強時間は平均約500時間が必要

国家資格のマンション管理士は、約3ヶ月~半年以上の期間をかけて対策に取り組みます。

社会人が500時間の勉強時間を達成する仮のスケジュールは下記のとおりです。

  • 約3ヶ月の独学(詰め込み型):平日約4時間+土日休日約10時間=1ヶ月でおよそ166時間
  • 約6ヶ月の独学(平均型):毎日3時間の勉強=1ヶ月でおよそ90時間
  • 約12ヶ月の独学(ゆっくり型):毎日約1時間半の勉強=1ヶ月でおよそ45時間

資格の勉強に慣れていない方にとって、500時間の達成は厳しいものがあります。試験対策の時間が足りずに本領を発揮できないまま、本番に間に合わない可能性もあるでしょう。

事前に知識が備わっている方以外は、予備校の勉強法を使うと効率よく理解が進められておすすめです。

合格率は約7~9%

マンション管理士の試験対策は、合格率約7~9%と初心者には難しいと感じられる内容です。法令やマンション管理に関わるルールは、何度も読み込まないと暗記が難しいと感じられるかもしれません。

試験科目の法令に関わる分野は、得点配分が多いためしっかり対策を進めると得点が獲得しやすくなります。法律や不動産の勉強経験がない方は、独学よりも予備校での対策が向いているでしょう。

いきなり予備校を利用するのに抵抗感がある方は、独学を試してから予備校に切り替える方法もおすすめです。テキストと問題集を使えば、どのくらいの難易度で理解が進められるのか確認できます。

マンション管理士を予備校講座で勉強するメリット

高卒で稼げる資格選びのポイント

独学にはないサービスが充実している点でも、マンション管理士の予備校を利用する価値は大きいといえます。

マンション管理士を予備校講座で勉強するメリットを見ていきましょう。

一発合格が目指しやすい

予備校の講座は、過去の試験傾向が研究された内容で、ポイントを絞って効率よく対策が進められます。

マンション管理士の合格率は約7〜9%で推移しており、国家資格のなかでも比較的高い難易度です。試験対策では、法令やマンション管理に関わる知識が求められます。

予備校の講師は、過去に合格者を多く出してきた実績があるため、受講者がつまずきやすいポイントをカバーしながら理解が進められるでしょう。

初心者からの独学では難しいと感じやすい一発合格が目指せて、最短距離で目標達成を目指せます。確実に理解が進めやすいところは予備校を選ぶメリットです。

スケジュールが管理しやすい

マンション管理士は500時間の勉強時間が必要なので、試験本番に向けて計画を立てながら対策を進める必要があります。

プライベートの用事や仕事に左右されてしまい、試験日までに勉強が間に合わない可能性も考えられるかもしれません。

予備校では、おおまかなスケジュールを組んで講義が受けられるため、独学よりも未来を見通しながら対策が進めやすいでしょう。

ひとりでは自己管理が難しいときも、第三者の添削や質問が利用できる予備校は、スケジュールが管理しやすいメリットがあります。

講師から授業が受けられる

予備校は、独学にないサービスが充実しているところが魅力のひとつです。

動画講義で理解が進められるコースでは、テキストと問題集だけではイメージしづらいポイントも把握しやすくなります。

実際に音声や動画から話しているほうが理解しやすい方にもおすすめです。移動時間やスキマ時間に勉強できる工夫が整っています。

添削や質問サービスを利用すれば、苦手な科目の把握や不明点を残さずに試験対策がクリアできるでしょう。

予備校では、質問や添削サービス、動画講義などを利用して効率よく勉強できるメリットがあげられます。

マンション管理士と管理業務主任者をダブル取得できる予備校講座

マンション管理士の予備校におすすめの4選をまとめて解説します。管理業務主任者の同時取得を目指せる講座をピックアップしているので、ダブル取得を目指したい方必見です。

それぞれの特徴や口コミ評判をまとめていくので、気になる内容があればぜひ参考にしてください。

アガルートの特徴・口コミ評判

通信タイプでマンション管理士と管理業務主任者の試験対策が進められる予備校で、合格者の実績が多く注目が集まっています。

アガルートの予備校を受講した方の合格率は、下記のとおりです。

  • マンション管理士:合格率36.4%(全国平均8.6%、4.23倍の実績)
  • 管理業務主任者試験:合格率70%(全国平均22.2%、3.15倍の実績)

※令和2年度の試験の内容。

全国平均に比べると、高い合格率を誇ることがわかります。

Facebookから気軽に質問ができるサービスもあり、不明点を残さないように勉強が進められるでしょう。

公式サイトには、実際に社会人から合格した方の声が載せられています。

  • 「両方受験する方にとっては、テキストの文量、過去問の量のどちらをとっても申し分ないかと思います。」

※内容はアガルートの公式サイトの合格者の声より引用。

書籍のテキストだけでなく、動画を使った講義内容が充実しており、場所や時間にとらわれずに勉強できて便利です。

マンション管理士と管理業務主任者のコースは、個別に対応した内容もあるので、目的別に合わせてご利用ください。

ユーキャンの特徴・口コミ評判

通信で勉強できる大手講座のユーキャンは、マンション管理士と管理業務主任者のダブル取得が目指せます。

リサーチの結果、公式サイトにマンション管理士の合格率は、現在のところ掲載がありませんでした。

SNSには、実際にユーキャンの講座を使って合格した方の声が届いています。

スマホを使ってスキマ時間に勉強できる教材も便利です。イラストや図解が抱負で、添削課題や質問サービスを利用すれば、効率よく理解が進められるでしょう。

教育給付金制度の対象講座になるので、社会人から費用を抑えて受講したい方に向いています。

ユーキャンはマンション管理士と管理業務主任者を個別に対応したコースが現在のところないため、両方受験を目指したい初心者の方におすすめです。

フォーサイトの特徴・口コミ評判

通信タイプでマンション管理士と管理業務主任者の試験対策が進められる予備校です。合格者の実績が多く、動画講義やeラーニングの学習に力を入れています。

フォーサイトの予備校を受講した方の合格率は、下記のとおりです。

  • マンション管理士:合格率25.9%(全国平均8.6%)
  • 管理業務主任者試験:合格率71.3%(全国平均22.2%)

※2020年度の試験の内容。

公式の発表によると、全国平均に比べると約3.21倍の結果でした。フォーサイトが高い合格率を誇ることがわかります。

公式サイトに届いた合格者の声を見てみましょう。

  • 「合格率の高さから、質の高さも保証されていると感じました。」
  • 「サンプル教材を見て分かりやすいと思い、フォーサイトに決めました。」

※内容はフォーサイトの公式サイトの合格者インタビューより引用。

社会人から資格取得を両立させた方も多くおられます。フルカラーテキストや充実した動画講義から勉強を進めたい方は、フォーサイトの予備校をご検討ください。

スタディングの特徴・口コミ評判

デジタル教材を中心に勉強を進めたい方は、スタディングの講座がおすすめです。マンション管理士と管理業務主任者のダブル取得を目指せます。

リサーチの結果、公式サイトにマンション管理士の合格率は、現在のところ掲載がありませんでした。

合格者の声は多く掲載があり、実際にスタディングの講座を使って合格した体験談を閲覧できます。

  • 「マンション管理士試験を一発で合格することができました。学費もお値打ちでしたので、すんなりスタディングを選択しました。」
  • 「スタディングは効率的な学習に活用できるシステムだと思います。」

※内容はスタディングの公式サイトの合格者の声より引用。

動画講義を活用しながら、徹底的に過去問を解く形で理解が進められます。忙しい社会人の方がスキマ時間を使って対策するときにおすすめです。

マンション管理士の予備校講座のおすすめまとめ

マンション管理士資格のおすすめ予備校講座を始め、講座選びのポイントや各社の口コミ評判を見てきました。

マンション管理士におすすめの予備校講座をもう一度見ていきましょう。

  • アガルート:通信/合格率の実績が高い。
  • ユーキャン:通信/給付金制度の対象講座。
  • フォーサイト:通信/合格率の実績が高い。
  • スタディング:通信/デジタル教材中心で対策可能。

予備校選びのポイントでは「費用と予算」「教材や講義内容」「合格者の声・実績」3つの観点から選んでみてください。

社会人からマンション管理士の合格を最短距離で目指すには、予備校で通信を使った勉強がおすすめです。

本記事で紹介した予備校を参考にしながら、予算や自分の勉強スタイルに合う内容をご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です