在宅ワークをお探しの方はこちら

マンション管理士の合格率は?低い理由や対策法・合格のコツを徹底解説!

「マンション管理士の合格率ってそんなに低いの?」

「どんな勉強方法なら合格できるの?」

そんな疑問をお持ちのあなた、恐れることはありません。

マンション管理士はマンション管理の総合的、かつ専門的な知識を持って働ける国家資格です。就職や転職にも有利な資格です。

合格率は低いですが、合格のコツを押さえた適切な対策をすることで合格に近づくことができます。

この記事では、マンション管理士試験に合格するための勉強方法や有利な制度について解説します。

資格講座名アガルートアガルートユーキャンユーキャンフォーサイトフォーサイトスタディングスタディング
コース名ダブル合格カリキュラムマンション管理士・管理業務主任者資格取得講座バリューセット1マンション管理士/管理業務主任者 合格コース
税込価格59,800円67,000円57,800円39,600円
受講形式オンラインオンラインオンラインオンライン
教育給付制度何度でも1日3問まで10回記載なし
特典や割引合格したら全額返金。ダブル合格でお祝い金2万円メインテキスト5冊合格したら、最大2,000円のアマゾンギフトコード合格で最大amazonギフト券3000円分
受講者の合格率マンション管理士36.4%・管理業務主任者70%記載なし管理業務主任者71.3%・マンション管理士25.9%記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

マンション管理士の合格率は?なんと9パーセント以下!

マンション管理士は近年非常に注目を浴びている資格です。受験者数が非常に多く合格率は7~9%と言われています。マンション管理士の合格率と他の不動産関連資格とを比べてみましょう。

マンション管理士の合格率の推移は?2020年から横ばい!

マンション管理士の合格率は、横ばい状態が続いています。受験者数は2016年から徐々に減っています。合格者数も同じように減っており、結果的には合格率はあまり変わりません。合格率9.00~7.9%はかなりの難関と言えます。ただし、むやみに恐れることはありません。マンション管理士試験と他の関連資格とを比較してみましょう。

試験年度受験者数合格者数合格率
2016年13,737人1,101人8.00%
2917年13,037人1,168人9.00%
2018年12,389人975人7.90%
2019年 12,021名991名8.20%
2020年 12,198名1,045名8.60%

宅検とどっちが難しい?合格率はマンション管理士が低い!

マンション管理士とよく比べられる資格に宅地建物取引士(通称宅検)があります。マンション管理士がマンションの総合的な管理にかかわるのに対して宅建は宅地建物の売買に深くかかわる仕事です。

この二つの資格は受験資格に規定がなく、だれでも受験できます。そのため、どちらを受験しようかと悩む人も多いようです。過去5年間の合格率は宅建が15.72%、マンション管理士が8.34%です。合格率が低いのはマンション管理士です。

マンション管理士とよく似た資格には宅建以外に管理業務主任者があります。この資格試験も受験資格に規制はありません。また試験科目は共通するものがあります。そのため、両方、取得する人がすくなくありません。

管理業務主任者マンション管理士
受験資格年齢、性別、学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。年齢、性別、学歴等の制約はありません。誰でも受験できます。
試験科目管理事務の委託契約に関することマンションの管理に関する法令及び実務に関すること
管理組合の会計の収入及び支出の調定 並びに出納に関すること管理組合の運営の円滑化に関すること
建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関することマンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること
マンションの管理の適正化の推進に関す る法律に関することマンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
合格率23.55%8.34%

マンション管理士の合格率が低い理由は?大きく5つある!

マンション管理士の合格率の低さの理由は、もちろん難易度が高いからです。しかし、それ以外の理由もあります。合格率が低い理由をはっきり知っておくと、対策もしやすくなります。

①受験者数が多いので合格しない人も多い

マンション管理士試験の受験者数は毎年12,000~13,500人程度です。この受験者の中には、それほど合格意欲がない人も含まれています。マンション管理士の実務知識を持たずに、「とりあえず何か資格を」という感覚で受験する人もいるからです。勉強量が圧倒的に足りない人もいます。

マンション管理士の合格率の低さは、受験者の中に合格意欲がない人や勉強量が少ない人も多く混じっているのが原因の一つです。

②受験資格の条件がない

マンション管理士試験の受験者数が多い理由の一つが受験資格です。マンション管理士試験は受験資格に規制がありません。そのため、お試し程度の気持ちで受ける人が多い傾向があります。

③法律系の内容があるので難しい

マンション管理士試験は法律系の科目が非常に多いのが特徴です。法律系の教科書は、法律関連の文書に慣れていない人にはとても難解です。助詞や助動詞一つで意味が全く変わることもあります。マンション管理士試験の難易度が高い要因です。

④国家資格なので難易度が高い

日本の資格試験の難易度ランキングでは、難関資格は国家資格で埋待っています。国家資格は社会的に信用が厚いのが特徴です。就職や転職に有利に働きます。自然に、民間資格よりは難易度があがってしまいます。

また、合格基準点が決まっており、どんなに上位成績を上げても、基準点に満たなければ不合格です。マンション管理士の合格基準点は、年ごとに多少の上下はあるものの35~38点程度です。

⑤出題範囲が広く対策が大変

マンション管理士試験の試験科目は非常に広範囲にわたります。マンション管理関連の法規、管理組合関連、マンションの構造などの建築系の知識などです。

文系の知識も理系の知識も必要なので、得意部門と苦手部門ができやすい内容です。両方とも重要な科目なので相当の勉強が必要です。

マンション管理士の試験はどんな内容?科目は4つある!

マンション管理士試験の出題予想は以下の4つの内容です。

(1) マンションの管理に関する法令及び実務に関すること建物の区分所有等に関する法律
被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法
マンションの建替え等の円滑化に関する法律
民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)
不動産登記法
マンション標準管理規約
マンション標準管理委託契約書
マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律等) 等
(2) 管理組合の運営の円滑化に関すること管理組合の組織と運営(集会の運営等)、管理組合の業務と役割(役員、理事会の役割等)、管理組合の苦情対応と対策、管理組合の訴訟と判例、管理組合の会計 等
(3)マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関することマンションの構造・設備、長期修繕計画、建物・設備の診断、大規模修繕  等
(4)マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関することマンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針  等

この中で法令に関わる内容が50問中35問程度を占めます。関連法規は実に11種類以上です。法令の種類が非常に多いのもこの試験の難しいところです。法令以外に建築設備関連が15問程度、管理実務 標準管理委託契約書等・会計 約4問です。

マンション管理士の試験に合格したい!対策法やコツを紹介

マンション管理士は合格率が低い試験ですが、熱意とコツを押さえて対策すれば不可能ではありません。

学習・勉強時間の目安は?独学なら500時間程度は必要!

マンション管理士試験の難易度は行政書士とよりもやや低くめです。宅建より少し高いといわれています。宅建試験では約400時間、マンション管理士なら500時間程度が一般的な勉強時間と考えられます。

500時間を1年間でこなすには、週10時間弱の勉強が必要です。働きながら週10時間勉強するのは楽ではありません。しかし、決して無理な時間でもありません。

週20時間程度の勉強時間が作れるなら半年計画も立てられます。

どんな対策をするべき?7割以上取れるように過去問を演習しよう!

受験勉強ではインプットとアウトプットを繰り返すことがコツの一つです。インプットとは教材での知識吸収です。アウトプットとは問題集の演習です。マンション管理士の勉強では、優れた教科書でインプット、過去問の演習でアウトプットを繰り返します。

過去問の重要性はアウトプット効果だけではありません。出題傾向の把握という大きな効果があるのです。そのためにもぜひ過去10年くらいの過去問を5回ぐらい繰り返しましょう。

また過去問を解くことで弱点をあぶりだせます。弱点をこまめにつぶすのも合格のコツです。

過去問演習の効果
・知識をアウトプットして理解を深める
・過去の出題傾向の把握
・弱点ののあぶりだし

ちょっとでも合格率を上げたい!5問免除を活用しよう!

マンション管理士試験には5問免除という制度があります。マンション管理士試験は通常の設問は50問です。このうちの5問が免除される制度です。50問中5問、1割の問題が免除されるのですから利用しなければ損です。

5問免除を利用するには管理業務主任者試験に合格しなければなりません。この制度を利用するには、マンション管理士試験受験申込書に管理業務主任者試験の合格番号を記載する必要があります。

管理業務主任者試験とマンション管理士は試験内容に類似点が多く、両方の資格を取得する人が少なくありません。

マンション管理士の合格率は9パーセント以下!しっかり対策して挑もう!

合格率9%以下と聞いて、マンション管理士の受験をためらっていませんか?しかし、受験者数が多い理由を考えれば、それほど恐れることもありません。

大切なのは合格への熱意とコツを押さえた対策です。5問免除制度の活用や過去問の繰り返しによって合格へ大きく前進できます。

  • 基本教材で知識を取り入れる。
  • 過去問で知識を確認しながら深める。
  • 間違いが多い部分は基礎教材で復讐する。

この繰り返しが知識を確固たるものにします。

マンション管理士の試験に合格したい人は、今すぐ資料を集めましょう!

資格講座名アガルートアガルートユーキャンユーキャンフォーサイトフォーサイトスタディングスタディング
コース名ダブル合格カリキュラムマンション管理士・管理業務主任者資格取得講座バリューセット1マンション管理士/管理業務主任者 合格コース
税込価格59,800円67,000円57,800円39,600円
受講形式オンラインオンラインオンラインオンライン
教育給付制度何度でも1日3問まで10回記載なし
特典や割引合格したら全額返金。ダブル合格でお祝い金2万円メインテキスト5冊合格したら、最大2,000円のアマゾンギフトコード合格で最大amazonギフト券3000円分
受講者の合格率マンション管理士36.4%・管理業務主任者70%記載なし管理業務主任者71.3%・マンション管理士25.9%記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です