在宅ワークをお探しの方はこちら

男性が役に立つ資格10選!仕事のグレードアップに最適な資格を紹介!

この記事では、継続的に安定したお金を得たい社会人が取りたい資格10選をまとめました。

「自分には何もないので、未来につなげられるものがほしい」と感じている人は必見です。

  • 就職や転職活動を成功させたい人
  • サラリーマンで家庭のある人
  • 進路や将来を考える高校生、大学生

以上の男性に向けて、仕事のスキルアップや就職活動に困らない資格を紹介していきます。

新しい挑戦にチャレンジしたいあなたの後押しができるように解説していくので、参考にしてみてください。

男性が取るとメリットがある資格

就職や転職活動に役立つだけでなく、長期的な恩恵を受けやすい資格のポイントをまとめました。

  • 国家資格、専門性が高い資格
  • 独立、開業に使える資格
  • 高卒でも取れる国家資格(受験資格なし)

社会的に広く認知されている国家資格は、就職や転職をスムーズにさせたいときに活かしやすくおすすめです。

あまり考えずに資格を取ってしまうと時間や費用が無駄になる可能性が考えられます。

男性の役に立つ資格を探しているときは、人生に使える時間を短縮するためにも上記に該当する資格の獲得にチャレンジしましょう。

取らないほうがいい資格・選択の注意点

男性の仕事にあまり活かせない資格のポイントを簡単にまとめました。

  • 定年後に活かせない
  • 独立・開業に役立たない
  • 重要度の低い内容(趣味に関する資格)

資格には仕事に使える内容以外にも、実用や趣味に使えるものまでさまざまです。

男性が仕事のキャリアアップを図りたいときは、上記に該当する資格は仕事に活かしづらくあまり意味がないかもしれません。

どんな資格を取るべきか迷うときは、目的を考えた上で選択してみてください。

【転職に有利な不動産・金融系】男性の役に立つ資格

以下では、社会人の転職がスムーズになることが期待できる資格をまとめました。

不動産や金融系の資格は、食いっぱぐれのない仕事として安定した収入が得やすくなります。

いざというときの保険にもつながるため、キャリアの方向転換や視野を広げる意味でも活用できるので、ぜひ参考にしてみてください。

宅地建物取引士(宅建士)

国家資格で不動産の知識が活かせる内容で、マンションやアパートなどの賃貸の紹介業、土地や物件の売買などを仲介する職種で働けます。

受験資格はないため、勉強したいタイミングで始められるのが利点です。資格を持っていると不動産や建築業界への転職で有利に働きます。

宅建士の平均年収は450~500万円で、試験の合格率15~17%台です。

不動産の法律に関する専門知識が身につくため、資産運用としてマンションやアパートのオーナーになりたい人にもおすすめの資格です。

合わせて読みたい!

税理士

国に提出する義務がある税金に関する書類や申請を代わりにサポートできる仕事です。

国家資格の専門知識を活かして個人や法人企業まで、所得や相続に関する税金関係を取り扱います。

受験資格には指定科目を取得した上で専門学校や大学を卒業していることが条件です。

他の条件には、公認会計士の短答式試験合格や日商簿記検定1級合格、実務経験の年数など、関連資格の取得で受験資格が免除になるパターンもあります。

税理士の平均年収は400~800万円台で、試験合格率は約15%前後です。

資格取得後は、独立開業または税理士事務所などで働く方法があります。

税金に関するプロの知識は社会の基盤につながるため、生涯働ける有望資格として必見です。

公認会計士

国家資格として企業の経営に関する会計を監査する役割を担います。

法律で決められた義務として投資家に報告する決算書に関して、専門知識を使って正確な金額を提示する仕事です。

受験資格はないため短答式試験と論文式試験を受けたあとは、3年間の実務試験として実務補習を受講すること、実務経験2年以上の実績が必要になります。

公認会計士の平均年収は900万円台、試験合格率は15~20%前後です。

食いっぱぐれない資格で転職に活かしやすいため、金融や法律関係の仕事に就きたい人は検討してみてください。

【将来性のある法律系】男性の役に立つ資格

以下では、未来につながり長く働きやすい資格をまとめました。

法律関係の資格は独占業務の内容も多く、資格を持っている人しか取り扱えないものも少なくありません。

市場には専門知識を持つ資格保有者しか入れないため、法律関係の仕事は安定したキャリアを積んでいきたい人に向いています。

社会に関わる人々の生活を根幹からサポートしていきたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

行政書士

国家資格として行政機関に提出しなければいけない書類を個人や法人の代わりに作成や申請を代行します。

遺言書や相続に関する相談など、行政機関に提出する書類作成のプロとして多くの内容を扱えるため需要のある資格として人気です。

法律に関わる書類を扱う仕事でありつつも、受験資格がないため社会人が取りたい国家資格の中でも注目されています。

行政書士の平均年収は500~600万円台、試験合格率は10%前後です。

資格を取得したあとは、行政書士に関わる事務所に就職する形または独立開業で働けます。

弁理士

知的財産を守る仕事で特許や商標などに関する申請を代行できる国家資格です。

個人や企業が生み出した製品を守るために、他の人が真似できないように国に登録していきます。

平均年収は700万円台、合格率は約5〜10%台です。就職先は特許に関わる事務所で働けます。

関連資格を取ると業務の幅が広げられるため、公認会計士や行政書士などの資格とダブルライセンスで取得する道もおすすめです。

弁理士の仕事は今後もなくならないため、未来を見据えて長く安定的に働きたい人は向いています。

運行管理者

トラックやバスの運転手を管理する立場にある仕事で、利用者やドライバーが安全運転をするために必要な国家資格です。

法律により各施設に運行管理者を置くことが義務付けられています。運行管理者がいることでドライバーの勤務時間や休憩時間など、健康状態の管理ができるため安全運転が可能です。

受験資格はドライバーとして1年以上の実務経験があること、または基礎講習を終えているどちらかの条件が必要になります。

試験合格率は約30%台、運行管理者の平均年収は400万円前後です。就職先は運行関係や運送関係の企業があげられます。

【かっこいい資格の建築・工場系】男性の役に立つ資格

以下では、男性が働きやすい今後の未来を見通した資格をまとめました。

建築や工場系の仕事は社会からの需要が高く、穴場の業界として注目されています。

新人や若者を育成したい意欲も強いため、新しい業界でチャレンジしていきたい人も必見です。

社会になくてはならない建築や工場関係の仕事で活躍していきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

建築士

国家資格として建築物の設計に関われる仕事です。

建築士の資格は、難易度の高い順に一級建築士・二級建築士・木造建築士の種類にわけられており、それぞれ取り扱える建物の規模や内容が変わってきます。

受験資格の一例は建築関係の学校を卒業、または実務経験が数年以上などが条件です。

就職先は、建築関係の事務所やハウスメーカーなどがあげられます。平均年収は600万円台、二級建築士の試験合格率は総合約20~25%台です。

将来的に独立開業で働く方法もあるため、自由な働き方と収入安定の両立を図りたい方に向いています。

合わせて読みたい!

CAD

建築・製造・不動産系の業界で必要な図面設計をCADと呼ばれるコンピューターソフトを使って作る仕事です。

CADオペレーターとして働く場合は事務作業との兼業、顧客や取引先に営業する仕事などがあげられます。

特に建築関係の業界は人手不足で若い人材を求める傾向が強いため、高収入かつ転職に有利です。

スキルアップしていけばフリーランスや業務委託の働き方も増えているため、個人で仕事を受注することもできます。

例えば、クラウドワークスやランサーズなどの大手アウトソーシングサイトを始め、求人検索サービスで「CAD 業務委託」「CAD 在宅」で調べてみましょう。

CAD資格は現在民間資格がいくつかあり、認知度が高い内容として初心者は以下をおすすめします。

  • CAD利用技術者試験:社会からの認知度が高い。図面設計全般に役立つ。
  • 建築CAD検定試験:建築系の図面設計に特化した内容。

社会からの需要が高い仕事で、確実にスキルアップして安定的な仕事を得たい方には狙い目です。

危険物取扱者

国が指定する危険物の取り扱いが認められる国家資格です。

危険物とは燃えやすく火災の原因になりやすいもので、身近な危険物には灯油や軽油、ガソリンがあげられます。

国家資格を通して危険物の正しい知識を身につけることで、安心と安全を確保しながら働くことが可能です。

危険物取扱者の資格は、以下の3種類があります。

  • 乙(おつ)種(第1類〜第6類まである)
  • 丙(へい)種
  • 甲(こう)種

乙種は第1類〜第6類の各受験ができます。中でも第4類は灯油やガソリンなどの生活に身近な危険物のため、需要がある資格として人気です。

初心者で仕事に活かしたい方は、乙種第4類の受験を目指しましょう。

就職先には危険物を扱う工場や運送業、ガソリンスタンド、燃料タンクの清掃業、発電所などがあげられます。

危険物に関わる仕事は社会と生活に欠かせないものとして、不況に強く安定的に働きやすい仕事の一つです。

また、定年後のアルバイトでも危険物取扱者の需要は高い傾向があります。施設のメンテナンスが担当できる国家資格のボイラー技士とダブルライセンスの取得も歓迎されるため、取っておいて損はありません。

合わせて読みたい!

電気主任技術者(電験三種・電験二種)

国家資格として電気工事に関する保安や点検、監督業務が実施できます。

建築や不動産、ビルの管理などの業界で求められる仕事としてなくてはならない仕事です。

受験資格はないため、初心者は電験三種から受験したいタイミングで応募できます。

難易度は一種・二種・三種の順番に高くなるので、電験三種や電験二種を取る流れが一般的です。

中高年の再就職や小遣い稼ぎのアルバイトにも人気の資格なので、持っていると未来に役立つかもしれません。

20代・30代・40代ごとにキャリアアップを図る

資格の取得は「転職すると一からのスタート」という概念を変えてくれます。

特に国家資格は専門性が高くスキルの持ち運びがしやすいため、新しい職場に移動してもキャリアを形成しながら成長していけるのが利点です。

20代、30代、40代…とそれぞれの年代には、基本的に多くの会社で求められるキャリア像というものがあるのを社会人の方なら肌で感じているかと思います。

資格を持っていると仕事のグレードアップが図りやすくなるため、年齢を重ねるごとに経験を積んで管理職や経営側にまわれるだけのスキルが身につきますよ。

資格を取る目的は決めておく

男性が役に立つ資格を選ぶときには、試験勉強をスタートさせる前に目標や目的を定めておきましょう。

  • 彼女にプロポーズするために安定的な職業に就きたい
  • 資格を活かして起業や独立開業を果たしたい
  • 年収100万円アップを目指して勉強したい

理由はなんでも構いません。

「周りがなんとなく取っているから…」など、あいまいな理由からスタートするよりも目標や目的を決めておけば、資格の勉強を始めてからもモチベーションの維持に役立ちます。

基本は通信講座の勉強法がおすすめ

特に国家資格を取りたい人は、独学よりも通信講座を使って効率良く勉強するのがおすすめです。

社会人を続けながら資格を取りたい場合、一年以上勉強が必要になる可能性もあります。

通信講座はサポート体制が整っているため、第三者の目を使いながらモチベーションを維持するのにも便利です。

通信講座以外の勉強方法だと、独学、通学、オンライン教材を使った学習方法などがあげられます。

社会人・学生が資格の勉強を両立できる

通信講座のメリットは、自分のペースで好きな時間に勉強できるところです。

ベースの教材はテキストや問題集を使いながら、インターネットの動画やアプリで勉強できる通信講座も増えています。

おすすめできる通信講座の一例は以下の通りです。

社会人や学生で資格を取って就職や転職活動に活かしたいときは、時短を図りながら合格までの道のりを歩めます。

まとめ:男性が役に立つ資格を未来のキャリアに活かそう

継続的に安定したお金を得たい社会人が取りたい資格10選を紹介してきました。

あなたの仕事や将来につながりそうな内容はありましたか?

男性が役に立つ資格を選びたいときは、国家資格や専門性が高い資格がおすすめです。反対に、重要度の低い趣味に関する資格などは、男性が仕事に活かす上ではあまり意味がないかもしれません。

特に国家資格を持っているとキャリア形成が図りやすくなるため、転職するごとに仕事内容を一から覚える手間も省けます。

仕事のグレードアップを図って未来のイメージや夢を叶えるために、資格取得を一つの手段として活かしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です