在宅ワークをお探しの方はこちら

弁理士の年収って?中央値や分布をチェックして現実の年収をチェック!

「弁理士資格をとると、どのくらい稼げる?」「年収はどのくらい?」         

弁理士に興味がわいたら、年収もチェックしたいですよね。弁理士学習をはじめる前に、収入についての情報を知りたい人に向けて、役立つ情報をお届けします。

弁理士の平均年収は約570万円前後といわれています。働き方次第では、さらに年収アップも目指せる資格です。この記事では、弁理士の収入について解説します。 

弁理士の年収ってどれくらい?平均は約570万!

弁理士の年収ってどれくらい?平均は約570万!

弁理士の年収は、日本の平均的な収入より高く570万円前後とされています。

弁理士の年収は高いの?日本の平均収入より高い!

弁理士の年収は平均すると570万円前後とされ、日本の平均年収より高いです。日本の平均年収は、ここ数年400万円~500万円で推移しているので、弁理士のが高収入といえます。案件や地域により差がありますが、弁理士としての経験を積み難易度の高い案件を扱えば、さらに収入アップの可能性があります。

弁理士は、独立開業だけでなく、企業勤務やパートスタッフなど、ライフスタイルにより多彩な働き方ができるのも魅力です。弁理士の平均パート時給は1,500円以上の雇用先が多く、一般的なパート時給を大きく超えます。

また、弁理士の業務はダブルワークとしても行うことができます。会社員をしながら弁理士として開業し、少ない量の案件を請け負うことで経験を積みます。本格的に知識がついてきたら、本業にシフトすることも可能です。

逆に、弁理士が本業だった人が社会情勢の変化や移住をきっかけに、自分のペースに合わせて請け負う働き方もあります。特許出願などの必要書類は、オンラインによる申請ができるので、できるだけ外に出ずに働きたい人にもマッチする職業です。

ただし、副業の場合には営業にまわる時間はとれないので、新規顧客開拓は難しいです。そのため、リピート顧客を増やすためにレベルの高い弁理士であることが求められます。副業だからこそ確かな信頼を得られるよう努力が必要です。

弁理士の年収の分布や中央値は?データから現実の予想を立てよう!

弁理士の年収の分布や中央値は?データから現実の予想を立てよう!

では、転職を扱う企業の各調査による、弁理士年収報告などの結果を参考に年収をみてみましょう。弁理士の、年齢による年収分布は次のとおりです。

  • 20代 400~500万円前後
  • 30代 500~650万円前後
  • 40代 650~850万円前後
  • 50代 850~950万円前後
  • 60代 650万円前後

弁理士の年収は、平均値・中央値ともに、550万円~650万円前後となっています。弁理士の場合には、企業に勤務するのか、開業するのか、開業規模はどのくらいかなど、働き方によっても大きな差があります。いずれにしても日本の平均年収(450万円前後)を上回る場合がほとんどのようです。

企業に勤務する、企業内弁理士の年収目安は次のとおりです。

  • 大企業 800万円~
  • 中小企業 600万円~

企業の規模や事業内容により異なります。宇宙関連事業や、医薬品を手がける企業など、技術的な知識レベルが高いほど、年収が高い傾向があります。

弁理士の年収は働き方によって変わる!主な3種をチェック!

弁理士の年収は働き方によって変わる!主な3種をチェック

弁理士は、さまざまな働き方ができる資格です。働き方により、年収のちがいがあります。

特許事務所の年収は?平均約850万円!

特許に関する書類をメイン業務とする「特許事務所」の年収は平均850万円前後とされています。特許を専門とする弁理士になるには、技術的な知識が豊富である必要があるので収入も高めです。

テクノロジー関連の専門知識や、研究開発経験を持つ技術者としての知識があれば、特許専門の弁理士として活躍できます。新しいシステムや薬の開発など技術的な理解がある上で、権利を取得できるよう出願するのが業務内容です。とても難しいスキルが必要ですが、高収入です。

民間企業の年収は?平均約600万円!

企業内弁理士として勤務する場合の年収は、平均600万円前後とされています。知的財産権や特許権に関わる業務に携われます。特許出願や訴訟の他、特許に関するアドバイスも扱います。知的財産にかかわる多くの業務が企業内弁理士のフィールドとです。

年収は、知的財産などのエキスパートとして採用される場合、一般社員よりも好待遇になるでしょう。企業勤務の場合には、福利厚生や産休制度、保険などが充実しているので安定した働き方ができます。

独立した場合の年収は?平均約1500万円!

弁理士は、独立開業することが可能な資格です。多くの弁理士が特許事務所などを開業しています。独立した場合の平均年収は1,500万円とされ、スキルアップすればさらに年収アップが狙えます。

請け負う業務の幅を広げるには、専門性の高い弁理士や事務スタッフを雇う必要もでてくるでしょう。雇用スタッフから信頼を得られるコミュニケーション能力が求められます。

また、シフト管理やスケジュール調整、保険関連など、経営マネジメントするスキルが重要です。マネジメントスキルは定期的に経営者向けの研修などに参加するなど、積極的に学ぶ努力が効果につながります。

独立開業の場合には、弁理士としての知識のみならず、経営スキルをアップすることで年収アップに近づきます。

弁理士の性別年収は?女性の方が低い!

弁理士の性別年収は?女性の方が低い!

弁理士の年収に性差はあるのでしょうか。基本的に、肉体労働ではないので、勤務内容や収入条件、待遇に違いはありません。

ですが、結婚・出産・介護など一般企業と同じ理由で、女性弁理士の方が年収が低くなっています。弁理士業では、性差によりできない業務があるなどといった線引きはありません。

パートとして勤務している弁理士は女性の方が多いため、年収だけを比べれば女性のが低いです。今後、男性の育児参加など社会的背景が変わっていくことで差は縮まるかもしれません。

弁理士で年収2000万~5000万は可能?独立した場合は可能性がある!

弁理士で年収2000万~5000万は可能?独立した場合は可能性がある!

弁理士として独立開業すれば、スキル次第でより多くの収入アップを目指せます。

平均年収以上を目指すならどうする?経験をたくさん積もう!

特許事務所を開業し、弁理士の平均年収を上回るには、専門分野に特化する必要があります。特許案件は常に競争市場にあり、強みをもっていなければ平均収入を上回ることは難しいといわれています。

具体的には、次のような特徴があれば、2,000万円以上稼げる弁理士になる可能性があります

・行政書士と連携

行政書士は、許認可手続きに精通しているので、起業に関連が深いです。弁理士は、新しい商品や営業システムなどの権利についての手続きを行います。「新たなアイデアを活かして、店舗を開業する」といった依頼に特化して対応できます。

・行政書士名簿に登録

弁理士資格保有者は、行政書士試験を受験しなくても、行政書士名簿に登録できます。そのため、行政書士の業務を行うことが可能です。行政書士の業務は、ビジネスや暮らしにかかわる、さまざまな書類代行・手続きです。行政書士と連携して行う特許を活かした開業案件などを、両方を自分だけでこなせるとすれば、収入は増えます。

行政書士は、開業や企業などビジネスに関わるものの他、市民の暮らしに必要な業務を行うこともできます。業務内容は、外国人滞在や車庫証明、相続など暮らしに密着した相談業務です。弁理士としての案件を取りづらい地域でも、行政書士業務を併走することで、安定した収入を得られます。

・TOEIC900以上の語学力をつける

日本では、企業の規模にかかわらず、日本語を母国語としない人たちが活躍しています。海外市場を意識した商品開発をしている企業からみれば、語学力のある弁理士はグローバルな視点で仕事ができる人という印象をもつでしょう。英語力のある弁理士は、それが強みになります。

もともと、知的財産業務はグローバル企業にとって、必要不可欠なもでした。しかし、現在は、国内中小企業からも、日本の高い技術ゆえの、知的財産業務が求められています。たとえば、ロボットや医薬品などを開発する規模の小さな会社でも、国籍かかわらず雇用し、世界シェアを見込んだ開発を行っている場合があります。

このように、他資格保有者と連携する・ダブルライセンスを取得するなどが収入アップの要素となります。人脈やスキルを活かして、差別化を図ることがポイントです。なかには、年収5,000万円を達成する弁理士もいます。

行政書士についてはこちらをご覧ください。

弁理士は仕事がないは嘘?将来性のある仕事

弁理士は仕事がないは嘘?将来性のある仕事

弁理士のフィールドである「特許」の国際出願件数は増加傾向にあります。現在の企業はのほとんどは、世界シェアを見込んだ研究開発をしています。特許領域からみる弁理士ニーズは、国際化とともに増えていくと考えられます。

情報社会における開発スピードは速く、災害や感染症など社会情勢が変わるたび、新たな企業戦略が求められます。企業は、次々に社会に役立つ製品開発を進めていくでしょう。変化の激しい時代だからこそ、弁理士の担う業務も幅広くなると予想されます。

弁理士試験合格後も、国際感覚や語学力などを兼ね備えていく努力が必要です。マネジメント知識を増やし、時代を先読みできる弁理士になれば、将来性は大きく広がっていくでしょう。

弁理士の平均年収は約570万円!働き方次第で年収アップも可能!

弁理士の平均年収は約570万円!働き方次第で年収アップも可能!

ここまで、弁理士の年収についての情報をお届けしました。弁理士の平均年収は約570万円前後と日本の平均年収よりも高めです。国際特許の分野では、ますます弁理士ニーズの拡大が期待できます。マネジメントスキルや語学力などを身につければ、さらに高年収が狙えます。

弁理士は、企業勤務・独立・パートスタッフ・副業など、ライフスタイルにあった働き方を選べる資格です。ぜひ、弁理士資格の受験を検討してみてください。

資格講座名資格スクエア資格スクエアアガルートアガルートスタディングスタディング
コース名基礎・短答・論文パック総合カリキュラム基礎・短答・論文 総合コース
税込価格265,000円229,000円79,800円
受講形式オンラインオンラインオンライン
教育給付制度オンラインにて随時記載なし記載なし
特典や割引乗り換え割で15%or30%off2022年試験に合格したら全額返金。お祝い金現金3万円。合格で10,000円のお祝い金
受講者の合格率記載なし記載なし記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です