在宅ワークをお探しの方はこちら

宅建士に独学で合格できる?独学に向いている人を紹介!

「宅建士を独学で目指すのは難しい?」

「独学で宅建士に合格するにはどんな方法があるの?」

宅建士とは、宅地建物取引士(たくちたてものとりひきし)の略称で、毎年約20万人もの人が受験する人気の国家資格です。不動産取引において独占業務を有するなど不動産会社などで高いニーズを誇っています。

今回は人気の国家資格である宅建士が気になる人に向けて、独学で宅建士に合格するポイントについてご紹介します。

資格講座名アガルートアガルートユーキャンユーキャンフォーサイトフォーサイト大原大原スタディングスタディング
コース名ゼロから合格カリキュラム宅地建物取引士(宅建士)資格取得講座バリューセット1宅建士速修合格コース宅建士合格コース
税込価格29,800円63,000円59,800円102,800円19,800円
受講形式オンラインオンラインオンラインweb通信オンライン
教育給付制度何度でも1日3問まで10回各校に問い合わせ記載なし
特典や割引お祝い金1万円or全額返金基礎テキスト 3冊、実戦テキスト 3冊合格したら最大2000円のアマゾンギフトコード2か月の短期学習合格でamazonギフト券3000円分
受講者の合格率43.30%記載なし65.90%記載なし記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

宅建士に独学で合格することは可能!

宅地建物取引士資格試験は、全問マークシート方式(4肢択一式)、出題数は50問、試験時間は2時間で行われます。合格基準は50点満点中35点前後(約75%)です。論文や記述問題はなく、選択問題のみで取り組みやすいように見える試験ですが、宅建士の合格率は15~17%ほどです。

宅建士の勉強方法は、独学や通信講座、予備校への通学などがあります。自分のペースでしっかり勉強すれば独学で合格を目指すことも可能です。それぞれのメリット・デメリット、自身との向き不向きを確認し、自分に合った勉強方法を選びましょう。

約300時間の勉強が目安

宅建士に合格するために必要な勉強時間は、約300時間が目安と言われています。しかし実務経験や基礎知識の有無によって、この学習時間は大きく変わります。 300時間の勉強時間を確保するためには、1日2時間の学習を半年間続ける必要があります。宅建士の試験は年に1回10月に実施されるため、4月から学習を始める方が多いです。

宅建士に独学で合格するためのコツ3つ

自分のペースで学習できる独学は、比較的お金をかけずに勉強を始められる勉強方法のひとつです。宅建士に独学で合格するためのコツを3つ紹介します。

  1. 手を抜く科目をつくらない
  2. 分からないところは徹底して調べる
  3. 暗記だけでなく、問題演習を重視する

宅建士に独学で合格するための3つのコツについて詳しく説明します。

1.手を抜く科目をつくらない

宅地建物取引士資格試験の試験科目は以下の4科目50問が出題されます。合格には7割の得点が必要で苦手科目が1科目でもあると、合格点に達するのが難しくなります。苦手科目はしっかり克服して試験に臨みましょう。

科目出題数問題番号目標点
宅建業法20問第26問~第45問18点
民法など14問第1問~第14問8~10点
法令上の制限8問第15問~第22問5点
税・その他8問第23問~第25問
第46問~第50問
5点

2.分からないところは徹底して調べる

独学のデメリットに「分からない問題を質問できないこと」が挙げられます。通信教育や予備校では講師に質問できますが、独学は自分で不明点を解決する必要があります。

最初は時間がかかるかもしれませんが、独学は1人で解決できる力を身につけることができます。宅建士のテキストは数多く出版されているので自分に合ったテキストを選び、上手に活用しましょう。

3.暗記だけでなく、問題演習を重視する

独学で宅建士に合格するためには、計画的な学習が欠かせません。決められたカリキュラムが用意された通信教育や予備校と違い、独学は自分のペースに合わせたスケジュールを立てることができます。

どうしても効率が落ちてしまう独学において、問題演習は一度インプットした知識を定着させる絶好の手段です。また、問題を解くことは自分が今どれくらい理解できているのかを確認する機会にもなります。

知識の暗記にばかり時間をかけず、適度に問題演習を積むことで試験に必要な合格力を身に着けるようにしましょう。

独学に向いている人の特徴3選

自由度が高い勉強スタイルの独学は、受験生の性格によって向き不向きがあります。独学に向いている人の特徴を3つ紹介します。

  1. 他の試験などで独学経験がある人
  2. 自分で立てたスケジュールを守れる人
  3. 時間に余裕がある人

独学に向いている人の3つの特徴について詳しく説明します。

1.他の試験などで独学経験がある人

他の資格試験や試験などで自分の勉強スタイルを確立している人は、独学に向いていると言えます。独学は宅建士試験だけではなく、今後の資格取得にも活かせる大変価値のあるスキルです。

またインターネットで「宅建士 独学」を検索すると、多くの受験体験記を見ることができます。宅建士の合格に必要な情報を集め、自分の勉強スタイルに取り入れる学習方法は、独学の強みでもあります。

2.自分で立てたスケジュールを守れる人

独学に向いている人は自分で立てたスケジュールを守れる人、状況に合わせてスケジュールを調整できる人です。予備校や通信講座ではカリキュラムが用意されていますが、独学は自分で学習内容を計画する必要があります。

まずはテキストや過去問題などやるべきことをリストアップし、受験日までの過ごし方を考えます。自分の現時点での実力と合格に必要な実力の差を理解し、その差を埋めるための適切な行動をとることが大切です。

3.時間に余裕がある人

独学の場合、テキストの選定・購入、学習スケジュールの作成、資格に関する情報収集など勉強以外の作業を行う必要があります。

約300時間かかると言われている宅建士の勉強に加えてこれらの作業を行うには、より多くの時間の確保が必要です。そのため独学は時間に余裕がある人に向いている勉強方法となります。

独学に向いていない人の特徴2選

独学は自分のさじ加減によって左右される勉強方法のため、受験生の性格によっては向かない人もいます。独学に向いていない人の特徴を2つ紹介します。

  1. 人から教えてもらうことに慣れている人
  2. 試験勉強の経験があまりない人

独学に向いていない人の2つの特徴について詳しく説明します。

人から教えてもらうことに慣れている人

分からない問題と出会ったときに自分で解決できる力が独学の大切なポイントとなります。そのため時間に余裕がない人や、今までの勉強において人から教えてもらうことが多かった人は、独学に向いていないでしょう。

試験勉強の経験があまりない人

同様に試験勉強の経験があまりない人も独学に向いていないかもしれません。独学はテキストの選定やスケジュールの作成など勉強以外の作業が多く、これらの作業では試験勉強の経験が役に立ちます。

試験勉強の経験が浅い人は、予備校や通信講座がおすすめです。経験豊富な講師や試験当日までのカリキュラム、分かりやすいテキストが効率の良い学習をサポートしてくれます。確実に合格力を身に着けたいという方は、以下の記事で詳しい予備校の解説をしていますので、是非確認してみてください。

資格講座名アガルートアガルートユーキャンユーキャンフォーサイトフォーサイト大原大原スタディングスタディング
コース名ゼロから合格カリキュラム宅地建物取引士(宅建士)資格取得講座バリューセット1宅建士速修合格コース宅建士合格コース
税込価格29,800円63,000円59,800円102,800円19,800円
受講形式オンラインオンラインオンラインweb通信オンライン
教育給付制度何度でも1日3問まで10回各校に問い合わせ記載なし
特典や割引お祝い金1万円or全額返金基礎テキスト 3冊、実戦テキスト 3冊合格したら最大2000円のアマゾンギフトコード2か月の短期学習合格でamazonギフト券3000円分
受講者の合格率43.30%記載なし65.90%記載なし記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

独学で勉強をするメリット3選

予備校や通信講座に通わず、独学で勉強することは金銭的にも時間的にもさまざまなメリットがあります。独学で勉強をするメリットを3つ紹介します。

  1. お金を節約できる
  2. 自分の好きな科目から勉強できる
  3. スキマ時間を有効に活用できる

独学で勉強をする3つのメリットについて詳しく説明します。

お金を節約できる

予備校や通信講座の授業料は数万円から数十万円かかりますが、独学の費用は教材代と受験手数料のみで抑えられます。宅建士の受験手数料は7000円となっており、独学の場合は複数の教材を購入しても1~3万円の費用があれば十分に合格を目指せます。

自分の好きな科目から勉強できる

決められたカリキュラムや課題の提出がない独学は、自分のペースで勉強できるメリットがあります。宅建士の試験科目は4科目あり、得意科目や苦手科目に合わせたオリジナルの学習計画を立てることができます。

スキマ時間を有効に活用できる

予備校のカリキュラムはオンラインが中心ではあるものの、動画教材を用いることが多いのである程度まとまった時間を必要とします。その点独学では自分のペースで学習ができるので、小さなスキマ時間でも自分のやりたい勉強をすることができます。

宅建士の試験は2時間でマークシート方式の問題が50問出題され、1問あたり約2~3分で解く必要があります。練習問題や暗記問題などスキマ時間を有効活用し、1問でも多く問題演習を重ねることが宅建士試験において大切なポイントです。

宅建士に独学で合格することは可能!ただし簡単ではないので、十分な対策が必要

今回は、独学で宅建士に合格するポイントについてご紹介しました。

不動産取引に必要不可欠な存在である宅建士は、働きながらでも自分のペースでしっかり学習すれば独学でも合格が目指せる資格です。

しかし、合格率からも分かる通り決して簡単な資格ではありません。自分で勉強を進めることに不安がある人は予備校を活用するのも視野に入れましょう。

ぜひ、宅建士を目指す人は自分に合った学習方法を調べてみてください。

アガルートの特徴

  • 合格までの最短ルートを提供してくれるアガルート
  • 予備試験や司法試験など難関資格に強い
  • 月に1回講師によるカウンセリングが受けられる
  • 難関資格取得に向けたメイン講座をチェック

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
アガルートのカリキュラムを確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です