在宅ワークをお探しの方はこちら

定年後に稼げる資格7選!老後の不安を解消できる再就職に役立つ資格を解説

定年後のシニア世代は、人生の方向性を見直す大事な時期です。

「どのくらいの資金を用意すれば、未来の心配を解消できるのか?」と、不安に感じることもあるかもしれません。

人生設計には、お金をコントロールできる能力が重要になります。そのため、会社員として働いている段階から資格取得を目指せば、将来の投資につながります。

また、定年後から年金暮らしがスタートするまでの間、再雇用の形で働きたい方にも資格は有利です。求人から応募する際に面接のアピール材料にできるでしょう。

  • 老後の生活の不安をなくしたい方
  • シニアからの再就職を避けたい、仕事を安定させたい方
  • 新しいスキルアップや挑戦に取り組みたい方
  • 資格取得で時間を無駄にせず、リスクを避けたい方

本記事では、定年後に稼げる資格7選を解説します。

再就職に役立つ資格が知りたい方、老後の不安をなくしたい方は、ぜひ参考にしてください。

定年後に稼げる資格を選ぶときのポイント

 

定年後からお金を稼ぐ方法には、資格の勉強を通してお金の基礎知識を身につける方法もあれば、仕事に直結する資格を取得する方法もあげられます。

定年後に稼げる資格を選ぶときのポイントをいくつか解説するので、当てはまる内容を参考に資格取得を検討してみましょう。

再就職に役立つ内容か?

企業によっては、定年後に再雇用制度を設ける職場もあります。業界に関わる資格の取得でスキルアップにつながり、仕事での信頼度が増すでしょう。

若い世代のキャリアと比較して落ち込む機会を減らせるため、自分に自信がもてる材料にもなるのです。新しい挑戦に取り組んでいる充実感もあるので、人生を有意義に過ごすための刺激にもつながります。

また、新しい業界や関連する業界にアルバイトや契約社員の形で再就職するときは、資格の取得を面接のアピール材料にできるでしょう。

定年退職後、再就職や再雇用に役立つ資格の取得がポイントです。

勉強にかかる時間・難易度はどのくらいか?

資格の勉強を始める前に、まずは試験対策の勉強時間がどのくらいかかるか、試験の難易度と共に確認しましょう。

試験日から逆算して、毎日どのくらいの勉強が必要か計算します。

定年後に向けて社員で働く方は、平日に毎日30分ずつ勉強+休日にまとめて勉強する方法が王道です。詰め込み式で勉強する方法もありますが、できる限り早い段階から対策するとよいでしょう。

定年後に資格取得を始めたい方は、毎日30分~1時間を目安に継続して勉強を進めるとモチベーションが続きやすくなります。

本記事の資格紹介では、勉強時間と難易度を解説しているので参考にしてください。

自分の経歴やスキルに合う内容か?

定年後に稼げる資格を探すときは、過去の経歴や実務経験に近い資格を選ぶとよいでしょう。

たとえば、体を動かす仕事に慣れている方は、関連する業界に活かせる資格を選べば、過去の経験を実務に応用できます。

また、長期的に活躍できる人材を目指すために、業界でスキルアップにつながる資格を取得しましょう。資格内容によっては、企業から資格手当てがもらえて給料アップが見込めます。

業界経験者なら、資格の勉強に対する基礎知識が多く、勉強する途中で挫折を回避できます。

定年後に稼げる資格を選ぶときのポイントとして、経歴やスキルに合う内容を選ぶこともポイントです。

定年後に稼げる資格を選ぶときの注意点

将来への投資として資格を取得したい方は定年後に稼げる資格を取得してどのように活かしたいか?」と、目的ありきで資格を選びましょう。

定年後に稼げる資格を選びたい場合、直感や趣味ではなくゴールが明確である内容を選ぶべきです。

  • 老後の生活やお金に関わる資格を学び、資産運用の投資を始める
  • 業界で求められる資格を取得して再雇用につなげる

お金や仕事につながる理由なら何でもよいので、まずは資格を取得する目的をハッキリさせてから勉強を開始してください。

定年後に稼げる資格を取るメリット

 

人生プランを立てて安心できる老後を目指すためにも、資格取得を材料に今後のビジョンを考えることが重要です。

モチベーションをあげるためにも、資格取得のメリットを頭に入れてみてください。

  • 将来のお金に関する不安に向き合える
  • 体の老化を予防する対策につながる
  • 新しい人間関係ができて交友関係が広がる

以上3つの観点から、定年後に稼げる資格を取るメリットを見ていきましょう。

将来のお金に関する不安に向き合える

定年後に労働を続ける方の大半は、年金生活に入る前の保険として再雇用の道を選びます。

自宅でじっとしていて暇を感じている方は、新しい仕事に就いて社会に貢献できている充実感を味わえて、心が晴れやかになるかもしれません。

将来のお金に関する課題には「年金」があり、一般的には65歳以上を基準に年金支給がスタートします。ただ、支給期間を先延ばしにできる繰り下げを利用する場合、70歳まで延長できるのです。

また、2022年からは繰り下げの上限年齢が75歳まで延長されることが決まっているので、長期的に働くことが当たり前の時代になったといえるかもしれません。

繰り下げた月数×0.7%の追加金額がもらえるため、年金額が増えればその分、将来に対する不安の解消につながります(※2021年7月の情報)。

再雇用で活躍できる限界まで挑戦すれば、年金のかけ年数が足りないと感じる方、受給額を増やしたい方の助けにつながるといえます。

体の老化を予防する対策につながる

定年後に資格の勉強を始めて再雇用が決まれば、自宅から離れて職場先で体を使った運動に取り組めます。

仕事の手順を覚えたり、顧客と接したりする過程は新しい刺激につながり、脳が活性化するトレーニングにもなるでしょう。

定年後は現役の職場から離れることをきっかけに、自宅にいる時間が長くなると、運動や日照不足につながる懸念があります。

厚生労働省の発表によると、運動に取り組む習慣がある人は、病気にかかるリスクや死亡率の低下、心のケアに役立つと言われているのです。

資格の取得で新しい仕事を始めると、体の健康面を保つ上でも役立つでしょう。

個人が運動の習慣を身につけるためには、継続力や意志力が必要ですが、仕事に取り組む過程では自然に行動へつなげられるメリットがあります。

新しい人間関係ができて交友関係が広がる

定年後に関係性の広がりが感じられない方は、資格取得から新しい仕事にチャレンジすると、人間関係の輪を広げるきっかけになります。

仕事の現場では、20~60代前後までの幅広い年代の方が活躍されているため、ご近所付き合いや友人との交流以外で知り合える新しい関係性が構築できるかもしれません。

今まで自分が知らなかった流行や価値観を知ったり、若い世代から刺激をもらえたりするなど、仕事以外での財産につながる経験が得られます。

人とのコミュニケーションは、脳の機能を活性化させる上でも重要です。また、シニア世代は仕事や人生のイベントが落ち着いて「もう一度、友人関係をつくりたい」と感じやすい時期とも言われています。

仕事につながる勉強に取り組むメリットには、新しい交友関係を広げるきっかけづくりにも有効です。

定年後に稼げる資格7選!再就職に役立つ資格を解説

 

シニア世代の求人がある資格から、お金の勉強ができる資格、将来の投資活動につながる資格の内容で、定年後に稼げる資格をピックアップしています。

  • 危険物取扱者(乙4)
  • 電気工事士(第二種)
  • 電気主任技術者(電験三種)
  • ファイナンシャルプランナー(FP)
  • マンション管理士
  • 宅地建物取引士(宅建士)
  • 登録販売者

それぞれの資格について、難易度や勉強時間、合格率や内容を簡単に解説します。

業界でのスキルアップにもつながるため、定年後に稼げる資格を選びたい方は、参考にしてください。

危険物取扱者(乙4)

発火の危険性があるものは危険物の指定があり、取り扱いには危険物取扱者の資格をもつ人の存在が必要です。

シニア世代の再雇用には、ガソリンスタンドや運搬業務に役立つ危険物取扱者「乙種第4類」の取得がおすすめで、灯油やガソリンなどの身近に使う危険物を扱う仕事で資格が役立ちます。

乙4には受験資格がなく、試験対策は40~60時間で約1~2ヶ月の勉強時間が必要です。

毎日平日に30分継続するペースで継続可能なため、試験日から逆算して数ヶ月前には、書店でテキストや問題集を購入しましょう。

合格率は30~40%台で一件低い数字に見えますが、受験者数の多さなどが理由にあげられます。そのため、テキストや問題集を読み込んで対策すれば、十分合格が狙えるラインです。

たとえば、危険物取扱者の資格があれば、下記のような職業で働けます。

  • ガソリンスタンドの店員
  • タンクローリーのドライバー
  • タンクの点検業務
  • 施設の設備管理

地域のフリーペーパーで求人を探したり、インターネットから「危険物取扱者+シニア(or 60代)」で求人検索したりすれば、資格が活かせる求人が見つかるでしょう。

体を動かす仕事に慣れておられる方におすすめなので、新しい挑戦を始めるつもりで危険物取扱者の資格取得をご検討ください。

公式サイトはこちらから

電気工事士(第二種)

電気工事や管理のプロとして活躍できる資格です。第二種電気工事士は、受験資格がありません

電気工事士の仕事現場は、住宅やマンション、ビルや工場など、電気の通る建物全般で幅広い内容があげられます。

第二種電気工事士の合格率は、筆記試験が50~60%台、技能試験が60~70%台です。試験対策に十分取り組めば、初心者からでも合格できる難易度でしょう。

勉強時間は50~100時間必要で、勉強期間は約1~2ヶ月かかります。初心者の方は、ゆとりをもって試験対策を始めましょう。

試験対策のテキストや問題集は「電気工事士 書籍」とインターネット検索すると人気の本が調べられます。筆記試験と技能試験の両方が対策できるように書籍を揃えましょう。

社会からの需要は高く、シニア世代が働ける求人には下記のような内容があげられます。

  • 施設の整備・管理
  • オフィスやビルメンテナンス管理
  • 電気関係の整備・管理
  • 建築関係の仕事

高齢者向けの求人数は全国各地に多くあり、体を動かす労働に慣れておられる方におすすめです。インターネットから「電気工事士 シニア 求人」と検索すると求人サイトがヒットします。

勤務先によっては、体への負荷が少ない場所を選べる可能性もあるため、面接時にどのような仕事を任せられるのか確認しましょう。

公式サイトはこちらから

電気主任技術者(電験三種)

電気工事の保安や点検、監督業務のプロとして働ける資格です。資格の難易度によって扱える電圧の規模は変わりますが、街のビルや施設、工場など、さまざまな場所の電気整備に関われます。

まずは、電気主任技術者の電験三種を狙いましょう。受験資格がなく、試験の合格率は15~20%台なので、建築やビルメンテナンス関係の職場経験がある方向けの難易度です。

試験対策の勉強時間は約1,000時間と言われているため、テキストや問題集を活用しながら、約1年ほどかけて勉強する流れです。

試験対策に時間がかかるプレッシャーはありますが、定年後に業界で嘱託社員などの形で再雇用のためにスキルアップを図りたい方に向いています。

若い世代の方と対等に扱ってもらうための保険になるため、資格取得に取り組むことで自信をもてる材料にできるメリットがあるでしょう。

  • 電気関連の業界
  • 建設業界
  • ビル管理業界

上記のような業界で電気工事の経験がある方は、実務経験を通して身についた知識を活かしながら勉強を進められます。

電気主任技術者のシニア雇用の求人数は全国に数が多いため、経験者の方で定年後のスキルアップを図りたい方は、ぜひ資格取得をご検討ください。

公式サイトはこちらから

ファイナンシャルプランナー(FP)

金融や保険、不動産や投資、相続などのお金に関する基礎知識が学べる資格です。

FPの資格は、老後の問題に関わる保険や年金の仕組み、未来のリスクを軽減させる方法など、人生プランを見直せる資格としても有効活用できます。

初心者の方は、受験資格のないFP3級から勉強をスタートしましょう。試験対策の勉強時間は約2~3ヶ月で100時間前後試験の合格率は70~80%台です。FP3級試験の難易度は、比較的やさしいものといえるでしょう(日本FP協会管轄の内容)。

初めて聞く専門用語や数字計算の理解について、多少時間は必要になりますが、試験日から逆算してゆとりをもって対策すれば、十分合格できます。

テキストと問題集を書店で購入して、毎日30分ずつ勉強を継続してみましょう。

  • 金融資産の運用方法を学んで老後に必要な資金を計算できる
  • 身内の相続に関わる知識を身につける勉強になる
  • 保険の種類を知って賢く運用できる手段につながる
  • 安全な投資方法を知って、家族への資産を残せる

定年後のお金を上手に管理するには、FPの資格であらためてお金の基礎知識を身につける方法がおすすめです。

人生に対するお金の不安や心配ごとを解消するためにも、ぜひFP資格の勉強を活用してみてください。

公式サイトはこちらから(日本FP協会)

*FPの詳細は、下記の記事が参考になります。

ファイナンシャルプランナーの受験資格を解説!2級と3級どっちを受験すべき?

マンション管理士

マンション管理や運営に関するプロの知識が身につく資格です。不動産から収入を得ている方、将来的にオーナーを目指して投資したい方におすすめできます。

マンション管理士の資格に受験資格はありません。年齢や実務経験の有無に関わらず挑戦できるので、本格的にマンション運営の知識を身につけたい方は必見です。

試験の合格率は7~9%台と低めで、難易度はかなり高い試験といえます。ただ、定年後に不動産の運用やビルメンテナンス系の職種に再雇用されるときには、信頼度の高い資格として活用できるのです。

マンション管理士の勉強時間は約7~9ヶ月で500時間かかります。ある程度の勉強時間が必要なため、長期的に継続しながら少しずつ理解を深めましょう。

試験対策でマンション運営に関する法律知識に詳しくなれるため、自信をもって運営や管理に関われます。

再雇用の働き方では、マンション管理の仕事を中心にシニア世代が活躍できるので、定年後を想定して資格取得を目指すのもおすすめです。不動産やマンション管理会社で働く方は、仕事のスキルアップにつながります。

並行して資格取得が推奨される「管理業務主任者」の資格取得も、マンション運営のノウハウにつながるメリットがあるため、ぜひダブル取得もご検討ください。

公式サイトはこちらから

*マンション管理士や管理業務主任者は、下記の記事が参考になります。

【最新版】マンション管理士の勉強時間は?試験の難易度・合格率を調査!

宅地建物取引士(宅建士)

不動産の取引に関わるプロとして働ける資格です。土地や建物を買うとき、賃貸でオーナーと購入者を仲介するときなど、物件管理や取引の仕事を担えます。

定年後にマンションやアパート運営に関わりたい方は、不動産の法律に詳しくなれるため、資産運用の参考にもなるでしょう。専門家に任せる方法と併用しながら、自分に専門知識があると安全に不動産の運用に関われるのです。

宅地建物取引士に受験資格はありません。年齢や実務経験に関わらず受験できます。実務経験がある方は、業務を通して学んだ知識を復習するのに便利でしょう。

試験の合格率は15~20%台で難易度は高めです。勉強時間は約6ヶ月で300時間かかるため、ある程度時間をかけて勉強に取り組みましょう。

勉強が難しいと感じられる場合は、通信講座に申し込んで勉強をスタートさせると効率よく勉強が進められる流れです。

半年かけて試験対策に取り組むときは、毎日2時間ずつ勉強することで目標の勉強時間が達成できます。試験日から逆算してゆとりのあるスケジュールを設けましょう。

不動産関係の仕事に就かれている方は、在職中に宅地建物取引士を取得するとスキルアップにつながるメリットもあるので、気になる方は資格取得をご検討ください。

公式サイトはこちら

登録販売者

医薬品(第二類・第三類のみ)の取り扱いやアドバイスのプロとして活躍できる資格です。全国各地にあるドラッグストアなどで活躍できます。

医薬品の種類や内容にも詳しくなれるため、日常生活で薬を活用するときの知識に役立つでしょう。

登録販売者に受験資格はなく、学歴や年齢、実務経験に関わらず試験の受験が可能です。

登録販売者の合格率は平均40%台で、難易度はやや高めです。試験対策の勉強時間は約6ヶ月程度で400時間かかります。毎日約2~3時間の試験対策で目標時間に達成できる流れです。

資格を持っていると手当がついて、給料アップにつながる職場もあります。

  • アルバイトやパート:30〜100円ほどの時給アップ
  • 社員:資格手当てが5,000〜10,000円ほどもらえる

ドラッグストアなどの医薬品を取り扱う企業は全国各地にあるため、業界で経験を積んだ方が取得すればスキルアップにつながります。

定年退職後のアルバイトや再雇用の形で活用できるので、ぜひ資格の取得をご検討ください。

公式サイトはこちらから

定年後に稼げる資格まとめ

 

定年後に稼げる資格7選を解説してきました。もう一度、資格をおさらいしておきましょう。

  • 危険物取扱者(乙4)
  • 電気工事士(第二種)
  • 電気主任技術者(電験三種)
  • ファイナンシャルプランナー(FP)
  • マンション管理士
  • 宅地建物取引士(宅建士)
  • 登録販売者

定年後に稼げる資格選びのポイントには、再就職に役立つ内容、勉強にかかる時間・難易度の検討、自分の経歴やスキルに合う内容の3つを取りあげました。

定年後に稼げる資格を取得するメリットには、将来のお金に関する不安に向き合えること、体の老化を予防する対策につながること、新しい人間関係ができて交友関係が広がることがあげられます。

将来の不安を解消するためにも、資格を取得する目的を明確にしながら、投資する気持ちで新しい挑戦を始めてみてください。

合わせて読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です