在宅ワークをお探しの方はこちら

社会福祉士の予備校ランキングTOP3を紹介!予備校選びのポイントやおすすめ講座を解説

受験資格を満たすと国家試験に挑戦できる社会福祉士の勉強は、独学や通信講座、養成施設のサービスを使って試験対策を進めます。

独学には費用を抑えられるメリットがあるものの「ひとりで合格を目指せるのだろうか?」と、試験対策に不安を感じる場面も多いのではないでしょうか。

今回は、社会福祉士の予備校を検討したい方に向けてランキング形式でTOP3を紹介し、予備校選びのポイントとともに解説します。

勉強法は自分のライフスタイルや予算、価値観に合わせた内容を選ぶのがポイントです。独学だけでなく、独学と予備校の単発コースの両方を使って試験対策を進める方法もあります。

確実に合格を目指したいときは予備校の講座がおすすめなので、本記事で紹介する内容を参考にしてください。

社会福祉士の予備校講座を社会人が選ぶときのポイント

予備校を選ぶときは、どのくらいの費用がかかるのかをリサーチしながら、講義内容や実績を確認しておくと判断材料にできます。

社会福祉士の予備校を社会人が選ぶときのポイントを見ていきましょう。

予備校講座の費用と予算から選ぶ

受験資格獲得後、社会福祉士の試験対策を進める場合の予備校の相場は4~10万円程度です。予備校での勉強は、確実に合格を目指したいときに向いています。

試験の直前対策に絞ったコースもあるので、独学と両立して対策を進める方法もあるでしょう。ひとまず独学で進めておき、途中で予備校に切り替える選択肢もあります。

コース内容や時期によっては、数万円程度の割引対象になる場合もあるのでお得に受講したい方は必見です。本記事で紹介するアガルートの予備校では、対象講座の全額免除サービスも展開中です。

上手に活用して節約につなげたい方は「予備校名+割引」と検索し、気になる予備校の情報収集につなげてみてください。

予備校講座の教材や講義内容から選ぶ

予備校には自宅で学べる通信タイプ、校舎で直接対面から学べる通学タイプの2つがあります。

通信と通学のどちらにも対応しているサービスもあるので、自分のライフスタイルに合わせた勉強法が選べるのが魅力でしょう。

予備校を選ぶときに決め手にしたい項目は、下記のとおりです。

  • テキストや問題集(紙媒体・デジタル)
  • 質問サポートの有無、回数制限(直接対面、メールなど)
  • カリキュラム内容の充実度(添削や過去問など)
  • オンライン機能、サポート体制の充実度

アナログの書籍だけでなく、パソコンやスマホを使ってオンラインからテキストや講義の動画を視聴できる内容もあります。

独学にはない質問サービス付きの内容もあるので、勉強時間を削減しながら集中的に取り組みたいときにご活用ください。

合格者の声・実績から選ぶ

予備校を選ぶときは、公式サイトに過去の合格者インタビューや合格率が公開されているか確認しましょう。

実際に合格した人の感想や勉強の進め方が掲載されている場合もあり、勉強のモチベーションをあげる上でも役立ちます。

公式サイトで講師の過去の経歴や実績、人柄など、ネットの口コミや評判を情報収集しておくと、予備校選びで失敗しないための対策にできるでしょう。

公式サイトに公開されていないときは、SNSやネット検索で「社会福祉士+予備校の名前(+評判)」で検索します。事前にリサーチをかけておくことで、予備校の講義に感じる不満を減らせるため、後悔のない方法を選べるでしょう。

予備校を選択するときは、費用をかけるだけの利益があるかどうかを実績から判断してみてください。

社会福祉士の予備校講座のおすすめ3選!特徴・口コミ評判を解説

社会福祉士の予備校で通信・通学におすすめの講座3選を見ていきます。

社会人が仕事を続けながら対策できる予備校をランキングでまとめているので、自分のライフスタイルに合う講座を探すときにご活用ください。

1,アガルート

通信タイプで勉強が進められるアガルートは人気の予備校です。国家試験対策のコースに絞って、集中的に勉強が進められます。

総合講義と過去問題集を繰り返し勉強しながら、わからないところがあるときは、Facebookの質問サービスを活用して疑問点を解消しましょう。

アガルートの講座を受講する前に、SNSや電話を使って講座に関する疑問点を質問することも可能です。

口コミ評判に対しては、現在のところアガルートの公式サイトには合格者の声が掲載されていませんでした。ただ、ほかの講座に関しては多くの合格者の声が掲載されているので、今後掲載が追加されることが予想されます。

社会福祉士の講座を受講した方で対象の場合は、全額返金やお祝い金がもらえるサービスもあるので、費用を抑えて一発合格を目指したい方はぜひ参考にしてください。

初めての国家試験対策から再受験が必要な方まで、通信講座でポイントを絞った内容を選びたいときはアガルートがおすすめです。

2,ユーキャン

通信タイプで勉強が進められるユーキャンは、長い歴史のある講座です。ユーキャンの公式には今のところ合格者の声は掲載されていませんが、アンケート調査では、2004~2019年度までに社会福祉士の試験に合格した方は6,973人の結果となりました。

社会人を継続しながらの受講者も88%の結果です。約7ヶ月程度かけて1日1~2時間程度を目安に勉強が進められるため、無理のない範囲でマイペースに勉強を進めやすいところが魅力です。

添削や質問サービスを使えば、通信の勉強でもひとつずつ不明点を解消しながら試験本番が迎えられます。試験に出題されるポイントを中心に対策を進められるため、効率よく理解が進むでしょう。

また、ユーキャンの社会福祉士は「教育給付金制度」の対象講座になるので、社会人で対象になる方は利用すると費用の節約になります。

通信タイプの勉強でマイペースに自宅での勉強を進めたい方は、ユーキャンの講座をご検討ください。

3,資格の大原

通信と通学タイプの両方を開講する資格の大原は、社会人を応援する講座を多く設けています。

社会福祉士の場合は、受験資格がある方向けの国家試験の受験対策講座、受験資格のない方に向けた通信と夜間通学講座の両方を開講中です。

国家試験対策のみを受講したい場合は、受験対策講座から下記の勉強法で選べます。

  • Webライブ:講義が専用アプリに配信されて自宅学習できる
  • 教室通学:校舎に通学する形で対面で勉強できる
  • Web通信:いつでも自由にWebの講義から勉強が進められる
  • 映像通信:校舎の各ブースから講義を視聴して勉強できる

資格の大原では、過去に大原の講座を受講した方や国家試験再受験者に割引が適用できる場合があります。

また、合格者の方からは下記のような声が届いているので参考にしてください。

  • 「大原の講師は熱心に根気よく教えてくれる!」
  • 「相談しやすい環境が整っていました!」
  • 「的確なアドバイスでモチベーションを維持できた!」

※内容は公式サイトの社会福祉士講座/合格実績・喜びの声より引用。

社会人から数ある勉強法を選べる予備校を探しているときは、資格の大原をご検討ください。

社会福祉士の予備校講座を社会人が選ぶときの勉強方法

受験資格を獲得後、社会人から社会福祉士の試験対策を進めるには、3つの勉強方法から選びます。

どの進め方が自分に合いそうか再検討するときの参考にしてください。

独学

受験資格を獲得後、費用をかけずに受験したい方におすすめの方法です。書店やネット通販からテキストや問題集を2~3冊ほど買って試験対策を進めます。

自由に勉強が進められるメリットがあり、対策が間に合わないときは試験日の延期も可能です。

現場での経験が長い方、関連の福祉資格をもっている方など、基礎知識が身についている方に向いています。勉強の途中で試験対策が難しいと感じた場合は、予備校に切り替えができるところも便利です。

本格的に資格取得を目指すか悩むときは、まずはお試し期間で社会福祉士の対策を独学で進めましょう。

通信講座(予備校)

受験資格の獲得後、効率よく試験対策を進めたいときにおすすめの勉強法です。

通信講座は通学とは違い、自宅や外出先でも自由なタイミングで対策が進められるメリットがあります。(※通信と通学の両方に対応したコースを開講している場合もあります。)

通信講座を使えば、自宅に教材が届けられてテキストや問題集を探す手間がなくなるでしょう。また、過去問の傾向を読んだ対策や質問サービスを利用しながら、不明点を解消できる点も便利です。

一発合格を目指して集中的に勉強を進めたい方は、通信講座の方法をご検討ください。

養成施設(予備校)に通学

受験資格がある方とない方の両方におすすめの勉強法です。

とくに受験資格がない社会人の方に向いており、通学で昼間や夜間の対象コースに半年程度、または一年程度通う形で受験資格が得られる養成施設もあります。

通学のメリットは、講師から直接指導が受けられる点です。忙しい社会人の方がひとつずつ理解を進められます。自宅でひとりの勉強が苦手な方、対面での授業が好きな方におすすめです。

自宅から通える範囲に学校がある場合は、社会人を続けながら夜間に通う方法を選ぶか、周りからのサポートを得ながら昼間の通学を選ぶ方法のどちらかを検討しましょう。

社会福祉士の養成施設は働きながら勉強できるのか?

養成施設で受験資格を得るところから始める場合、夜間の学校を使えば、社会人が仕事を続けながら養成施設で受験資格を得られます。

学校によって時間帯は変わりますが、18:00~21:30ごろを目安に開講されている場合が多いようです。授業はコースによって1時間半~3時間程度実施。

社会人から勉強を続ける方はアルバイトやパート勤務で福祉関係の仕事で経験を積む方もいれば、福祉関係以外の正社員で働く方も多くおられます。

受験資格を獲得後も、試験対策に予備校を活用すると効率よく資格取得の道のりが目指せるでしょう。

社会福祉士の予備校講座まとめ

社会福祉士の予備校ランキングTOP3を紹介、予備校選びのポイントを見てきました。

予備校選びは「費用と予算」「教材や講義内容」「合格者の声・実績」の3つを軸に選びましょう。

おすすめの予備校については、もう一度下記でおさらいしておきます。

  • アガルート:通信/国家試験対策に絞った内容を展開。割引制度が充実している。
  • ユーキャン:通信/自宅でマイペースに勉強が続けられる内容。教育給付金制度がある。
  • 資格の大原:通学・通信/校舎や自宅で勉強する方法など、さまざまな勉強方法を展開。過去の受講者や受験者は割引対象の場合もある。

本記事で紹介した予備校は、社会人から勉強を進めやすい内容で効率よく試験対策ができておすすめです。ただ、どの予備校が合っているかは、各自の勉強に対する価値観や優先順位によって変わります。

本記事で紹介した予備校を参考にしながら、社会福祉士の試験合格に向けて対策を進めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です