在宅ワークをお探しの方はこちら

司法書士は誰でも受験できるの?受験資格の有無や合格者の年齢を解説

司法書士は誰でも受験できるの?受験資格の有無や合格者の年齢を解説

「司法書士の試験にチャレンジしたいけど…学歴は必要?」「受験資格について情報が欲しい」   

司法書士に興味を持ったら、受験資格を確認してから受験するか決めたいですよね。

司法書士試験には、受験資格はありません。誰でも受験できる国家試験です。この記事では、司法書士の受験資格や受験内容についての情報をお届けいたします。  

資格講座名資格スクエア資格スクエアアガルートアガルートユーキャンユーキャンスタディングスタディング
コース名司法書士講座入門総合カリキュラム司法書士資格取得講座司法書士 総合コース
税込価格調査中173,800円169,000円104,500円
受講形式オンラインオンラインオンラインオンライン
教育給付制度調査中何度でも1日3問まで記載なし
特典や割引調査中2022年試験に合格したら全額返金。お祝い金現金3万円。月1回無料カウンセリングメインテキスト10冊。合格で全額キャッシュバック合格で10,000円のお祝い金
受講者の合格率調査中記載なし215名合格記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

司法書士に受験資格はあるの?

司法書士に受験資格はあるの?

司法書士試験の受験資格を紹介します。

受験資格はなく誰でも受験できる

司法書士試験には受験資格が設けられていません。性別・年齢・学歴・職歴にかかわらず、誰でもチャレンジできます。司法書士試験には、筆記試験(午前と午後)と、口述試験があります。口述試験は、筆記試験合格者だけが受験できます。

試験を受験しなくても司法書士になれる方法もある

司法書士資格を取得するには、「司法書士試験を受けて合格する方法」と「裁判所などの勤務経験」が取得ルートです。

裁判所や検察局において、10年以上の勤務経験がある人は、法務大臣の認定を受けて資格を取得できる可能性があります。ただ、社会で活躍している多くの司法書士は、司法書士試験に合格して取得する人がほとんどです。

司法書士試験を受験しないで司法書士になる方法

司法書士試験を受験せずに司法書士になる方法の1つ「裁判所などの勤務経験」などの国家公務員からのルートついて補足いたします。

このルートの場合には、国家公務員の採用試験を受けることになるので、こちらも難関となります。国家公務員になれたとしても、さらに、裁判所事務官・裁判所書記官・法務事務官・検察事務官などになる必要があります。これらの職に就くための、国家公務員の採用試験をまずはパスしなければなりません。

興味がある人は、こちらをご覧ください。

司法書士の試験は2つに分かれている

司法書士の試験は2つに分かれている

司法書士の試験は、筆記試験と口述試験があります。詳細をチェックしましょう。

1. 筆記試験

司法書士試験の筆記試験は、例年7月の日曜日に実施されています。筆記試験は、午前と午後に分かれて行われます。

午前の部では、択一式試験が行われます。全35問の出題です。

【午前】

択一式試験

憲法3問民法20問刑法3問商法9問、全35問です。

午後の部では、択一式試験と記述式試験が行われます。択一式試験は全35問の出題、記述式試験は全2問の出題です。

午後】

択一式試験

民事訴訟法5問・民事執行法1問・民事保全法1問・司法書士法1問・供託法3問・不動産登記法16問・商業登記法8問、全35問です。

記述式試験

不動産登記法1問・商業登記法1問、全2問です。記述式試験では、登記申請書をの作成問題などが出題されます。

2. 口頭試験

司法書士試験の口述試験は、例年10月に行われます。筆記試験で合格点を取った人だけが受験できます。面接官と会話形式で解答する方法で行われます。

解答そのものが合っているか、ロジカルにわかりやすく解答できているか、15分ほどの試験で審査されます。こちらは合格率は高めになっています。

司法書士試験の合格者の年齢

司法書士試験合格者の年齢

司法書士試験の受験者年齢は幅広く、広い世代から合格者が出ています。合格者の6割は30代から40代(2021年度41.79歳)が占めていますが、なかには、高校卒業後や定年後に合格する人もいます。

最低年齢は21歳

2021年度試験では、21歳が合格者最低年齢でした。

これまでは成人が20歳だったので、司法書士試験に合格しても未成年の場合には、司法書士登録ができませんでした。成人年齢が18歳に引き下げられ登録可能になったことで、今後はさらに若年層からの参戦もあるかもしれません。

最高年齢は77歳

2021年度試験では、77歳が合格者最高年齢でした。

定年後の人生設計が重要となった現代社会では、今後も、高齢層の受験者は増加するとみられます。社会経験を積んだ上で司法書士になれば、多方面での活躍が期待できます。

(参考:法務省 HP内『令和3年度司法書士試験の最終結果について)

司法書士試験の合格と学歴の関係性

司法書士試験の合格と学歴の関係性

司法書士試験の合格率と学歴の関係性は明らかにはされていませんが、若年齢や高年齢の人が合格している状況からみても学歴は、あまり気にする要素ではありません。ただ、法学部出身の人は、学習内容への抵抗は低いでしょう。

学歴は関係なく中卒の合格者もいる

司法書士試験の受験には、多くの年齢層がいて、学歴を気にすることなく受験することができます。社会人の受験者が多いとはいえ、学生のうちに受験する人も少なくありません。事情があり高校に行っていない人でも、受験することができます。

試験合格後も実力で評価される

試験合格後は、司法書士の資格を活かして、就職や転職活動を行います。独立開業も可能なので、これまでの経歴は特に関係なく、司法書士としての姿勢が評価されます。

定年退職をした後に開業する人もいれば、若いうちから独立して地道にその道を極めている人もいます。働き方は人それぞれなので、実力評価の世界といえるでしょう。

一般的には、司法書士試験合格後は、司法書士事務所に勤務して、実務経験を積みながら、自分がどのような分野に強い司法書士になるかを探ります。

学生時代に合格できれば、アルバイトのような雇用形態で働くこともできるので、卒業と同時に本格的に司法書士としての仕事に就くことも可能です。

司法書士試験の合格率は4%と低い

司法書士試験の合格率は4%と低い

司法書士試験の合格率は、4%前後で推移しており、トップクラスの難易度に入る資格です。同じく法律系の国家資格である、社会保険労務士や行政書士などと比較した場合、学習時間は3倍以上必要です。

難易度の高いトップレベル国家資格(ビジネス系)のランクは、弁護士司法試験・公認会計士・司法書士・税理士・弁理士・不動産鑑定士・中小企業診断士・社会保険労務士の順となっています。

司法書士は、弁護士・公認会計士に続くハイクラス国家資格なので、受験者層もレベルが高いです。チャレンジはしたけれども、途中で諦めてしまい、勉強をやめてしまった人も少なくありません。せっかく申し込みをしたゆえ、諦めていながらも「記念受験」をしている人もいます。

記念受験者数は、合格率が低い理由の1つになっているといわれています。最後まで全力で勉強した人の中の合格率は明らかにされていませんが、上位レベルの国家資格の場合には、記念受験をした人の数字も含まれているので、悲観せずに気にせず努力を積み重ねましょう。

他のビジネス系資格が気になる人はこちらをご覧ください。

司法書士試験を受験する場合の手順

司法書士試験を受験する場合の手順

司法書士試験の受験手順を解説します。

1. 司法書士の試験内容や勉強時間を把握する

司法書士試験の最新情報は、公式ホームページからチェックできます。試験内容は前述した通りですが、学習時間については、初学者の場合3000時間以上と言われています。

社会人が働きながら学習するには、最低でも1年〜2年の期間がかかり、1日あたりの学習時間は4時間以上を毎日続けることになります。

2. 独学か講座受講かの勉強方法を決める

司法書士試験の受験を決めたら独学か、通学講座・通信講座など学習スタイルを決めます。いくつか予備校のホームページなどをみて価格をチェックしましょう。書籍を買う場合には、全部でどのくらい費用がかかるかチェックしましょう。

司法書士試験の内容は、学ぶ内容が多岐にわたり、難易度も高いため、独学では非効率的といえます。そのため、講座の受講をおすすめします。

何らかの理由で独学を選択する場合には、参考書選びや学習方法をリサーチし、自分に合ったテキストを探すなど、講座生以上の努力が必要です。

3. 合格目標を定めて勉強スケジュールを立てる

司法書士試験の受験を決意したら、その時点から2年以内に受験目標を定めます。資格予備校は、1年から2年のコース設定をしていますので、初学者から始める場合には講座スケジュールに沿って学習を進めるのが王道です。

司法書士試験に受験資格はなく誰でも受験できる!

司法書士試験に受験資格はなく誰でも受験できる!

司法書士試験に受験資格は定められていません。1年から2年もしくは、もっと長い道のりになるかもしれませんが、社会人でも多くの人がチャレンジしている国家資格です。ぜひ、少しでも効率よく学習するために資格予備校も検討してみてください。

資格講座名資格スクエア資格スクエアアガルートアガルートスタディングスタディング
コース名逆算プレミアム予備試験1年合格カリキュラム|通信指導予備試験合格コース(総合)
税込価格987,800円1,798,000円134,200円
受講形式オンラインオンラインオンライン
教育給付制度講義画面からいつでも質問何度でも記載なし
特典や割引説明会参加で55,000円割引 勉強法資料(49,500円分)無料 音声ダウンロード(55,000円分)無料週1回の1時間程度の通信指導。早期申し込み30%off(1,384,460)合格で最大20,000円のお祝い金
受講者の合格率記載なし20.29%記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です