在宅ワークをお探しの方はこちら

行政書士試験の勉強時間は600時間!スケジュールの立て方を徹底解説

「行政書士の資格を取りたいけれど、どれくらい勉強したらいいの?」

「行政書士資格試験の勉強スケジュールってどう立てればいいの?」

そんな悩みをお持ちのあなたのために、行瑛書士資格の受験勉強時間について調べました。

行政書士は「街の法律家」と呼ばれて、身近な法律の専門家として働ける国家資格です。

公的な各種許認可・届出書類などを代筆したり提出を代理することもできます。法務コンサルタントとしても注目されている資格です。

あなたが行政書士試験に合格するために必要な時間は何時間ぐらいなのか?時間計画の立て方や注意点など、様々な疑問を解決します。

資格講座名 資格スクエア資格スクエア アガルートアガルート ユーキャンユーキャン フォーサイトフォーサイト 大原大原
コース名 行政書士実務講座 入門総合ライトカリキュラム 行政書士資格取得通信講座 バリューセット1 通常セット 行政書士合格コース
税込価格 40,800円 200,000円 63,000円 54,800円 188.000円
受講形式 オンライン オンライン オンライン オンライン web通信
教育給付制度 なし 何度でも 1日3問まで 10回 各校に問い合わせ
特典や割引 用意されているパックを購入 オプションでマンツーマン指導や通学を選べる。早期申し込み30%off メインテキスト10冊 合格したら最大2000円のアマゾンギフトコード 時事対策などもある
受講者の合格率 記載なし 67.20% 9% 41.30% 2020年76名合格
公式サイト 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

行政書士の試験に合格するための勉強時間

行政書士試験に合格するための勉強時間は何時間?試験勉強計画を立てるために、まず考えることです。独学と講座を受ける場合ではかける時間は違います。一般的な勉強時間を調べてみましょう。

試験形式はは筆記試験です。 法令科目に約80%配点されています。すでに法的な知識があれば勉強時間は短くて済みます。法的知識が全くない場合には、言葉に慣れることから始めなければなりません。あなたが持つ条件によって必要勉強時間は変わってきます。

ここでは一般的な目安として必要な勉強時間を考えます。

行政書士の試験科目
「行政書士の業務に関し必要な法令等」(出題数46題)
・憲法、行政法
(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)
・民法、商法及び基礎法学

「行政書士の業務に関連する一般知識等」(出題数14題)
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

独学の場合:人によるが600時間程度

独学者の最短勉強時間は600時間と言われています。独学の受験者には法的な基礎知識を持つ方が多いためです。

全くの初学者の場合には、勉強に入る前の準備が必要です。個人の環境にもよりますが、200時間以上は見たほうが無難です。行政書士試験は出題範囲が非常に広く、出題傾向分析が試験結果に影響します。教材選びには十分な時間を割きたいものです。

初学者のかたが、受験勉強に1年間かけるとするなら、週20時間程度の学習を見込んでおいた方がいいでしょう。

講座を受講する場合:800〜1000時間程度

一般的なオンライン講座では、基本講義に500~600時間程度、復習、演習に300~400時間程度かかります。

入門レベルが3か月、基礎学習6か月、応用力3か月、総復習、過去問に3か月ぐらいをかけます。復習や演習は学習期間を通じて各単元ごとに行われます。

講座の標準学習期間を12か月として、単純計算すると週16~20時間勉強する計算になります。

<年間計画例>

入門レベル3か月基礎学習6か月応用力3か月総復習、過去問に3か月受験
9~11月12月~5月5~7月8~10月11月

行政書士になるための勉強時間の配分

行政書士試験は合格率約10%の難関です。行き当たりばったりの勉強では合格は困難です。勉強を始める前に試験直前までの時間配分を決めて学習しましょう。

独学の場合

独学で学習期間1年と考えた場合、法務知識がある人では600時間必要すれば、週12時間程度の学習時間が必要です。1日の学習時間は2時間以下になります。

一方で初学者のかたなら年間1000時間必要として週20時間、日割りにすると3時間弱勉強しなければなりません。

独学で残念なところは、スマホ勉強が難しいことです。書籍教材が多くノートに筆記する形になりがちです。朝や夜まとまった学習時間をとれるように生活を整えることが大切です。

コンパクトなテキストを、持ち歩けば移動中や職場の休憩時間にも勉強できます。

講座を受講する場合

講座を受講する場合も初学者の方なら1000時間程度の勉強時間を確保しましょう。勉強に必要な時間は独学初学の場合と変わりません。ただ、講座の教材ははDVDなどデータ化されています。スマホで手軽に勉強できるので勉強時間が創りやすくなります。

講座選びではDVD やCDの有無やeラーニング対応かなどの条件を調べましょう。DVDやCDなら聴くだけでも学習効果が期待できます。また添削や質問サービスの有無も勉強時間確保の重要なカギになります。

行政書士の資格勉強のスケジュール例

行政書士試験の勉強は法律に全く縁がなかった人と、法学部出身者、法律事務所勤務者などでは全く違います。また、宅建合格者と行政書士は職務的に重なる部分があります。試験科目も重なるので資格試験は若干楽になります。

初心者の場合

初心者が行政書士試験に合格するために必要な勉強時間は800~1000時間、週20時間程度の勉強時間が必要です。1年間継続して勉強するには相当の努力が必要です。勉強時間確保ための工夫も必要になります。

しかし、初学で行政書士試験に合格した人もおられます。その人たちは、スケジュールで勉強したのでしょうか。

経験者に聞いた勉強時間の工夫
・スマホや小冊子を活用して移動時間などのスキマ時間を無駄にしない
・家事中などはCDやDVDを聞き流すだけでも記憶に残る
・合格に必要なことだけを効率的に勉強する

法学部出身者の場合

大学で法学を学んだ人ならば、300~500時間程度が合格に必要と言われています。1年間500時間なら1週間10時間程度、1日1時間半ぐらいを確保できれば合格ラインにとどく計算です。

初学者は法律の勉強で、言葉遣いが壁になることがあります。法学部出身なら、それがないので理解が早いと思われます。余裕があるのなら1年と言わず半年プランでトライしてもいいかもしれません。

宅建合格者の場合

行政書士試験と宅建士試験はよく比較されます。試験科目に法律的な部分が多いためです。この二つの試験では民法が重複します。宅建合格者も法学出身者と同じく500時間程度の勉強時間で行政書士試験合格ラインに届くといわれています。

宅地建物取引士資格試験科目行政書士試験科目
宅建業法憲法、行政法
民法など民法、商法及び基礎法学
法令上の制限行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法
税・その他行政書士の業務に関連する一般知識等

宅建合格者も法律教材の言葉遣いには慣れがあるので、初学者よりも理解が早いでしょう。半年プランも十分視野に入ります。

勉強スケジュールを立てる時に注意すべきポイント3つ

どれだけ緻密な勉強スケジュールを立てても、無理な計画では初志貫徹できません。的外れでも学習効果は上がりません。勉強スケジュールを立てるときに気を付けたいことをご紹介します。

余裕を持ったスケジュールを立てる

受験勉強計画で最も多いミスが無理な計画をたてることです。1年間週20時間の勉強が不可能な人は少なくありません。睡眠時間を大きく削って勉強しても効果は上がらないものです。

そのような時は、勉強期間の延長も検討しましょう。風邪を引くこともあれば、緊急な仕事が出ることだってあります。スケジュールには余裕を持たせておくことが挫折を防ぐポイントです。

得点配分の高い科目を重点的に勉強する

高得点科目が苦手では合格は遠のいてしまいます。得点配分の高い科目こそ、しっかり時間をかけて勉強しましょう。

下の表から、最重要科目は行政法、その次が民法だということがわかります。また、あなたが苦手な科目にも時間をかけなければなりません。

科目問題数配点
基礎法学2問8点
憲法6問28点
行政法22問112点
民法11問76点
商法・会社法5問20点
政治・経済・社会8問32点
情報通信・個人情報保護3問12点
文章理解3問12点
合計60問300点

毎日最低1時間は勉強時間・復習時間を確保する

1週間20時間とはいえ、毎日3時間勉強するのは難しいでしょう。休日、残業の日などいろんな事情があります。勉強時間が日ごとにバラつくのは仕方ありません。

全く勉強しない日を作らないのが挫折を防ぐコツです。1日全く勉強をしなければ学習習慣が希薄になります。一昨日の勉強内容を思い出すのは時間がかかるのです。忙しい日でも、最低1時間勉強を頑張ってみましょう。

行政書士の勉強は独学と講座どちらがおすすめ?

行政書士試験初学者の人は勉強方法についての悩みは多いでしょう。

効率を考えると講座を選んだ方が無難に思えます。一方で受講料の負担を考えると独学の方へ気持ちが動きます。

最短で合格を目指す場合は講座の受講がおすすめ

とにかく最短で行政書士試験に合格したい!そんなあなたには、講座受講がおすすめです。

経験豊かな資格試験学校では各資格試験ごとに毎年徹底的な分析が行われます。同じように勉強法、テキストの内容などあらゆる面に企業として力を注いでいるのです。これらの分析や工夫は、なかなか素人には難しいものです。

気を付けたいのは、講座選びを間違えないことです。自宅では勉強に集中できないなら通学がいいかもしれません。通学の時間がとれないならオンライン講座がいいでしょう。

受講料に納得できるかどうかも大切です。資料請求や問い合わせでしっかり確認して選びましょう。

行政書士になるための勉強時間は最短で600時間だが人によって異なる

中小企業診断士の合格率・合格者数の推移は?令和3年は人数過去最多!

最短600時間とはいうものの、受験する人の状況によって必要時間は変わります。600時間で合格した初学者は少数派とみていいでしょう。法学部出身者、法律関連従事者の場合には600時間で合格できる可能性は高くなります。

また、独学よりも講座学習のほうが合格確率は高くなります。講座では、行政書士資格試験で最も効率のいい勉強法で学べるからです。もちろん独学で合格する人も少数ではありますがおられます。あなたに合った勉強計画を立てて強い意志を持って勉強することが合格のカギになります。

行政書士試験に興味が湧いてきたら資料請求から始めましょう!

資格講座名 資格スクエア資格スクエア アガルートアガルート ユーキャンユーキャン フォーサイトフォーサイト 大原大原
コース名 行政書士実務講座 入門総合ライトカリキュラム 行政書士資格取得通信講座 バリューセット1 通常セット 行政書士合格コース
税込価格 40,800円 200,000円 63,000円 54,800円 188.000円
受講形式 オンライン オンライン オンライン オンライン web通信
教育給付制度 なし 何度でも 1日3問まで 10回 各校に問い合わせ
特典や割引 用意されているパックを購入 オプションでマンツーマン指導や通学を選べる。早期申し込み30%off メインテキスト10冊 合格したら最大2000円のアマゾンギフトコード 時事対策などもある
受講者の合格率 記載なし 67.20% 9% 41.30% 2020年76名合格
公式サイト 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です