在宅ワークをお探しの方はこちら

独立できて稼げる資格10選!将来の独立・開業・在宅に活かせる資格を解説

稼げる資格 独立

仕事の経験を積んで「いつかは、ひとりで働きたい」と、憧れの気持ちを感じておられる方も多いのではないでしょうか。

顧客からの信頼度を高めるには、実力や経験値をあげる努力が求められます。また、客観的な信頼を得やすい手段として、国家資格や民間資格の取得があげられるでしょう。

  • 子育てと仕事を両立させたい方
  • 将来独立したい方
  • 開業できる選択肢が広げられる資格の種類が知りたい方

以上の方に向けて、本記事では、独立して稼げる資格10選を開業の方法と一緒に解説します。独立できる資格の内容が気になる方は、参考にできるでしょう。

また、時代の流れに合ったオンライン資格から、開業サポートを実施できる内容も解説します。

自由な働き方を目指すためにも、ぜひ本記事を参考して新しい一歩を踏み出してみてください。

独立して稼げる資格を選ぶときのポイント

稼げる資格 独立

独立や開業を目指す方は、どのような基準で資格を選ぶべきか、迷われる方も多いかもしれません。

  1. 社会からの需要がある資格か?
  2. 生涯かけて働ける資格か?
  3. 専門性の高い資格か?

以上の内容から、資格選びで失敗のリスクを減らすためにも、資格選びのポイントを見ていきましょう。

1. 社会からの需要がある資格か?

独立や開業で成功するには、顧客のリピーターが見込めるような需要のある分野を選びましょう。

たとえば、時代の流れに合った人気の内容には、下記の分野があげられます。

  • 美容
  • 健康
  • 子育て
  • インターネットの仕事

独立や開業をする場合、独自に専門性を深めて事業を展開するのが効果的です。

  • 美容と健康の知識を合わせてエステの仕事で独立
  • 食と子育ての仕事を組み合わせてSNSで献立や栄養知識を情報発信

社会の需要を見極めて、資格を選ぶことが独立するときのポイントです。

2. 生涯かけて働ける資格か?

過去にお金と時間をかけた「興味や関心の深いジャンル」を選ぶのがおすすめです。とくに独立や開業をするには、意志力と行動力が必要不可欠でしょう。

生涯をかけて働くには、お金以外の目的とやりがいを見出すことで、仕事を継続するモチベーションにつながるのです。

また、資格取得は長期的に働く手段になります。子育てや介護、結婚を機会に仕事を辞めたときも、資格があれば再復帰がしやすいところが利点です。

独立して資格を選ぶときは、自分が好きな分野で挑戦することがポイントです。

3. 専門性の高い資格か?

主に資格は、国が認める「国家資格」と民間団体が認める「民間資格」の2種類があります。

国家資格のなかには、専門性を高めるための決まりが設けられている内容もあるのです。

  • 業務独占資格:資格取得者のみが指定の業務に関われる
  • 名称独占資格:資格取得者しか名乗れない

民間資格の場合も、専門性の高い内容やオンラインに特化した内容など、実用だけでなくスキルアップにつながる内容を選ぶとよいでしょう。

独立できる資格選びには、仕事の成果につなげられる内容を選ぶことがポイントです。

独立して稼げる資格を選ぶときの注意点

資格の勉強にかけられる時間を逆算して、無理のないスケジュールを立てて取り組みましょう。

  • どのくらいの予算がかけられるのか
  • 1ヶ月あたり何時間の勉強時間が取れそうか
  • 学校や講座を使った勉強方法と併用するのか

など、独立や開業に向けた下準備を整えるためにも、現状維持を続けて勉強に取り組めるかどうか、検討することも大切です。

家計の状況や予算と相談しながら、できる範囲から勉強を始めてみてください。

独立して稼げる資格10選!開業の方法と一緒に解説します

稼げる資格 独立

資格Hacksが厳選した独立や開業に活用できる資格をまとめています。

  • 女性が仕事で独立できる資格
  • 在宅の独立に相性がよい稼げる仕事と資格

上記の項目から解説するので、未来を想像するための手段にご活用ください。

女性が仕事で独立できる資格

仕事の独立や開業を目指すには、客観的な実力が証明できる資格や成果が必要です。

現場でスキルや経営方法を学びながら、国家資格や民間資格を取得すれば、顧客からの信頼性を確保しやすくなります。

  • ネイリスト技能検定・ジェルネイル技能検定
  • 認定エステティシャン
  • 美容師
  • 食品衛生責任者
  • ウェブデザイン技能検定

下記では、女性が仕事の独立を目指せる資格を見ていきましょう。

ネイリスト技能検定・ジェルネイル技能検定

資格名 ネイリスト
税込み価格 120,600円(税込)
分割払い 6700円×18
添削回数 あり7回
質問回数 あり(1日3問までとさせていただきます)
学習期間 6ヵ月(受講開始から18ヵ月まで指導します)

 ユーキャン公式サイトを確認 ☞

 

美容や創作が好きな方は、自宅や店舗で開業できるネイリストの資格取得がおすすめです。

ネイリストに資格は必ずしも必要ありません。ただ、資格を通して、ネイルの施術の安全面や衛生面の管理方法、ネイルの技術を学んでいる人のほうが長期的な顧客獲得につながりやすいといえます。

肩書きに箔をつけたい方は「国家資格の美容師」+「ネイリストの資格」を取りましょう。

専門性の高い知識を身につけたあとに独立・開業の流れで、社会から信用されるネイリストが目指せます。

初心者から美容師の資格を取る流れは、下記のとおりです。

  1. 専門の教育課程を学ぶ(通信制3年以上、通学2年以上)
  2. 美容師の国家試験を受験

通学には昼間・夜間の選択肢があります。

また、通信制は自宅でのレポート課題」+「指定のスクーリング期間に通学(年10~30日程度が目安)」を通して、美容師の勉強を進める流れです。

ネイリスト技能検定は、2つの資格があります。

  • JNECネイリスト技能検定(1級・2級・3級)
  • JNAジェルネイル技能検定(初級・中級・上級)

上記の違いは、JNECネイリスト技能検定はネイル全般の知識が学べる点、JNAジェルネイル技能検定はジェルネイルを中心に学べる点が違います。

美容サロン求人の応募要項には「JNECネイリスト技能検定」または「JNAジェルネイル技能検定」の取得が条件に含まれる場合もあるため、資格をもっていると面接で有利になるでしょう。

美容サロンによっては、未経験や無資格の応募ができる求人もあるため、学校の入学や資格取得が難しい方は実務経験を現場で積む方法を視野にご検討ください。

*ネイリストの資格について、下記の関連記事もご参照ください。

独学でネイリストに合格する!勉強は独学・通信講座のどちらを選ぶべき?

認定エステティシャン

肌のカウンセリングや施術を実施するエステティシャンは、技術を磨いて自宅や店舗で開業できます。

エステティシャンに資格は必須ではありません。ただ、肌の知識、施術の安全面や衛生面の管理など、美容全般の知識があると総合的な技術力が磨けます。

プロとして活動するなら「国家資格(美容・施術関係)」+「認定エステティシャン(AJESTHE)」の資格取得がおすすめです。

仕事の幅が広がる国家資格は、下記の内容があります。

  • 美容師(美容の知識全般が学べる)
  • あん摩マッサージ指圧師(器具を使わず体を施術する)

初心者から資格取得を目指す場合、美容師は通学で2年以上(通信制は3年以上)、あん摩マッサージ指圧師は通学で3年以上が国家試験の受験条件です。

どちらの資格も、昼間・夜間の選択肢があります。

認定エステティシャンの取得は「エステティシャンセンター試験合格(+協会の会員に入っている方)」に加えて、下記のどちらかに当てはまる方が条件です。

  • 実務経験が1年以上ある方
  • 指定校でエステティシャンの教育を受けている(通信または通学の300時間コース、もしくは通学の1,000時間コースから選択)

学校や資格に頼らずエステティシャンとして活躍したい方は、美容やマッサージ関係の現場で実務経験を積みましょう。エステティシャンの仕事が自分に合うか試す機会になり、職業のミスマッチを防げます。

エステティシャンの仕事では、マーケティングや在庫管理、顧客獲得のセールストークなど、経営面の技術力も必要不可欠です。

学校や現場で実務経験や専門技術を高めてから、独立・開業の道を進んでみてください。

*美容に関わる資格は、下記の記事もご参照ください。

美容の資格12選!自宅や通信で取れる!趣味・転職へ有利に活用しよう

美容師

美容師

髪のカットやパーマ、カラーなどに関わる国家資格で、自宅や店舗で開業できます。

  1. 美容師の資格が取れる学校で勉強
  2. 国家試験の受験資格を得て合格する
  3. 就職後に実務経験を積む
  4. 独立開業

以上の流れで自営業者を目指せます。

就職後に美容師としてスキルアップを図りながら、平均10年程度を目安に、独立・開業を目指す方が多い傾向があるでしょう。

髪のカットやパーマなどの施術は、美容師の国家資格が必須です。一般的には、昼間・夜間の専門学校に通う形で、2年以上かけて専門知識と技術を磨きます。

美容師の国家資格は、通信制(3年以上)の取得も可能です。社会人になってから美容師を目指す方は、夜間の通学スタイル、もしくは通信制で学びます。

通学と通信制にかかる学費の相場は、下記のとおりです。

  • 通学:(昼間)約200~300万円/(夜間)約150~200万円
  • 通信:約70~90万円

上記の学費は目安になるので、各カリキュラムや教材など、学校によって異なります。

美容に関わる基本知識の全般が学べるため、髪のカットやパーマなど以外の仕事にも活かせるのです。

  • ネイリスト
  • ヘアメイク
  • 着付け
  • アイリスト(まつげパーマ、まつげエクステ)

就職後に目指す内容が違うと感じた場合、美容師の国家資格があれば方向転換しやすいでしょう。

美容現場で顧客を獲得するトークや技術を磨きながら、経営に関するノウハウも学んでみてください。

美容師の国家資格は知名度の高い内容なので、独立・開業の保険になる資格として役立ちます。

*美容に関わる資格は、下記の記事もご参照ください。

まつげパーマの資格は通信で取得!社会人が美容師免許の取得を目指す!

食品衛生責任者

飲食店の営業では、衛生管理に関わる責任者が求められます。

  • カフェの経営者になりたい
  • 移動販売で飲食の販売がしたい

など、飲食関係で独立・開業を目指したい方は、食品衛生責任者の資格が必要です。食品衛生責任者の資格を持つことで、顧客が安心してサービスの提供が受けられます。

食に関わる国家資格(民間資格)」+「食品衛生責任者」の取得で、飲食関係の店舗を営業する準備が整うでしょう。

初心者から取得を目指す場合は、講習会の受講(6時間)が条件です。講習会では、衛生管理の基本知識になる3つの内容を学びます。

  • 公衆衛生学(30分):環境衛生、労働衛生など
  • 食品衛生法(3時間): 食品衛生法や衛生管理の知識、営業規制など
    食品衛生学(2時間30分):食中毒、健康被害や食品事故の原因など

申し込みから終了までの流れは、下記のとおりです。

  • 事前に申し込む⇒受講表の確認⇒受講当日(一日で終了)⇒終了証書をもらう

また、下記のような資格取得者は、講習会の受講なしで取得が可能です。

  • 調理師
  • 製菓衛生師
  • 栄養士
  • 船舶料理士
  • 食鳥処理衛生管理者 など

講習会は各都道府県や地域で実施されています。お住まいの現住所から近い会場で講習を受けましょう。

顧客を獲得するセールス技術や販売技術、接客技術など、現場で働く過程から身につけられるものは大きいといえます。

食品衛生責任者と食に関わる資格を活かすためにも、まずは学校に通う方法や実務経験を通して技術を磨くことが大切です。

ウェブデザイン技能検定

Webデザインに関する知識が取得できる国家資格で、在宅ワークとも相性のよい仕事です。インターネットのホームページデザインを中心に関わり、職業名はWebデザイナーと呼ばれます。

プログラミングの基本知識など、Webデザインの構築に関わる知識も必要です。

Webデザインは、サイトの集客を決める大事な入り口になるため、読者が見やすくわかりやすいデザインが求められるでしょう。

Webデザイナーで独立・開業を目指す道のりには、下記の例があげられます。

  • 専門学校・大学などで勉強する
  • 実務経験を通してデザイナー技術を磨く
  • 独学でWebデザインの勉強に取り組む

Webデザインの仕事には、資格は必須ではありません。現場での経験や実力、センスが重要です。

資格取得は、下記のような目的で活用されます。

  • 基礎知識の補強
  • Webデザイナーの肩書きに信頼性を獲得
  • スキルアップの勉強に利用する

ウェブデザイン技能検定は、難易度が1~3級にわけられているので、まずは受験資格のない3級から受験しましょう。

Webデザイナーの実務で、よく利用されるパソコンソフトは、下記のとおりです。

  • Adobe illustrator (アドビ イラストレーター)
  • Adobe Photoshop (アドビ フォトショップ)
  • Adobe Dreamweaver(アドビ ドリームウィーバー)

個人のクリエイティブ能力を発揮させながら、パソコンの仕事で独立・開業を目指したい方にピッタリです。

集客に欠かせないWebマーケティング、クライアントの要望が読み取れるコミュニケーションスキルなど、現場でWebデザイナーに求められるスキルを磨きましょう。

合わせて読みたい!

在宅の独立に相性がよい稼げる仕事と資格

稼げる資格 独立

仕事の独立や開業の方法には、場所にとらわれない在宅ワークの働き方があります。

自宅で仕事と子育ての両立ができたり、カフェで仕事に取り組んだり、自由に働けるところがメリットです。

  • Webライター×FP(金融系資格)
  • 翻訳×TOEIC(英語資格)
  • カウンセリング×オンライン心理カウンセラー資格
  • 子育ての仕事×オンラインチャイルドコーチング資格
  • 食に関する仕事×オンライン食育栄養士資格

下記では、在宅の独立に相性がよい稼げる仕事と資格の詳細を見ていきましょう。

Webライターの仕事にはFP資格

資格名 ファイナンシャルプランナー(FP)
税込み価格 64,740円(税込)
分割払い 4980円×13
添削回数 あり8回(科目別6回、総合模擬試験2回)その他提案書の提出あり
質問回数 あり(1日3問までとさせていただきます)
学習期間 6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

 ユーキャン公式サイトを確認 ☞

 

在宅ワークの独立は、初期投資が少ないWebライターの仕事がおすすめです。インターネット記事の依頼を受けて、クライアントの代わりに文章作成に取り組みます。

  • パソコン
  • スマホ
  • Googleドキュメント、スプレッドシート(無料のアカウント作成と登録が必要)
  • パソコンのメールアドレス(Google、Yahooなど)

パソコンとインターネット回線を契約済みの方なら、電気代などの使用料金以外は、機材の準備がいらず実質無料でスタートできます。

Webライターの仕事は、資格が必須ではありませんが、特定の分野に関する専門知識がある証明に資格を活用する方法を使えば、案件獲得で有利に働くでしょう。

たとえば、国家資格のFP(ファイナンシャルプランナー)は、お金に関する全般的な知識が学べます。

  • 投資
  • 金融
  • 不動産

上記のような分野は、高単価が見込めます。FPの勉強では、上記の勉強に取り組めるため、案件の応募に通りやすくなる材料にできるのです。

初心者の方は、まずは実務経験がないFP3級の受験から始めましょう。

Webライターの仕事では、実際に多くの方がFP2級やFP3級の資格を取得しています。Webライターの仕事には時給換算の仕事よりも、1文字あたり○円という文字単価で受注することが大半です。

1文字の単価を1.0~2.0円以上にできると、毎月10万円以上の安定した給料が望みやすくなるので、まずは案件獲得のためにライティング能力と専門性を高めてみてください。

*Webライターの仕事を安定的に受注するための方法や資格は、下記の記事もご参照ください。

Webライターが取りたい資格5選!案件を安定受注する方法を解説

翻訳の仕事にはTOEIC資格

資格名 TOEIC(R)L&Rテスト
税込み価格 35,760円(税込)
分割払い 2980円×12
添削回数 あり4回(模擬試験1回を含む)
質問回数 あり(1日3問までとさせていただきます)
学習期間 3ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導します)

 ユーキャン公式サイトを確認 ☞

 

在宅でできる仕事には、外国語を日本語に翻訳する内容があげられます。海外留学経験のある方、英語の勉強が得意な方は、スキルを活かせる仕事といえるでしょう。

翻訳の仕事について、おおまかな分類は下記のとおりです。

  • 出版翻訳:書籍や雑誌などの翻訳を担当
  • 実務翻訳:仕事のマニュアルや契約書類などの翻訳を担当
  • 映像翻訳:映画やドラマなどの翻訳を担当

英語に関わる翻訳の仕事に就きたい方は、英語力が点数評価でわかるTOEICの受験がおすすめです。

フリーランスの形で働くには、TOEIC800~900点台のスコアがあると理想的でしょう。翻訳の仕事に資格は必須ではありませんが、実績や実力、経験年数などが求められます。

  • IT
  • 金融
  • 医療
  • 法務関係

上記の分野以外にも、翻訳が担当できる内容は多くあります。

翻訳の分野は幅広いため、社会からの需要が高い分野や専門性が深められる内容を選んでスキルアップを目指しましょう。

翻訳の仕事で働く方法は、下記のとおりです。

  • フリーランス翻訳者
  • 社内翻訳者

フリーランス翻訳者は、企業のトライアルに合格した方が翻訳会社に登録する形で、仕事を引き受ける流れが一般的です。

まずは会社に雇用される「社内翻訳者」として就職し、経験年数を重ねてからフリーランスになる形が安定的でしょう。会社員として横のつながりをつくれば、フリーランスの仕事が受注できる人脈作りにもつながるかもしれません。

業界の概要や仕事の流れが把握できて、フリーランスとして活動するときのスキルに役立ちます。

カウンセリングの仕事にはオンライン心理カウンセラー資格

オンライン心理カウンセラー資格は、パソコンを使って全国の顧客とオンラインを通して相談に応じます。

  • 恋愛、夫婦問題のカウンセリング
  • 子育てに関するカウンセリング
  • 仕事や人生相談に関するカウンセリング

カウンセリングの仕事は、資格が必須ではありません。独学で生計を立てておられる方も多くいます。

  • 恋人・夫婦関係を中心にしたカウンセリング
  • 占いやスピリチュアル観点で独自の理論でカウンセリング
  • 電話やメールカウンセリング

上記のような事例では、学校に通わずに講座や資格を通して勉強することが多いでしょう。事業化するには、専門分野をもって活動すると集客に有効かもしれません。

ただ、カウンセリングには実務経験や実力が求められるため、本格的に心理学を学びたい方は、下記の資格取得が望ましいといえます。

  • 公認心理士
  • 臨床心理士

カウンセリングの現場で就職、アルバイト勤務から実務経験を積みたい方は、基本的に大学や大学院の卒業が必要不可欠です。

4年生の大学、2年生の大学院(第一種・第二種)に通学し、基礎知識や実習経験、資格取得の過程を通してカウンセラーの技術を身につけます。

未経験から現場で働きたい場合は、関連する福祉や医療の現場で働きながら、独学でカウンセリングの勉強を進めましょう。

心理カウンセリングの知識は、接客に関わる仕事とも相性がよいといえます。美容関係や飲食関係など、人間心理を学んでマーケティングに活かしたい方も有効活用できておすすめです。

オンライン心理カウンセラー資格では、smart資格が開業サポートを実施しているので、独立や開業の働き方を目指したい方の助けになります。

*オンライン心理カウンセラー資格の詳細は、下記の記事もご参照ください。

オンライン心理カウンセラーとは?資格を取得するメリットや副業での働き方も!

子育てに関する仕事にはオンラインチャイルドコーチング資格

オンラインチャイルドコーチング資格は、親子関係に大切な考え方が学べる内容です。

  • 子育てのノウハウや考え方の情報発信
  • 子育てのアドバイスや相談に乗る

など、インターネットを通した情報発信に有効活用できます。

チャイルドコーチングとは、親が子どもの先生になって問題解決能力を育てる方法を指す言葉です。子どもの発達に重要な自己肯定感を育てます。

チャイルドコーチングを通して学んだことは、子育てに悩んだときの参考にもなるでしょう。オンラインチャイルドコーチング資格以外で、子どもに関わる人気の内容は下記のとおりです。

  • 保育士
  • ベビーシッター
  • チャイルドマインダー

上記の仕事では、子どもの保育に関わる仕事として経験が積めます。施設の求人に応募して働く方法もあれば、派遣登録をして自宅で保育をする方法など、空き時間を利用した働き方がしやすい点が特徴です。

また、オンラインチャイルドコーチング資格と併用すれば、自宅で開業して保育や育児相談の仕事ができる手段につながります。

国家資格の保育士をもっていると、社会からの信頼度があがるため、子育てに関わる仕事で独立や開業を目指したい方は、持っておいて損はありません。

オンラインチャイルドコーチング資格では、smart資格が開業サポートを実施しているので、独立や開業の働き方を目指したい方の助けになります。

子どもに接することが好きな方は、仕事につなげる手段にご活用ください。

*オンラインチャイルドコーチング資格の詳細は、下記の記事もご参照ください。

オンラインチャイルドコーチングとは?資格の取得方法やメリットを紹介!

食に関する仕事にはオンライン食育栄養士資格

オンライン食育栄養士資格は、食育や栄養に関する基本知識を身につけて、実生活や仕事に活かせる内容です。

食育とは、食べ物の基礎知識を身につけながら、豊かな生活を送るための価値観を身につける取り組みを指します。

オンライン食育栄養士資格は、インターネットを通した情報発信に有効活用できる内容です。

  • 食育や栄養に関する情報発信
  • 食育や栄養に関するアドバイスをする

SNSやブログを活用して集客する形で、少しずつ知名度をあげて仕事を獲得しましょう。個人でインターネットから論文を読んだり、専門書籍を使ったりしながら勉強することも大事です。

健康知識を日々アップデートすることで、仕事での信頼度も高まるでしょう。また、自分自身の健康管理、家族や友人の健康アドバイスなど、身近な人たちを助けることもできます。

食に関する知識が深まれば、日々の料理や食材選びも健康的なものを選ぶよい習慣につながるのです。

オンライン食育栄養士資格以外にも、初心者から本格的に学びたい方は、下記の国家資格を取得しましょう。

  • 栄養士
  • 管理栄養士

国家資格の取得で社会的信頼性が増して、専門学校や大学に通う形で、未経験から専門知識の勉強が進められます。

オンライン食育栄養士資格では、smart資格が開業サポートを実施しているので、独立や開業の働き方を目指したい方の助けになるでしょう。

健康や食に関する関心が深い方は、ぜひ資格取得を仕事に活かす手段にしてください。

*オンライン食育栄養士資格の詳細はこちらから

独立して稼げる資格まとめ

まとめ

独立して稼げる資格10選を開業の方法と一緒に見てきました。もう一度、資格の情報をおさらいしましょう。

*女性が仕事で独立できる資格

  • ネイリスト技能検定・ジェルネイル技能検定
  • 認定エステティシャン
  • 美容師
  • 食品衛生責任者
  • ウェブデザイン技能検定

*在宅の独立に相性がよい稼げる仕事と資格

  • Webライター×FP
  • 翻訳×TOEIC
  • カウンセリング×オンライン心理カウンセラー資格
  • 子育ての仕事×オンラインチャイルドコーチング資格
  • 食に関する仕事×オンライン食育栄養士資格

独立して稼げる資格を選ぶときのポイントとしては「社会からの需要がある資格」「生涯かけて働ける資格」「専門性の高い資格」の3つの内容を取りあげました。

独立や開業をするには、まずは現場で実務経験を積みましょう。客観的な信頼性を高めるには、国家資格や民間資格を取得する方法がおすすめです。

経営に関するマーケティングや接客技術を学びながら、将来に向けた勉強を積み重ねてみてください。

合わせて読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です