在宅ワークをお探しの方はこちら

Webライターが取りたい資格5選!案件を安定受注する方法を解説

Webライターの仕事では、本人の実績や専門性を高めていく過程が必要不可欠です。

ただ、初心者のWebライターは、思ったように成果が出ないこともめずらしくありません。

仕事が取れなかったり、スキルを証明できる手段がなかったりと、案件の獲得に苦しい思いを感じている方も多いのです。

「そもそも、どのようにWebライティングを進めればよいかわからない」と悩んでしまい、最初の一歩を踏み出せないときもあるかもしれません。

こんな人におすすめ
  • Webライターとしてスキルを証明できる資格がほしい
  • 高単価案件の提案が通るようになりたい
  • Webライターとして毎月の目標金額を達成したい

本記事では、Webライターが取りたい資格5選を始め、仕事の案件を安定的に受注するノウハウを簡単に解説します。

Webライター初心者の方、実績があげられずに伸び悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

Webライターに資格は必要なのか?|資格取得のメリット3つ

 

Webライターに資格に必ず必要ではありませんが、自分の市場価値を高めるための資格取得は有効です。

  1. Webライター初心者の方:Webライター関係の資格を持っていると、ライティングスキルの証明につなげられるメリットがある
  2. 高単価案件を受注したい方:Web記事の作成には専門知識が役立つので、専門性が高められる内容の資格取得は、高単価案件との相性がよい

このように、Webライターとしての付加価値を高めたいときは、資格があることで目的を叶える手段に利用できます。

ライターに資格は必要?

  • 資格がなくても誰でもWebライターになれる
  • 資格は自分の市場価値を高めることに繋がる
  • 資格があれば専門性が高い案件、単価が高い案件を受注しやすくなる

1, 専門性の高い案件を受注できる

資格取得で特定の分野について知識が深められるため、お金が稼ぎやすい案件に応募しやすくなります。

  • 金融・投資
  • 不動産
  • 医療
  • IT
  • 就職・転職

とくに金融や投資、不動産関係の資格を取得すると、Webライターとしての価値を高められるでしょう。

人によって定義は変わりますが、Webライターの高単価案件は2.0円以上にあたります。クラウドソーシング経由で案件を発注すると手数料が引かれるので、高単価案件に挑戦して稼げる金額を増やしていくのが理想です。

資格取得で専門性の高いジャンルの記事が書けると、記事を納品するごとに知識が高まり、Webライターとしてのスキルも高まります。

応募者との差別化に有利

Webライターの競争相手は多いため、発注者側に「この応募者に記事を書いてほしい!」と、信用してもらうための材料が必要です。

Webライター初心者の方は、記事の納品数や実績でアピールができないことも多いため、資格取得を活用すると客観的なライティングスキルの証明に使えます。

資格があると応募の提案文に「○○資格に合格しており、Webライターの基本知識は勉強済みです。」と、記入できるでしょう。

このように、Webライターに役立つ資格の取得は、安定的な仕事の確保に活かせます。

ライターとしてのスキルを証明できる

Webライターは経験や実力が重視されるため、仕事の案件を継続的に発注するには、客観的なライティングスキルを証明する必要があります。

実力の証明には「過去に執筆した記事」や「自分のブログ記事」のURLや内容を提案文に載せる形が基本です。

しかし、かけ出しのWebライターの場合は、提出できる記事がないことも少なくありません。

Webライター関係の資格があれば、客観的にプロとして活動できるレベルの知識がある証明につながります。たとえば、今までは20件に1回程度しか通らなかった案件に高確率で通る可能性がアップするでしょう。

Webライターを始めようか悩んでいる方、一度スタートしたものの挫折した方など、資格を肩書きに利用したい方は、資格取得がスキルを証明するのに有効な手段につながります。

Webライターの資格取得が仕事に与えるメリット

 

仕事の確保や収入アップ以外にも、Webライターが資格の勉強をするメリットはあります。

たとえば、今まで知らなかったWebライティングの知識が深まり、資格の勉強を頑張っている自分が好きになれるので、仕事に自信がもてるようになるでしょう。

「何から始めればいいのかわからない」「資格を取ったほうがいいか迷う」以上のような気持ちを抱える方は、熟考して悩んだあとは、行動に移すことで抱えている悩みが少なくなる可能性があります。

新しい気づきや知識が深まる喜びが感じられるので、資格を取得する過程を楽しみながら勉強を進めてみてください。

Webライターの資格選びの注意点

資格の取得が仕事の獲得に有効だとはいっても、資格なら何でもよいわけではありません。Webライターの仕事に直結する資格を狙うことが大切です。

たとえば、執筆ジャンルに関わる資格、Webライターのスキルを証明する資格、高単価案件を目指せる資格などがあげられます。

Webライターの仕事は情報収集が中心なので、日ごろの執筆を助けるような資格を選んで挑戦につなげてみてください。

Webライターの仕事に役立つ資格5選!

 

下記では、Webライターのスキルを証明する資格、専門性の高い案件を獲得するのに有効な資格をピックアップしています。

  • WEBライティング技能検定
  • Webライティング能力検定
  • FP(2・3級)
  • 日本化粧品検定(3級)
  • WEBライター検定(3級)

無料でインターネットから挑戦できる「日本化粧品検定」と「WEBライター検定」3級もあります。

Webライターの方で、スキル証明のために資格取得したい方、高単価案件を獲得したい方は、下記で紹介する資格5つを参考にしてみてください。

WEBライティング技能検定

Webライターのスキルを客観的に証明してくれる資格です。Webライティングで仕事を獲得するための執筆能力、ビジネスマナーが向上できます。

  • 検索対策のSEOのノウハウ
  • 文章の正しい書き方
  • 仕事の進め方

WEBライティング技能検定を通して、Webライターとして実践で使える方法が順番に学べる内容です。

日本クラウドソーシング検定協会が実施しており、インターネットから在宅試験で受けられます。

受験資格は、ヒューマンアカデミーが運営する講座「たのまな」のWEBライティング技能検定講座を受講した方が条件です。勉強期間の標準は約6ヶ月で、早い方なら1ヶ月程度で合格できるでしょう。

WEBライティング技能検定の合格者には、クラウドソーシングサイトからこんな特典が受けられます。

 

*特典1:「ランサーズ」からの優遇

Webライターの仕事が獲得しやすい「ランサーズ」より、発注者向けのメールマガジンで資格取得者の紹介をしてくれます。

*特典2:「サグーライティング」からの優遇

記事作成でポイントを貯めてお金に還元できるサグーライティングより、プラチナ会員の記事報酬が永久5%アップ、レベルがあがるごとに報酬獲得が2倍になるサービスが受けられます。

*特典3:ちょびリッチからの優遇

ポイントサイトのちょびリッチより、合格者がサイトに資格を登録後、200ちょびポイントがもらえます。

*特典4:タイピングベースからの優遇

テープ起こしのサービスを提供する「タイピングベース」より、仕事の受注者側として登録後、モバイルバッテリーがもらえます。

※特典は、変更や終了の可能性あり。

 

また、経済産業省の資料に掲載された経緯もある資格なので、社会的な信頼性が高いといえます。

Webライターとして価値を底上げしたい方、一からライティング技術を学びたい方におすすめです。

WEBライティング技能検定について、まずは「たのまな」のWEBライティング技能検定講座を受講する流れで、スキルアップのための資格取得に挑戦してみてください。

*資格情報まとめ

受験料:6,000円

合格率:平均46.5%(※2021年6月現在)

試験回数:月に1回

勉強時間:1~6ヶ月程度(標準期間6ヶ月)

受験資格:WEBライティング技能検定講座受講(たのまな)※講座価格32,000円

Webライティング能力検定

Webライティングに関わる仕事全般に役立つ資格です。Webライティングやコピーライティング、メールライティング、ネットの炎上対策など、幅広い内容から学べます。

日本WEBライティング協会が実施している資格で、試験は会場受験の形です。

Webライティング能力検定の難易度は1~3級にわけられており、合格点によって取得できる級が決まります。

  • 1級:80~88点(88点満点)
  • 2級:70~79点
  • 3級:53~69点
  • 資格なし:53点以下

また、1~3級の資格は合格後2年間が有効期間で、更新料12,000円が必要になるので注意が必要です。

勉強期間は2週間~1ヶ月程度かかり、Webライターだけでなく、ブログの副業を考えた勉強に取り組みたい方に向いているでしょう。

公式テキストには模擬問題付きで、PDFデータから閲覧して勉強を進める流れです。

Webライターとしてのスキルを確かめながら、ブログで収益を得たい方や幅広いライティングに関わりたい方は受験を検討してみてください。

*資格情報まとめ

受験料:13,500円(DVDセット:受験料+教材+添削サービス付き 19,800円)

合格率:点数評価で決まる

試験回数:年に数回程度

勉強時間・期間:2週間~1ヶ月程度

受験資格:なし

資格の更新料:2年間ごとに12,000円

WEBライティング技能検定とWebライティング能力検定の違い

Webライター資格の「WEBライティング技能検定」と「Webライティング能力検定」について、両者の違いを簡単にまとめています。

 

*WEBライティング技能検定

実施協会:日本クラウドソーシング検定協会

受験資格:WEBライティング技能検定講座のたのまな受講

合格基準:250点満点(満点からの減点方式で採点)

試験会場:在宅試験(インターネット利用)

費用:受験料6,000円/講座価格32,000円

勉強期間:1~6ヶ月程度(標準期間6ヶ月)

資格期限:なし

*Webライティング能力検定

実施協会:日本WEBライティング協会

受験資格:なし

合格基準:点数方式で1~3級の取得が決まる

試験会場:指定の17会場

勉強期間:2週間~1ヶ月程度

費用:13,500円(DVDセット:受験料+教材+添削サービス付き 19,800円)

資格期限:2年間有効(更新料12,000円必要)

 

WEBライティング技能検定は、一度合格すると資格に更新期限はありませんが、Webライティング能力検定には2年ごとの更新手数料がかかります。

また、在宅試験でインターネットから受験できるWEBライティング技能検定に対して、Webライティング能力検定は指定の会場で受験する必要があるでしょう。

WEBライティング技能検定とWebライティング能力検定は、どちらも民間資格にあたります。ただ、WEBライティング技能検定はランサーズなどの大手クラウドソーシングサイトからの優待が受けられる点、受験講座「たのまな」は大手ヒューマンアカデミーが運営している点で、資格を取得するメリットが大きいといえるでしょう。

Webライティングを中心に効率よく資格を活用したい方は「WEBライティング技能検定」がおすすめです。

FP(2・3級)

Webライターの専門性を高めるのにピッタリなFP(ファイナンシャルプランナー)は、金融・不動産に関する知識が学べる国家資格です。

Webライターの案件では、FP資格2・3級保持者の条件で比較的高単価の内容が募集されています。FP資格を持っていると、ほかの応募者と差別化できるので、発注者からの返信率が高まりやすいでしょう。

FPは1~3級の難易度にわけられており、日本FP協会・きんざいが管轄しています。試験内容は基本的にどちらもほとんど同じですが、日本FP協会のほうが合格率70~80%と高い傾向です。

Webライターの方は2~3級を受験しましょう。それぞれの受験資格と特徴は、下記に簡単にまとめています。

 

*FP3級:受験資格なし/案件の応募で無資格者と差別化できる

*FP2級:受験資格あり(FP3級の合格者、実務経験2年以上ほか)/金融関係の記事で、高単価の案件に応募が通りやすくなる

 

いきなりFP2級から受験したい方は「認定研修対象の通信講座を使って受験資格をクリア」する方法を選んでみてください。

FP3級から受験される方は、独学ならテキストと問題集を一冊ずつ購入し、試験の2~3ヶ月前には勉強を開始しましょう。

資格取得以外にも、資産運用の方法が知れるので「将来どのくらい生活にお金が必要なのか?」という、生活の悩みを解消する知識も身につけられます。

FP資格を持っているとWebライターは専門性が高まり、高単価案件を狙いやすくなるでしょう。収入アップを目指すためにも、まずはFP3級からぜひチャレンジしてみてください。

*資格情報まとめ(3級)

受験料:6,000円

合格率:70~80%

試験回数:年に3回(5・9・1月 ※2021年度)

勉強時間・期間:100時間前後(約2~3ヶ月)

受験資格:なし

*FPの資格について詳細は、こちらの記事が参考になります。

ファイナンシャルプランナーの受験資格を解説!2級と3級どっちを受験すべき?

日本化粧品検定(3級)

日本化粧品検定協会がインターネットで実施している資格です。

日本化粧品検定の難易度は1~3級にわけられており、3級は無料で公式サイトから受験できるため、美容系のWebライターとして専門性を高めたい方に向いています。

*日本化粧品検定(3級)

  • インターネット試験の選択式
  • 問題数:20問(16問正解で合格)
  • 解答時間:20分以内

まずは、例題5問にチャレンジしてから、どのくらい化粧品や美容に関する知識があるか確認してみましょう。

無料の資格と思えない専門知識の内容が豊富で、質問に答えたあとに解説を見るだけでも、美容系のWebライターとして知識が深まります。

 

エントリー(個人情報の送信)⇒インターネット受験開始⇒合格すると証書の発行(メール送信)

 

以上の流れで受験が可能で、日本化粧品検定の3級は、不合格でも再受験は何度もできます。

例題問題とプレ試験で知識を定着させて理解を進めましょう。

知っているようで知らない穴場資格なので、ぜひWebライターとして専門性を高めてよい記事を書くためにも挑戦してみてください。

*美容の資格は、こちらの記事も参考になります。

美容の資格12選!自宅や通信で取れる!趣味・転職へ有利に活用しよう

WEBライター検定(3級)

Webライターの仕事が獲得しやすい「クラウドワークス」が、公式サイトで実施しているスキル検定です。

WEBライター検定の難易度は1~3級にわけられており、3級は無料で受験できます。3級に合格すると、Webライターのプロとして活躍できる基本知識が身につくレベルです。

*WEBライター検定(3級)

  • インターネット試験(選択式)
  • 問題数:50問
  • 解答時間:制限なし(20~30分程度で解答可能)

合格率はかなり低く、想定よりも難易度が高く感じられるので、まずはテストを受ける前に公式の動画で勉強してから挑戦しましょう。

※合格率が低いのは、ぶっつけ本番で受験される方が多いことが理由なので安心してください。

動画は合計3時間程度あり、日本語の正しい使い方、Web媒体と紙媒体の記事の違いなど、Webライターなら知っておきたい情報が学べます。

勉強時間は、早い方で半日~1日程度で合格されている方もいて、不合格の場合も14日間後に無料で再受験できるのも魅力です。

合格できると自信にもつながります。Webライターとしてスキルアップするためにも、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

Webライター資格を初心者で講座から学びたい人はこちら

具体的に何からスタートしてよいか掴めない方は、講座で一からノウハウを学ぶ方法もあります。

 

1.Schoo:初心者向けWebライター講座

費用:月額980円

勉強期間:初心者向けWebライター講座は60分×全3回

特徴:動画授業でライティングのノウハウが学べる内容。パソコンやスマホを使い、文字単価をあげる方法、文章の書き方などが学べます。初心者から伸び悩みを感じている方が、片手間に勉強するときにおすすめです。

2.日本おうちワーク協会:WEBライターdeおうちワーク講座

費用:32,780円(通常価格)

勉強期間:1~3ヶ月程度

特徴:Webライターに必要な基本スキル(文章作成、SEO、ワードプレスの知識)が身につく内容。「講座で勉強する⇒執筆記事の添削⇒資格の在宅試験を受ける(インターネット)⇒仕事紹介」の流れで、初心者からプロのライターを目指せます。

3.たのまな:WEBライティング技能検定講座

費用:32,000円(別途受験料+6,000円)

勉強期間:1~6ヶ月程度(標準期間6ヶ月)

特徴:WEBライティング技能検定の受験資格にあたる講座。Webライターに必要な文章の正しい書き方、SEO、仕事の進め方など、基本知識が学べます。講座受講後は、在宅試験でインターネットから時間と場所を選ばずに受験できて便利。

 

Webライターに必要な基礎知識を学び、仕事獲得までのノウハウが学べる講座もあれば、ひとりで仕事の片手間に勉強できる講座もあげられます。

これからWebライターを目指したいものの、手順がわからず不安な方、初心者のWebライターでスキルアップを目指したい方は、目的別に活用して案件獲得に活かしてください。

資格取得以外にできるWebライターの価値を高める方法例

 

Webライターとしての市場価値を高めるには、資格取得以外にもさまざまな方向性からアプローチが必要です。

下記では、今日からすぐに無料で行動できる方法例を集めているので「知っているけど、まだ実践できていない」という方は、この機会に一度試してみてください。

仕事用のSNSアカウントを作成する

Webライターの案件獲得には、仕事用のSNSアカウントにTwitterやnoteを活用する方法がおすすめです。

クラウドソーシング以外の方法を試すことで、下記のようなメリットがあります。

  • 無料でライティングノウハウの情報収集ができる
  • 発注者から案件獲得の機会が得られる
  • Webライター仲間ができる

noteを活用してWebライターのポートフォリオ作成をしたり、案件応募の提案文にTwitterのアカウントを掲載したりすると、Webライター本人の人物像や実績が知れて信頼性が高まります。

YouTubeを使ってSEOを勉強する

Webライターとしてかけ出しの方、利益が出せていないと感じる方は、YouTubeを使って無料でSEOの勉強に取り組みましょう。

Webライターが執筆する多くの記事は、インターネット検索で上位表示されることを目的にしています。SEOの考えを取り入れると、キーワードで検索をかける人が適切に情報を探し出せるため、上位表示が狙いやすくなるでしょう。

YouTubeでは、ライティングの専門家や実力者が解説してくれる投稿も多く記事作成の参考になります。

安定的に稼げるようになってきたあとは、SEOの勉強に書籍や教材を購入すると、さらなるスキルアップが図れる流れです。

まずは無料で勉強をスタートして、Webライターとしての市場価値を少しずつ高めていきましょう。

求人確保はWebライターの募集サイトに片っ端から登録

Webライターの仕事は、基本的に発注者から仕事を受ける必要があるため、案件が確保できる場所を増やしてみましょう。

片っ端から登録することのメリットは、担当できる執筆ジャンルの広がりや新しい人脈を作れるところにあります。

上記のほかにも、数多くのWebライター募集サイトがあるので、高単価案件の獲得やスキルアップにつなげるためにもぜひ活用してみてください。

Webライター資格のまとめ

 

Webライターが取りたい資格5選を始め、仕事の案件を安定的に受注するノウハウを簡単に解説してきました。

資格について、おさらいしておきましょう。

  • WEBライティング技能検定
  • Webライティング能力検定
  • FP(2・3級)
  • 日本化粧品検定(3級)
  • WEBライター検定(3級)

資格を取得することで、ライターとしてのスキルを証明できます。ほかにも、専門性が高い案件の受注、応募者との差別化ができるなど、Webライターの価値を高める手段につながります。

資格取得以外にできる手段には、仕事用SNSアカウントの作成、
YouTubeを使ってSEOを勉強する方法、Webライターの募集サイトに片っ端から登録する方法があげられるでしょう。

本記事で解説してきた内容を参考にしながら、日々Webライティング業務に取り組むことで、Webライターとして安定的に仕事を獲得する近道につながるはずです。

まずは小さな変化からで構わないので、今まで挑戦できていなかった取り組みを実践してみてください。Webライターとして飛躍できるように応援しています。

合わせて読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です