在宅ワークをお探しの方はこちら

美容の資格12選!自宅や通信で取れる!趣味・転職へ有利に活用しよう

この記事では、美容の資格にどんな内容があるのか知りたい方に向けてまとめました。

趣味から仕事の転職に活かせる内容まで、楽しみながら取れる資格が数多くあります。

「どんな資格があってどれを取ればいいんだろう?」と考える方の参考にしてもらえれば幸いです。

  • 国家資格以外の民間資格についても知りたい
  • 美容の資格を趣味や実用に活かしたい
  • 就職や転職活動のためにスキルアップできる勉強がしたい

そんな思いを抱える方に向けて、おすすめの美容資格をピックアップして見ていきましょう。

美容の仕事内容とは?

あなたが思い描く美容の仕事にはどんな内容がありますか?

美容と言っても幅広い分野があるため、まずはどんなものがあるか知っておくと役立ちます。

  • 髪、毛のカットやパーマに関わる分野
  • 爪のネイルに関わる分野
  • 肌のエステに関わる分野
  • ファッションや着付けに関わる分野
  • スキンケアやメイクに関わる分野

体や容姿の美しさをキープする意味では共通しているものの、仕事にするときは自分が興味の持てる分野について知識や技術を深めていきましょう。

仕事としてスキルアップをするためには「こんなジャンルで人の美しさをサポートしていきたい」という思いも必要だからです。

美容の仕事は資格を持っていると役立つ

必ず資格が必須ではない美容の仕事もありますが、施術に資格が必須の美容分野もあります。

お店の利用者が安心と安全を確保しながら美容サービスを受けるためには、取り扱いの専門知識や技術が必要です。

資格があると専門知識や技術が身につけられるため、未経験から仕事をスタートするときにも面接時のアピール材料にできます。

仕事に活かせる美容資格12選!おすすめの内容を紹介

国家資格から民間資格まで美容に関する資格12選をまとめました。

  • ヘア
  • ネイル
  • エステ
  • ファッション
  • スキンケア、コスメ

以上の分野にわけて、資格の概要から試験内容、合格率や難易度などを簡単に解説しています。

気になる項目があれば、参考にして仕事や実用に活かせそうか検討してみてください。

①ヘアに関わる国家資格

美容に関わる仕事は国家資格があると施術の幅が広がるため、取っておいて損はありません。

以下では、ヘア(髪のおしゃれ)の仕事に活かせる資格の詳細を解説しました。

  • 美容師
  • 理容師

どちらの資格も社会で広く知られており、国家資格として信頼性が高い傾向にあります。

関われる仕事内容が変わってくるため、詳細は下記でチェックしてみてください。

美容師

国家資格の美容師は、髪のカットやパーマ、まつげパーマなどに関われる仕事で免許が必須です。

同じく国家資格の理容師とは違い、カミソリを使った顔の髭剃りはできません。

他にもメイクや着付け、ネイルやエステなど、幅広い美容分野で活躍できます。

資格を取るには昼間や夜間の専門学校などに2年間通う方法、または通信制で約3年間のスクーリングやレポート課題に取り組むことが条件です。学校卒業と国家試験に合格すれば美容師の免許が取れます。

専門学校などの学費は通学で合計約200~300万円台、通信で合計70~90万円台が平均の学費です。

美容に関わる資格の中では社会からの認知度と信頼性が高いため、長く安定的に働きたい人の仕事確保に役立ちます。

資格の運営先厚生労働省(試験サイト)

受験資格:指定の専門学校に通い卒業

合格率:令和2年度は61.7%

難易度・受験料:実技試験と筆記試験の受験料 25,000円/実技試験または筆記試験単体で受験料12,500円

試験問題:衛生管理技術、人体の構造及び機能、皮膚科学など

合格基準:55問のうち6割以上の正解(新試験)

試験日時:例年各2回程度実施

理容師

国家資格の理容師は、髪のカットや顔のひげそりなどに関わる仕事に就けます。

理容師の資格は、昼間や夜間の専門学校などに2年間通う方法、または通信制で約3年間の課題と実習に取り組むことが条件です。

美容師の資格と同じく、学校卒業と国家試験に合格すれば理容師の免許が取れます。

美容師とは違い髪に関わるパーマの施術はできません。現在専門学校では、美容師を受験するほうが人気の傾向にあります。

男性を中心に髪のカットや顔の髭剃りなどに取り組みたい人は理容師、女性を中心にパーマに関わる髪のカットに取り組みたい人は美容師の資格を目指してみてください。

資格の運営先厚生労働省(試験サイト)

受験資格:指定の専門学校に通い卒業

合格率:令和2年度は70.8%

難易度・受験料:実技試験と筆記試験の受験料 25,000円/実技試験または筆記試験単体で受験料12,500円

試験問題:衛生管理技術、人体の構造及び機能、皮膚科学など

合格基準:55問のうち6割以上の正解(新試験)

試験日時:例年各2回程度実施

②ネイルに関わる民間資格

以下では、ネイル(爪のおしゃれ)の仕事に活かせる資格の詳細を解説しました。

  • ネイリスト技能検定試験
  • ネイルサロン衛生管理士

どちらの資格も民間資格で独学や通信講座、講習を受ける形で試験に挑めます。

美容サロンやネイル関係の仕事に就きたい方は、基本的な技術を身につけるのに役立つため参考にしてみてください。

ネイリスト技能検定試験

爪のネイルに関わる民間資格でネイルケアやカラーリング、ネイルアートなどの技術が磨けます。公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが運営している資格です。

1~3級で爪に関する衛生管理、チップ&ラップの付け方、クリーンナップの方法など、さまざまな観点から知識を身につけていきます。

勉強方法は公式の問題集などを使った独学、またはユーキャンなどの通信講座を使った方法で進めましょう。

ネイリストの仕事は無資格でもできますが、資格があると社会からの信頼性が増します。

資格の運営先公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター

受験資格:3級なし(義務教育終了済みの方)、2級は3級に合格した人のみ、1級は2級に合格した人のみ

合格率:2020年秋期まで累計 1級 37.74%/2級 41.23%/3級 84.22%

難易度・受験料:3級 6,800円/2級 9,800円/1級 12,500円

試験問題:実技試験と筆記試験

合格基準:各50点満点中38 点以上

試験日時:例年4回程度実施

合わせて読みたい!

ネイルサロン衛生管理士

爪のネイルに関する衛生面の知識を身につけて安心と安全を確保しながらネイリストとしての信頼性を獲得できる民間資格です。NPO法人日本ネイリスト協会が運営しています。

JNAが認めている学校の講習会を受けた後、筆記テストで合格基準を満たすと資格が取得できる流れです。

ネイルに関わる仕事や将来的にサロンを開きたい人は、資格取得と同時にもらえる認定証やバッジが役立ちます。

ネイルに関わる仕事は必ずしも資格はいりませんが、資格の獲得をすることで顧客から信頼されるので持っていて損はありません。

資格の運営先NPO法人日本ネイリスト協会

受験資格:18歳以上の人。実務経験は問わない

合格率:非公開

難易度・受験料:一般の人 10,560円/JNAの会員 6,160円

試験問題:筆記試験の確認テスト20問(択一方式)

合格基準:100点満点中、80点以上必要

試験日時:毎月各会場にて開催

③エステに関わる資格

以下では、エステの仕事に活かせる資格の詳細を解説しました。

  • 認定エステティシャン(AJESTHE)
  • ビューティー・セラピー・ディプロマ

エステティシャンは利用者の肌をカウンセリングしたり、肌に関する施術の方法を学びながら人々を美しさをサポートしたりできる仕事内容です。

美容エステに関わる仕事に取り組みたい方は、スキルを磨くのにも役立つので参考にしてみてください。

認定エステティシャン(AJESTHE)

人の手や専用の機械を使って肌や皮膚の美容から健康に働きかけられるのがエステティシャンの仕事です。民間資格で一般社団法人日本エステティック協会が運営しています。

AJESTHEの認定エステティシャンになるには、エステティシャンセンター試験合格+協会の会員に入っている人で実務経験が一年以上ある人、もしくは指定校で300時間または1,000時間コースのエステティシャン教育を受けたあと試験に合格する流れです。

協会指定の認定校では、通学または通信講座などで技術を身につけていきます。

エステの本業だけでなく経営方法や在庫管理、顧客との接し方などを学びながら、認定上級エステティシャン、認定トータルエステティックアドバイザーなど、協会の資格でさらに腕を磨いていきましょう。

資格の運営先一般社団法人日本エステティック協会

受験資格:協会の正会員+エステティシャンセンターが実施する試験に合格、または協会が認める学校で300時間以上もしくは1,000時間以上のコースを終えている人。または実務経験が1年以上ある人

難易度・受験料:10,560円

試験問題:マークシート式の筆記試験、技術試験

試験日時:例年3回ほど実施

ビューティー・セラピー・ディプロマ

世界にも通用するエステに関わる資格で、Beauty Therapy Diploma(ビューティー・セラピー・ディプロマ)は一般社団法人 CIDESCO-NIPPONが認める国際資格です。

Beauty Therapy Diplomaの一般受験に関するスキルアップ方法と各受験資格は、以下で簡単にまとめました。

1.Beauty Therapy Diploma:日本エステティック協会の認定エステティシャン資格を持っているまたは、エステティックに関する基礎教育を600時間以上受講済もしくは、実務経験が3年以上あるなど

2.Aromatherapy Diploma:1.の資格を持っている+CIDESCOが認める学校で180時間以上の科目を終えている人+各実技と筆記試験に合格

 

or ※2、3のどちらかを取得

 

3.Spa Therapy Diploma:1.の資格を持っている+CIDESCOが認める学校で180時間以上の科目を終えている人+各実技と筆記試験に合格

 

その他

CIDESCO衛生管理資格:CIDESCOに関する資格を持っている人で日本支部の一般会員。指定校の学生にあたる人+試験に合格

エステティシャンとして幅広く活動して上を目指していきたい方におすすめです。

資格の運営先一般社団法人 CIDESCO-NIPPON

受験資格:資格ごとに上記で記載

試験問題:各実技試験と筆記試験

④ファッションに関わる資格

以下では、ファッションの仕事に活かせる資格の詳細を解説しました。

  • カラーコーディネーター検定試験
  • 着付け技能士

ファッションに関わるスキルや知識は実践も大切であるものの、理論や学問に沿った基本知識を知っておくことで根本的な技術を得られます。服の仕事に関わる方は参考にしてみてください。

カラーコーディネーター検定試験

色彩に関する資格の一つで、ファッションに関する色合いについても専門知識から幅広く学んでいけます。各商工会議所が実施する民間資格です。

受験資格はないため、学生から社会人まで思いついたタイミングで受験できます。

色に関する知識は奥が深く、カラーコーディネーター検定試験を通して体系的な理論に基づいた配色技術が取得可能です。試験の難易度はスタンダードとアドバンスがあります。

色彩のスキルを身につけてセンスだけではない本格的な知識からファッションに関する技術を磨いていきましょう。

資格の運営先商工会議所(各地方にある)

受験資格:なし

合格率:2020年度 アドバンス:50.3% スタンダード 72.3%

難易度・受験料:アドバンスクラス 7,700円/スタンダードクラス 5,500円

合格基準:各100点満点中、70点以上必要

試験日時:例年各開催場所で年に数回実施

着付け技能士

着物を中心とした着付けの技術が磨ける内容で、全日本着付け技能センターが運営する国家資格です。

着物に関する基本知識から着付けに関する作法まで、筆記と実技試験を通して本格的に技術を身につけられます。

受験資格には、2級は美容や着付けに関わる学校を卒業している人、または実務経験が2年以上ある人や美容師の資格を持っている人が条件です。

1級は2級に合格している人、もしくは各実務経験の年数を満たす人が受験できるので詳細は公式サイトをご確認ください。

資格の運営先全日本着付け技能センター

受験資格・難易度:1級 2級に合格済みの人、または各実務経験の年数を満たす人 / 2級 美容や着付けに関する学校を卒業、または実務経験2年以上、もしくは美容師免許を取得

合格率:非公開

受験料:学科試験と実技試験 1級 8,900円、18,500円/2級 8,900円、16,700円

試験問題:学科試験と実技試験(着付け全般に関する知識や技術)

試験日時:例年1回実施

⑤肌のスキンケア・メイクに関わる民間資格

以下では、スキンケアやメイク(肌ケアや化粧)の仕事に活かせる資格の詳細を解説しました。

  • スキンケアカウンセラー
  • 日本化粧品検定
  • JMA日本メイクアップ技術検定試験
  • まつ毛エクステンション検定(JEA)

仕事だけでなく実用にも活かせるスキンケアやメイクの資格は、自分の好きな分野を掘り下げて勉強するのにもおすすめです。

化粧品関係やメイクに関わる仕事に就きたい方は、参考にしてみてください。

スキンケアカウンセラー

化粧品に関する相談やアドバイスが実施できる民間資格で、スキンケア全般に対する正しい知識が身につけられます。

化粧品の美容部員やエステティシャン、高齢者と関わる医療関係者にも役立つ内容です。

資格を運営する会社の通信講座を使ってスキンケアの勉強に取り組みます。

テキストや実践がわかるDVDを活用しながら、肌トラブルに関する情報も学ぶことが可能です。

受講はスキンケアアドバイザーの資格を持っていることが条件なので、一緒に取得する形で申し込んでみてください。

資格の運営先一般社団法人日本スキンケア協会

受験資格:スキンケアアドバイザー資格を持っている人

難易度・受験料:WEB支払い 69,800円~(スキンケアアドバイザーとダブル受講)

合格基準:レポート課題の提出(正解が全体の7割以上が必要)

日本化粧品検定

美容や化粧に関する基本知識や法律、肌に関する知識が身につけられる民間資格で、文部科学省公後援の一般社団法人日本化粧品検定協会が運営しています。

難易度1~3級にわけられており、初心者の方は基本的な知識が学べる2~3級の受験がおすすめです。

公式のテキストや問題集を使いながら勉強を進めていきましょう。通信講座はユーキャンの教材がサポート体制に加えて充実しています。

コスメに関する職場で働きたい学生から社会人の転職やスキルアップにおすすめできる内容です。

資格の運営先一般社団法人日本化粧品検定協会

受験資格:なし

合格率:1級 64.4%/ 2級 74.0% /3級 ー

難易度・受験料:1級 13,200円/ 2級 6,600円/ 3級 無料

合格基準:1~2級は60問のうち正解率7割以上 3級は20問のうち8割以上(WEB試験)

試験日時:例年2回ほど実施

JMA日本メイクアップ技術検定試験

肌のスキンケアからメイクの基本的な方法まで、幅広い知識が身につけられる民間資格で一般社団法人JMAが運営しています。

難易度は1~3級にわけられており、資格の勉強が初めての方や基礎知識が学びたい方は2~3級を選びましょう。独学で勉強するときは公式のテキストを使いながら勉強を進めます。

公式サイトからは、JMAの講師として登録できる講座も実施されているので仕事につなげたい方も必見です。

各セミナーが利用できるため、実践的にメイクアップの技術を磨きたい方は参考にしてみてください。

資格の運営先一般社団法人JMA

受験資格:3級なし /2級は3級合格の人 /1級は2級合格の人

合格率:2020年冬期 3級 68.1%、2級 54.3%、1級 31.1%

難易度・受験料:1級 12,000円/ 2~3級  7,800円

試験内容:実技試験

試験日時:例年2回ほど実施

まつ毛エクステンション検定(JEA)

メイクやまつげのエクステに関わる内容で、一般社団法人日本アイリスト協会が実施する民間資格です。各難易度の試験に合格と協会に入会するとライセンスがもらえます。

まつげパーマに関わる仕事はパーマ液などを扱う繊細な作業のため、施術に関わる1~2級は国家資格の美容師免許が必要です。

まつげエクステやパーマの仕事に就きたい方は、持っているとスキル証明や仕事のアピール材料につながります。

スキルが磨けるセミナーや交流会なども実施しているので、アイリストとして活躍したい方は参考にしてみてください。

資格の運営先:一般社団法人日本アイリスト協会

受験資格:1級 2級に合格済み+美容師資格がある/ 2級 美容師資格がある/ 3級 なし ※どの難易度も18歳以上が対象 ※まつげパーマの施術には美容師資格が必須

合格率:1級 合格率38%、2級 57%、3級 ー

難易度・受験料:3級 4000円~、2級 16,000円~、1級 20,000円~ ※表記は会員価格

合格基準:3級は筆記試験、1~2級は筆記と実技試験あり

試験日時:例年7回程度実施(1~2級)

⑥その他の美容資格一覧

美容の資格は他にもさまざまな内容があります。

以下では、美容に関連する資格をそれぞれ箇条書きで簡単にピックアップしてみました。

体の外側と内側の両方から働きかけられる内容なので、実用から趣味にも役立つ資格として参考にしてみてください。

アロマテラピー検定:アロマの知識を深めながら楽しく勉強できます。

健康食品コーディネーター:健康食品や人の体に関わる知識が学べます。

ビューティ・コーディネーター検定:美容に関わる経営方法の知識などが勉強できます。

スキンケアマイスター:スキンケアからサプリメント、化粧まで幅広い知識が学べます。

ハーブ&ライフ検定:ハーブやスパイスに関する知識が日常生活に活かせます。

キャリアアップに美容の資格を取るメリット

国家資格の美容師などは美容資格の中でも認知度が高く施術の幅が広がるため、持っていると生涯役立ちます。

他にもさまざまな民間資格を持っておけば、独自の肩書きを使って活動していくのに便利です。

仕事のキャリアップだけでなく身近な実用にも美容の知識と技術は活かせるので、一度身につけた知識や技術は人生を豊かにしてくれる材料になります。

主婦が仕事を再復帰するのにもおすすめ

特に国家資格の美容師は、結婚や子育てを機会に現場を離れていた方が再就職するときにも役立ちます。

アルバイトやパート勤務の雇用形態でも働けるため、持っていると全国どこでも働くことが可能です。手に職をつけて働く環境を確保できるため、転職や就職にも強くなれます。

もう一度知識を身につけて勉強し直したいときは、民間資格の取得を利用すればスキルアップにもつながり、新しい知識を身につけながらスタートが切れて便利です。

美容の資格は通学以外でも取れる?

国家資格から民間資格まで幅広いジャンルがある美容の資格は、学校に通学する方法以外でも取ることが可能です。

スクーリングとレポート課題で取れる通信課程、民間資格なら独学や通信講座または指定の講座受講で取れる内容があげられます。

無資格でも施術ができる内容の場合は、実務経験を積みながら資格の取得でスキルアップを目指しましょう。

国家資格の美容師は通信でも取れる

髪・毛のパーマに必要な国家資格の美容師は、専門学校の通信講座で3年間かけて取る方法もあります。

通学に比べると費用が安いメリットがあげられるため、時間をかけて仕事と両立しながら勉強したい方にピッタリです。

全国の専門学校には、ハリウッド学園などの通信で美容師資格が取れる学校もあるので諦めずに挑戦したい方は参考にしてみてください。

美容の資格を活かせるおすすめの求人・転職サービス

正社員からパートまで美容の仕事が探せるおすすめの求人、転職サイトをまとめました。

髪のカットからネイル、エステ関係など、あなたが就きたい仕事が見つかるように応援しています。

自宅の通信講座・趣味ならユーキャンが人気

美容の資格を通信講座を使って楽しく勉強したい人にはユーキャンがおすすめです。

健康から美容、自分磨きの教材まで幅広いテーマを取り扱っています。

教材はDVDや実践の道具がついているものまであるため、一から道具を取り揃えずにできるものも多いのが特徴です。

趣味で休日にストレス解消のつもりでスタートしたい方は、ユーキャンの通信講座を活用する方法も検討してみてください。

まとめ:美容の資格は仕事や趣味・人生にも役立つ

美容の資格にどんな内容があるのか知りたい方に向けて詳細を見てきました。

12選の内容をもう一度簡単におさらいしておきましょう。

  • 美容師
  • 理容師
  • ネイリスト技能検定試験
  • ネイルサロン衛生管理士
  • 認定エステティシャン(AJESTHE)
  • ビューティー・セラピー・ディプロマ
  • カラーコーディネーター検定試験
  • 着付け技能士
  • スキンケアカウンセラー
  • 日本化粧品検定
  • JMA日本メイクアップ技術検定試験
  • まつ毛エクステンション検定(JEA)

美容に関わる資格は国家資格から民間資格までさまざまな内容があり、専門学校の通学や通信制まで勉強スタイルも自由に選べます。

民間資格の場合は独学や通信講座の勉強スタイルで知識や技術の獲得を進めましょう。指定の講座受講が受験資格の条件になる場合もあるため、費用や時間と相談しながら勉強を進めてみてください。

日常生活から仕事まで役立つ美容の資格は、あなたの人生を豊かにしてくれる知識につながります。

自分を再発見したい方から仕事のモチベーションをあげていきたい方まで、資格を取りたい目的を考えながら新しい挑戦にチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です