在宅ワークをお探しの方はこちら

オンラインチャイルドコーチングとは?資格の取得方法やメリットを紹介!

この記事では、オンラインチャイルドコーチング資格について詳しくまとめています。

コロナの影響によって、在宅ワークの需要が高まっており、オンラインを通じて仕事をする人も増え続けています。

オンラインチャイルドコーチング資格取得の際に気になるのが、取得のメリットや取得後の仕事内容、取得方法です。

この記事では、下記の内容を解説していきます。

・オンラインチャイルドコーチングの仕事内容
・オンライン資格の取得メリット
・資格の取得方法
・資格取得後の働き方

上記のように、オンラインで働いていくとなると様々な不安があります。
そのような不安を解消して、オンラインチャイルドコーチング資格の取得後に安心して働けるように詳しく紹介していきます。

オンラインチャイルドコーチング資格とは?

オンラインチャイルドコーチング資格とは、通常のチャイルドコーチング資格にオンライン要素を取り入れて、インターネットを通じてチャイルドコーチングを教えたり実践をする資格です。

「チャイルドコーチング資格」と「オンライン」を合わせた資格なので、オンライン以外でもこの資格を活用して働いていくことができます。

子供とより良い信頼関係を構築していく

オンラインチャイルドコーチング資格は主に、子供の心理を学んでいき、子供とより良い信頼関係を構築していくための資格です。

子供の心理を論理的に学んでいくことで、子供が持っている問題を肯定的な態度をもって解決していくことが可能です。社会問題にもなっている不登校や引きこもり、いじめなど、現代の子供が悩んでいることも学習していくので、子供が何を思い感じているのかを理解できるようになります。

オンラインチャイルドコーチングの魅力

オンラインチャイルドコーチングの魅力は、子供とより良い信頼関係を築くことができるのが最大の魅力です。

これは、オンラインチャイルドコーチング資格の取得後に自分の育児に役立てていけるのはもちろんのこと、自分の周囲の友達や悩みを持つ人々にアドバイスをしていく、個人アドバイザーとしても活躍していくことができます。

子育てで悩みを持つ親はとても多いので、そのような方々の役に立てるように資格取得を目指してみましょう!

オンラインチャイルドコーチングの仕事内容

オンラインチャイルドコーチングの仕事内容は、大きく分けて以下の2つです。

・チャイルドコーチングを実践
・チャイルドコーチングを教える

これから上記2つの仕事内容について詳しく紹介していきます。今後の参考になるので、チェックしてみてください!

チャイルドコーチングを実践

オンラインチャイルドコーチング資格を活かす方法として、実際に学んできたことを実践する場に転職・就職するなどして活かす方法があります。

どのような仕事内容かを詳しく見ていきましょう。

教諭・教師

教諭や教師は、子供と接することが仕事なので、チャイルドコーチング資格で勉強した技術を活用できます。

また、教諭や教師、保育士に必要な知識にチャイルドコーチングの知識も取り入れることで、より細かく適切な教育活動に期待ができて、結果的に保護者からの信頼も得やすくなります。それは、自分自身の強みにもなるはずです。

既に教諭や教師、保育士として働いている人に、自分自身のスキルアップとしてオンラインチャイルドコーチング資格はおすすめです。

塾の先生・スポーツのコーチ

塾の先生やサッカー・野球のスポーツのコーチは、特定の分野を教えるために子供と接していますが、その過程で悩みや相談が発生することも多いです。

そのような時に、チャイルドコーチング資格で勉強した知識を活用することができます。身体能力の向上だけではなく、子供の心のケアもできると信頼関係も増してくるので教育のレベルも向上します。

チャイルドコーチングを教える

オンラインチャイルドコーチング資格を活かすもう1つの方法として、自分が実際に実践するのではなく、チャイルドコーチングのやり方を人に教える方法があります。

どのような仕事内容かを詳しく見ていきましょう。

子育てに関するセミナー講師

教育施設のサービス強化の一環で、チャイルドコーチングを従業員に教育していく需要が高まっていくことが想定されます。

たとえば、幼稚園の先生に対するセミナーの依頼が入ることもあります。そういったセミナーで、チャイルドコーチングを教えていく仕事として資格を活かすことができます。

講座を開く

こちらは、企業に属さないで自分で講座を開く方法です。

取得した知識を活かして、自分でセミナーを開催することも可能です。また自分で講座を開く場合には、オンラインを活用することで効果的に教えていくことができるでしょう。身近でチャイルドコーチングのセミナーが開催されれば、参加してみたいと思う母親も多いです。

最近は母親向けのスクールが人気であり、ブログなどを駆使して集客することで、安定した仕事に繋げていくこともできます。

チャイルドコーチングとチャイルドマインダーの違い

チャイルドコーチングとチャイルドマインダーはよく似ていると言われています。実際の仕事内容は大きく異なっており、その違いは以下の通りです。

・仕事内容
・働き方
・対象年齢

上記3つの違いを解説していくので、チャイルドコーチングとチャイルドマインダーを間違えずに覚えておきましょう!

仕事内容

チャイルドコーチングは、子供とコミュニケーションを取りながら自己成長のサポートをしていく仕事です。チャイルドマインダーは基本的に、子供に家庭的な保育をしていくことが仕事になります。

つまり、精神的なサポートをしていくのか、子供の保育をするのかという違いがあります。どちらの仕事も子供にとって重要ですが、間違いやすいので注意が必要です。

働き方

チャイルドマインダーは、在宅か訪問保育の2つが自分で選べますが、チャイルドコーチングとしての働き方は多くあります。たとえば、子供が多くいる保育所などの児童福祉施設で勤務しているチャイルドコーチングもいます。また、セミナーの講師やカウンセラーとして働いているチャイルドコーチングもいます。

企業で働く場合に、セミナーの講師やカウンセラーは枠に限りがあるので、求人募集をよく調べていく必要があります。しかし、自分で開業して働いていくことも可能です。

精神サポートをしていくチャイルドコーチングは、心を閉ざしている子供を相手にしたり、保護者の期待に応えるといった大きなプレッシャーがあるので決して楽な仕事ではありません。ただ子供と関わりたいという方は保育メインのチャイルドマインダーも選択肢の1つです。

子供と関わって精神的なサポートをしながら、より良い信頼関係を構築していきたい方は、チャイルドコーチング資格に挑戦してみましょう。

対象年齢

最後の違いは対象の年齢です。

チャイルドコーチングの対象年齢は、幼児~高校生を対象にコミュニケーションを行って自主的な成長を促していきます。チャイルドマインダーは、0歳~12歳までの子供を保育していきます。

チャイルドコーチングとチャイルドマインダーでは、それぞれ対象年齢が異なっているので、人によっては向き・不向きがあります。

オンラインチャイルドコーチング資格の取得メリット

オンラインチャイルドコーチング資格を取得するメリットは多くあります。これから紹介していく取得するメリットを参考にして、オンラインチャイルドコーチング資格に挑戦してみましょう!

スキルが身につく

オンラインチャイルドコーチング資格を取得すると、子供のストレスや悩みを解決していくサポートスキルが身につきます。

ストレスや心の病気は、大人だけに発症するものではありません。学校での人間関係や家庭で受けたストレスが原因となって、子供の心の病気も増え続けています。

保育士や教師のように、子供の保育や教育に関わる職業では、ストレスを受けた子供の心を癒してあげることも大切な仕事です。

オンラインチャイルドコーチング資格を取得すると、自分が持っていたスキルと合わせて、より良い保育や教育を子供たちに教えていくことができます。

今までとは違う働き方ができる

オンラインチャイルドコーチング資格を取得すると、保育士や教師以外の新しい働き方も目指していけます。

幼稚園や保育園などでは、カウンセリングを任されることもあります。子供について詳しいだけではなく、子供の潜在能力を引き出していくための知識も持っているので、強力な武器になっていきます。

また幼児だけではなく、小学生や高校生にも対応していくことができるので、習い事などの場面では教え子のやるきや能力を引き出していく目標設定もサポートできます。

チャイルドコーチングに詳しい人はまだまだ少ないので、自分だけの新しい働き方を展開していくこともできるでしょう。

オンラインチャイルドコーチング資格の取得方法

これから、オンラインチャイルドコーチング資格の簡単な取得方法をご紹介していきます。資格取得を検討している人や、少しでも興味がある人は是非参考にしてみてください。

Smart資格の特徴

オンラインチャイルドコーチング資格は、Smart資格で取得可能です。オンライン資格を多く取り扱っているので、これから在宅ワークを始めていきたいという人におすすめです!

Smart資格について、下記で詳しく紹介していくのでチェックしてみてください。

在宅・リモートワークに特化

Smart資格は、在宅ワーク・リモートワークの推進に対応しています。年齢・性別関係なく活躍できる資格を取得することができます。そのため転職や副業、在宅ワークを視野に入れて資格取得を目指している人も多いので、オンライン資格を扱うSmart資格は注目を集めています。

低価格で始めやすい

Smart資格では、勉強が続かない人や勉強の時間が取れない人でも、手軽に始められる低価格で資格講座の提供をしています。気になる資格講座の価格は、1資格の平均2万円ほどで資格を取得することができます。

上記の価格は「教材費・受験費・サポート費・認定証発行費」全て込みの価格になっており、追試料金以外に追加料金は一切かかりません。万が一試験に合格できなかった場合には、追試料金1,500円がかかりますが、追試料金を支払うことで何度でも試験を受けることができます。(1回の追試に1,500円)

試験に合格すると認定書が届くので、すぐに活動を開始することができます。

サポートが充実

Smart資格では、個人サロンを開設したい人や転職・副業、在宅ワークで働いていきたいと考えている人へのサポートも行っています。SNSの活用方法などの、他の資格サービスでは受けられないサポートも充実しているので、資格取得を検討している人におすすめです。

Smart資格LINE公式アカウントに友達登録すると、自分に合った資格を診断したり、直接Smart資格のLINE担当からサポートを受けることもできます。こちらも、資格講座の購入以外には料金は一切発生しないので「資格についてわからない」「どのように仕事を探していけば良いのか」などちょっとした質問をすると、LINE担当からメッセージが届きます。

手軽に始めてみて、わからない部分は何度も質問をしてみましょう。

▼Smart資格LINE公式はこちら▼

社団法人認定資格

Smart資格の講座は、一般社団法人 日本オンライン資格推進機構(JOCP)が認定する資格講座なので、信頼性もあります。また、取得した資格には年会費や更新料なども一切ないので、安心して活動をすることができます。

オンラインチャイルドコーチング資格を転職・副業に活かす方法

オンラインチャイルドコーチング資格を取得して、どのように仕事を獲得していけば良いのかをこれから紹介していくので、オンラインチャイルドコーチング資格取得後の参考にしてみてください。

クラウドソーシングの利用

資格を転職・副業に活かす方法の1つ目は、クラウドソーシングの利用です。

クラウドソーシングとは「ココナラ・ランサーズ・クラウドワークス」などのインターネットを利用して仕事をしていくためのプラットフォームです。ITやマーケティングの知識は一切不要で手軽に始められるので、利用者も多いです。

手軽さが大きなメリットですが、デメリットもあります。それはクラウドソーシングでの仕事に対する報酬が安価ということです。最初は安価からスタートとなってしまいますが、実績を積んでいくと高単価の仕事に繋げていくことも可能です。

クラウドソーシングを上手に活用しながら、最も稼げる方法に移行していくのが良いでしょう。

SNS・ブログで集客

資格を転職・副業に活かす方法の2つ目は、SNS・ブログで集客です。

SNSには「Twitter・Instagram・TikTok」などの、さまざまなアプリがあります。これらのアプリは、無料で始められて手数料もかかりません。

またブログも手軽に始められて、基本情報などの設定をすればすぐに始めることもできます。しかし、ブログで記事を書いたからと言ってもすぐに相談者が来るわけではないので、継続的に記事を投稿していく必要があります。

SNSやブログを上手に使いながら、集客スキルを高めていくことで収益アップに繋がっていきます。

オンラインチャイルドコーチング資格を取得して良い信頼関係を築こう!

オンラインチャイルドコーチング資格について、解説してきました。

子育てに悩みを持つ親も多く、アドバイスを求める人も増え続けています。また、コロナの影響で大きく変わった生活スタイルに適応できずに、ストレスを感じている子供も少なくありません。そのような親や子供は、チャイルドコーチングを必要としています。

チャイルドコーチングの資格を取得すると、大きく分けて2通りの働き方があります。自分に合った働き方で、困っている人の役に立てるように勉強をしていきましょう。

また、Smart資格ではスマホ1つで簡単にオンラインチャイルドコーチング資格を取得できるので、手軽に始めることができます。副業を始めようか悩んでいる人は、自分にスキルを身につけるという意味でも始めてみても良いでしょう。

オンラインチャイルドコーチング資格を取得して、一人前のチャイルドコーチングになれるように応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です