在宅ワークをお探しの方はこちら

まつげパーマの資格は通信で取得!社会人が美容師免許の取得を目指す!

この記事では、まつげパーマに関する仕事の詳細から、美容師の資格を通信で取りたい方に向けて解説していきます。

まつげパーマはアイリストと呼ばれる仕事です。

ただ、アイリストになるには国家資格の美容師が必要になります。

学校に通って取得する方法以外で、社会人と両立して資格を取りたい人は通信講座を使う方法がおすすめです。

以下では、アイリストについて、仕事の詳細を紹介していきます。

  • 年収
  • 勉強方法や勉強時間
  • 資格と仕事内容
  • 未経験から始められるのか
  • 就職先
  • 長く働ける仕事、食べていける内容か
  • アイリストとしての未来

以上のラインナップで気になる項目があれば参考にしてみてください。

仕事と両立しながら資格を取るのは大変な道のりではありますが、あなたの第一歩を踏み出せるように応援しています。

まつげパーマができるアイリストとは?

まつげパーマとは、まつげを専用の液体でカールさせる施術の一つです。目元のボリュームを自然な形で持続できます。

施術者はアイリストと呼ばれており、美容サロンに訪れたお客さまをカウンセリングする流れです。

目元の印象が変わると顔のイメージも変わるため、お客さまが自信を持てるようになったり、美しさを引き出せたりできます。

美容に関わるアイリストは、まつげパーマのプロとして活躍できる仕事です。

まつげパーマには美容師免許の資格が必要

アイリストは現在、美容師免許を持ったプロがしか施術が認められていません。

まつげパーマには技術が必要なため、素人が施術すると目を傷つけることがあるからです。

美容師の資格を通して、目を清潔に保つ衛生面、パーマ液の正確な扱い方などを勉強していきます。

お客さまが安全に利用できる技術を磨くためにも正しい知識を勉強することが必要です。

アイリストの美容師免許は専門学校の通信で取れる

アイリストには美容師の国家資格が必要で、専門学校を利用して受験する流れです。

社会人が資格取得と仕事を両立したいときは、専門学校の通信制を利用しましょう。

通信制の場合は3年以上、通学の場合は2年以上通うことが受験資格に含まれています。

通信制では3年間かけて勉強していき、決められた時期の春または秋に入学するパターンが多いです。

アイリストに関する美容師取得までの道のりは、以下の項目で通信の内容を中心にまとめています。気になるものがあればチェックしてください。

通信の勉強方法・勉強時間

各学校の指定カリキュラム、実習を受けながら美容師の国家試験を目指します。

場所にもよりますが、美容スタッフとして働いている人は、未経験の学生や社会人に比べると半分のスクーリング時間で対応可能です。

*スクーリングの一例(3年間のうち)

経験者:約300時間以上必要

未経験:約600時間以上必要

※スクーリングとは、必ず登校しなければいけない日時をさしています。

学科はレポート提出の通信、実践的な内容や実技はスクーリングで実施する流れです。

学校によってはeラーニングシステムの導入もあり、スマホやパソコンで効率よく勉強を進められます。

資格を目指すのに必要な条件

中学校を卒業済みで条件を満たす方なら通信制を受講できます。場所によっては条件が変わるので、事前に確認してみてください。

一例としてスクーリングの期間は指定の日数で5~20日前後、年に2回ほど平日から土曜日の昼間に実施されています。日時は一例ですが、スクーリングは卒業と合格に必要です。

指定のスクーリング期間は必ず登校する必要があるため、自分が通える日程を選んで授業を受けましょう。

通信にかかる費用

入学金や授業料、実習費や設備費など、通信にかかる一年間の費用は約20~30万円が相場です。3年間で約70~90万円ほどかかります。

学校やコース内容で費用は変わってくるため、目安として捉えてみてください。

通信のメリットとデメリット

美容師の国家資格を通信制で取るメリットとデメリットをまとめました。

*メリット

  • 自宅のレポート勉強とスクーリングの半々で勉強の負担が軽くなる
  • 社会人が仕事と勉強を両立しながら資格を目指せる
  • 学費が安い

 

デメリット

  • レポート課題は自宅で勉強していくため、対面式で直接授業を受けたい方には物足りなさがある
  • 通学は卒業に最短2年以上で可能、通信制は3年以上かかってしまう
  • 勉強でわからないポイントが直接すぐに聞けない

上記であげた要点をおさらいすると、通信制の一番のメリットは、仕事と勉強の両立がしやすい点です。

通学に比べると学費が100万円以上安くなる場合もあります。

ただ、3年以上かけて勉強する義務があるため、2年以上で卒業できる通学より時間がかかる点はデメリットです。

専門学校に通うメリットとデメリット

通学のスタイルで美容師の国家資格を取るメリットとデメリットをまとめました。

*メリット

  • 友人や横のつながりが自然にできやすい
  • 先生から直接指導してもらえる
  • 最短2年で卒業できる

 

*デメリット

  • 学費が高くなる(200~300万円台)
  • 学校に通って勉強しなければいけない
  • 仕事と通学を両立させることが難しい

通学と通信、それぞれにはメリットとデメリットがあります。

個人のライフスタイルや周りの環境に合わせて費用面を考えながら取りやすい内容を選んでみてください。

今回上記の内容で参考にした場所は、ハリウッド美容専門学校です。他にも通信制の専門学校は多くあります。

美容師の資格が通信制で取れる学校の中から、気になるものがあれば資料請求で詳細を確認して見比べてみてください。

まつげパーマに関わるアイリストの仕事内容

まつげパーマを実施したり、まつげを一本ずつ人工的に増やせるまつげエクステやアイラッシュを扱ったり、お客さまの希望をカウンセリングしながら施術を実施します。

アイリストは、美容サロンで働くことが多いため事務作業も仕事の一つです。

  • 受付
  • 会計
  • 予約の処理
  • 清掃

以上の業務を始め、店を明るい雰囲気にするためのPOP作りなど、売り上げアップも考えながら仕事に取り組みます。

お客さまとコミュニケーションを取りながら、まつげに関する施術や店内作業に取り組むのもアイリストの仕事です。

まつげパーマは免許があれば未経験からスタートできる

美容師の資格があれば未経験で働ける美容サロンは多くあります。特に都会では、美容サロンを経営している店舗数が多いです。

まつげパーマに関わるアイリストとして経験を積むためにアルバイトやパートとして働く方法もあります。

就職後も店舗で1~6ヶ月の研修期間を経てカウンセリングや施術に取り組む流れが一般的です。

未経験の方でもいきなり実践ではなく、接客の方法や店舗研修を受けてからアイリストとして経験を積んでいけるため安心してスタートできます。

別の仕事からアイリストに転職できる?

アイリストの仕事は美容サロンで募集されており、未経験の方を歓迎する内容が多く見られます。

美容師の資格を取って面接や履歴書での熱意が伝われば、別の仕事から転職することも可能です。

まつげパーマの施術を通して人と接していく仕事なので、営業や接客の経験がある方は役立ちます。

必ず美容関係の前職が必要ではないため、アイリストとして技術を高める実践力を磨きましょう。現場では、経歴よりも技術力や顧客の心を掴む能力が重視されます。

子育てと仕事の両立が可能

まつげパーマに関わるアイリストの仕事は、アルバイトやパート勤務の働き方ができるため、子育てと仕事を両立させたい主婦の方にもおすすめです。

店舗によっては「5~6時間だけ働きたい」など、時間調整ができる場所もあります。

基本的にシフト制の勤務が多いため、事前に空けておきたい日時の調整も可能です。

子育てと仕事を将来的に両立していきたい方にとっても、国家資格の美容師があればアイリストとして活動しながら安定的に働けます。

まつげパーマに関わるアイリストの就職先は?

アイリストとして働ける専門店、美容室と併用したサロンで働けます。

アイリストの技術を磨きたい方だけでなく、美容師の資格を活かして他の仕事と平行して幅広い技術を提供していくことも可能です。

散髪やメイクを扱う仕事を実施する店舗で働く方法もあるため、働きながらご自身の方向性を見定めてみてください。

年収・給料・雇用形態は幅広く自由

以下では、ネット求人サービスのリジョブからアイリストの給料をリサーチしました。

正社員の求人は16~25万円台、アルバイトやパート勤務は時給900~1,500円台で、アイリストの年収は約200~300万円台前後です。

店長の役職手当てやインセンティブの奨励金など、キャリアを積んでいけば正社員で月給30~50万円と給料には幅があります。

業務委託でフリーランスとして働ける美容サロンも多いため、個人で独立して開業したい方にもおすすめです。

アイリストの求人では自由な働き方ができるので、今後の時代にも合った働き方と言えます。

まつげパーマに関わるアイリストの将来性

美容業界の需要は今後も見込まれるため、アイリストとして独立できるほどのスキルを磨いておきましょう。

体力が必要な仕事で大変な面があるものの、お客さまの美しさをつくるサポートができるやりがいも大きいです。

美容師の資格があれば、アイリストだけでなくさまざまな働き方ができるため仕事の保険にもつながります。

まつげパーマに関連する民間資格もある

アイリストがまつげパーマの施術をするには、必ず美容師免許は必要ではありますが、免許取得後に技術を高めてたい方は民間資格の取得も検討してみてください。

独立やフリーランスの肩書きにもできるため、知識を復習する上でも役立ちます。

美容師資格の取得と一緒にまつげパーマに関連する民間資格を探している方は、参考にしてみてください。

日本まつ毛エクステンション認定機構(JECA)

JECAが運営している技能検定試験の資格で、以下の3種類に関する技術証明ができます。

  • 安全技術師
  • まつ毛エクステンション1~3級
  • 認定講師

美容師免許に関して勉強している方、資格保有者はそれぞれ受験したい項目を選んで受験できます。

まつ毛エクステンション1~3級では、アイデザイナーとしての技術力を学べるため、目の美容に関するプロを極めたい方は必見です。

スキルの幅を広げていくためにも参考にしてみてください。

技能検定試験のホームページ

プロアイリスト検定

NEA日本まつげエクステ協会が開催しており、学科と実技試験から各項目に合わせてアイリストの技術を判断される流れです。

難易度は、プロアイリスト認定講師と1~3級にわけられています。独立や開業したい方で資格取得を検討される方は、3級からスタートして1級やプロアイリスト認定講師を目指しましょう。

経営方法のやり方や技術の復習ができるだけでなく、アイリストとして箔をつけられます。

プロアイリスト検定の公式ホームページ

JEA技能検定試験

JEAが実施している資格で、各1~3級に合格するとライセンスを発行してもらえます。

アイリストとしての品質や技術を客観的に証明してくれるため、美容師免許を取得する人が取っておいて損はありません。

JEAの会員に入るとセミナーや交流会に参加できるため、横のつながりを作っていきたい方にもおすすめです。

まつげパーマやまつげエクステの施術者として活躍したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

JEA技能検定試験の公式ホームページ

まとめ:まつげパーマに関わる資格は通信で取得を目指そう

まつげパーマに関する仕事の詳細から、美容師の資格を通信で取りたい方に向けて解説してきました。

アイリストと呼ばれるまつげパーマの仕事には、国家資格の美容師免許が必要です。繊細な技術を学んで正しい施術をすることで、お客さまが安心して利用できるサービスを提供できます。

美容師の資格は、通学または通信制で取得する方法があり、通信制のほうが学費が安く抑えられる点がメリットです。

一例として、通信制の学費は一年間で約20~30万円、3年間で約70~90万円ほどかかります。

通信制では、スクーリングとレポート課題の両方に取り組みながら自宅と通学で勉強が可能です。

通信制は仕事と勉強を両立させたい社会人におすすめできる方法なので、アイリストの仕事がしたい方は検討してみてください。

関連資格の取得で更なるスキルアップも目指せるため、ぜひ技術を磨き続けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です