在宅ワークをお探しの方はこちら

電気工事士の勉強時間は?1種2種それぞれ解説!

私たちの生活を支えるライフラインである電気は、現代社会においてなくてはならない存在といえます。そんな電気に関する資格はいくつかありますが、その中で最もポピュラーであり需要が高いのが電気工事士です。

電気工事士とはあらゆる建物や鉄道の電気設備工事を行う技術者のことをいいます。将来性のある仕事のため、手に職を身につけ、一生の仕事にしていきたいと電気工事士の資格取得を目指すは多いです。

電気工事士の資格は第1種・第2種と分類されており、扱う事のできる業務内容が異なりますのでしっかり理解をしましょう。試験内容も変わってくるので勉強時間やどのような対策をとることで合格できるのか、詳しく解説をします。

これから電気工事士の資格を取りたいと思っている方には必見の内容です。

電気工事士の試験とは?未経験者にもおすすめの国家資格

電気工事士の試験とは?未経験者にもおすすめの国家資格

電気工事士の試験は毎年10万人以上が受験をする人気の資格です。国家資格でありながら合格率が50%~60%と言われていますので、しっかりと対策をとり勉強を行えば、独学でも合格できる資格といえます。

受験資格は不要で、学歴・年齢・性別に関係なくどなたでも受験可能です。幅広い年齢層の方が受験をしていますが、中でも20~40代以上の受験者の割合が多いといえます。

電気工事士の資格は第1種と第2種があるとありますが、こちらの違いとは何でしょうか。

電気工事士・第1種と第2種の違い
【第2種】
一般住宅、小規模な店舗・事業所・家庭内太陽光発電設備など
600ボルト以下で受電する設備に対して電気工事を行うことができる。
【第1種】
第2種が行える電気工事に加え、最大電力500キロワット未満の工事・ビル・マンションなど
幅広い電気工事を行うことができる。

上記の表からわかるように第2種よりも第1種の方が、手掛ける業務範囲が多くなるために試験の出題範囲は広くなり難易度が高くなります。

未経験であれば第2種の取得がおすすめです。実務経験を踏み、スキルアップのために最終的に第1種を目指すのが定番といえます。

電気工事士の試験にはマークシート形式の筆記試験と課題作成の技能試験があり、両方に合格することで電気工事士資格を取得可能です。

  • 試験日は年に2回(上期、下期)
  • 筆記試験→マークシート(四肢択一方式)
  • 技能試験→課題作成

電気工事士第2種の勉強時間は?目安は1科目40時間程度

電気工事士第2種の勉強時間は?目安は1科目40時間程度

第2種筆記試験には筆記試験と実技試験の2科目に分かれており、一般的に勉強時間は1科目平均40時間程度です。

しっかりと対策を行い勉強をしていくことで合格を目指せますので、試験の合格率やどのように勉強計画を行っていくのがベストなのかを詳しく見ていきましょう。

電気工事士第2種の合格率は?例年50パーセント前後

第2種電気工事士の試験は筆記・実技試験とどちらも比較的高い合格率です。筆記試験は50~60%台でここ数年合格率は推移し、実技試験は60~70%とより高い合格率の水準となっています。

筆記試験で出題される分野は以下の通り、7つありますので覚えておきましょう。

  • 電気に関する基礎理論
  • 配電理論および配線設計
  • 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料および工具
  • 電気工事の施工方法
  • 一般電気工作物の検査方法
  • 配電図
  • 一般用電気工作物の保安に関する法令

実技試験では、工具を使い、配線・圧着・機器取付などを行います。基礎的な内容なため、あまり難しい試験ではありません。もちろん勉強や練習は必要となりますが事前に準備を行っていれば問題ないでしょう。

電気工事士第2種は初心者でも勉強時間の目安は変わらない!

電気工事士第2種は入門的な試験です。初心者だからといって勉強時間が増えるということはあまりないと思っていいでしょう。

筆記試験は全問マークシート形式で合格者定員がなく、約6割以上の得点で合格となります。そして過去問の類似問題も多いため、対策を行えばそれほど多くの勉強時間を費やさなくても合格は可能です。

実技試験もあらかじめ試験問題が公表され、候補となる完成品を作成できるようにしておけば問題なく合格ができると言われています。

電気工事士第2種の勉強時間1ケ月で可能?継続できれば可能!

電気工事士第2種を取得するのに勉強時間は最短1カ月でも可能です。

目安としてテキスト読みや暗記に10時間ほど、過去問の解くのに30時間ほどで合計40時間となります。

試験は過去問の類似問題が多いことから、テキスト読みを1~2度行い、暗記や過去問を解くのに力を入れるのがおすすめです。あまり時間をかけすぎても過去問の内容を忘れてしまうこともありますので、毎日2時間ほどの勉強時間で短い期間の中でコツコツと勉強していくのがいいでしょう。

実技・筆記それぞれの勉強時間・対策法は?筆記から順に勉強しよう

実技・筆記ともに勉強時間は一般的にそれぞれ40時間ほどと言われていますが、試験は筆記の受験日が先の日程となっています。筆記試験の合格者と筆記試験免除者のみ実技試験が受験可能です。

ですので、まず筆記試験の勉強を1カ月ほど集中して取り組み、筆記試験後に実技試験対策を行っても遅くはありません

勉強方法としては、筆記試験の場合はまずテキストや問題集を購入しましょう。全体的な流れを理解し、テキストを隅々まで読み、暗記を行います。そして問題集でひたすら問題を解いていくのが合格のカギです。

実技試験の場合は、実技試験用DVD付きテキスト、ニッパーや電工ナイフなど実技試験に必要な工具をまず揃えます。こちらは練習用キットと工具がセットになっているものがネットで検索すると販売されているので、セットでの購入がおすすめです。

電気工事士第1種の勉強時間は?目安は300時間程度

電気工事士第1種の勉強時間は?目安は300時間程度

電気工事士第1種は第2種と比べると試験範囲は広くなりますので難易度が上がります。しかし、こちらも第2種同様に対策を行うことで十分合格は可能です。

勉強時間の目安として300時間ほどで資格取得が可能です。勉強期間として約3か月は必要となります。

また、実技試験は第2種の時と同様に筆記試験の約1か月後に実技試験が行われています。筆記試験対策から勉強を行い、実技試験対策は同時に行う必要はありません。

電気工事士第1種の勉強計画!1日2時間勉強時間を確保しよう!

勉強方法は第2種の時と同様となります。テキストや問題集を購入し、後半は過去問をとにかくたくさん解くのがおすすめです。

同じ勉強方法ではありますが、試験範囲が第2種と比べ広まります。ですので、勉強時間は第1種の方が長くなると考えてください。目安として1日2時間の勉強を3か月行うことを念頭に置き、自身のライフスタイルに合わせてスケジュール立てをしながら無理なく勉強を進めていきましょう。

電気工事士の独学が不安!おすすめの通信講座を活用しよう!

電気工事士の独学が不安!おすすめの通信講座を活用しよう!

電気工事士の勉強は独学で資格取得は可能です。それでも独学での不安やスケジュールを立てるのが苦手で一人でコツコツと勉強するのが難しく感じる方もいるでしょう。その場合は通信講座を利用するのがおすすめです。

資格講座ユーキャンなら、わかりやすさに徹底されたテキストや学習の手助けとなる副教材などもあり、教材選びに迷う時間も短縮できます。また練習用材料も付いているので、実技試験対策もしっかりと行うことが可能です。

学習日数目安の記載もありますので、スケジュール立てが苦手な方にも安心して計画的に勉強を進めることができます。

【ユーキャン 電気工事士第2種 資格取得講座】

【ユーキャン 電気工事士第1種 資格取得講座】

電気工事士には第3種がある?類似試験と混同しないように注意!

電気工事士には第3種がある?類似試験と混同しないように注意!

結論から言うと電気工事士には第3種はありません。電気工事士は第1種・第2種のみなので覚えておきましょう。

間違いやすい資格として、電気関係の試験の中に電気主任技術者第3種という資格があります。名前が似ているために混同してしまう方もいるようです。ですが、これは電気工事士とは異なる資格であり、難易度は比較するとかなり高いと言われています。電気工事士と間違えないように注意しましょう。

電気工事士の勉強時間はそれほど多くない!3ヶ月くらいで合格可能!

電気工事士の勉強時間はそれほど多くない!3ヶ月くらいで合格可能!

電気工事士の勉強時間についてまとめると、下記の通りです。

  • 第2種であれば最短1カ月の勉強時間で合格も可能。
  • 第1種の場合は3か月ほどスケジュールを立てて勉強するのがおすすめ。
  • 筆記試験は過去問との類似問題の出題が多いため、過去問を多く解くことが合格への近道。
  • どちらも実技試験の勉強は筆記試験受験後に始めても間に合う。

全くの未経験で電気工事士の資格を取得された方も多くいらっしゃいます。第1種でも勉強期間おおよそ3か月と考えればそれほど長い期間ではありません。

独学でも資格取得は可能ですが、独学が不安であれば資格講座を活用するのがおすすめです。自分に合った方法で効率よく知識を身に付け、電気工事士の合格を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です