在宅ワークをお探しの方はこちら

マンション管理士の平均年収は?仕事内容の実情を知って今後の計画を立てよう!

マンション管理士

「マンション管理士は稼げるの?」

「どんな仕事をするのか気になる」

数ある資格の中で注目を集めるマンション管理士とは、一体どんな仕事に必要なのでしょうか。資格を取得しても収入がアップするのか不安で、勉強に踏み出せない人も多いはずです。

この記事では、マンション管理士の仕事内容や平均年収を詳しく解説します。

さらに、求人状況や資格の将来性などをお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

資格講座名アガルートアガルートユーキャンユーキャンフォーサイトフォーサイトスタディングスタディング
コース名ダブル合格カリキュラムマンション管理士・管理業務主任者資格取得講座バリューセット1マンション管理士/管理業務主任者 合格コース
税込価格59,800円67,000円57,800円39,600円
受講形式オンラインオンラインオンラインオンライン
教育給付制度何度でも1日3問まで10回記載なし
特典や割引合格したら全額返金。ダブル合格でお祝い金2万円メインテキスト5冊合格したら、最大2,000円のアマゾンギフトコード合格で最大amazonギフト券3000円分
受講者の合格率マンション管理士36.4%・管理業務主任者70%記載なし管理業務主任者71.3%・マンション管理士25.9%記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

マンション管理士の年収は?平均450万円!

マンション管理士の年収

マンション管理士の平均年収は350万円〜550万円と開きがあり、約450万円といわれています。

ですが、マンション管理士の資格自体ができたばかりで歴史が浅く、正確なデータが集まっていないのも事実です。中には、平均以上の収入を獲得する人もいることでしょう。

マンションで暮らす人の増加とともにマンション管理士の需要も高まっており、収入アップが期待される資格です。

今後の年収推移予想は?収入アップが見込める仕事!

マンション管理士の平均年収は450万円ほどといわれていますが、活動するフィールドや業務範囲によって大きく異なります。

そのためには、マンション管理士をベースとして、宅地建物取引士や二級ボイラー技士などの複数の資格を組み合わせることが重要です。

これらの資格を保有していることで、マンション管理士の資格だけでは対応できない業務に参加できます。すると、管理会社としての業務の幅が広がり、結果的に収入アップが見込めるでしょう。

年収1000万は可能?難しいが不可能ではない

マンション管理士として年収1000万円を獲得するのは簡単ではありません。しかし、年収1000万円を超えるマンション管理士がいるのも事実です。

そのためには、以下の3つのポイントを押さえておく必要があります。

  • 独立して開業する
  • 他の資格を取得し、業務の幅を広げる
  • 広報活動を積極的に行う

年収1000万円を目指すなら、真っ先に視野に入れるべきは開業です。

会社員としてマンション管理士の平均年収は450万円ほどなので、継続的に働き続けても年収1000万円に到達するのは難しいでしょう。

会社員として培った経験やノウハウを活かして、開業することで大きな報酬を獲得できる可能性がアップします。さらに、マンション管理士以外の資格を取得することも重要です。

他の資格と組み合わせることで業務の幅が広がり、他のマンション管理士では対応できない作業が可能となります。

併せて広報活動を行うことで、さまざまな案件受注に繋がり、収入を増やせるでしょう。

マンション管理士の仕事内容は?実情をチェック!

マンション管理士の仕事内容

マンション管理士の主な仕事内容は、マンション管理に関するコンサルタントです。

難関資格の1つですが、取得しただけでうまく活用できない人が少なくありません。知識はもちろん、実践力が求められるので、資格を活かすには実践経験を積む必要があります。

まずは会社員として、数多くのマンション管理のコンサルタントを行うことがおすすめです

知識と実践力を身につけると、幅広い要求に応えられるようになり、収入アップが期待できます。

マンション管理士と管理業務主任者の違いは?仕事内容や年収を比較!

マンション管理士と管理業務主任者の違い

マンション管理士に似た仕事として管理業務主任者があります。

コンサルタントとしてマンション管理をアドバイスするマンション管理士は、運営に関する法律はもちろん、構造や設計に関する知識が必要です。

マンション管理士を取得した後、管理業務主任者を取得するダブルライセンスを目指す人も多くいます。

管理業務主任者とは、どのような仕事内容でマンション管理士とどう違うのか詳しく見ていきましょう。

仕事内容の違いは?メイン業務が違う!

マンション管理士と管理業務主任者の業務を比較すると、以下の通りです。

マンション管理士管理業務主任者
立場第三者
(コンサルタント・アドバイザー)
マンション管理会社に所属
業務・大規模な修繕の計画
・住民から相談に対応
・管理組合に重要事項の説明
・管理組合に管理業務の報告

2つの資格では対応する際の立場が異なります。

マンション管理士はコンサルタントやアドバイザーのような第三者の立場で業務を行いますが、管理業務主任はマンション管理会社に所属しているのです。

そして、管理組合に重要事項を説明したり、管理業務の報告を行ったりできるの監視業務主任者ならではです。

このような違いがあるため、ダブルライセンスを目指すことで業務の幅が大きく広がるのです。

年収の違いは?雇用形態で状況が大きく異なる!

独立・開業が可能なマンション管理士と異なり、マンション管理会社に所属して業務を行う管理業務主任者の年収は雇用形態により大きく異なります。

正社員の場合は年収400万円〜600万円ほどですが、契約社員になると250万円〜350万円となることも少なくありません。

管理業務主任者の資格を活かして収入アップを狙うなら正社員として働くようにしましょう。さらに、不動産やマンションに関する資格を保有していると収入がアップする会社もあります。

複数の資格を保有していると、収入だけでなく仕事の幅も広がるでしょう。

定年後にマンション管理士になるには?資格は複数ある方がいい!

定年後にマンション管理士

シニア世代に人気の資格としても知られるマンション管理士ですが、定年後に取得を目指す人も少なくありません。

定年後にマンション管理士として働くには、複数の資格を持っている方が有利になります。

マンション管理士の資格を保有する人が増えきているので、他の資格も取得し、幅広く活躍できる人材の方が企業にとって魅力的です。

管理業務主任者・宅建士・賃貸住宅管理士などの資格を持ち合わせていると、活躍の場が広がり、収入アップも期待できるでしょう。

定年後の再就職なら年収は?約300万が目安!

定年後にマンション管理士として再就職した場合、平均年収は約300万円です。

コンサルタントやアドバイザーとしての仕事が中心なので、経験豊富なシニア世代を積極的に採用する企業も増えています。

就職する地域や会社によって収入は異なるので、高収入を目指すならマンションの多い都会での就職がおすすめです。

地方やマンションの少ない地域であれば、マンション管理士以外の資格を保有したうえで就職活動を行うと、高収入が期待できるでしょう。

マンション管理士の求人はある?札幌や大阪などあちこちで募集あり!

マンション管理士の求人

マンション管理士は全国で需要の高い資格です。特に求人が多いのは、札幌や大阪などです。

コンサルタントが中心の仕事になるので、フレックス制を導入する会社も少なくありません。中には、手厚い研修やサポート体制が整い、さらなるキャリアップに適した会社も見受けられます。

企業の規模やマンション管理を行う地域のニーズによって収入が大きく異なるので、さまざまな求人に目を通してみると良いでしょう。

マンション管理士の年収は平均450万円!再就職の場合は少し下がる

マンション管理士の年収

この記事では、マンション管理士の業務内容や平均年収などを解説しました。

主な業務はコンサルタントやアドバイザーのような立場で地域住民の相談に対応したり、大規模な修繕を計画したりなどです。

平均年収は450万円ほどですが、他にも複数の資格を保有することで仕事の幅が広がり、収入アップが期待できます。

マンション管理士を取得したら、管理業務主任者や宅建士などを目指すと魅力的な人材として活躍の場が広がるでしょう。

定年後の再就職の場合、年収は約300万円に下がります。

ですが、就職する地域や企業によって大きく異なるので、さまざまな求人をチェックしてみましょう。

知識だけでなく、人生経験が活かせる仕事なので、マンション管理士の資格を取得しておけば再就職にも有利になります。

資格講座名アガルートアガルートユーキャンユーキャンフォーサイトフォーサイトスタディングスタディング
コース名ダブル合格カリキュラムマンション管理士・管理業務主任者資格取得講座バリューセット1マンション管理士/管理業務主任者 合格コース
税込価格59,800円67,000円57,800円39,600円
受講形式オンラインオンラインオンラインオンライン
教育給付制度何度でも1日3問まで10回記載なし
特典や割引合格したら全額返金。ダブル合格でお祝い金2万円メインテキスト5冊合格したら、最大2,000円のアマゾンギフトコード合格で最大amazonギフト券3000円分
受講者の合格率マンション管理士36.4%・管理業務主任者70%記載なし管理業務主任者71.3%・マンション管理士25.9%記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です