在宅ワークをお探しの方はこちら

気象予報士試験の独学は可能?難易度やおすすめ参考書を紹介

「気象予報士試験に独学で合格は可能?」

「気象予報士試験に独学で合格する方法を知りたい」

気象予報士を目指している方で、このような悩みを持っている方はいませんか。気象予報士の試験は合格率が低い難関の国家資格です。

そこで、今回の記事では、気象予報士試験の独学をテーマに以下の内容を解説していきます。

  • 気象予報士試験の独学合格の可能性
  • 気象予報士試験を独学で受験するメリット・デメリット
  • 気象予報士試験を独学で合格するためのポイント
  • 気象予報士試験の合格率を効率的に上げる方法

気象予報士試験に独学で挑戦してみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

コンテンツ

気象予報士試験を独学で勉強するのは可能?難易度はかなり高い

気象予報士試験独学

結論から言うと、気象予報士試験を独学で勉強すること自体は可能ですが、合格の難易度はかなり高くなってしまいます。なぜなら、独学は学習効率の低下だけでなく、合格するための正しい勉強の方向性を見失う恐れがあるからです。

気象予報士試験の概要!年に二回実施される

ここでは、気象予報士試験の概要について解説します。

  • 受験資格

受験資格の制限はありません。

  • 日程

毎年2回、1月と8月に開催されます。

  • 試験の方法

試験は学科試験と実技試験で構成されており、学科試験はマークシートによる多肢選択式、実技試験は記述式です。

  • 試験地

北海道、宮城県、東京都、大阪府、福岡県、沖縄県の6都市で開催されます。

気象予報士試験の合格率は?たったの5%前後!

気象予報士試験の合格率は5%前後とかなり低い数字です。気象予報士試験の受験者数は毎年3,000人前後ですが、合格者数はわずか150名前後と難易度の高さが分かります。

気象予報士試験の独学に必要な勉強時間は1,000〜1,500時間以上と言われており、勉強を始めてから合格まで、早くても2年は掛かると見ておいた方が良いでしょう。

気象予報士試験を独学で受験するメリットは?大きく2つに分けられる

気象予報士試験独学メリット

ここでは、気象予報士試験を独学で受験するメリットについて解説していきます。メリットは大きく分けて2つです。

①学習コストが抑えられる

独学は学習にかかるコストを大きく抑えられます。学習に使う市販のテキスト代や受験料などがコストとして考えられるでしょう。

なるべくコストを掛けずに、気象予報士を目指す方にとっては、大きなメリットと言えます。

②自分のペースで進めやすい

独学であれば自分のペースで勉強を進めやすく、忙しい社会人や学業と両立したい学生など、時間がない人には向いていると言えます。

まとまった学習時間を取れなくても、コツコツと時間をかけて気象予報士を目指す方にはメリットになるでしょう。

気象予報士試験を独学で受験する3つのデメリット!全体的に難易度が高い

気象予報士試験独学デメリット

気象予報士試験を独学で受験するデメリットについても確認します。3つのデメリットに共通しているのは、全体的に難易度が高いという点です。

①スケジュール管理やモチベーション管理が難しい

気象予報士試験の合格に向けて学習を進めるには、徹底したスケジュール管理と、試験当日まで勉強を続けるモチベーションが必須になります。

独学のデメリットは、スケジュール管理やモチベーションの維持などが難しい点です

仕事や学業をこなしながら、的確なスケジュール管理とモチベーションを維持して、学習を続けるには高い判断力と強い意思が必要になるでしょう。

特に資格試験に合格するにはモチベーションが大切です。モチベーションアップの方法については「資格合格者の体験談から学ぶ!資格勉強モチベーションアップ方法」で詳しく解説しているので、ぜひご覧になってください。

②内容の理解が難しい

独学では内容の理解が追いつかずに、合格に必要な学力を効率的に身に付けるのが難しい点デメリットです。

気象予報士試験は、予想業務に関する一般知識と専門知識の筆記試験に加えて、実技試験の実施があります。

つまり、出題範囲が幅広く、専門的な知識と確かな技術力を求められるため、独学でカバーしきれない学習領域が発生する恐れがあるのです。

③疑問の解決が難しい

独学の場合は、学習している中で必ず出てくるであろう疑問点や不明点の解決が難しくなります。なぜなら、気象予報士としての確かな知識と経験を持った人が周りにいないからです。

気象予報士試験に合格した人であれば、試験突破に必要な知識を持っていますが、独学である以上は経験者に質問・相談ができません。

疑問点や不明点を解決できない状態で、気象予報士試験の学習を進めなくてはいけない状態はデメリットと言えます。

気象予報士試験を独学で合格したい!押さえておきたい3つのポイント

気象予報士試験独学ポイント

ここでは、気象予報士試験を独学で合格したい場合に、押さえておきたい3つのポイントを解説しましょう。

気象予報士試験の独学スケジュールは?受験日から逆算しよう

気象予報士試験に合格するには、スケジュール管理が重要になります。なぜなら、気象予報士試験は難関の資格試験なので、独学の場合は合格するまでに掛かる時間が長くなる恐れがあるからです。

試験は年2回開催されますが、合格までには最低でも2年間は掛かると予測して、長期的なスケジュールを組み立ててください。

スケジュールを組み立てる際には、受験日から逆算して、必要な学習を積み重ねていくと、効率的に学力を身に付けられます。

気象予報士試験の独学に適した参考書は?予備校が作成したテキストがおすすめ

ここでは、気象予報士試験の独学に適した参考書を5つご紹介しましょう。基本的には、気象予報士試験の講座を開催している予備校が作成したテキストがおすすめになります。

なぜかと言うと、講座開催で実績に繋げている予備校が作成した参考書であれば、合格に必要な情報を過不足なく掲載している可能性が高いと考えられるからです。

ユーキャンの気象予報士 入門テキスト きほんの「き」

ユーキャンの気象予報士 入門テキスト きほんの「き」

ユーキャンの気象予報士 入門テキスト きほんの「き」

出版社:U-CAN

発売日:2021/9/3

本の長さ:316ページ

著者:ユーキャン気象予報士試験研究会 

資格の予備校で有名なユーキャンから、出版されている気象予報士の基本的なテキストになります。初学者向けのわかりやすい解説で、テキストは見やすい見開き構成です。

気象予報士試験は学習範囲が広いですが、学科2科目と実技の全科目を網羅した内容になっています。基礎知識だけでも解ける問題を掲載しているので、初めての学習でも自信に繋がりやすいでしょう。

気象予報士かんたん合格テキスト 〈学科・一般知識編〉 

気象予報士かんたん合格テキスト 〈学科・一般知識編〉

気象予報士かんたん合格テキスト 〈学科・一般知識編〉 

出版社:技術評論社

発売日:2008/9/5

本の長さ:376ページ

著者:気象予報士試験受験支援会 

学科2科目合格率56%の実績を持つ、気象予報士試験受験支援会の作成したテキストです。内容は学科・一般知識科目に関して、試験対策の視点から気象学をわかりやすく説明しています。

一般知識科目の合格には欠かせない気象関係法規を中心に、数式・計算を習得できるように数学・物理の基礎を分かりやすく解説した内容です。

改訂新版 気象予報士かんたん合格テキスト 〈学科専門知識編〉

改訂新版 気象予報士かんたん合格テキスト 〈学科専門知識編〉

改訂新版 気象予報士かんたん合格テキスト 〈学科専門知識編〉

出版社:技術評論社

発売日:2014/5/23

本の長さ:624ページ

著者:気象予報士試験受験支援会 

気象予報士試験の学科試験・専門知識科目に特化したテキストで、 広範囲な試験内容と新しい知識などに対応するために大幅な改訂をしています。

ベテランの講師陣が初学者に分かるように、気象観測・予報・気象現象・気象災害などについて試験に活かせる実践的な解説をしています。

気象予報士かんたん合格テキスト 〈実技編〉 

気象予報士かんたん合格テキスト 〈実技編〉

気象予報士かんたん合格テキスト 〈実技編〉

出版社:技術評論社

発売日:2012/3/2

本の長さ:448ページ

著者:気象予報士試験受験支援会 

気象予報士試験の実技試験突破を目指して作成されたテキストです。実技試験対策において高い合格実績を誇る、気象予報士試験受験支援会の講師が執筆の担当をしています。

実技試験の基礎知識から、記述問題の適切な書き方まで解説、実技試験で押さえておきたい7つの事例について模擬試験形式で掲載しています。

U-CANの気象予報士 これだけ! 一問一答&要点まとめ 第3版

U-CANの気象予報士 これだけ! 一問一答&要点まとめ 第3版

U-CANの気象予報士 これだけ! 一問一答&要点まとめ 第3版

出版社:U-CAN

発売日:2017/2/23

本の長さ:360ページ

著者:U-CAN 

試験直前期に確認しておきたい項目を、一問一答形式でまとめたコンパクトな問題集です。重要度を3段階に分けて表示し、効率良く学力の総点検ができます。

実技試験の対策としてオリジナル問題を収録、イラストや図表を使った分かりやすい解説で要点がまとめられています。

実際の天気や天気予報で毎日勉強しよう!

毎日の天気の観察や、情報発信されている天気予報で実技試験をイメージした学習を普段から心がけてください。

天気の状況や予報について、日常的に文章化したり口頭で伝える訓練をしたりすると、実技試験の学習に繋がるでしょう。

気象予報士試験に合格する方法!完全独学より通信講座がおすすめ

気象予報士試験通信講座

気象予報士試験に効率良く合格するには、独学より講座の受講をおすすめします。なぜなら気象予報士試験は合格率5%前後と難易度の高い国家資格だからです。

とはいえ、予備校に通学すると学習コストが高くなるだけでなく、時間の制約を受けてしまう場合もあるでしょう。

通信講座であれば、予備校ほどの通学コストが掛からずに、自分のペースで学習を進められます。

何より、気象予報士試験に特化したノウハウを活用できるので、効率良く確実に合格を目指せるのです。

ここでは、ユーキャンの気象予報士講座をおすすめします。おすすめする理由は「ユーキャンの気象予報士講座の特徴は?口コミ評判も紹介」で解説していますので、ぜひチェックしてください。

気象予報士試験の完全独学は難しい!通信講座などで程よくサポートを受けよう

気象予報士試験通信講座おすすめ

コストと学習効果のバランスが良い通信講座でサポートを受けながら、勉強を進める方法が気象予報士試験の突破に効果的と言えます。

なぜなら、気象予報士試験を完全独学で目指すのは、もともと高い難易度をより難しくしてしまう恐れがあるからです。

ここで、気象予報士試験の独学について、まとめますのでご確認ください。

  • 気象予報士試験の独学の難易度はかなり高い
  • 気象予報士試験を独学で受験するメリットは2つ
  • 気象予報士試験を独学で受験するデメリットは3つ
  • 気象予報士試験の合格を独学で目指すポイントは3つ
  • 気象予報士試験に効率良く合格するには通信講座がおすすめ

独学は学習方法の選択肢のひとつですが、「気象予報士試験の合格」を実現するならば、独学ではなく通信講座の受講を、ぜひ検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です