在宅ワークをお探しの方はこちら

オンライン秘書になるには?在宅ワーカーを目指せるサービス・求人・時給を解説!

オンライン秘書とは、依頼者が事務的な仕事を効率化して「本業に集中するための代行業務」やサービスを指しています。主に企業や個人事業主の代わりに事務的なサポートを実施。

オンラインアシスタントや在宅秘書とも呼ばれており、基本的には通常の秘書とは違いオンラインで取り組める仕事を任されます。

例えば、会食の予約や請求書の作成、情報収集などのオンライン上で片付く仕事を代行。

在宅ワークの方も多く、主婦や女性が働きやすい職業と言えます。好きな時間に働き、自分で仕事量を決められる仕事って憧れますよね。

オンライン秘書になりたい方は、在宅ワークやフリーランスに憧れる方が多いのではないでしょうか?

オンライン秘書は以下のような方と相性が良い職業です。

  • 子育てと仕事を両立して、自宅で働きたい主婦の方
  • 企業に務めた経験や秘書スキルを活かして、フリーランスの在宅ワーカーになりたい方
  • すでに別のフリーランスで働いており、オンライン秘書のスキルや経験がほしい方

主婦の方は大好きなお子さんを眺めながら、自由に働ける環境って最高じゃありませんか?

家が仕事場になれば服を着替えることもなく、女性は化粧の手間が省けます。通勤時間は約0分。パソコンや携帯を使っていつでも仕事に取りかかれます。

この記事では、在宅で仕事ができるオンライン秘書のサービスや求人の探し方、時給などの詳細を解説

「オンライン秘書になるには、どう行動していけばいいの?」と悩んでいる方は、ぜひ参考してみてください。

オンライン秘書になるには?求人の探し方・なる方法を解説!

オンライン秘書になるには「どのような手順を踏めばいいのか?」「どうやって求人や仕事を探してくるの?」という根本的な疑問があるのではないでしょうか?

オンライン秘書は、具体的に以下の3つから働く方法が選べます

  • クラウドソーシングや求人サイトを利用
  • オンライン秘書のサービス会社を利用
  • SNSや交流会で営業活動

どの方法も無料で始められるメリットがあるため、自分が気になるものからスタートしてみてください。詳細は以下で解説していきます。

クラウドソーシングや求人サイトを利用

時代に合った働き方ができるクラウドソーシングとは、多くの人たちに仕事を外注するサービスを指しています。

働き方が多様化した現代では、在宅やリモートワークが増えておりクラウドソーシングのCM広告もよく見かけるようになりました。

中でもクラウドソーシングで人気の上記3つの企業は、オンライン秘書になるには仕事数が多く使いやすいので最初に登録してみてください。

やり方は以下の通りで、

クラウドソーシングの公式サイトにアクセス

②個人情報や経歴などを登録

③仕事を検索して案件に応募

以上の順番で進めてみてください。クラウドワークスやランサーズはアプリもあるため、スマホからの登録も可能です。

公式サイト内で「秘書」というキーワードで検索するか、条件を選択して探す方法を取りましょう。

仕事を引き受けて経験や実績を付けていけば、企業や個人発注者からのオファーメールが送られる場合も。

また、インターネットで「オンライン秘書 求人」と検索して仕事に応募する一般的な方法も使えます

Indeed (インディード)や求人ボックス、派遣会社などの求人からこまめにチェックしていきましょう正社員や業務委託で固定収入の求人が募集されている場合もあります。

タイミングによっては、会社のホームページから契約社員やパート勤務などの直接雇用の求人を募集している場合も。クラウドソーシングや求人サイトを活用すれば、効率良く仕事を探せます

オンライン秘書の仲介サービス会社を利用

オンライン秘書になるには、仕事を発注したい方と受注したい方を仲介してくれるサービスを利用しましょう

各会社のリンクを記載しているので、ホームページから会社の雰囲気を確認してみてください。

書類選考やWEB面接などをクリアすれば、オンライン秘書として登録されます。ぜひまずは始めの一歩を踏み出してみてください。

以下では、オンライン秘書を仲介する4つの会社についてサービス内容や求人情報をまとめました。

・CASTER BIZ(キャスタービズ)

キャスタービズは、オンライン秘書サービスの中でも有名な会社です。秘書や人事、経理の仕事を始め、WEBサイトの運用などを任せられる人材を仲介。

2020年12月現在では契約社員や業務委託を始め、在宅勤務などのオンラインアシスタント業務がキャスタービズで募集されていました。

関連で他の求人も多く掲載されていたので、詳細は公式サイトで確認してみてください。

キャスタービズの公式サイト

オンラインアシスタント フジ子さん

WEB面接で適性を判断しながら経理や会計作業、文字入力やテープ起こし、翻訳業務やイラスト作成などの幅広い仕事が担当可能。

業務委託からスキルが認められれば、契約社員登用の制度も設けられておりオンラインアシスタントフジ子さんのサービスは、研修やサポート体制が整っています。

オンラインアシスタントフジ子さんの公式サイト

・HELP YOU(ヘルプユー)

ヘルプユーは経理や総務業務、営業サポートやカスタマーサポートなどの幅広いオンライン秘書サービスを展開。

サイトの掲示板から仕事に応募する形、ディレクターからのオファーで各仕事が担当できます。

ヘルプユーの公式サイト

・james(ジェームズ)

パソコンを使った情報収集や文字入力を始め、会社に勤務するポジションの場合は顧客の荷物運びや回収など、事務作業以外の幅広い業務を担当できます。

2020年12月現在では、在宅勤務と都内限定のアルバイトとパートの会社勤務、その他在宅勤務がジェームズで募集されていました。

ジェームズの公式サイト

SNSや交流会で営業活動

SNSの利点は、仲間を見つけやすいところや仕事の依頼者を探せる点です。仕事に活かせるツールとしてTwitterInstagramなど、多くのサービスが展開されています。

オンライン秘書になるには、求人を募集する企業のTwitterや公式ホームページからメールで直接営業する方法も。

また、無料で使えるnoteを有効活用して営業ツールに使いましょう。noteでは、各クリエイターが仕事の経歴や実績を宣伝する場所としても使われています。

オンライン秘書の仕事を発注したい方にとっても、SNSをチェックして見つけた人に仕事を依頼するパターンも珍しくありません。

また、各地域にあるコワーキングスペースでは、フリーランスの方が集まりやすい場所として仕事のつながりができることも。

交流会を利用すれば同じようなフリーランスや起業家と知り合うきっかけが作れるため、対面で話すのが得意な人にはおすすめです。

自分の実績や肩書きをアピールしながら、強みになる部分を押して仕事を獲得しましょう。

オンライン秘書の時給はどのくらい?

クラウドソーシング大手企業のクラウドワークスを例に調査したところ、オンライン秘書の時給は平均約900~1,000円でした。経験やスキルによっては時給1,500円程度の案件も。

他にも調査した結果、働く時間に関しては単発の日給を含め、以下のような条件が多く見られました。

*クラウドソーシングの業務委託

・一週間の勤務期間:3日以上

・一日の勤務時間:4時間以上

 

*求人サイトの直接雇用や業務委託

・フルタイムの会社勤務で月給の正社員や契約社員

・業務委託の在宅で固定報酬

育児中や家族介護が必要な方、副業に取り組みたい方など、短い時間在宅で働ける方を想定した募集意図を感じました。

中にはフルタイムの求人条件もあるため、平均時給の約900~1,000円を目安に自分のライフスタイルに合う内容を探してみましょう。

オンライン秘書になるには無資格・未経験でもOK?

事務的な作業が多く基本的なパソコン・メール操作のスキルは必要ですが、オンライン秘書になるには無資格や未経験でも可能です。

もちろんWordやExcel、電話応対など、デスクワークに必須の経験があれば採用が有利に働きやすくなります。

事務職の経験や普段からパソコンに触り慣れている方なら、基本的なスキルに関しては問題なく応募が可能です。

オンライン秘書になるには3つのスキルが必要

オンライン秘書は細やかな事務作業が中心のため、心配りや気遣いを意識する能力が求められます以下では、オンライン秘書に必要な3つのスキルを簡単にまとめました

・連絡はこまめに早く返す

勤務中は、依頼者のメールや電話の連絡をこまめに返信するように心がけましょう。

朝・昼・夜の3回にわけてチェックする時間を設けたり、仕事が一区切りしたタイミングや1時間ごとにメールをチェックしたりします。

オンライン秘書は依頼者の事務作業をスムーズにする仕事なので、即レスを心がけると依頼者との距離が縮まりお互いに信頼し合って仕事が進みます。

・仕事用のSNSツールが操作できる

オンライン秘書になるには、仕事用のツールに関する操作スキルが必要です。

どれも簡単に覚えられるものばかりなので安心してください。例えば、以下のような無料のサービスを使います。

Chatwork(チャットワーク):個人からグループまで、メッセージのやり取りができる無料のツール。入力した内容の修正、絵文字表現の機能もあり使いやすい内容です。

 

Slack(スラック):グループのやり取りに向いており、スレッド式で複数の人たちとメッセージのやり取りができる無料のツール。企業の方が多く利用しています。

 

Zoom(ズーム):ビデオ会議や面談に使われることが多い無料のツール。打ち合わせなどに利用されます。

他にもよく使われるツールとして、GoogleメールGoogleドキュメントなどがあげられます。

基本的に操作は難しくないため、オンライン秘書の求人に応募する前に登録して操作方法をチェックしておきましょう。

・先回りして作業をスムーズに進める

依頼者がどんな結果を望んでいるのか?」という思考を想像して、先回りして相手の意図をくみ取る姿勢が大切です。

単純作業の仕事でも丁寧に進めていき「こんなことに困っていませんか。手伝います」など、仕事で成果をあげるために自ら進んで行動する精神を心がけましょう

クライアントから喜ばれて満足してもらえるだけでなく、仕事を順序立てて予測するスキルを磨くことにつながります。

また、秘書全般についての心得は『Hisholio』のサイトで幅広く紹介。仕事を始めた際は、勉強する上でぜひ参考にしてみてください。

オンライン秘書になるにはまず副業から始める

本業の他に働いてお金を得る方法が当たり前になりつつある中、オンライン秘書になるにも、いきなり本業ではなく副業から始められるようになりました

OLの方なら休日の副業としてスタート。主婦の方なら午後から夕方までのお試しで働くなど、オンライン秘書の仕事が自分に向いているかぜひ試してみてください。

軌道に乗れば本業にできるため、突然仕事をやめなければいけない状況になったときや家計が苦しいときに働ける保険にできます。

オンライン秘書の仕事内容は?

オンライン秘書はパソコンやスマホを使いながら、例えば以下のような仕事を引き受けていきます。

  • 請求書や領収書の作成、交通機関や店などの予約代行
  • スケジュールの調整、顧客からの電話やメール対応
  • 議事録や資料の作成、文字入力、情報のリサーチ業務
  • その他事務作業、サイト運営や翻訳業務

仕事を発注する側の事務的な作業負担を和らげる意図があるため、オンライン秘書になるには上記のような仕事をこなせるスキルが求められます。

以下では4つにわけて簡単にそれぞれの詳細を説明しました。

請求書や領収書の作成・交通機関や店などの予約代行

依頼者から任された内容を確認して、請求書の作成や送付を担当会社によってやり方は変わるものの、無料で使えるオンラインサービスを活用して領収書を作成することも。

また、飛行機や新幹線のチケット手配、会食する場所の予約代行も仕事です社長や上司の代わりに細かい事務作業を担当して、業務が円滑にまわるようにサポートしていきます。

②スケジュールの調整・顧客からの電話やメール対応

企業の社長や従業員の代わりに会議場所の確保など、スケジュールの調整や管理を実施していきます。

会社によっては、顧客からの問い合わせ対応を電話やメールでやり取りする場合もあるため、臨機応変に細やかに対応する能力が必要です。

③議事録や資料の作成・文字入力・情報のリサーチ業務

音声を聞いて入力していく文字起こしや議事録の作成、データをExcelに入力していく作業など、幅広い事務作業に取り組めます。

他にも報告書などの資料作成を始め、各会社の業務内容に沿った情報収集をインターネットや電話調査で任されることも。

④その他事務作業・サイト運営や翻訳業務

経理関係の金額計算や人事の面談調整業務、営業サポートなど、細やかな事務作業を任せられる場合もあります。

また、会社によってはWEBサイトの運営管理やデザイン作成、外国語の翻訳作業など、幅広い業務を任せてもらえる機会も。

上記で紹介した4つの仕事内容以外にも、業務が円滑に進むサポート役として任される仕事は多くあります。

オンライン秘書になるには、一つずつ丁寧な対応を心がけてクライアントから信用をゲットしていきましょう。

オンライン秘書は社会で需要が高まっている!

オンライン秘書は、働き方が変わる社会で仕事を外注する企業や個人が増えた結果、生まれてきた仕事と言えます

  • 会社の人件費を削減できる
  • 業務サポートの幅が広い、細やかな事務作業を任せやすい

など、会社にとってもメリットが大きいのです。以下では、オンライン秘書が社会から必要とされる理由を簡単に解説しました

①会社の人件費を削減できる

企業がオンライン秘書に仕事を外注すれば、料金と引き換えに優秀な仕事ができる人材を確保できる上、給料の支払いや教育にかかるコストを最低限に済ませられるメリットがあります。

また、繁忙期と閑散期の時期がハッキリしている業界なら、月によって仕事量が少ないため、直接雇用で従業員を雇わずに済むので人件費カットにつながる利点も

無駄なコストをかけずに仕事を任せられるオンライン秘書は、企業にとってもありがたい存在と言えます

②業務サポートの幅が広い・細やかな事務作業を任せやすい

オンライン秘書は請求書作成や情報収集などの事務作業だけでなく、営業サポート人事の採用業務などの幅広い分野に対応が可能です

仕事を引き受けたい方にとっても、自分の社会人経験やスキルを活かすチャンスにつながりますよね。

仕事を依頼する側としても、細やかなサービス内容を選べて優秀な人材を使う価値が高く、大手企業から個人事業主まで多くの方から注目が集まっています。

フリーランスの働き方が定着してきた背景も

フリーランスの働き方が受け入れられるようになり、社会の需要と供給に合った結果オンライン秘書の仕事も増えてきています。

在宅で働きたいフリーランス、コストを抑えて仕事を外注したい企業がマッチすれば、オンライン秘書に仕事が依頼される流れです。

オンライン秘書になるには、勤め時代に経験やスキルアップを意識して仕事に取り組んでおきましょう。いざというときに、フリーランスとしてすぐに働けるチャンスが生まれます。

オンライン秘書になるメリット

オンライン秘書になると得られるメリットを簡単に説明しました。主に3つの観点をポイントにまとめています。

・在宅で仕事ができる

オンライン秘書になると基本的には在宅ワークが多く、通勤時間がかかりません。起床してから数分でパソコンの立ち上げや準備が可能で融通が利きます。通勤時間が浮いた分をプライベートや家事の時間に有効活用できますね。

・時間にとらわれず自由に働ける

働く時間をコントロールしやすいメリットも、オンライン秘書の良いところです。午前中だけ働く日や午後から働く日。毎日2~4時間程度の働き方もクライアントとの相談次第で可能。

会社員だと時間固定のフルタイムが多く、時間に融通をきかせることは難しいですよね。例えば、病院への通院や子どもの保育園の送り迎えなどにも在宅勤務なら対応できます。

社会人経験が活かせる

オンライン秘書の仕事内容は幅広く、ITやweb制作会社、事務全般に関わる業界経験が仕事にも役立ちます。

オンライン秘書を通してライターやデザイナーなど、新しい職種にチャレンジすることも可能。仕事の幅が広がりスキルアップも目指せて一石二鳥です。

オンライン秘書になるデメリット

オンライン秘書になるデメリットを簡単に説明しました。主に3つの観点をポイントにまとめています。

スケジュールの自己管理が必要

オンライン秘書として働くには、スケジュールの管理を立てて締め切りに間に合うように時間や業務量を一人で調整していく必要があります。

挑戦と失敗を繰り返しながら、勉強も欠かさずに成長し続ける意思力やマインドセットも大切です。

・クライアントの都合に合わせる必要が出てくる

会社によっては業務時間がある程度指定される場合も。クライアントの予定や都合に合わせなければいけない状況もあり、ある程度は臨機応変に行動する場面も出てきます。

また、仕事内容が想像していた内容と違ったという状況を防ぐためにも、契約前に疑問点はしっかり確認しておきましょう。

収入が毎月一定でない可能性がある

オンライン秘書はフリーランスで働く場合は、収入が一定にならず安定するまでに多少の時間が必要かもしれません。

対策としては「1か月にどのくらいの収入が必要か?」という目安を決めて、仕事を積極的に受注していきましょう。以下では、事前に決めておきたいポイントをまとめました。

  • 時給1,000円以上の仕事しか引き受けないなど、報酬の最低額を決める
  • 単価制の場合、1か月に10件以上は引き受けるなどの目安を考える
  • 1日にどのくらいの時間を働くか目安時間を決める

主婦やOLの方は、月に稼ぎたい目標金額を設定しましょう。「1か月後は3~4万円以上稼いで、半年以内に10万円の収入を達成する」など、具体的な数字を決めるとモチベーションを保てます。

フリーランスの場合は収入が安定してきたら、個人事業主や株式会社などに法人化して節税対策につなげる方法もアリです。

オンライン秘書におすすめの資格は?採用率アップを狙おう

オンライン秘書になるには、無資格や未経験でも求人や案件に応募できます。ただ、資格があるとスムーズに採用されやすい利点があります。

求人に応募する際、履歴書や自己PRの提案文章を使って「能力や経歴」をアピールするのが一般的ですよね。オンライン秘書の仕事も同じで、肩書きとして使えば資格取得が有利に働きます。

以下では、オンライン秘書資格と秘書検定について簡単にまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①オンライン秘書資格【Smart資格】

簡単に資格取得が目指せるSmart資格の講座は、オンライン秘書を仕事にしたい方にピッタリです。

「試験会場に行けず時間も取れないから、資格や通信講座は難しいかも…」と感じている主婦の方も安心。

オンライン秘書になるための勉強と試験受験がスマホからできるため、場所や時間にとらわれずに資格取得が可能です。

オンライン秘書の資格保有者が監修した教材を使い、自分に投資する感覚で資格取得を目指せます。

最短一週間でオンライン秘書資格が取れる!

Smart資格のオンライン秘書講座は、資格取得でスキルアップにつなげたいものの、勉強時間が億劫に感じる方にもおすすめの内容です。

最短一週間からオンライン秘書の肩書きを名乗れるため、手っ取り早くオンライン秘書になるにはピッタリ。

資格があれば「在宅で働きたい」という夢が叶いやすくなり、求人の応募に通りやすくなることも。

教材はスマホから勉強できるため、お出かけ中の電車やカフェでお茶をするスキマ時間にオンライン秘書の知識を身につけられます。

また、試験合格後に仕事を貰うテクニックのサポートも実施。短期間でオンライン秘書として安定した仕事を得るのにおすすめの講座です。

②秘書検定【実務技能検定協会】

ビジネスマナーや秘書業務の知識などが身につけられる秘書検定資格は、社会人から秘書まで幅広い方におすすめできる内容です。

オンライン秘書の仕事に限定せず、デスクワークの仕事で働いている方はスキルアップにも役立ちます。冠婚葬祭のマナーなど、日常生活に関わる知識も身につき一石二鳥。

秘書検定は3級~1級までの難易度があり受験資格はありません。

受験費用も比較的安いため、オンライン秘書になりたい方が独学で秘書の知識を広く深く学びたいときに便利です。

副業から始めたいOL・主婦には秘書検定3級がおすすめ

秘書検定の3級なら初心者の方でも、社会人経験があれば知っている内容も多くやさしい難易度です。

オンライン秘書になるには、求人に応募して仕事を始める必要があるものの、いきなり始めるには抵抗感があるOLや主婦の方もいると思います。

まずは副業からスタートするためにも、秘書検定の勉強を始めてみませんか?

秘書検定の肩書きがあれば無資格の応募者と差をつけて採用率がアップ。秘書としての心得や仕事の進め方も学べるため、オンライン秘書として働くときのマニュアルとしても役立つはずです。

秘書検定の公式サイト

まとめ:オンライン秘書になるには資格取得がおすすめ

在宅で仕事ができるオンライン秘書のサービスや求人の探し方、時給などの詳細を見てきました

オンライン秘書になるには、以下のサービスや方法を活用して仕事を獲得していきましょう。

  • クラウドソーシングや求人サイトを利用
  • オンライン秘書のサービス会社を利用
  • SNSや交流会で営業活動

また、オンライン秘書の時給は平均約900~1,000円でした。いきなりオンライン秘書として活動する方法もありますが、まずは副業や小さなチャレンジから始めてみてください。

本業を持っているOLの方、子育てと仕事を両立させたい主婦の方にとってリスクを回避できるメリットがあるからです。

オンライン秘書になるには資格が必須ではないもののオンライン秘書資格「秘書検定」を持っていると、クライアントから信用を得やすくなります。

フリーランスの方なら仕事の受注率がアップできると、高収入にもつながりうれしいですよね。

Smart資格」のオンライン秘書資格の講座は、オンライン秘書の仕事と相性が良いため、基礎知識を学ぶのにもピッタリです周囲のフリーランスの方と差をつけるためにも、ぜひ行動に移してみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です