在宅ワークをお探しの方はこちら

弁理士の予備校で社会人におすすめの内容を厳選紹介【2021年度版】

国家資格の弁理士は、難易度が高く勉強時間がかかるため、独学よりも予備校の勉強法がおすすめです。プロの講師や実績のある教材から効率よく勉強が進められます。

ただ、どのような予備校を選ぶとよいのか、迷われている方もいるかもしれません。

本記事では、比較検討するために弁理士の予備校で社会人におすすめの内容を厳選紹介します。

予備校選びのポイント、予備校を選ぶメリットを一緒に解説するので、受講するときの参考にしてください。

弁理士の予備校を社会人が選ぶときのポイントは?

 

社会人から弁理士の勉強を予備校で始めたい方に向けて、参考にしたいポイントをまとめています。

それぞれの予備校によって強みやメリットは変わるので、自分に合う内容を選んでみてください。

費用と予算から選ぶ

弁理士の予備校の相場は5~58万円程度です。カリキュラムやコース内容によって変動しますが、独学よりは費用が高くなります。

予備校によっても価格が変わるので、自分の予算と相談しながら選びましょう。

弁理士の講座では、数万円程度まで安く受講できるキャンペーンの適用が可能です。たとえば、下記のような割引の一例があげられます。

  • 過去に対象講座の受講者は一部20%割引(アガルート)
  • 法律関係の資格取得者は30,000円の割引適用(資格スクエア)

※情報は、2021年8月現在の内容を反映。適用はコースや条件あり。

上記のように、割引制度の実施を確認して申し込むとお得に受講できます。

予備校選びのポイントとして「どのくらいの予算があるのか?」講座にかかる費用と検討しながら、無理のないプランで予備校選びを進めてください。

教材や講義内容から選ぶ

社会人から資格の勉強を始めるときは、予備校での勉強がおすすめです。予備校の授業には、教室に通って勉強を進める通学タイプ、自宅でコツコツ勉強を進める通信タイプの授業があります。

予備校を選ぶときの決め手にしたい項目は、下記のとおりです。

  • テキストや問題集(紙媒体・デジタル)
  • 質問サポートの有無、回数制限(直接対面、メールなど)
  • カリキュラム内容の充実度(添削や過去問など)
  • オンラインの機能、サポート対応

予備校の教材にはそれぞれの強みや特徴があります。

時代の流れに合わせてオンラインの授業に対応した講座も多く、スマホやパソコンを使った勉強が可能です。忙しい社会人の方が通勤や家事のスキマ時間に対策を進められます。

予備校を選ぶときのポイントは、教材や講義内容を参考に選んでみてください。

合格者の声・実績から選ぶ

弁理士の試験に合格した方のコメントは、これから勉強を始める方の支えになります。各予備校の公式サイトに合格者のインタビュー記事やコメントがあるか確認しましょう。

合格者の声が見当たらない場合は「弁理士+予備校の名前+評判(口コミ)」、または、SNSで「弁理士+予備校の名前」で検索すると受講者の感想が探せます。

公式サイトに予備校の講師が掲載されているときは、過去の学歴や経歴、実績をリサーチします。

各予備校の特徴、メリットとデメリットなど、知りたい内容を情報収集すると予備校選びで失敗しない対策にできるでしょう。

予備校選びのポイントでは体験者の声を参考にしてください。

弁理士を予備校で勉強するメリット

 

弁理士の予備校は、独学にはないメリットが多くあげられます。

初めから予備校に通う選択肢もありますが、勉強の途中で切り替えたいときにも予備校は役立つでしょう。

弁理士を予備校で勉強するメリットを解説します。

一発合格が目指しやすい

弁理士の合格率は約5〜10%で推移しており、国家資格のなかでも比較的高い難易度です。試験対策では、特許や法律に関する知識が求められます。

初めて勉強する方にとっては難しいと感じやすく、予備校の教材を使って対策を進めるのが安心です。

独学はわからない問題にぶつかるとひとりで解決する必要がありますが、予備校は体系的に組まれたカリキュラムで効率よく勉強が進められます。

また、講師に質問できるサービスがある講座など、合格に向けて確実に理解が進めやすいところが予備校のメリットです。

スケジュールが管理しやすい

予備校では合格までのスケジュールが明確で、独学よりも計画どおりに勉強を進めやすいところが魅力です。

弁理士は平均約3,000時間の勉強が必要で、予備校では一年程度の期間をかけて集中して試験対策が進められます。

社会人が独学で目標時間を達成するのは、根気と覚悟が必要でしょう。予備校は、途中で勉強の方法を切り替えるときにもおすすめです。

基礎知識がある方は、科目別のコースを受講すると費用を節約して勉強が進められます。

これから予備校を使って勉強を進めたい方は、来年の試験に向けて予備校を受講する方法を視野にご検討ください。

講師から授業が受けられる

予備校は、独学にないサービスが充実しているところが魅力のひとつです。たとえば、予備校の質問サービスがある場合、メールやSNSを使って試験対策でわからない部分の疑問が解消できます。

通学タイプの予備校なら、講師や仲間と一緒に勉強が進められてモチベーションが維持しやすくなるでしょう。

予備校の勉強には無駄がなく、プロの講師や実績に基づいた構成で授業が受けられるところが便利です。

どのような講師がいるのか実績や経歴を確認するときは、予備校の公式サイトを使いましょう。実際に使ってみた人の声をネットで検索するときは「予備校名+口コミ(評判)」で検索をかけると、有益な実体験の情報が得られます。

弁理士の予備校と独学はどちらがおすすめ?

 

基礎知識がある方は、独学でも理解が早く進められる点で有利です。弁理士に関する勉強が初めての方は、予備校の勉強法がおすすめです。

どちらの方法を選ぶのか、再度検討するときの参考にしてください。

弁理士の勉強時間は平均約3,000時間が必要

特許や法律に関わる知識が求められる弁理士は、長いの勉強時間が必要です。独学と予備校のどちらが向いているのか簡単にまとめています。

  • 独学に向いているケース:特許や法律、理系に関する基礎知識がある方。
  • 予備校に向いているケース:弁理士に関わる科目の知識がなく、初めて勉強する方。

仮に独学で進める場合は、一年半かけて3,000時間を達成する場合、毎日約5時間半の勉強が必要になります。

社会人から勉強を始めるときは、独学よりも予備校がおすすめです。ある程度知識のある方は、独学または予備校の単体コースを選ぶ形で合格を目指すとよいでしょう。

弁理士の合格率は約5〜10%

国家資格の弁理士は、高い難易度の試験で、5~10%の間で推移している形です。どのような試験内容なのか、まずは独学で進めてみてから予備校の受講を判断するのもよいかもしれません。

初めて勉強する方は、予備校の対策で効率よく勉強するのがおすすめです。独学での資格取得が難しいと感じている方が現状を打破する手段にできます。

弁理士の試験を受験済みで二度目以降に再受験するときは、予備校の単体コースを受験して合格に近づける方法をご検討ください。

弁理士の試験対策で社会人におすすめの予備校!

 

今回は弁理士の予備校におすすめの「アガルート」と「資格スクエア」を解説します。

社会人におすすめの予備校になるので、初めて勉強する方や独学から予備校に切り替えたい方にピッタリのコースが受講できるでしょう。

予備校選びの参考に活用して自分に合う内容をご検討ください。

アガルート

弁理士の各試験に対応した講座を多く開講しています。人気講座のアガルートは通信タイプの勉強スタイルです。

初めて受験する方に向けたコースもあれば、単体で気になる科目を中心に受けられるコースなど、さまざまな内容が選べます。

アガルートの講義内容や特徴は、下記のとおりです。

  • 動画講義(倍速や音声ダウンロード可)
  • アナログのテキストとデジタルで併用できる
  • 授業料の全額返金、お祝い金がもらえる(条件あり)

弁理士の受験者に向けたモチベーションをあげるサービス内容が多くあげられています。有効活用して忙しい社会人の方が効率よく勉強を進められる内容です。

また、どのような講座なのか疑問に感じる場合は、事前に相談できるサービスもあるのでぜひ活用しましょう。

初めての受験や再挑戦にアガルートの予備校はおすすめなので、予備校を選ぶときの候補に入れてみてください。

資格スクエア

弁理士を初めて勉強する方向けのコース、短答式試験や論文に対応したコースを開講しています。コスパのよい通信タイプの講義を受講したいときに資格スクエアがおすすめです。

資格スクエアの講義内容や特徴をまとめています。

  • スマホを使った勉強にも対応
  • サポート体制が充実(オプションや単体プランあり)
  • 法律関係の資格取得者は割引が適応される(条件あり)

資格スクエアのYouTubeチャンネルもあるので、授業の進め方が自分に合っているかどうか受講前に確認しましょう。また、公式サイトには、実際に受講した方の合格体験談が記載されています。

通信タイプの講義でコツコツ勉強を進めたいときは、資格スクエアの予備校を候補に入れてみてください。

弁理士の予備校まとめ

 

弁理士の予備校で社会人におすすめの内容を見てきました。

社会人から弁理士の勉強を初めて進めるときは、独学よりも予備校がおすすめです。事前にスケジュールが組まれているので、効率的に勉強が進められます。

予備校選びのポイントでは「費用と予算」「教材や講義内容」「合格者の声・実績」3つの観点から選んでみてください。

弁理士の予備校でおすすめの内容をもう一度おさらいしましょう。

  • アガルート:通信/コース内容が充実、お祝い金などの制度あり。
  • 資格スクエア:通信/オンライン授業に力を入れている。

本記事で紹介した予備校を参考にしながら、予算や自分の勉強スタイルに合う内容をご検討ください。

合わせて読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です