在宅ワークをお探しの方はこちら

資格スクエアの信託財務プランナー講座の特徴は?口コミ評判も紹介

これから紹介する「信託財務プランナー講座」は、

・弁護士資格を有する方

・司法書士資格を有する

・行政書士資格を有する方

・税理士資格を有する方

・無料体験講義を視聴の方向けの講座が用意されています。

資格スクエア信託財務プランナー講座の良い評判と口コミ3つ

仕事

2016年に誕生した「信託財務プランナー」資格は、信託財務の専門家として誕生した資格です。資産を運用管理するファイナンシャルプランナーとは異なり、「信託財務プランナー」は稼ぐことを主眼にしています。資格スクエアの「信託財務プランナー講座」は信託を活用した提案のノウハウをもった人材として認定されます。「信託財務プランナー講座」の良い口コミを3件紹介します。

①オンラインでいつでも学習ができる

「信託財務プランナー」はオンラインでいつでも学習できます。第1段階で、全カリキュラム10講座を全て視聴することができます。

1講座が30分なので、通しで視聴しても5時間で完了します。第2段階で、基礎知識・講座内容確認テストがあります。Webサイトから受験することになっています。確認テスト結果が不合格のケースは、リトライが可能です。確認テスト終了後に最終課題を提出します。

②講座費用もリーズナブル

講座価格を紹介します。10回のオンライン講座+確認テスト+最終課題提出で税込み110,000円です。

但し、弁護士・司法書士・行政書士・税理士の国家資格を有しているときは半額の税込み55,000円です。合格後は信託制度保障協会に登録するときの登録料(税込み11,000円)と、2年間の年間更新料(税込み24,000円)が必要です。

③オリジナルテキストの質が高い

「信託財務プランナー講座」のオリジナルテキストは、信託への関わりが深い弁護士・司法書士・行政書士・税理士・宅建士等の民法または税務・税法に関して知識がある方々向けに構成させています。

そのオリジナルテキストを基にして10回のオンライン講座・確認テスト・信託制度保障協会へ課題を提出します。解答方法はMS PPTでおこないます。

資格スクエア信託財務プランナー講座の悪い評判と口コミ3つ

パソコン

資格スクエア「信託財務プランナー講座」の悪い評判と口コミ3つを紹介します。

①ある程度の予備知識が必要

「信託財務プランナー」は、民事信託の基本知識を持ってそれを活用した適切な提案をする専門家です。弁護士・司法書士・行政書士・税理士・宅建士等の資格があると民法・税務の専門知識を有しています。全10回のオンライン講座内容を理解し易いというメリットがあります。

②実績が少ない

「信託財務プランナー」資格は2016年に新設しました。そのため実績が少ない状況です。
資格スクエアの「信託財務プランナー」講座は、これからの講座という印象を持つ方もいます。「信託財務プランナー」合格者は確実に増えていますが、FP協会・金財のファイナンシャルプランナー資格と比較すると圧倒的に少数です。

③対面学習ができない

LIVE講座を受けられないので、対面学習ができません。資格スクエアはLIVE講座をしていません。他の受講生と切磋琢磨して刺激し合う臨場感ある講座を希望する方には通学する予備校が良いでしょう。

また、添削指導やサポートが整っていないので途中放棄しやすいことです。難関の司法試験講座で独学プランを選択することは避けましょう。

資格スクエア信託財務プランナー講座の特徴

勉強

「信託財務プランナー」が必要とされる背景は、超高齢化が進むなかで、家族の資産管理と承継に関する総合的な相談先が少ないことが課題となっています。

ファイナンシャルプランナーが担いますが、専従はしません。信託法の改正により財産の管理と処分におけるニーズは多様化しています。そこで、資産管理と民事信託を活用して受託者責任を果たせる専門家の存在が期待されています。

信託財務プランナー講座を開講しているのは資格スクエアだけ

メモ

資格スクエアは、信託制度保障協会と提携して「信託財務プランナー」資格取得のためのオンライン講座を開講しています。

民事信託に関する専門家が少ないので、競合・競争相手も少ない状況です。2025年に団塊世代の方々が後期高齢者になるので「信託財務プランナー」が活躍する場面が多くなっていくでしょう。

しっかり実力がつくカリキュラム

勉強

「信託財務プランナー」講座はオンライン講座が10回用意されています。1回の講座は30分です。全回視聴しても5時間で済みます。

全10講座は、第1回:信託の仕組みと位置づけ、第2回~4回:信託の価値の伝え方と検討事例、第5回:資産形成時代の信託、第6回:信託税務の基本、第7回:信託と任意後見・遺言との併用、第8回:信託提案プレゼンテーション・ノウハウの全て、第9回:ライフプランのプロテクション手段としての信託、第10回:コミュニケーションスキルの基礎です。

テキストだけでなくレジュメもしっかり準備されている

面接

テキストだけではなく、オンラインレジュメが充実しています。オンライン講座と一緒にオンラインレジュメが提供されます。

パソコン・タブレット端末・スマートフォンそれぞれ1台で完結します。オンラインレジュメはテキストの編集可能な仕様です。独自の試験対策集の作成が可能です。また、オンライン講習で学習の進め方に疑問があれば、気軽に質問ができます。回答は、1週間以内に届きます。

資格スクエア信託財務プランナー講座はこんな人にオススメ!

土地家屋調査士

資格スクエア「信託財務プランナー」講座は、信託への関わりが深い弁護士、司法書士、行政書士、税理士、宅建士の国家資格を有している方にお勧めの講座です。

「信託財務プランナー」講座は、民法・税務に関して知識がある方々を対象にした講座です。新しい「民事信託」の分野業務へ挑戦したい方に向いた講座です。

資格スクエア信託財務プランナー講座に向いてない人

稼げる資格 独立

資格スクエア「信託財務プランナー」講座に向いてない方は、モチベーションの維持が難しい方です。講座受講の仲間と切磋琢磨する機会がないので、講座継続のモチベーションの維持が難儀である脱落者がいます。

弁護士・司法書士・行政書士・税理士・宅建士の方々が対象です。日々の業務が忙しい上、資格取得の講座の併用は厳しい状況になり得ます。

まとめ

勉強

資格スクエア「信託財務プランナー」講座は、自分のペースで学習・勉強を進めたい方々、近所に予備校がない方々、予備校に通う時間的・金銭的な余裕がない方々に向いています。

弁護士・司法書士・行政書士・税理士・宅建士資格を有している方々へお勧めの講座です。さらに前記資格を有する方は割引制度の特典がついています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です