在宅ワークをお探しの方はこちら

資格スクエアの司法試験予備試験講座の特徴は?口コミ評判も紹介

司法試験

「資格スクエアの司法試験予備試験講座の評判ってどう?」
と疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。

結論からお伝えすると、リーズナブルな価格で実力派講師の指導が受けられる講座です。

実際の口コミでも「講座費用がリーズナブル」「講師の説明が分かりやすい」と高評価です。
この記事では、資格スクエアの司法試験予備試験講座の良い評判と悪い評判をお伝えします。

さらに、資格スクエアの司法試験予備試験講座の特徴を踏まえて、おすすめの人も紹介しますので、資格スクエアの司法試験予備試験講座を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

資格講座名資格スクエア資格スクエアアガルートアガルートスタディングスタディング
コース名逆算プレミアム予備試験1年合格カリキュラム|通信指導予備試験合格コース(総合)
税込価格987,800円1,798,000円134,200円
受講形式オンラインオンラインオンライン
教育給付制度講義画面からいつでも質問何度でも記載なし
特典や割引説明会参加で55,000円割引 勉強法資料(49,500円分)無料 音声ダウンロード(55,000円分)無料週1回の1時間程度の通信指導。早期申し込み30%off(1,384,460)合格で最大20,000円のお祝い金
受講者の合格率記載なし20.29%記載なし
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

資格スクエア司法試験予備試験講座の良い評判と口コミ3つ

勉強

資格スクエア司法試験予備試験講座の良い評判をまとめました。
代表的な良い評判は、以下の3つです。

  1. 合格実績が豊富
  2. 講座費用がリーズナブル
  3. 実力派講師による指導が受けられる

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.合格実績が豊富

「合格実績が豊富」という口コミが数多く見かけられました。

資格スクエアはこれまでに6期の受験生を輩出しており、徐々に合格者が増えてきています。
司法試験予備試験の合格者のうち3.2人に1人が資格スクエア生なのです。
2019年の合格者数は、147人とホームページに公開されています。
口コミにもある通り、豊富な合格実績が公開されているので、安心して受講できます。

2.講座費用がリーズナブル

「価格がリーズナブル」
「資格スクエアはコスパが最高」
このような口コミも見られます。

受講費用はオンライン予備校の中でも、トップクラスに安く設定されています。
一番安いというわけではありませんが、講座の内容が充実しているので、コストパフォーマンスはオンライン講座の中でトップといっても過言ではありません。

アガルートと比較すると、料金は15万円以上安く、添削通数は2倍となっているので、低コストで充実した学習を受けたい人にピッタリです。

3.実力派講師による指導が受けられる

「講師の説明がわかりやすい」
「経験豊富な講師だから信頼できる」
このような口コミも目立ちます。

資格スクエアに在籍しているのは、指導実績が豊富な実力派講師です。
実力派カリスマ講師から直接添削指導を受けることができ、精神的にも大きな支えになるでしょう。
初学者でも分かりやすいようにかみ砕いて説明してくれると、分かりやすい講義も人気です。

資格スクエア司法試験予備試験講座の悪い評判と口コミ3つ

電卓

資格スクエア司法試験予備試験講座には、悪い評判も少なからずあります。
代表的な悪い評判をまとめると、以下の3つです。

  1. 教育給付制度の対象にならない
  2. eラーニングシステムが使いにくい
  3. テキストに索引がない

1つずつ詳しくみていきましょう。

1.教育給付制度の対象にならない

「教育給付制度の対象にならない」という評判もあります。

実際に資格スクエアの司法試験予備試験講座は、教育給付制度の対象ではありません。
教育給付制度の対象であれば、給付金を受け取れますが、資格スクエアは対象外です。

ですが、アガルートや伊藤塾のオンライン講座でも司法試験予備試験講座は、教育給付制度の対象にはなっていません。
つまり、司法試験予備試験講座が教育給付制度の対象外であるため、教育給付制度の有無で予備校を選ぶ必要はないでしょう。

2.eラーニングシステムが使いにくい

「スマホでのeラーニングが使いにくい」
このような口コミも少なくありません。

資格スクエアのeラーニングはオンライン予備校の中でもトップクラスといわれていますが、スマホでのeラーニングとなると、評判はよくありません。
パソコンで使える機能がスマホで使えない場合もあり、操作性も下がってしまいます。

資格スクエアの学習システムはマルチデバイスに対応するように作られていますが、パソコン視聴を基準に作られています。
スマホではeラーニングが使いにくいことを理解しておきましょう。

3.テキストに索引がない

「テキストに索引がなくて探しにくい」
このような口コミもあります。

残念ながら資格スクエアのテキストに索引がありません。
資格スクエアのテキストは、他の予備校と比較すると要点が限定されており、合格に必要な情報が詰め込まれているので、索引がなくても困らないという人もいます。
それほどテキストの見やすさに自信があると考えても良いでしょう。
初学者には少し分かりにくいかもしれません。

資格スクエア司法試験予備試験講座の特徴

コース名逆算プレミアム
税込み価格987,800円
受講形式オンライン
教育給付金制度2023年7月31日まで 動画視聴可能
特典や割引調査中
受講者の合格率
公式サイト資格スクエア公式

 

資格スクエアの特徴

  • 新世代のオンライン学習サービス資格スクエア
  • 低価格で質の高い学習を提供
  • まずは説明会からの参加がおすすめ

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
資格スクエアのカリキュラムを確認

 

資格スクエア司法試験予備試験講座の特徴を解説していきます。
特徴は大きく以下の3つです。

  • カリスマ講師陣によって作られた講義
  • しっかり実力がつく問題演習
  • 添削指導が手厚い

それぞれ詳しくみていきましょう。

カリスマ講師陣によって作られた講義

勉強

資格スクエア最大の特徴は、カリスマ講師陣が直接講義を作っていることです。
通信講座用に収録されたオリジナル講義は、講義動画に加えてレジュメが画面に表示されるので、講師の説明に応じて重要な箇所はレジュメにマーキングすることもできます。

1つの講義は30分で終了するので、スキマ時間を活用して学習することもできるでしょう。
倍速再生や音声データのダウンロードも可能ですので、通勤時間や作業をしている間などに自分のスタイルで学習できます。

しっかり実力がつく問題演習

メモ

資格スクエアは問題演習も充実しています。
講座を受講後、問題演習アプリを開き、以下のステップで学習可能です。

  1. 理解度チェック(各講義ごと)
  2. 確認テスト(複数講義から出題)
  3. 問題演習(科目別)

講義動画を視聴後、理解度チェックを行います。
4択式で問題が出題され、間違えた問題は次回から優先的に出題されるようになっているので、苦手な箇所を重点的に学習可能です。

理解度チェックが完了したら、確認テストを実施します。
確認テストは本番の試験と同じ形式で出題されるので、試験に慣れるという意味でも重要です。

最後は科目を総復習する問題演習を行います。
出題形式、制限時間も試験と同じ状態に設定され、AIが苦手分野を克服できるように問題をピックアップしてくれるのです。

3ステップをこなすことで、しっかりと実力を身につけられるでしょう。

添削指導が手厚い

勉強

論文対策は司法試験予備試験に合格するためには、見過ごせない課題です。
正解を1つに絞ることができない論文は、講師から添削を受けながら学習する必要があります。

資格スクエアでは手厚い添削指導が受けられるので、論文対策もバッチリです。
資格スクエアの添削通数は200件まで可能で、他の予備校と比較してもかなり充実しています。
合格者の多くは100件以上の添削を行っていることが判明しているので、合格するためにはドシドシ添削を依頼しましょう。

資格スクエアは2週間以内に添削の返信をすることが公式サイトに記載されているので、2週間以上待たされることはありません。
手厚い添削指導で論文対策も抜かりなくできますよ。

資格スクエア司法試験予備試験講座はこんな人にオススメ!

ノート

資格スクエアの司法試験予備試験講座は、以下のような人にオススメです。

  • 効率的に学習したい
  • コスパ重視で学習したい
  • 充実した添削指導を受けたい

オンライン講座が中心の資格スクエアは、通勤中の電車などで効率的に学習したい人にオススメです。
スマホ1つで講義を視聴でき、音声としてダウンロードしておけばオフラインでも学習可能。
スキマ時間を有効活用できます。

講座の価格も他のオンライン予備校と比較すると、かなりリーズナブルに設定されており、オンライン講座で最大の添削通数なので、論文対策もバッチリです。
コスパ重視で学習したい人には、資格スクエアをオススメします。

資格スクエア司法試験予備試験講座に向いてない人

本

以下のような人は資格スクエアの司法試験予備試験講座は向いていません。

  • 予備校に通いながら直接指導を受けたい
  • 時間をかけてじっくり学習したい
  • 直接質問しながら学習したい

オンライン学習が中心の資格スクエアでは、予備校に通いながら学習することはできません。
他の受講生と切磋琢磨しながら学習したい人には不向きです。
スキマ時間を有効活用できるよう、30分の講義に設定されています。
講義の内容も合格することを最優先に作られているため、実践的な知識が不足している部分もあるでしょう。

法律の知識を網羅的に学習したい人には資格スクエアはオススメできません。
また、直接質問するシステムも用意されていませんので、講師に直接質問しながら学習した人には不向きです。

資格スクエアの司法試験予備試験講座の口コミ評判まとめ

ペン

この記事は資格スクエア司法試験予備試験講座の口コミ・評判をお伝えしました。
まとめると以下のようになります。

【良い評判】

  1. 合格実績が豊富
  2. 講座費用がリーズナブル
  3. 実力派講師による指導が受けられる

【悪い評判】

  1. 教育給付制度の対象にならない
  2. eラーニングシステムが使いにくい
  3. テキストに索引がない

資格スクエア司法試験予備試験講座は以下のような人にオススメです。

  • 効率的に学習したい
  • コスパ重視で学習したい
  • 充実した添削指導を受けたい

資格スクエア司法試験予備試験講座を検討中の方は、参考にしてみてください。

 

資格スクエアの特徴

  • 新世代のオンライン学習サービス資格スクエア
  • 低価格で質の高い学習を提供
  • まずは説明会からの参加がおすすめ

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
資格スクエアのカリキュラムを確認

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です