在宅ワークをお探しの方はこちら

管理業務主任者の予備校講座おすすめ4選!講座選びのポイントや受講のメリットを解説

「管理業務主任者」の法令に関わる専門知識は、初心者の方が難しいと感じやすいポイントです。初めて不動産に関わる資格取得を目指す方は、独学よりも予備校の勉強法が向いています。

試験科目が重複している「マンション管理士」のダブル取得が目指せる講座が多く開講されている点も特徴です。効率よく試験対策が進められるカリキュラムが充実おり、一発合格を目指して勉強が進められるでしょう。

今回は、管理業務主任者の予備校講座のおすすめ4選、講座選びのポイントや受講のメリットを解説します。

管理業務主任者の予備校講座を社会人が選ぶときのポイント

予備校の講座選びでは、費用や講座内容、合格者の声や実績を参考に比較検討します。

管理業務主任者の予備校講座を社会人が選ぶときのポイントを見ていきましょう。

講座の費用と予算から選ぶ

管理業務主任者の予備校の相場は3~10万円台程度です。独学よりも費用が高い傾向があるので、予算と相談して自分に合った勉強法を選びましょう。

費用を抑えて受験したいときは、独学でテキストと問題集を購入して進める方法が無難です。

予備校によっては、数万円程度から全額返金の割引が適用できるコース、給付金制度の対象講座もあります。キャンペーン期間や割引対象コースを事前に確認しておきましょう。

教材や講座内容から選ぶ

管理業務主任者の予備校は、マンション管理士の資格と両立して勉強を進めるコース、または単体で受講できるコースにわけられています。

また、予備校を選ぶときは下記の項目を確認しましょう。

  • テキストや問題集(紙媒体・デジタル)
  • 質問サポートの有無、回数制限(直接対面、メールなど)
  • カリキュラム内容の充実度(添削や過去問など)
  • オンラインの機能、サポート対応

講座の教材は、パソコンやスマホを使って移動時間や家事の合間に対策が進められる内容が便利です。

予備校の講座は、社会人から効率よく勉強を進められるサービスが充実しています。

合格者の声・実績から選ぶ

公式サイトには、過去に予備校を受講して合格した方の体験談が掲載されている場合があります。ほかにも、予備校の合格人数や合格率など、受験者に役立つ情報収集を欠かさないようにしてください。

管理業務主任者の合格を目指して最短距離で進める内容を選びましょう。

公式サイトに合格者の声や実績が公開されていない場合は、SNSで「管理業務主任者+予備校の名前+評判(口コミ)」で検索してください。過去から現在までの評判や感想を探すことが可能です。

管理業務主任者の予備校講座と独学はどちらがおすすめ?

不動産に関わる勉強が初めてなのか、基礎知識があるのかによって勉強法の選択肢は変わります。

管理業務主任者の予備校講座と独学はどちらがおすすめなのか、勉強時間と合格率の観点から検討してみましょう。

管理業務主任者の勉強時間は約300時間

国家資格の管理業務主任者は、約3~6ヶ月程度の期間をかけて対策に取り組みます。

社会人が300時間の勉強時間を達成する仮のスケジュールは下記のとおりです。

  • 約3ヶ月の勉強:1日3時間半程度の勉強が必要
  • 約6ヶ月の勉強:1日2時間程度の勉強が必要

不動産に関わる勉強が初めての方には、社会人を継続しながらの資格取得は厳しい側面があるかもしれません。

スケジュールを自己管理する必要があるため、試験日から逆算して進める意志力が必要です。

管理業務主任者の合格率は約20%

管理業務主任者の試験対策は、合格率が約20%台と初心者には高いと感じられる難易度です。法令や管理に関わるルールは、何度も読み込まないと暗記が難しいと感じられるかもしれません。

一発合格が難しいと感じてしまい、勉強のモチベーションを継続するのが難しいと感じやすいでしょう。

不動産関係の勉強が初めての方は、管理業務主任者の試験対策は予備校で効率よく進める方法がおすすめです。

管理業務主任者を予備校講座で勉強するメリット

予備校の勉強法には、独学にはない教材やサービスが充実しています。

管理業務主任者を予備校講座で勉強するメリットを見ていきましょう。

一発合格が目指しやすい

予備校の講座では、過去の試験傾向を分析して的を絞った対策が進められます。初心者からの勉強でも、管理業務主任者の一発合格を目指しやすいでしょう。

実際に予備校の公式サイトには、管理業務主任者講座を使って合格した方のコメントや実績が多く掲載されています。受講者がつまずきやすいポイントをカバーできる教材で、確実に理解が進むでしょう。

管理業務主任者の一発合格を目指しやすいところが予備校講座のメリットです。

スケジュールが管理しやすい

管理業務主任者は300時間の勉強時間が必要なので、試験本番に向けて計画を立てながら対策を進める必要があります。

予備校は独学に比べるとスケジュールが管理しやすく、試験本番から逆算して確実に勉強が進めやすいところが利点です。独学で勉強時間が足りなくなる不安を回避できるでしょう。

自己管理が苦手な方でも、予備校の勉強を使えばスケジュールを管理しやすいメリットがあります。

講師から授業が受けられる

予備校では、通信や通学の勉強法で授業が受けられます。問題やテキストでわからないポイントがあれば、講師に質問できるサービスを使って不明点がなくせるでしょう。

テキストと問題集のみで勉強を進める方法とは違い、動画や音声、直接対面から講師の授業が体験できるコースもあります。

また、ひとりで勉強を進めるよりも仲間と一緒に勉強を進めたい方は、通学できる予備校を使うと理解が進むでしょう。講師から授業が受けられるところが予備校のメリットです。

管理業務主任者におすすめの予備校講座4選を紹介!

今回は、管理業務主任者におすすめの予備校講座4選を紹介します。

  • アガルート
  • ユーキャン
  • フォーサイト
  • スタディング

上記の講座は、合格者の実績や人気のある内容で注目が集まっています。気になる項目を参考に読み進めてみてください。

1,アガルートの特徴・口コミ評判

通信タイプの予備校で、管理業務主任者とマンション管理士の試験対策が進められます。それぞれ別々に受講できるコースもあり、合格者の実績が多い点が特徴です。

アガルートの予備校を受講した方の合格率を見てみましょう。

  • マンション管理士:合格率36.4%(全国平均8.6%、4.23倍の実績)
  • 管理業務主任者:合格率70%(全国平均22.2%、3.15倍の実績)

※令和2年度の試験の内容。

全国平均に比べると合格率が高く、実績のある予備校といえます。

公式サイトには、実際に社会人から合格した方の声が載せられています。

  • 「講義もコンパクトに要点をおさえているので無理なく聞くことができます。」
  • 「ネットで受講できるのは確かに便利だと思いました。音声をイヤホンで聞きながら通勤していました。」

※内容はアガルートの公式サイトの合格者の声より引用。

Facebookから気軽に質問ができるサービスもあり、不明点を残さないように勉強が進められるでしょう。

テキストだけでない動画講義から効率よく勉強を進めたいときは、アガルートの予備校をご検討ください。

2,ユーキャンの特徴・口コミ評判

通信で勉強できる大手講座のユーキャンは、管理業務主任者とマンション管理士のダブル取得が目指せます。

リサーチの結果、公式サイトにマンション管理士の合格率は、現在のところ掲載がありませんでした。

SNSには、実際にユーキャンの講座を使った方の声が届いています。

スマホを使ってスキマ時間に勉強できる教材も便利です。イラストや図解が抱負で、添削課題や質問サービスを利用すれば、効率よく理解が進められるでしょう。

管理業務主任者は、教育給付金制度の対象講座になるので、社会人から費用を抑えて受講したい方に向いています。

ユーキャンはマンション管理士と管理業務主任者を個別に対応したコースが現在のところないため、両方受験を目指したい初心者の方におすすめです。

3,フォーサイトの特徴・口コミ評判

通信タイプの予備校で、管理業務主任者とマンション管理士の試験対策が可能です。合格者の実績が多く、動画講義やeラーニングの学習に力を入れています。

フォーサイトの予備校を受講した方の合格率は、下記のとおりです。

  • マンション管理士:合格率25.9%(全国平均8.6%)
  • 管理業務主任者:合格率71.3%(全国平均22.2%)

※2020年度の試験の内容。

公式の発表によると、全国平均に比べて約3.21倍の結果でした。フォーサイトが高い合格率を誇ることがわかります。

公式サイトに届いた合格者の声を見てみましょう。

  • 「通信講座の講師は難しい顔をした方が多いように感じますが、窪田先生の表情豊かで気持ちのこもった講義は印象的でした。」
  • 「不合格時は全額返金という案内と、合格率の高さに惹かれ、フォーサイトを選びました。」

※内容はフォーサイト公式サイトの合格者インタビューより引用。

教材はフルカラーテキストで、充実した動画講義から勉強を進めたい方は、フォーサイトの予備校をご検討ください。

4,スタディングの特徴・口コミ評判

デジタル教材を中心に勉強を進めたい方は、スタディングの講座がおすすめです。管理業務主任者とマンション管理士のダブル取得を目指せます。

リサーチの結果、公式サイトにマンション管理士の合格率は、現在のところ掲載がありませんでした。

合格者の声は多く掲載があり、実際にスタディングの講座を使って合格した体験談を閲覧できます。

  • 「竹原先生のweb授業を聞いて、スマート問題集、過去問題集を何回も何回もを満点まで頑張りました。」
  • 「内容は学習内容の大枠をつかむのにとても役立ち、ここの講義でしっかりと基礎を定着できたのが合格の秘訣だと思います。」

※内容はスタディングの公式サイトの合格者の声より引用。

動画講義を活用しながら、徹底的に過去問を解く形で理解が進められます。忙しい社会人の方がスキマ時間を使って対策するときにおすすめです。

管理業務主任者とマンション管理士のダブル取得がおすすめ

予備校の講座では、管理業務主任者とマンション管理士の両方から受講できる内容が多くあります。

管理業務主任者とマンション管理士の試験は重複する分野が多いことが理由のひとつです。また、実際に業務で資格を活用するときは、両方の資格があると有利に働く場面が多いメリットがあげられます。

まずは単発からの取得もおすすめですが、予備校を選ぶときは両方の受験ができる内容を一度ご検討ください。

管理業務主任者の予備校講座まとめ

管理業務主任者の予備校講座のおすすめ4選、講座選びのポイントや受講のメリットを見てきました。

管理業務主任者におすすめの予備校講座をおさらいしましょう。

  • アガルート:通信/合格率の実績が高い。
  • ユーキャン:通信/給付金制度の対象講座。
  • フォーサイト:通信/合格率の実績が高い。
  • スタディング:通信/デジタル教材中心で対策可能。

予備校選びのポイントでは「費用と予算」「教材や講義内容」「合格者の声・実績」3つの観点から選んでみてください。

予備校は独学に比べると、一発合格を目指しやすくスケジュールが管理しやすい点、講師から授業が受けられて不明点をなくしながら対策が進められるメリットがあります。

確実に合格を目指したいときは、管理業務主任者の予備校講座の受講をご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です