在宅ワークをお探しの方はこちら

司法書士の予備校は社会人から始められる!おすすめの予備校3選を厳選紹介

国家資格の司法書士は、11科目の筆記試験と口述試験を受験する必要があります。

覚える範囲の広さに「ひとりで勉強の理解を進めるのが難しい」と感じる社会人の方も多くおられるのではないでしょうか。

  • 司法書士の勉強方法について悩んでいる
  • 社会人から予備校で勉強できるか迷っている
  • お金がかかってもいいから、おすすめの予備校が知りたい

本記事では、社会人から司法書士の予備校を使いたい方に向けて、おすすめの3選を紹介します。

国家資格の司法書士は受験資格がなく、社会人から手に職をつけたい方におすすめです。年齢や学歴に関わらず受験できる魅力があります。

将来のキャリアに投資して、安定した仕事を獲得するチャンスを掴むためにも、ぜひ予備校を有効活用してチャレンジしてみてください。

社会人が司法書士を勉強するときは予備校がおすすめ!

 

仕事と勉強の両立が求められる社会人は、思い切って予備校を選ぶ勉強法がおすすめです。

もちろん、まとまった費用はかかるデメリットはあります。ただ、貴重な時間をお金で買って有効活用するイメージで、効率よく理解が進められるところは利点です。

ほかにも、社会人が司法書士を勉強するときに予備校がおすすめな理由を見ていきましょう。

初心者から効率的に勉強できる

法律関係の勉強が初めての場合は、専門用語に慣れるところから始めなければいけないため、精神的な苦労を伴います。

選任の講師から指導や添削、アドバイスがもらえる環境は、精神的な負荷が軽減できるはずです。

また、試験対策を独学で進めている方は「ひとりでは難しいかも…」と途中で感じたときは、予備校に切り替える方法もあります。

予備校の経験と実績から厳選された講義内容やテキストは、司法書士の試験対策で求められる重点箇所を絞った構成内容です。覚えておきたいポイントを無駄なく理解できるメリットがあります。

司法書士の試験に再チャレンジしたい人にも便利

司法書士の試験で再挑戦が必要になるときもあるかもしれません。そんなときは、予備校を使うと効率よく勉強が進められます。

予備校を使うと、独学に感じるマンネリや飽きを解消できて刺激につながるでしょう。勉強に感じる苦しさを和らげたいときも予備校はおすすめです。

また、二度目以降の勉強は把握している科目や範囲が広がり、初めて勉強したときよりも理解が進んでいます。

「合格しなければいけない」というプレッシャーを感じている場合は、勉強での苦手な科目を重点的に対策しやすくなる予備校の勉強法を視野に入れてみてください。

司法書士の予備校はどんなスケジュール?

 

司法書士の勉強を予備校で対策するときは、約200~500時間程度かけて内容の理解を進めます。

講義の時間はサービスの内容により変わりますが、1回5~30分程度の内容もあれば、1~3時間程度しっかりと勉強する講義もあるので、事前にどのスタイルが合いそうか検討してみましょう。

また、司法書士の合格にかかる一般的な期間は、約1年半~3年程度です。

予備校での勉強でも初心者から始める場合は、同じくらいの時間がかかると予想されます。

講義の種類から通学や通信スタイル、夜間や昼間など、自分の生活スタイルに合いそうな内容を選んで対策を継続しましょう。

司法書士における合格率

司法書士の試験は、合格率が3~4%台と難易度が高いといえます。

たとえば、令和2年度の司法書士試験の受験者数は11,494人、合格者は595人の結果でした。

予備校の合格率は非公開の場合もありますが、過去の実績や経験から蓄積したデータを元にテキストや講義内容を構成しています。ひとりで試験対策を進めるよりも、体系的な理解を進められる点では合格に近づきやすいといえるでしょう。

公式サイトやインターネットから合格者の声を参考にしながら、合格の可能性をあげられそうな予備校を選んでみてください。

司法書士の予備校選びのポイント

 

予備校を選ぶときに押さえておくと、候補を絞りやすくなる3つのポイントを解説します。

  • 教材や講義内容
  • 費用と予算
  • 合格者の声・実績

実際にインターネットから予備校を検索して比較するときは、意識したい項目として参考にしてください。

教材や講義内容

予備校によって、教材の内容はさまざまな特徴があります。

  • テキストや問題集(紙媒体・デジタル)
  • 質問サポートの有無、回数制限(直接対面、メールなど)
  • カリキュラム内容の充実度(添削や過去問など)
  • オンラインの機能、サポート対応

また、講義の内容は下記のような内容があります。

  • オンライン授業に対応(パソコン、スマホから視聴)
  • 通学タイプ(通信と併用可など)
  • 通信タイプの講義(通学と併用可、または完全通信)

それぞれの予備校によって、デジタルのオンラインに特化した内容、対面の授業に力を入れている内容などさまざまです。

初めて勉強される方は、質問サポートの有無や回数制限があるか確認しておくと、ひとりでの勉強にはない講師に質問できるオプションを有効活用できます。

費用と予算

司法書士の予備校の相場は10~50万円台です。大学や大学院に通うよりは、比較的費用は安く抑えられるメリットはあります。

ただ、予備校はそれなりの費用がかかるので、自分が準備できる予算と相談しながら決めましょう。

初めて勉強するのか、二回目以降の勉強なのかなど、コースの内容によって費用は変動します。

本記事では「アガルート」「資格スクエア」「ユーキャン」を紹介するので、詳細は「司法書士の勉強におすすめの予備校3選を厳選紹介!」の見出しを参考にしてください。

早割などのサービスを活用すると、数万円~数十万円程度の割引が適応できる場合もあります。予備校選びのポイントとして、少しでも費用を抑えられるようにキャンペーンを有効活用してみてください。

合格者の声・実績

公式サイトから司法書士の試験に合格している人のインタビュー記事、感想のコメントが掲載されている場合があります。

予備校の講師陣が掲載されている場合は、過去の経歴や実績を検討した上で選びましょう。

また、公式サイトに合格者の声や実績が公開されていない場合は、SNSで「司法書士+予備校の名前」で検索すると、過去から現在までの評判や感想を探すことが可能です。

ネットの評判や口コミでは、公式サイトに書かれていないリアルな声が集められるため、予備校選びのポイントとして参考にしてください。

司法書士の勉強におすすめの予備校3選を厳選紹介!

 

司法書士の予備校や講座のなかから、試験対策におすすめの内容3選を厳選紹介します。

  • 司法書士の予備校選びに迷っている
  • 通信で対策できる内容を知りたい
  • コスパのよい講座を探している

どんな内容を選ぶのか迷うときの参考にしてください。

アガルート

人気の講師が講義に関わるアガルートの通信授業は、独自のテキスト教材を使って合格が目指せます。

1つの動画講義で約30分を通して、ポイントを絞った勉強ができて便利です。音声ダウンロードや倍速で講義を見られるので、通勤の移動時間や家事のスキマ時間を使って勉強が進められます。

テキストは書籍の形でも送られてくるので、アナログとデジタルの両方を活かして勉強したい方にも安心。

カリキュラムの内容によっては司法書士に合格後、授業料が全額返金してもらえる制度やお祝い金もあるのもうれしいポイントです。

回数制限のないFacebookを使った質問サービスなど、費用の安さと通信で動画講義から勉強したい方には、アガルートの司法書士講座が向いています。

資格スクエア

スマホやパソコンを使ったオンライン授業に力を入れている資格スクエアでは、動画や音声講座を通してわかりやすい授業が受けられます。

「直接通学は難しい。オンライン授業を中心に司法書士の勉強を進めるスタイルがいい」という方におすすめです。

添削やサポート体制が整っており、問題を解答するごとにAIの機能を使って得意、不得意の傾向を掴んだ内容を出題してくれます。

動画は倍速で見られる機能つきで、忙しい社会人が通勤や休憩時間の合間を使って試験対策が進められて便利です。

司法書士の勉強で、通学と通信のいいとこどりがしたいと感じる方、デジタル教材を中心に効果的に動画講義から授業を受けたい方に資格スクエアの受講が向いています。

ユーキャン

司法書士を通信で学べるユーキャンは、講座を購入して自宅で自由に勉強が進められます。「独学は避けたい。添削や質問サービスはあるとうれしい」と感じる方におすすめです。

教材は、紙媒体のテキストや問題集、デジタル教材でスマホの学習に対応しています。

ユーキャンのメリットは、ほかのサービスと比較して費用が抑えられるところです。司法書士試験の合格者は、条件を満たすと費用が全額が返ってくるキャンペーンも実施されています。(2021年8月現在)

自宅や空き時間に数年かけてコツコツと勉強を進めたい方、ある程度勉強や法律関係の知識に詳しく基礎知識のある方など、ひとりでの勉強に向いていると感じる方にユーキャンの講座はおすすめです。

司法書士の予備校まとめ

 

社会人から司法書士の予備校を使いたい方に向けて、おすすめの予備校3選を見てきました。

各予備校の経験と実績から厳選された講義内容やテキストは、司法書士の試験対策で求められる重点箇所を絞った内容で、忙しい社会人が効率よく学べるメリットがあります。

もう一度、おすすめの予備校3選をおさらいしましょう。

  • アガルート
  • 資格スクエア
  • ユーキャン

比較的コスパのよい内容を始め、割引サービスが活用できる内容をピックアップしました。

司法書士の合格にかかる一般的な期間は、約1年半~3年程度です。予備校の相場は10~50万円台かかりますが、合格率3~4%を考慮すると効率よく試験対策を進められます。

自宅で司法書士の勉強をコツコツと継続したいと考える方は、ぜひ本記事で紹介したサービスを参考に予備校選びを進めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です