在宅ワークをお探しの方はこちら

司法試験予備試験の独学は可能?おすすめテキストや勉強法と合わせて解説!

司法試験予備試験の独学は可能?おすすめテキストや勉強法と合わせて解説!

「司法試験予備試験の独学は可能?」

「どうしても独学でチャレンジしたい」         

司法試験予備試験とは、弁護士を目指すための司法試験をうけるための予備試験です。学習には長い期間がかかるからこそ、金銭的理由や私生活とのバランスを考慮した学習方法を選択する必要があります。

さまざまな理由から独学を選択する人もいることでしょう。この記事では、司法試験予備試験の独学は可能だが難しい、通信講座が効率的である理由をお伝えします。また、独学のコツやおすすめの対策本などの情報もお届けしています。

資格講座名 資格スクエア資格スクエア アガルートアガルート スタディングスタディング
コース名 逆算プレミアム 予備試験1年合格カリキュラム|通信指導 予備試験合格コース(総合)
税込価格 987,800円 1,798,000円 134,200円
受講形式 オンライン オンライン オンライン
教育給付制度 講義画面からいつでも質問 何度でも 記載なし
特典や割引 説明会参加で55,000円割引 勉強法資料(49,500円分)無料 音声ダウンロード(55,000円分)無料 週1回の1時間程度の通信指導。早期申し込み30%off(1,384,460) 合格で最大20,000円のお祝い金
受講者の合格率 記載なし 20.29% 記載なし
公式サイト 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

コンテンツ

司法試験予備試験の独学は可能?かなり難しいが不可能ではない 

司法試験予備試験の独学は可能?かなり難しいが不可能ではない

司法試験予備試験の独学は、なぜ難しいのでしょうか。3つのポイントに絞って解説します。司法試験の受験資格を得るルートは、法科大学院の課程を修めるルートと、予備試験に合格するルートがあります。

ここでは、予備試験を受験する人を対象に解説しています。

①内容理解の正確性が測りにくい

予備試験は、司法試験に向けて法律を学ぶ大学生・大学院生と同レベルの知識があるかを確認するために行われる試験です。予備試験には、受験資格は設定されていません。学歴や職歴に関係なく、初学者でもチャレンジすることができます。

予備試験に初学者が独学で臨むことは、正直むずかしいでしょう。専門性の高い法律学習は難易度が高いので、どれだけ学習内容を理解しているのかが独学では測りづらいからです。

そのため、予備試験の独学学習は途中で諦めてしまう人が少なくありません。また、初学者が戦うには、集中力と理解力があること、質の良い学習ができることが前提となります。

②論文作成の対策がしにくい

予備試験には、短答式試験と論文式試験があります。初学者の独学による論文式試験対策は、ほぼ不可能といっても過言ではありません。論文式問題の正誤は、見解により異なります。

予備校生なら、司法試験・予備試験に精通した講師が採点にあたりますが、独学学習では自分で判断するしかありません。自分の解答した文章が正解なのか不正解なのかわからずに終わってしまいます。

予備試験対策をする上で、解答の正誤がわからないことは、独学を難航させる大きな理由です。

③スケジュール管理や情報収集が負担になる

司法試験・予備試験対策は、学習範囲が広く客観的な解釈が必要な学習内容が占めています。そのため、初学者が独学で正しい学習ができるかというと、正直難しいでしょう。

スケジュールどおりに進まず、おさえるべき論点の理解がなされないまま、本試験を迎えてしまう可能性があります。

また、法律学習では、改正論点や関連する判例をしっかり把握しなければなりません。独学の場合、このような情報収集も含めて学習スケジュールを立てる必要があります。負担の多い独学では、学習プランに余裕をもたせておくことが大切です。

予備試験に合格した人の中には、独学で司法試験にチャレンジする人もいます。司法試験の独学については、こちらも併せてご覧ください。『司法試験の独学は可能?無理?実態を紹介!』司法試験独学者から好評のテキスト情報や勉強方法を解説しています。

それでも司法試験予備試験を独学で目指したい!勉強法の5つのコツ

それでも司法試験予備試験を独学で目指したい!勉強法の5つのコツ

予備試験に独学でチャレンジするなら、余裕をもったスケジュールと学習戦略が欠かせません。得意分野は人により異なりますが、予備校のカリキュラムなどを参考に、5つのコツを紹介します。 

①必ず早めに対策を始める

予備試験の学習時間は、3,000時間~10,000時間程度とされています。勉強経験や学習要領による個人差が大きな試験です。1年間で3,000時間学習する計画なら、3年以上かかる場合もあるということです。あくまでも、目安であって、さらに長い時間がかかる人もいるでしょう。

個人により環境が異なるといっても、早めに対策を始めるに越したことはありません。チャレンジを決めたら、すぐに学習スケジュールを立てて前倒しで進めていきましょう。学習ボリュームが多いので、どこかで行き詰まることもあるでしょう。ですが、早めに対策をしていれば、取り返せる可能性があります。

ただ、予備試験に合格することができれば、最終目標である司法試験に向けた学習は2,000時間~3,000時間程度とされています。予備試験は、だれでもチャレンジすることが可能ですが、目的は法科大学院生と同等知識の保有を証明することです。

司法試験を受けるための通過点に過ぎません。最終目標を見失わずに、モチベーションを維持できるよう答案練習だけでも予備校を活用すると良いでしょう。

②継続できるスケジュールを立てる

社会人が予備試験にチャレンジする場合、無理なスケジュールは厳禁です。早めの対策は必要ですが、焦ってしまわぬよう注意です。土台となる基礎理解がおろそかになれば、その後の学習もしっかり定着していきません。

私生活と勤務時間を考慮して、1日に何時間学習ができるかを把握しましょう。生活に必要な時間をのぞいて5時間学習にあてられる人なら、3時間学習可能時間として計画します。

体調不良や急用などは、社会人なら避けられないことです。やや余裕のあるスケジュール感にしておくことが学習継続のポイントです。

③4つの学習段階を意識する

予備試験の対策では、学習段階を意識して進めていきましょう。例として4つの学習段階を紹介します。

「全体像把握」

まずは、学習の全体像を把握するために、入門書→テキスト→基礎アウトプット→応用アウトプットのステップで、一回転目を全科目行います。このとき、必ず六法を引きながら進めてください。

おすすめの科目順序は、民事科目・刑事科目・公法科目です。よほど独学に慣れていない限りは、予備校のカリキュラムを参考にすると良いでしょう。

はじめに、民法・商法・民事訴訟法を一回転します。つぎに、刑法・刑事訴訟法を一回転し、最後に、憲法・行政法を一回転します。

コツは、わからない箇所を深く理解できなくても先へ進むことです。あくまでも学習初期は、全体像を把握することと六法に慣れることが目的です。

「基礎的演習」

一回転目で全体像を把握できたら、つぎは、深い理解ができるよう学習します。インプット学習は速いテンポで進めて、アウトプットに時間を多く配分しましょう。

答案は、解答解説と見比べて「条文を適切に用いているか」「問題の所在を適切に把握しているか」などを意識して採点します。全科目を1年以内で終わるように、学習スケジュールを立てましょう。

「応用的演習」

過去問題集や演習問題集を使った学習を行います。解説がわかりやすいものを選びましょう。多くの問題集には手を出さずに、一冊に絞って落ち度がないよう繰り返し解きます。

間違えた問題と不安が残る問題は、印をつけておきます。解説を読んだ後にすぐに解きなおすだけでなく、3日後、2週間後などに改めて印をつけた問題を解きなおします。

雪だるま式で問題を解く量は増えていきますので、この時期は体調管理も大切です。疲労がたまっているときは、早めに休みましょう。

「直前対策」

予備試験の1ヵ月半~2ヵ月前ころには、各予備校の公開模擬試験を利用しましょう。書店で直前対策用の問題集を購入しても良いです。はじめて見る問題に、対応できる力を確認します。同時に、苦手な論点を復習します。

この時期になっても、どうしても解けない論点は、いさぎよく諦めて解ける論点に集中するという選択肢も出てくるかもしれません。できれば、そうならないよう基礎的演習までに苦手をつくらないのが理想です。

このように、自分の立ち位置を知り、学習進捗度を把握して進めましょう。

④法的な思考力を高める学習を意識する

予備試験では、法的な思考力を用いた解答が求められます。そのために、学習開始当初から、六法をひきながら条文をチェックしながら学習を進めましょう。

法律を学ぶときに大切なことは、条文を常に意識することです。テキストでは「問題提起されている内容をつかむ方法」「条文が適用される法律要件の導き方」「事例」など、受験生に必要な情報が網羅されています。熟読することはぜったいに欠かせません。

ですが、テキストはあくまでも、学習理解を促すためのツールに過ぎないのです。テキスト解説の根拠は条文であることを忘れずに、条文そのものをしっかりと読み込む時間をつくってください。 

⑤テキストや参考書を効率的に使う

予備試験の対策では、基本書とあわせて、テキストや参考書を効果的に使うことも学習のポイントです。

まずは、法律について掘り下げられた基本書で網羅的に条文を読みます。ただし、条文の読み込みだけでは、試験対策にはなりません。予備校などが出版しているテキストや参考書、論証集をあわせて読み進めましょう。

予備校が出版している対策本は、試験対策に特化しているので、購入は必須です。このとき、六法も必ず引くようにします。

予備校が出版するテキスト・法律の基本書・論証集・六法をリンクさせながら、学習を進めていきましょう。書籍を選ぶだけでも当たりはずれがあり、使い方も慣れないという場合には、予備校の通信講座を検討することも視野にいれてみてください。

司法試験予備試験の独学に適した参考書・テキストは?おすすめ3選を紹介!         

司法試験予備試験の独学に適した参考書・テキストは?おすすめ3選を紹介!

予備試験の独学者から定評のある、参考書とテキストを厳選してピックアップします。    

「伊藤真の試験対策講座シリーズ」は有名講師のテキストでわかりやすい       

『伊藤真の試験対策講座シリーズ・スタートアップ民法・民法総則』 をはじめとする試験対策講座シリーズは、法律学習生から圧倒的な人気を誇る対策本です。法律系予備校として、屈指の知名度を誇る伊藤塾塾長・伊藤真氏による著書で、知識を体系的に網羅した情報量の多い参考書です。

同じ文体・論調でシリーズ買いすると勉強しやすいという人からの支持が高いです。読みやすい薄い参考書を複数揃えるよりも、情報量の多い参考書を一冊読み込む方が結果的に時短になるでしょう。

他に、予備試験用の短答式問題集なども出版されています。二色刷りで学習の成果がわかりやすいのもおすすめポイントです。

「読み解く合格思考シリーズ」は1年など短期合格を狙う人におすすめ 

『予備試験・司法試験短期合格者本 読み解く合格思考 憲法 改訂版』は、辰巳法律研究所による参考書です。辰巳法律研究所は、予備試験講座や司法試験講座をとおして、多くの人材を法曹界へ送りだしてきました。

短期合格にこだわった「読み解く合格シリーズ」では、法律学習の肝となる思考の順序が、わかりやすく示されています。実績ある法律特化予備校の、学習ノウハウが詰まった独学者に心強いシリーズです。

「アガルートの司法試験・予備試験合格論証集」は出典明記で使いやすい       

『アガルートの司法試験・予備試験合格論証集』は、オンライン資格講座を数多く開講しているアガルートによる参考書です。

学習中盤のアウトプット期の補助教材に最適です。論証に必要な最低限のコツが詰まっているので、設問をどのように読み、どのように解くのかを導いてくれます。

根拠となる条文なども出典がわかりやすく示されていること、二色刷りであることも学習を進めやすくなる工夫でしょう。シンプルかつわかりやすい解説で、独学だからこそ知りたい論証スキルが身に付きます。

 

アガルートの特徴

  • 合格までの最短ルートを提供してくれるアガルート
  • 予備試験や司法試験など難関資格に強い
  • 月に1回講師によるカウンセリングが受けられる

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
アガルートのカリキュラムを確認

司法試験予備試験の独学が不安?効率的に学ぶなら通信講座の活用がおすすめ!    

司法試験予備試験の独学が不安?効率的に学ぶなら通信講座の活用がおすすめ!

予備試験対策に不安のある人には、通信講座をおすすめします。予備校を利用するメリットやイチオシの通信講座を紹介します。  

通信講座のメリットは?通学と独学のいいとこどりができる!                  

予備試験対策として通信講座を利用すると、受験生にとって次のようなメリットがあります。

  • 情報収集時間、対策本選び、学習時間を短縮できる
  • 初学者でも学習方法がわかる
  • 答えのない論文解答にプロ講師が採点をしてくれる
  • 質問フォロー制度で不明点を解決できる
  • 学習スケジュールが明確なのでモチベーションを維持できる

など、受験者の学習面での負担が軽くなります。

ただし、デメリットはコストがかかるということです。決して安いとはいえない受講料なので、最後までやり遂げる自信がなければ、申し込みまでにも時間を要するでしょう。また、受講料を捻出するためには仕事を減らすこともできません。コストと時間をどちらも捻出することは、社会人受験の課題です。

講座を利用するなら、仕事や私生活の都合を加味した無理のないスケジュールを立てましょう。1年で合格を目指すコースはもっとも魅力的ですが、3年かけて戦略的に合格を目指すプランも視野にいれてみてください。

全国各地の予備校で、予備試験・司法試験の対策講座が開講されています。通信講座なら、通学と同じ高品質な講義を受けられ、講師フォローも受けられます。

どこでも視聴できるので、自宅や出張先でも、独学スタイルのまま学習できます。通信講座は、独学と通学の良いとこどりといえるでしょう。ここでは、通信で学べるリーズナブルな講座を紹介します。

資格スクエア

資格スクエアでは、初学者の社会人を対象とした予備試験対策講座が開講されています。忙しい日々のなかでも、あきらめずに学習を継続できる工夫がなされた講座です。

テキストは、製本済みまたはPDFを選択できます。荷物にならないPDFで移動時間を学習にあてたい人にぴったりです。長期戦の国家試験では、テキストをばらして使う人も少なくありません。PDFダウンロードが可能であることは、うれしい配慮です。

通信講座についての詳しい情報は『資格スクエアの司法試験予備試験講座の特徴は?口コミ評判も紹介』をご覧ください。全国どこでも学習できる通信制の予備試験対策講座を紹介しています。

資格スクエアの特徴

  • 新世代のオンライン学習サービス資格スクエア
  • 低価格で質の高い学習を提供
  • まずは説明会からの参加がおすすめ

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
資格スクエアのカリキュラムを確認

アガルート

アガルートでは、予備試験対策講座・司法試験対策講座・予備試験&司法試験対策講座・答案練習講座など、複数の講座が開講されています。ご自身のニーズに合わせて選択できるのが魅力です。

はじめて予備試験にチャレンジする人も、予備試験合格後の司法試験から予備校を利用したい人も、独学に行き詰ったらぜひ検討してみてください。

アガルートの司法試験対策講座については、『司法試験の予備校で社会人におすすめはアガルート!予備校選びのポイントを解説』を合わせてご覧ください。

 

アガルートの特徴

  • 合格までの最短ルートを提供してくれるアガルート
  • 予備試験や司法試験など難関資格に強い
  • 月に1回講師によるカウンセリングが受けられる

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
アガルートのカリキュラムを確認

スタディング

スタディングでは、すべての教材をスマートフォンなどの端末で見ることが可能です。紙教材を使わないオンラインで完結する講座スタイルなので、移動時間やスキマ時間を学習に当てたい人に最適です。

初学者でもわかりやすい動画解説と、オンライン問題演習をあわせて学習でき、学習進捗度も管理できます。テキストを読んで書き込む学習方法よりも、動画学習の方が自分に合っているという人におすすめです。

スタディングの特徴

  • 要点を押さえた濃密で効率的な授業
  • 自分の成長が実感できる
  • スマホで完結するのでいつでも学習ができる

\受講スケジュールや受講者の声も確認できます!/
スタディングのカリキュラムを確認

スクール講座名受講料
資格スクエア予備試験講座【通信】659,780円
アガルート予備試験1年合格カリキュラム【通信】714,560円
スタディング予備試験合格コース【通信】134,200円

社会人でも通信講座で学習できる?スケジュール管理はしやすい!

予備試験は、司法試験を受けるための通過点となる試験です。現役法科大学院生は、司法試験の受験資格を得られるため、予備試験を受験することは通常ありません。ほとんどの予備校では、通学講座も通信講座も社会人を対象とした講座内容となっています。

予備校では、社会人が学びやすいよう洗練された学習プランが提供されています。予備校を利用すれば、試験対策に必要な教材や法改正などの情報も、自動的に入手できます。学習だけに集中する環境をつくりたいなら、学習スケジュール管理のしやすい通信講座を活用すると良いでしょう。

司法試験予備試験の独学は可能だが難しい!覚悟を決めて臨もう  

司法試験予備試験の独学は可能だが難しい!覚悟を決めて臨もう

社会人は、収入を得ながら学習できることが強みです。しっかりと学習する強い意思があるなら、決して受講料がムダになることはないでしょう。予備校によっては、受講料分割支払い制度があります。ぜひ、チェックしてみてください。

予備試験は、決してやさしい試験ではありません。独学受験対策は、費用は抑えられますが、時間的にも精神的にもハードルの高い学習方法です。それでも独学でチャレンジすることを決めたなら、事前に正しい情報を集めて、学習プランをしっかりと立てましょう。覚悟をもって臨めば、合格への道すじは開けるはずです。

少しでも不安のある社会人受験生には、情報収集などに時間を費やすことなく、試験勉強だけに集中できる通信講座をおすすめします!

資格講座名 資格スクエア資格スクエア アガルートアガルート スタディングスタディング
コース名 逆算プレミアム 予備試験1年合格カリキュラム|通信指導 予備試験合格コース(総合)
税込価格 987,800円 1,798,000円 134,200円
受講形式 オンライン オンライン オンライン
教育給付制度 講義画面からいつでも質問 何度でも 記載なし
特典や割引 説明会参加で55,000円割引 勉強法資料(49,500円分)無料 音声ダウンロード(55,000円分)無料 週1回の1時間程度の通信指導。早期申し込み30%off(1,384,460) 合格で最大20,000円のお祝い金
受講者の合格率 記載なし 20.29% 記載なし
公式サイト 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です