在宅ワークをお探しの方はこちら

【主婦必見】未経験でも簡単に保育士の資格を取得する方法を解説!

国家資格の保育士の資格は、未経験から取得ができるため主婦に人気がある資格の一つです。主婦におすすめできる理由として、子育てと仕事の両立がしやすく働きやすい点があげられるでしょう。

この記事では、保育士資格を取りたい主婦の方が未経験から取得できる理由を解説してきます。

  • 保育士資格が気になる主婦の方
  • 子どもが好きな主婦の方
  • 実務経験ありで肩書きや資格がほしい主婦の方

など、保育士資格に興味がある主婦の方はぜひ参考にしてみてください。他にもおすすめできる理由やメリットを記事で解説しています。

社会からも需要が高い保育士の資格を取得して、あなたの力を社会貢献に活かしてみませんか?

保育士資格は主婦の子育て経験が活きる仕事

成長していく子どもと長い時間直接関わりが持てる保育士は、子育ての経験がそのまま活かせる仕事といえます。

例えば、保育所や託児施設などでは0歳の赤ちゃんを預かる場合もあるでしょう。子育ての経験があることで赤ちゃんの正しい抱っこの仕方がわかるなど、育児経験が仕事に活きてきます。

子どもの成長に大切な時期に関われるというやりがいも感じられる仕事内容といえるのではないでしょうか?

他にも、子どもとの接し方・世話の方法・注意の仕方など、母親だからこそ自然と身についた技術が保育士の仕事に役立ちます。

子どもと関わる技術は、座学だけではわからないことも多く実体験が求められることも多いのです。以上のことから子育ての経験は保育士に必要な要素を満たせる理由があるといえるでしょう。

接客業の経験も保育士資格に有利

保育士の仕事は、子ども以外の保護者や職員と接するチームワークや協調性も求められます。このスキルは接客業の経験がある方にとって有利に働く可能性があるでしょう。

相手の立場を考えて先回りして行動する技術、相手が不快にならない気持ちよい人との接し方が自然と身についているからです。

保護者や職員と接するときにスムーズに関われる対応の仕方は、保育士について仕事上でのトラブルなど問題解決が必要な場面にも役立つでしょう。

保育士資格の仕事は主婦が子育てと両立できる!

保育士の仕事はパート勤務でシフト制が多いため、子育てと仕事を両立ができるメリットがあります。

例えば週2~5日で4時間からの時短勤務など、日数と時間の調整がしやすい点が理由です。シフト制なら毎月の提出で事前に自分が休みたい日程を希望できます。

「朝から昼頃まで働いて夕方は子どもの送り迎えをしたい」

「昼の休憩時間は自宅に戻って家事を済ませたい」

「実家の法事があるため、この日は休みにしたい」

など、働く主婦の要望や希望が叶いやすい職場も多いため、保育士の仕事と子育てを両立できるというわけです。

国家資格取得で仕事の再復帰も可能

保育士の資格は国家資格で一度取得すれば、出産や子育てを機会に保育士の仕事を辞めた方でも再復帰ができるメリットもあります。

保育園や福祉施設など、子どもを預かる施設では国家資格の保育士を募集する求人が数多く存在。無資格の方では応募条件に満たせない場合もあるため、手に職を持てて周りの主婦と差別化を図れます。

保育士の仕事は人手不足もありパート勤務の求人も豊富なため、一度は保育士の仕事を離れた方でも再復帰しやすい点があげられるでしょう。

保育士はパート勤務で時間に融通が利くメリットも

保育士が求められる保育園や福祉施設の職場では、パート勤務で働ける場所が多くあります。

上記でも簡単に説明しましたが、シフト勤務制が多いため家の事情や子どもの都合を優先して働ける環境が整っている場合も多いのです。

短時間勤務からフルタイムの勤務まで、家庭の状況に合わせた働き方ができます。家族で引っ越しが必要な場合もすぐに別の場所で働く場所が見つけやすい点も。

国家資格の保育士は、万が一職場をやめることになっても経験してきたスキルを別の職場でも持ち越せるので、一から勉強していく手間が省けるメリットもあげられるでしょう。

時間の融通が利く点は、主婦が保育士として働く上での大きなメリットとなりそうですね。

主婦が家族と過ごす時間も大事にできる

保育士の仕事はパート勤務で時間に融通が利く分、ライフワークバランスを大切にした働き方ができます。時間の融通が利くということは、仕事の都合で家族と接する時間が減ることも避けられるメリットがあるのです。

子どもにとって母親と一緒に過ごす時間は、基本的な信頼関係を育む上でも大切な交流になります。

今しか一緒にいられない時間を大切にする意味でも、パート勤務で時間の融通が利く保育士の仕事は主婦にとってメリットが大きいといえるのではないでしょうか?

保育士の資格は未経験の主婦も目指せる

場所にはよるものの保育園や託児所など、保育士の仕事は未経験から働けます。

人手不足で保育士の確保が重要視されており年齢や経験に関わらず、保育士資格を取得している方の協力が社会から求められているのです。

「子どもが好きなので関われる仕事がしたい」

「子育ての経験を活かして保育士として働きたい」

「家から近い場所で融通が利く仕事に就きたい」

など、子どもが好きな方や主婦の方が働きやすい環境も整っています。

保育士の資格があれば、自分の子どもが成長した後や独立した後にフルタイムや正社員で働けるメリットもあるでしょう。

未経験でも研修があるから大丈夫

保育士資格を取得後、働き始めた職場で研修制度が設けられている場合もあります。保育士の資格は社会からの需要も高いため、国や自治体から研修サポートに取り組める機会が設けられている場合も多いのです。

職場からサポートが受けられない場合でも、費用をかけて学べる数日間の研修講座もあります。

職場で面接を受ける際は事前に職場見学ができる場合も多いため、一つでも不安を減らせるように見学しておくのがおすすめです。

求人募集に研修制度ありと書かれているものや面接時に研修制度があるか質問しておくと、未経験からの技術取得が早く補えるはずです。

保育士未経験でも社会からの需要は高い

保育士不足が進む日本では、保育士の需要が高まり続けています。待機児童の社会問題をニュースで耳にした方もおられるのではないでしょうか?

読者の方には子どもを預けられず、外へ働きに行けない経験がある方もおられるかもしれません。

厚生労働省の発表によると、2018年11月において保育士が求められている求人の倍率は3.20倍、都市部の東京都では6.44倍という高い数値です。

数字が高いほど求人数に対しての応募者が少ない意味になるので、保育士の仕事がいかに社会から求められているかがわかる内容ですね。

このように保育士の需要は高まり続けているため、主婦の方が未経験から始められる資格としてもおすすめできます。

保育士資格の受験方法は?

保育士の資格取得には二つの方法があり大学・短大・専門学校等の養成学校を卒業すること、もしくは保育士試験を受験する方法があります。

養成学校の場合は、卒業と同時に保育士資格が取得可能です。費用はかかりますが、実践を含めて一から時間をかけて学びたい方におすすめです。

保育士試験の受験資格を満たしている方は、筆記試験と実技試験に合格すれば資格が取得できます。独学や通信講座を使えば初心者の方でも十分合格が目指せるでしょう。

受験勉強は平均100時間かかる

保育士試験の勉強時間は平均100時間がかかると言われているため、試験日から逆算して勉強スケジュールを立てていきましょう。

試験合格には、筆記試験では8教科それぞれの合格基準6割を満たす必要があるため、まんべんなく勉強対策していく必要があります。

例えば保育の心理学の点数が50点の場合は合格基準に満たされないため、他の教科が60点以上の場合も合格できない決まりです。

試験は前期と後期で一年に2回実施されているため、先に受験する日程を決めておきしっかり勉強のスケジュール管理しておきましょう。

保育士資格の勉強方法は情報サイトや通信講座を活用

保育士試験を独学で勉強する場合は、インターネットの情報サイトも活用しながら対策していきましょう。通信講座を使って効率よく勉強する方法もおすすめです。

特に実技試験を独学で対策する場合、例えば「音楽表現」なら楽器演奏と歌の練習に取り組みます。

「言語表現」なら約3分間にまとめて話せるように練習していきましょう。「造形表現」なら色鉛筆などを使い人物や風景を絵で表現できるように練習します。

YouTubeやインターネットを活用すれば、話し方や絵の描き方を無料で学ぶこともできるでしょう。通信講座を使えば、自力で実技試験に取り組むのが不安な方も安心して対策できるメリットがあげられます。

市販のテキストと過去問題集も活用

独学で勉強に取り組みたい場合は、本屋や通信販売で買える市販のテキストや過去問題集を活用しましょう。

試験に頻出する問題がわかりやすく記載されており重要な用語が太字でわかりやすいなど、体形的に勉強に取り組めます。

通信講座を受講している方でも、試験本番前の最終確認として購入するのもよいでしょう。

なるべく費用を抑えて受験したい主婦の方にもおすすめなので、ぜひ市販のテキストや過去問題集をうまく活用してみてください。

主婦が勉強におすすめの時間帯は?

子育てと仕事、家事に追われる主婦の方が勉強に取り組むには、子どもが寝た後の夜がおすすめです。

家事や明日の準備がひと段落した後で家族からも声をかけられにくいため、集中して保育士試験の勉強に取り組めるでしょう。

例えば毎日夜の10時から0時まで勉強すると決めて、毎日のルーティンにしていきます。朝のほうが集中できる主婦の方なら、早めに就寝して早朝から勉強に取り組んでみてください。

日中に時間が取れる方なら、家事の隙間時間や子どもが学校に行っている時間を利用します。自宅で家族が活動しない時間帯を狙いながら、細切れに勉強に取り組みましょう。

まとめ

保育士資格が未経験から取得できる理由を解説してきました。

もう一度簡単に、未経験から取得できる理由や保育士資格のメリットをおさらいしましょう。

  • 子育て経験が保育士の仕事に活かせる
  • 研修制度があり未経験でもサポートが充実
  • パート勤務やシフト制で働きやすい
  • 手に職をつけられるので職場復帰がしやすい
  • 保育士資格は社会からの需要が高い

以上の理由から、保育士は主婦が取得できる資格であり、取得するメリットも大きい資格といえるでしょう。

未経験から取得を目指したい主婦の方は、ぜひ保育士資格も視野に入れて検討してみてください。

子育てママがブログを上手に更新していく方法

主婦の方に人気な副業といえばブログアフィリエイトです。保育士を目指しつつ自分のペースで収入をえる事ができるおすすめの副業です。ママブロガーさんがどんなライフスタイルを送っているのか是非チェックしてみてください。

主婦におすすめ在宅ワーク

こちらの記事では主婦におすすめの在宅ワークを紹介しています。家にいる時間が増えた方は是非確認してみてください。

主婦の最短英語勉強

主婦の方が忙しい中、効率を図って英語の勉強をする体験記事です。オンラインを活用する方法も詳しく説明されています。