在宅ワークをお探しの方はこちら

家具デザイナーに資格はあるの?就活に活かせる資格やスキルを簡単に解説

人々の暮らしに深く関わる家具デザイナーの仕事は、インテリアや住空間が好きな人に向いています。一度デザインした家具は、長い期間にわたり人々の暮らしに彩りを与えてくれるはずです。

家具デザインに関する技術は、生涯を通して学び続けられる素敵な仕事なので気になる方はぜひチャレンジしてみましょう。

今回は、家具デザイナー(インテリアデザイナー)と呼ばれる仕事について解説します。家具デザイナーの仕事は、経験や資格の取得を通して技術を身につけていく内容です。

下記では、家具デザイナーに関する資格やスキルを中心に解説します。これから家具デザイナーを目指したい人やスキルアップを続けたい人は、ぜひ参考にしてください。

家具デザイナーに資格はあるの?仕事に活かせる資格を解説!

仕事にしたい人が取得すると便利な3つの資格をピックアップします。家具デザイナーの仕事は、内容によっては実務経験があれば無資格で仕事に就くことも可能です。

ただ、家具デザイナーとして生涯学び続けていきたい人は、資格を取得する過程の勉強で身につけられる知識や技術が多くあります。

  • インテリアコーディネーター
  • インテリアデザイナー
  • インテリア設計士

これらの資格は、家具デザイナーになりたい人が持っておくと役立つ内容です。スキルアップに資格を取るのもいいですし、初心者から学校に通わずに勉強したい方にも向いています。

初心者の方は、下記の資格を受験してみて自分が本当に仕事にしたいのかを検討してみましょう。

インテリアコーディネーターの資格と難易度

家具やインテリアが好きな方におすすめのインテリアコーディネーターとは、公益財団法人インテリア産業協会が運営する民間資格です。住空間に適したインテリアをコーディネートできる仕事で、デザイナー志望の方にとっても知識を身につけるのに役立ちます。

インテリアコーディネーターは、一次試験と二次試験にわけられており、比較的難易度はやや高めです。ある程度集中して試験対策に取り組む必要があります。

*受験資格・勉強方法

一次試験には受験資格がなく、年齢や実務経験に関わらず誰でも受験できます。二次試験は、3年以内に一次試験に合格していることが条件です。

勉強方法は、テキストや問題集を使って対策する独学、または教材と指導がもらえる通信講座で効率良く学ぶ方法から選択しましょう。どちらの勉強方法が良いかは、費用面や知識量から検討してみてください。

 

公式サイトはこちらから

*資格の詳細は、下記のページも参考にしてください。

インテリアデザイナーの資格と難易度

家具や住空間に関わる仕事に就かれている方の知識や技術力を問われる内容です。現役で働いている方のスキルアップや復習に活用すると、仕事に関する意欲をさらに高められます。

ある程度の基礎知識が前提となるため、初心者の方には難しいと感じる面もあるかもしれません。

インテリアデザイナーに関する基本知識がある現役の方におすすめの内容です。自分の知識や技術がどの程度あるのか試したい方の受験に向いています。

*受験資格・勉強方法

インテリアデザイナーに受験資格は設けられていないため、年齢や学歴、実務経験の有無に関わらず誰でも受験できます。在宅試験から受験できて会場に訪れる手間が省けるのも利点です。

勉強方法はインテリアに関する書籍を活用するか、インテリアデザインに関するJDPが認定する通信講座を活用して合格を目指しましょう。

 

公式サイトはこちらから

インテリア設計士の資格と難易度

住空間に関する設計技術が学べる資格で、お客さまが安心して利用できる空間を提供できる知識が身につきます。インテリアデザインに加えて設計士としての知識や技術に信頼性を持たせたいときにおすすめです。

インテリアに関する実務経験や勉強をしてきた方が受けられる資格内容です。難易度は1~2級にわけられており、それぞれ条件が設けられているので詳細は下記を参考にしてください。

*受験資格・勉強方法

インテリア設計士には受験資格があり、関連する国家資格の取得や実務経験、学校でインテリアに関する専行をしているなどが条件です。2級に関しては20歳以上の条件を満たす場合は受験できます。

初心者の方はいきなり受験するのは難しいため、インテリアの基礎知識や設計知識など、全般的な知識とともに関連する書籍を使って学んでいきましょう。

 

公式サイトはこちらから

家具デザイナーに活かせる他の資格も解説

インテリアに関する業界では、上記の資格以外にもさまざまな資格が役立ちます。就職する企業や事務所にもよりますが、例えば以下のような国家・民間資格があるので参考にしてください。

  • 建築士(一級建築士、二級建築士、木造建築士)
  • CADに関する資格
  • インテリアプランナー
  • カラーコーディネーター

など

国家資格として信頼性が高い建築士の資格は、実務経験を積んで受験資格を満たせば就職先の幅が広がりスキルアップできます。インテリアに関する知識は、住空間や色彩など幅広い内容とリンクするため、奥が深い内容として将来学び続けられるのが利点です。

今後とも長期的な仕事として家具デザイナーの仕事で働いていきたい方は、ぜひさまざまな資格取得にチャレンジしてください。

家具デザイナーに活かせるスキルを身につける!

インテリアに関するデザインや設計に関わる仕事では、下記のようなソフトを操作する技術があると役立つ可能性があります。

  • フォトショップ
  • イラストレーター
  • CAD

デザインや設計に関わるソフトが役立つため、日頃からスキルを磨いておくとよいかもしれません。上記のソフトを操作できるスキルは、他の建築関係やデザイン関係の仕事にも役立ちます。

日頃から美術館など、アートに触れる機会を設けて芸術センスを磨いておくのもスキルアップにつながるはずです。新しい家具のデザインを思いつくきっかにつながります。

最新の家具情報についても情報収集するなど、家具デザイナーとして日頃から自分のスキルを高め続けるようにしましょう。

実務経験を通して現場で知識や技術を磨くのが大切

家具デザイナーに関する知識や技術は、基本的に現場を通して磨いていく姿勢が大切です。学歴が必要な企業や事務所もありますが、基本的には実力が重視されます。

プロとしてデザインに関するセンスを吸収していくことが必要です。家具デザイナーという肩書きとして活動するというよりも、どんな担当実績があるのかを証明できるほうが重要になります。

資格の取得やスキルアップは手段の一つとして考えておき、実務経験を通して応用力を磨いていきましょう。

家具デザイナーに関する職場は幅広いため、自分からさまざまな知識や技術を吸収してなりたい方向性に軌道修正してみてください。現場で活躍できる人材になれるように努力を続けていきましょう。

家具デザイナーの仕事はどんな内容なの?

インテリアデザイナーとも呼ばれる家具デザイナーは、名前の通り家具のデザインに関われる仕事内容です。

仕事範囲が幅広いため、企業によっては家具の販売や営業担当を任されることもあります。営業担当を任された場合は、今後の販売場所を拡大するための新規開拓をしていくことも必要です。

家具のデザインを担当する場合、世の中にヒットするようなデザイン設計を考えていきます。家具デザイナーとして進行管理や責任者の立場を任される場合もあるため、現場を通して臨機応変に活動していく流れです。

インテリア・空間のデザインが好きな人におすすめです

家具デザイナーの仕事は、住空間やインテリアに関するデザインに興味がある人に向いています。

「住宅の中で家具を選んでいるときが落ち着く」

「DIYをすることが好き」

「住空間を設計する仕事も気になる」

など、建築や家具全般に興味や関心が深い人におすすめの仕事です。インテリアに関する仕事は他にも多くあるため、知識や技術を深めながら自分の方向性に合う内容を選択していきましょう。

情熱や好きな気持ちを仕事にできれば、長期的にスキルアップをしながら家具デザイナーとして成長できます。ぜひ好きな気持ちを行動に移してみましょう。

家具デザイナーの気になる年収はどのくらい?

インテリアに関するデザインの仕事は、平均年収400万円程度といわれています。スキルや実力、企業や事務所の規模によって年収は変わるので目安です。

フリーランスや起業して働く人なら自由に仕事ができるため、年収に関しても幅広い数字になります。

時期によっては派遣社員やアルバイトでの募集もあるため、この場合は時給1,000円程度~働くことが可能です。正社員の仕事が難しい場合は、経験を積むスキルアップとして活用しましょう。

企業によって年収は変わるため、事前にリサーチを欠かさずチャレンジしてみてください。

将来的にフリーランスで活躍する道も!

家具デザイナーには資格が必須ではないため、フリーランスで活動している方もおられます。実力やセンスが重要視されるため、独り立ちできる自信がある方は、将来的にフリーランスの道も検討してみましょう。

フリーランスのメリットは自由な仕事が選択できる点です。家具デザイナーとして作りたいデザインの形を実現しやすい環境があるため、組織に縛られたくない人に向いています。

自分の努力次第では、平均年収をこえる金額を稼ぐことも可能です。このように、家具デザイナーのフリーランスは自由に働けるメリットがあります。

家具デザイナーの資格を活かした就職先はなにがあるの?

インテリアのデザインに関わる就職先は、例えば下記のような場所があげられます。

  • 家具のデザインに関する企業(ホテル、企業、自宅の家具など)
  • 家具メーカー
  • 建築関係の企業
  • デザイン関係の事務所

一般的には家具に関するデザインを設計する企業やメーカーなどで働くことができます。自分が気になる求人から選択してみてください。

将来的に自分が目指したい方向性を考えながら下積みをする期間を設けてスキルアップを目指しましょう。家具デザイナーといっても働ける場所は幅広くあるため、諦めずに就職先を検討してみてください。

家具全般を販売・設計する店舗

ホテルや企業、自宅に関するインテリアを作る企業で働くこともできます。家具デザイナーとしての知識や技術を活かせる内容のため、将来を通して家具デザイナーとして働きたい方におすすめです。

都会や都市部のほうが希望の求人は多くあるため、範囲を広げて就職活動を進めましょう。

また、直接デザインに関わる仕事以外には、ホームセンターや百貨店の店員などの仕事もあげられます。家具デザイナーとしての就職が難しい場合、家具の販売や営業担当など、関連性のある職種についてスキルアップと転職の機会も作るのも一つの方法です。

設計デザイナーの事務所

家具を含める住空間の全般に関するデザインを任されます。家具デザイン以外にもスキルを身につけておきたい方におすすめです。

デザインに関するスキルは将来幅広い分野で活かすことができるため、家具デザイン以外の職業にも活かせます。プロとして現場で活躍しながら生涯を通してスキルアップを目指せる技術を身につけましょう。

他の関連資格を取得することで、建築関係に強い分野へ転職する選択肢も増えます。さまざまな知識や技術と掛け合わせて仕事に取り組むことで、新しいデザインを生み出すきっかけもできるかもしれません。

まとめ:家具デザイナーは資格の取得でデザインの幅が広がる

家具デザイナー(インテリアデザイナー)の仕事について詳細を見てきました。家具デザイナーの仕事には必ずしも資格は必須ではなく、経験や実力を通して道を切り開いていきます。

ただ、資格を持っていて損になることはないため、知識や技術を磨いていく上で参考にしてみましょう。インテリアコーディネーター、インテリアデザイナー、インテリア設計士、建築士やCADの資格など、インテリアに関連する資格はさまざまです。

資格以外では、フォトショップやイラストレーター、CADなど、デザインに関するソフト操作のスキルも役立つかもしれません。

家具デザイナーの仕事は、日頃から自分で芸術に関するセンスを高め続けることが大切です。家具デザイナーとして最新の情報に触れながら、スキルアップのために日々勉強を続けて腕を磨いていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です