在宅ワークをお探しの方はこちら

ビアテイスターとは?ビールの資格を取得するメリット・試験内容を調査!

ビアテイスターは、ビール好きの方におすすめの資格です。

今回は、ビアテイスターとは何か、資格を取得するメリットや試験内容をまとめています。

  • ビールの味を鑑定する仕事に関わりたい
  • 美味しいビールの飲み方や知識が知りたい
  • 他の人が取らない面白い資格が取りたい
  • お酒に関する資格が知りたい

など、ビールの知識に関する内容が知りたい方におすすめの資格です。どんな内容か詳細が気になる方は、ぜひ参考にしてください。

ビアテイスターとは?

ビアテイスターとは、ビールについて鑑定できる技術が身につけられる資格です。

アルコール度数や味の特徴など、実際にビールの試飲をして実践的に知識が身につけられます。資格の運営会社が実施するセミナーに参加して勉強できる流れです。

ビアテイスターの資格を取得すれば、ビールのテイスティング技術が身につけられるため、好きを仕事に活かすこともやり方次第で可能になります。テイスティングとは、お酒の味を鑑定できるスキルを指す言葉です。

ビアテイスターの資格を通してビールに関する知識に詳しくなれます。

ビール好きを極められる資格

ビアテイスターでは、それぞれの目的に合わせて4つの内容に分類されています。どの内容もビールに関する知識を深められるので、ビールが好きな人には興味深い内容であること間違いなしです。

プライベートでビールを飲むときに合う料理や調味料が知れれば、友人や家族を料理でもてなすときに活用できます。

資格で学んだ内容は、プライベートから仕事までさまざまな場面で活用できるため、好きを活かせる資格の一つです。

ビアテイスターの資格を取得するとこんなメリットがある!

ビールの鑑定ができるビアテイスターの資格は、取得すると下記のようなメリットがあります。

  • ビールに詳しくなれるため、友人や上司と飲み会をするときに美味しいビールを選んであげられる
  • フリーランスの仕事と掛け算して、ビアテイスターで得た知識を広めるためにセミナーを開ける
  • ビールに関する新しい知識を知れるので世界や交友関係が広がる

上記のようにビアテイスターの資格は、人脈や知識を広げるのに有効活用できる内容です。

ビール好きを就職・転職・独立に活かせる

ビアテイスターは、使い方や工夫次第で仕事に応用することが可能なので、ぜひさまざまな使用用途を模索してみてください。

企業に就職している方なら、ビールの製造や販売に関する仕事で資格をアピール材料に使えます。また、異業種からビール関連の仕事に転職するときも同様に使うことが可能です。

フリーランスや起業家の方なら、ビール関係の仕事を展開していくときの肩書きに使えます。

セミナー後の試験に合格すると資格取得ができて、ビアテイスターの資格証明書がもらえるのでぜひ活用してみてください。

ビアテイスターの勉強方法・試験内容は4つに分類!

ビールの鑑定ができるビアテイスターは、それぞれの目的に合わせて4つの内容に分類されています。

  • 醸造学基礎セミナー
  • ビアコーディネイターセミナー
  • ビアジャッジセミナー
  • ビアテイスターセミナー

醸造学基礎セミナー以外は、どれもセミナー受講後に試験を受けて合格すると資格が取得できます。

実際に試飲や実践を交えながら勉強できるため、座学の授業だけではつまらないという方も楽しみながら参加することが可能です。

「別に資格はいらないから、授業だけ聞きたい」という方は、醸造学基礎セミナーの選択がおすすめです。それぞれ特徴や内容が違うため、4つの中から気になるものを選択してください。

醸造学基礎セミナー

ビールの基礎知識である製造工程が学べる内容です。醸造学基礎セミナーは資格取得ができないセミナーですが、ビールに関する知識がない初心者の方も学べます。

ビールの味に差をつける成分の解説、化学反応に対する説明、ビールの特徴など、日頃は聞いたことがない話や気になるポイントまでわかりやすく解説してくれる内容です。

セミナーで学んだ面白い話は、思わず周りに語りたくなるかもしれません。ビールが好きな方がワクワクしながら楽しめるセミナーなので、横のつながりを増やしてみたい方や興味関心が深い方はぜひ足を運んでみてください。

ビアコーディネイターセミナー

ビールに関する応用知識として、ビールにピッタリな料理を選べるスキルが身につく資格です。

繊細に変化するビールと料理の味について相性を確かめながら、食べた人が美味しいと感じる組み合わせを見極めるセンスが求められます。

調味料や調理方法との相性も学べるため、身近で使っているスパイスがそれぞれのビールでどんなふうに味わいが変わるのかが体験できる楽しいセミナーです。

ビアコーディネイターのセミナーを受講後、試験に合格すると資格が得られます。レストランやホテルで働く方におすすめの資格です。

ビアジャッジセミナー

国際基準の鑑定を中心に学べるセミナーで、醸造に関する基本知識も一緒に学べます。ビールのアロマ、フレーバー、外観印象など、実践を通してそれぞれのビールに関する評価のやり方を身につけられる流れです。

セミナーでは、グループを通して学びを進められるため、横のつながりを作りたい人にもおすすめできます。セミナーが終了すると試験が受けられるため、合格を目指して技術をものにしましょう。

海外に通じるやり方が学べるため、ビアジャッジとして腕を磨きたい方にもピッタリの内容です。

ビアテイスターセミナー

世界のビアスタイルについて学べるセミナーで、ビールに関する基礎知識やビアテイスターの役割が学べます。

ビールの鑑定をするために必要な知識を身につけられる内容です。それぞれの味や香りの違いを感じたり、鮮度や泡持ちの違いを発見したり、ビアテイスターに必須の見方を勉強できます。

プライベートでも美味しいビールの飲み方がわかるメリットもあるので、晩酌で有意義な時間を過ごせそうです。

ビアテイスターのセミナーを通して学んだあとは、試験を受けて理解度を確かめていきましょう。レストランやホテルなど、飲食に関わる仕事の人が持っていると役立つ内容です。

ビアテイスターの試験概要をわかりやすく解説

気になるビアテイスターの試験概要をまとめています。

  • 難易度
  • 合格基準
  • 受験資格、受験料
  • 試験日時、会場

以上の項目を解説していくので、読み進めたい項目に飛んで内容を確認してください。

ビアテイスターの難易度

ビアテイスターの試験は合格率が約80%と言われているため、初心者にやさしい難易度です。

また、試験はセミナー終了後に実施されるので実践を通して学んだ知識を身につけておくと問題なく合格できます。

受講と共にテキストも一緒に付いてくるため、テキストで復習して取り組んでいきましょう。わかりづらいポイントや疑問点は、その都度講師に質問しておくと理解が進みやすくなります。

難易度はそれほど高くないことが予想されるため、初心者の方からスタートしてもしっかりと勉強すれば資格の取得が可能です。

ビアテイスターの合格基準

下記では、セミナー後に資格取得試験がある、醸造学基礎セミナー以外の試験合格基準をまとめました。

*ビアコーディネイターセミナー

  • 問題形式と問題数:筆記試験全20問
  • 合格基準:筆記試験/75点以上が合格⇒ビアコーディネイター認定

 

*ビアジャッジセミナー

  • 問題形式と問題数:筆記試験(100問)+官能評価試験(4問)
  • 合格基準:筆記試験に加えて、官能評価試験のどちらも合格した場合のみ

※60点以上で合格⇒ビアジャッジ認定

※75点以上で合格⇒シニア・ビアジャッジ認定

※90点以上で合格⇒マスター・ビアジャッジ認定

 

*ビアテイスターセミナー

  • 問題形式と問題数:筆記試験(55問)+官能評価試験(6問)
  • 合格基準:筆記試験に加えて、官能評価試験のどちらも合格した場合のみ

※75点以上で合格⇒ビアテイスターと認定

各内容によって点数が変化するため、自分が受けてみたいセミナーを確認してください。

ビアテイスターの受験資格・受験料

それぞれの試験を受けるには、ビアテイスターのセミナーを主催する団体の会員になる必要があります。

会員の入会が受験資格になるため、試験を受けて資格取得したい方は、必ず申し込みを済ませてください。

各受験料や入会料を下記で参考にまとめています。

各受講料+試験受験料(税込み表記)

 

*醸造学基礎セミナー※試験はなし

会員:22,000円

新規会員(研究会員):44,000円/個人正会員

60,000円

会員でない場合:35,000円

 

*ビアコーディネイターセミナー

会員:39,000円

新規会員(研究会員)61,000円/(個人正会員)77,000円

会員でない:59,000円※受講のみで試験なし

 

*ビアジャッジセミナー

会員:

(受講料・認定試験料)57,000円

(受講のみ)49,000円

(認定試験のみ)8,500円

会員でない:69,000円※受講のみで試験なし

 

*ビアテイスターセミナー

会員:

(受講料・認定試験料)17,000円

(認定試験のみ)5,000円

新規会員(研究会員)39,000円/(個人正会員)55,000円

会員でない:26,000円※受講のみで試験なし

 

ビアテイスターの試験日時・会場

各セミナーはそれぞれ1〜2ヶ月に一回程度、東京新宿、横浜、大阪の各施設で実施されています。現在のところは上記の地域のみです。

セミナーはインターネットから申し込んで、受験料を振り込んで当日を迎える形になります。

施設の詳細は、下記のリンクから公式ページを参考にしてください。

公式サイトはこちら

ビアテイスターの関連資格おすすめベスト3!

以下では、ビアテイスターの関連資格を3つ解説していきます。

お酒に関する資格は、ビアテイスター以外にもたくさんの種類があるので、興味のあるものを選択してみましょう。

  • 日本ビール検定(びあけん)
  • ワイン検定
  • 日本酒検定

お酒について興味のある方は、チャレンジしてするときの参考にしてください。

日本ビール検定(びあけん)

ビールの基本知識や製造方法など、ビールに関する幅広い知識を楽しく身につけられる資格です。

試験の難易度は1〜3級があり、2021年4月現在は全国各地の会場からインターネットの試験で受験できます。

ビールに関する豆知識に詳しくなれるため、何か新しいことにチャレンジしながら知識を深めたい方にもピッタリです。20歳以上の方なら誰でも受けられるので、ビール愛を深める気持ちで受験してみてください。

公式サイトはこちら

ワイン検定

ワインに関する基礎知識が学べる資格です。難易度は、ブロンズクラスとシルバークラスにわけられています。

講習会を受講したあと、試験を受けて合格すると資格取得が可能です。ワイン好きの方から仕事でお酒の販売・提供をする仕事の方など、プライベートと仕事の両方に役立つ内容です。

ワインに関する知識が身につけると、自宅やお店で楽しむ時間がさらに充実させられます。講習会と試験の実施日は、下記のリンクから公式ページを確認してください。

公式サイトはこちら

日本酒検定

日本酒が好きな方が基本知識を身につけられる資格です。日本酒の文化や歴史、作り方や雑学など、知っているともっと日本酒に興味がわく内容をたくさん知れます。

難易度は1〜5級にわけられており、4〜5級はインターネットで在宅試験の受験方式です。3級は指定の会場でのインターネット試験、1〜2級は会場受験できます。

居酒屋で働いている方、お酒の販売に関わる方など、お酒が好きな人から仕事に関連する方まで幅広く活かせる内容です。日本酒が好きな人にピッタリなので、ぜひ受験を検討してみてください。

公式サイトはこちら

まとめ:ビアテイスターはビール好きを極めて仕事にも活かせる資格

今回は、ビアテイスターの資格について詳細を解説してきました。ビアテイスターとは、ビールの基礎知識が学べる資格です。

勉強するメリットとしては、ビールの知識に詳しくなり日常や仕事に活かせる点があげられます。セミナーの内容は、座学だけでなく実践を踏まえた内容が学べるため、ビール好きの方は知的好奇心が満たせる楽しい勉強ができるはずです。

お酒全般が好きな方なら関連資格の日本ビール検定、ワイン検定、日本酒検定の内容も面白いので参考にしてください。好きなものの知識を深めることは、人生を豊かにすることにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です