在宅ワークをお探しの方はこちら

アナウンサーになるには資格が必要?憧れの仕事内容・やりがいを解説!

アナウンサーとは、メディアを通じて情報を伝える仕事です。テレビやラジオなど、番組やニュースの進行役として活躍できます。

結論から話すと、アナウンサーには資格が必須ではありません。ただ、資格を取っておくと採用面で結果につながる材料にもできます。

今回は、憧れの仕事に就くための方法を解説しましょう。仕事内容からやりがいについて、アナウンサーの職業に興味がある方に向けて情報をまとめました。

これからアナウンサーを目指したい学生の方、アナウンサーとはどんなことが求められる仕事なのか内容が知りたい方など、ぜひ参考にしてみてください。

アナウンサーに資格は不要です!

アナウンサーになるには、資格が必須ではありません。ただ、資格を持っているとメリットにつながり、個性や人柄を表現できる材料にできます。

高倍率を勝ち進むためには、採用側の人間に対して「他の人とは違う」という点でアピールすることが大切です。

そのため、他の人が取らないような資格でアピールするという方法も一つの手段に使えます。

アナウンサーの志望動機や目指すきっかけは、さまざまかもしれません。採用試験では、将来的に貢献がイメージできる具体的な事例をあげていき、アピールするのが大切になるので資格は話題を広げる意図でも使えるはずです。

以下では、アナウンサーの人が持っているとスキルをアピールできる資格を一覧でまとめました。

持っているとアピール材料につながる資格一覧

アナウンサーの仕事に関わる資格をまとめました。気になる方は、リンク先を張っているので確認してみてください。

  • アナウンス力検定(声や話し方、振る舞い方を問われる)
  • 漢字検定(漢字の読み書きの能力)
  • 英検(日本で有名な資格で、英語力を問われる)
  • TOEIC(世界で受験されており、英語力を問われる)

上記の資格が採用の絶対条件ではありません。しかし、適切な情報を伝えるには、原稿の文字を正確に読むスキルや語学力が求められます。

アナウンス力検定と漢字検定は、とくに1級を持っていると話題につながるかもしれません。他の応募者と違いをつけるために、一つの手段として資格が使われています。

*資格は他にも、さまざまな内容があるので下記のページを参考に気になる資格を探してみましょう。

アナウンサーになるには学歴も必要

テレビやラジオを通して多くの人に情報を発信していく仕事には、正確な内容を届ける責任があります。そのため、アナウンサーには政治や経済、一般常識など、さまざまな社会を幅広い視点で考えられる力が必要です。

アナウンサーとして活躍している人は、比較的高学歴の人が多くいます。また、入社試験の受験資格は基本的に大学卒業が条件です。

学生時代から「アナウンサーになりたい」という夢を持っている方は、学歴を一つの指標として大学に進学する道が一般的と捉えておきましょう。

アナウンサーになるには?各条件を解説します!

テレビ局やラジオ局など、各放送局のアナウンサーになるには、ある程度の流れがあります。

会社の規模や場所によっては、多少条件はかわるかもしれませんが、下記では一般的なものを取り上げてみました。

①4年制大学を卒業して採用試験に合格する

アナウンサーは大学卒業の学歴が必要になることが一般的です。まずは、エントリーシートを提出する流れから始まり、次に一次試験を受けます。書類選考に残った人のみが次に進める流れです。

面接時は、アナウンサーとしての素養を活かせるような振る舞い方が求められます。日々訓練して面接に備えておきましょう。

一次試験にクリアした人は、二次・三次試験でカメラテストと責任者との面接などに移っていきます。最終的に役員面接に通った人が入社できます。

アナウンサーになるまでの過程は、さまざまな選考課題をクリアした後に入社するため、人一倍の努力が必要です。

②養成機関を受講して採用試験に合格する

実力でアナウンサーになるためには、基本的に養成施設で勉強するのがおすすめです。

大学に在学中から学べる施設もあるため、就職活動に向けてトレーニングを重ねていきます。

養成機関では、アナウンサーに必要な発声や発音、滑舌など、数週間~数ヶ月程度かけて授業を受けることが可能です。

また、面接対策のグループディスカッションや自己PR、模擬面接など、プロからさまざまな指導を受けられます。

一人では気づけないポイントについてトレーニングできるので、お金をかけて学ぶ価値がある内容です。

専用の養成期間は、一定の期間実施されている場合が多いため、いつ頃に開催されているのか早めのチェックを欠かさずにマークしておきましょう。

アナウンサーの試験に関する難易度は高い?

入社試験を突破するには、高倍率の応募を勝ち抜く必要があります。そのため、アナウンサーになる難易度は高いと言われており、例年数多くの志望者が殺到しているのが現状です。

名前の通っているテレビ局は、とくに倍率が高い傾向にあります。全国放送から地方放送まで、アナウンサーになりたい人が数名の枠を狙って志望する流れです。

テレビ局によっては、インターンシップの制度が設けられている場所もあります。

いずれにしても狭き道の認識になるため、本気でアナウンサーを目指したい人は、さまざまな採用枠にチャレンジするのが一般的です。

アナウンサーになるにはアピール材料・経験が必須

学生時代にどんな活躍をしてきたのか、アナウンサーになった将来を想像できるような経験をアピールする必要があります。

アナウンサーの仕事を通して実際に現場で活躍できるイメージを伝えるためにも、具体的な経験を話しましょう。

また、アナウンサーの仕事は、ときには過酷な現場に足を運んでリポートをしなければいけない状況も考えられます。どんな状況でも「視聴者に対して正確な情報を伝え続ける」という使命を忘れてはいけません。

アナウンサーは、本番中にどんな出来事が起こっても対応できる精神面での強さや度胸も求められると言えそうです。

アナウンサーの仕事はどんな内容?

情報を発信するアナウンサーの仕事内容は、まずは第一に原稿を読み上げることがあげられます。

他には、テレビ番組をつくる上での現地取材、リポートなど、下準備の仕事も必要です。アナウンサーは、番組のまとめ役として司会・進行を任される場面も多いため、相手の話を引き出しつつ線引きをして番組を上手にまとめる腕も試されます。

番組によっては、登場するゲストやスタッフの名前や情報を把握したり、番組を明るい雰囲気に持っていったりなど、現場の人間関係を調整する役目も担うのが仕事です。

アナウンサーの仕事は、一日を通して早朝から昼間まで働くなど、本番に向けて番組の打ち合わせや下準備に取り組んでいきます。

年収・給料はどのくらいか

アナウンサーの年収は、新入社員でおよそ平均約350万円と言われています。

ただ、テレビの放送局を始め、会社によって変わるので上記の数字はあくまで相場です。また、一年目の給料は、およそ25万円台前後と言われています。

経験や年齢を重ねていくごとに、アナウンサーの年収は少しずつ上がる傾向があるようです。役職や肩書き、フリーランスで働くなど、人それぞれスキルアップを目指して努力を続けることで年収1,000万円以上を稼ぐ人もいます。

アナウンサーとして経験を積みながら、新しい道を見つけて活躍する人もいるので可能性が広がる職業です。

雇用形態・働き方

基本的には、各放送局に雇用される正社員として働く人が多くいます。華やかな仕事をイメージするアナウンサーですが、雇用に関しては一般的なサラリーマンと同じ形態です。

また、実力をつけて活躍する人の中には、特定の局に属さないフリーアナウンサーの働き方をする人もいます。フリーアナウンサーとは、フリーランスで働く人を指す言葉です。

正社員雇用の働き方は安定的な給料を得ながら働ける分、決められた範囲の仕事しかできない制限もあります。一方、フリーアナウンサーの場合は、仕事内容や働く時間を自由に決められるのが利点です。

アナウンサーのやりがい・向いている人が知りたい!

何事にもチャレンジできる明るさ、緊張感のある現場で臨機応変な対応ができる度胸など、コミュニケーション能力の高さが必要になります。

多くの人に情報を届ける立場である以上、どんなときでも的確に状況を判断できるスキルも必要です。

また、スケジュールが綿密に組まれる仕事のため、自己管理を徹底して体調を万全にしておくことも求められます。

人の気持ちに寄り添いながら、視聴者やスポンサーの立場を考えた上で的確な情報を発信していける能力が必要不可欠です。

求められる人物層のまとめとして、臨機応変に対応できるタフさと人間関係調整能力が求められると言えます。

社会を動かす大きな仕事であるため、苦労も多い分やりがいや達成感を強く感じられるはずです。

アナウンサーの仕事に苦労するポイント

働く時間帯が不規則な放送局の仕事は、朝の早い時間から現場に出たり深夜から放送の準備をしたりと体力が必要になる内容です。

スケジュール管理が秒刻みで進むため、スムーズな段取りができるように責任感を持って日々仕事を進める必要があります。

また、正確な情報を伝えるために日々伝える上での努力も怠りません。さまざまな人に発信していく仕事として、プレッシャーを感じやすい仕事と言えます。

取材やリポートを正確に実施するためにも、さまざまな情報にアンテナを張りながらゲストやスタッフと積極的に交流していくスキルも必要です。

体力面と精神面の両方から強い気持ちが求められる仕事と言えます。

アナウンサーとして働きたい!就職先はどんな場所があるの?

正社員やフリーランスの形で働ける場所として、下記の場所でアナウンサーは活躍しています。

  • テレビ局
  • ラジオ局
  • 芸能事務所
  • 制作プロダクション

アナウンサーとして経験を積んでから、放送局の正社員をやめてフリーランスで働く人もいれば、芸能事務所などを通して活躍する人もいます。

テレビ局に就職した場合など、イベントの司会進行やナレーション、バラエティー番組の進行を始め、幅広い分野で活躍していく流れが一般的です。

経験やスキルを積んでいき、自分の目指す方向性にシフトしていくためにスキルを磨いていきます。

アナウンサーに転職できるのか?

テレビ局やラジオ局など、アナウンサーを中途採用で募集している場合もゼロではありません。人員の不足で補充する場合に中途採用が募集されます。

いざというときのために、養成施設やスクールに通う方法でスキルを磨いておくのが大切です。

中途採用ならではの社会人経験、人生経験をアピールできるようにエピソードづくりも意識しましょう。

採用枠は多いわけではないものの、大手の放送局以外にも地方の放送局など、会社にこだわらずに求人を探してみてください。

アナウンサーの将来性

多くの人に情報を発信していくアナウンサーの仕事は、今後とも必要だと考えられます

子どもから高齢者までさまざまな世代の人たちを支えるアナウンサーは、最新のニュース情報など、日々生活をサポートするのに必要だからです。

インターネットが普及した現代ではありますが、娯楽としてのテレビ番組など、テレビの需要がゼロになることはないと考えられます。

今後のアナウンサーは、フリーランスで活躍する新しい働き方が増える可能性もあるかもしれません。

高倍率の職業ではありますが、長く働ける仕事として将来性のある仕事といえるため、ぜひ諦めずにチャレンジしてほしいと思います。

まとめ:アナウンサーは資格をアピール材料にできる

今回は、憧れのアナウンサーに資格が必要かを始め、なるための方法を解説してきました。

アナウンサーに資格は必須ではありませんが、持っていると面接時のアピール材料にできるのが利点です。

アナウンサーの仕事は、原稿を読んだり番組の司会進行を進めたりする内容です。仕事のやりがいについては、多くの人に情報を届けられる面白さがあげられます。

社会を変えるような情報を扱う機会もあるため責任感が伴いますが、貢献できる内容も多いはずです。

多くの人に影響を与えられる仕事として、メディアの仕事は面白みのある仕事と言えます。

新卒採用試験の難易度は高く、狭き道はあるものの不可能というわけではありません。アナウンサーの職業に興味がある方は、一度道のりを検討してみてほしいと思います。

自分の将来を見つめながら、多くの人に情報を届けるという熱意を忘れずにぜひチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です