在宅ワークをお探しの方はこちら

栄養学の資格は独学でも通信・スクールでも取得できる!おすすめの資格5選を紹介

この記事を読まれている方は、日頃から栄養や食に関する興味・関心が深い方ではないでしょうか?

栄養学は独学でも学べるため、知識や技術をより深く身につけて肩書きや信頼の証明として活かすためにも、ぜひ資格取得を検討してみましょう。

  • 家族や恋人の健康管理ができるため、病気を防げる可能性がある
  • 食に関して美味しさや楽しさを学ぶ機会につながる
  • 仕事のスキルアップにつながる

資格を取得することで、栄養学に関する知識とともに多くの恩恵を得られるでしょう。

この記事では、食に関するおすすめの資格5選をピックアップしました。受験対策の方法などもまとめているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

栄養学の資格を取得するメリットは、就職や仕事で役立つこと

食に関する資格を目指したい方は、自分の中で目標や目的が何かしらある方も多いのではないでしょうか?

まだ目標や目的が決まっていない方は、勉強のモチベーションアップにもつながるため、ぜひ資格を取りたい理由も一緒に考えてみてくださいね。

例えば資格を取得するメリットには、以下のような仕事の面で役立つ点があげられます。

  • 食に関する企業の面接でアピール材料に使える
  • 食関連の職場に就職している際、スキルアップや知識の復習につながる
  • 独立やフリーランスの働き方では、肩書きとして信用度がアップする

資格を取得するとお金の面や信用につながる点で有利といえるでしょう。

食に関する知識の証明として元から持っているスキルと組み合わせれば、新しい仕事や肩書きを作れる場合もあり、仕事でのメリットも大きいといえます。

プライベートでも役立つ!

栄養学の資格を取得するメリットは、仕事だけでなくプライベートにもよい影響があるでしょう。知っているようで知らない食に関する知識や技術が深められるため、日常生活のさまざまな場面で活かせます。

  • 自分の子どもに対して、食育を教えるきっかけになる
  • 栄養面を考えた献立のメニュー作りができる
  • 衛生面の知識に詳しくなり、食中毒などを防げる知識になる

資格を勉強すれば自分だけでなく、家族や友人などのさまざまな人たちの健康を支えられる知識が身につくでしょう。

食に関する知識が深まるワクワク感を勉強から得られるだけでなく、料理の実践などと並行すればすぐに知識を活かせる点もメリットではないでしょうか?

スーパーでの買い物や料理など、勉強した知識はぜひ実践で活かしてみてくださいね。

独学で取得できる栄養学資格3

民間資格として栄養学に関わる資格の中から、独学で取得できる資格を3つピックアップしました。

  • 食生活アドバイザー
  • フードコーディネーター
  • オンライン食育栄養士資格

それぞれの資格には内容の特長や違いもあるため、確認してみて自分が思い描く内容に近いものを選んでみてくださいね。

どの資格も生活に役立つ内容ばかりです。計画を立ててしっかりと試験対策をすれば合格が可能なため、ぜひ資格取得を検討してみてください。

①食生活アドバイザー

名前の通り食や生活全般に関するアドバイスができる資格です。

生活習慣の見直しから心身の健康管理、食に関する正しい情報の発信など食に関する知識を活かせます。

資格を通して衛生管理の知識や食品表示の知識、食に関する経済や税金の知識など、食と生活に関わる幅広い知識を身につけられるでしょう。

食生活アドバイザーの試験対策

食生活アドバイザーには、内容の難易度ごとに2・3級にわけられています。現在のところ1級は開設されていません。

2級・3級は「栄養と健康」「食マーケット」「食文化と食習慣」など、共通の受験科目で出題されています。3級に関してはマークシートのみで、テキストや問題集を使いながら各科目の暗記を徹底しておきましょう。

2級は暗記の徹底と一緒に記述式の問題も含まれているため、問題集を参考に理解を深めておくと対策につながります。

②フードコーディネーター

フードコーディネーターは、営業や運営の目線から飲食業界に携わることのできる資格です。仕事内容として、食に関する企画や開発をすることができます。

具体的には、仕事をしながら以下のようなことを考えます。

「どのように演出すれば、美味しく見える仕上がりになるか?」

「トレンドになる新しい商品開発には、どんな傾向があるのか?」

「食や世間のニーズに関して、どのような施設運営をしていくか?」

食の演出・開発・運営に携わる分野で幅広く活躍できそうですね!

フードコーディネーターの試験対策

フードコーディネーターの資格は、内容の難易度ごとに1~3級にわけられています。簡単に各級の内容や試験対策をまとめました。

・3級

フードコーディネーターに必要な基本的な内容が問われます。「文化」「科学」「デザイン・アート」「経済・経営」の項目から出題。テキストの用語集を参考にしながら専門知識を頭に入れていきましょう。

・2級

基本的な知識に加えて、商品開発や企画に関する5項目から応用力のある内容が出題。一次試験はマークシートで実施され、二次試験は資格認定講座を受講して課題の提出を求められます。

用語の暗記に加えて、企画書課題の提出ができるようにテキストで事前対策をしておきましょう。

・1級

基本から応用力のある知識を身につけている前提で、他の分野のプロたちと一緒に働きながら、問題解決をする指導力が求められます。

一次試験は企画審査、二次試験では面接とプレゼンテーションを実施。二次試験に対応できるようにテキストを参考にし、質問項目について繰り返し口頭で練習しておきましょう。

③オンライン食育栄養士資格

自宅で簡単に資格取得を目指したい方には、Smart資格のオンライン食育栄養士資格がおすすめ。教材の購入や勉強をすべてスマホで完結できる点がメリットです。

「スマホの教材って大丈夫?」と心配される方でも安心。オンライン食育栄養士資格の取得に必要な基本的な知識をきちんと得ることができます。練習問題を繰り返し解くことで、短期間での資格取得が可能です。

事務やサラリーマンの方などで、「副業のため肩書きがほしい」という方にもおすすめです。開業したい方に向けてサポートもしているので、ぜひ活用してみてくださいね。

「Smart資格」はスマホで勉強可能で自宅で受験ができる!

ほとんどの資格試験は会場まで行って受験する必要があるのに対し、オンライン食育栄養士資格は自宅での受験が可能です。スマホから受験ができるため、子育て中の方や自宅から離れられない方などにもおすすめです。

スマホ試験では、オンライン食育栄養士資格の知識として必要な専門用語に関する記述と選択問題が出題されます。

試験が完了するとすぐに合否がわかるため、忙しい方で早く結果が知りたいという方も待たずに済む、というメリットがあります。時間をかけずに資格取得を目指したい方は、是非Smart資格でのオンライン食育栄養士資格受験を検討してみてください。

独学以外で取得しやすいおすすめの栄養学資格2

独学では難しくても、通信講座やスクールで取得できる民間資格を2つピックアップしました。

通信講座やスクールに通うことのメリットは、プロの講師から指導を受けられる点ですよね!

試験対策の勉強に関する疑問点があれば、アドバイスをしてもらえる点でもおすすめです。

  • 食育インストラクター
  • 食育実践プランナー

上記の資格に興味がある方は、ぜひ以下で紹介する内容も参考にしてみてくださいね。

①食育インストラクター

皆さんは「食育」という言葉をご存知でしょうか。これは、食に関する知識を深めながら、食を通して生きる意味を考えられる教育として近年広まっているものです。

食育インストラクターの仕事は、食育に関する知識を用いて、人々が的確な食の選択肢や知識を得られるようにサポートすることです。

子どもから大人まで、食は生涯に渡って欠かせない要素の一つといえます。食育は健康に関わる大切な知識であり命にもつながる大切な側面があるでしょう。

食育インストラクターの資格を取得した後は、ぜひ身近な人たちに自分が持っている知識を還元してあげてくださいね。 

食育インストラクターの試験対策

食育インストラクターは、難易度ごとにプライマリーと1~4級にわけられています。簡単に各級の内容をまとめました。

  • プライマリー:食育の基本知識が学べる
  • 4級:基本知識に加えて、基本技術が学べる
  • 3級:基本知識と技術を使い、応用力を磨ける
  • 2級:基本から応用までの知識と技術を使い、他者にアドバイスができる
  • 1級:食育に関するプロとして、専門知識を活かして食育の普及ができる

プライマリーは通信講座を受講する形です。1~4級に関しては、大元であるNPO日本食育インストラクター協会が指定するスクールに通う方法があります。

関連資格の取得や協会の会員になり研修を受講する方法など、各級によって変わるため詳細はホームページで確認してみてください。

②食育実践プランナー

食育実践プランナーは、食育に関する専門知識や実践方法を用いて人々をサポートできる資格です。肉や野菜の適切な選び方など、日常生活から仕事まで幅広い場所で役立つことが学べます。

食事に関するマナーを日常で活かすこともできますし、地域のボランティア活動で活かすことも可能です。

知識を持つだけでなく、実際に現場で知識を活かせる点が食育実践プランナーの魅力といえるのではないでしょうか?

自分の親や子ども、友人などの食生活を支えることにもつながるため、ぜひ資格取得を検討してみてくださいね。

食育実践プランナーの試験対策

食育実践プランナーは、ユーキャンの通信講座などを使って資格取得を目指せます。ユーキャンは実績のある資格講座なので、試験に出題する傾向を掴んだテキストや問題集を使って勉強ができるでしょう。

約半年間をかけてじっくり学べるため、まずは一日30分からでも試験対策に取り組めます。テキストの知識を暗記しながら、DVDも使って実践的に勉強すれば、より深い理解ができるはずです。

試験にはマークシート方式の最終課題があり、自宅で受けられます。そのため、スクールに通うことが難しい方でも、資格取得を目指しやすいでしょう。

平日の仕事の合間に少しずつ勉強したり、休日にまとめて勉強するなど、自分のライフスタイルに合わせた勉強方法を取り入れてみてくださいね。

栄養学の資格や勉強方法について知り、受験する資格を決めよう!

本記事では、食に関するおすすめの資格5選をピックアップして見てきました。栄養学の資格を取得するメリット、受験対策の方法などを事前に知っておけば自分が取得したい資格の方向性が見えてくるかもしれません。

資格試験に申し込みをする前には、ぜひ資格を受ける目的や目標を明確にしてみましょう。資格を取得するモチベーションが上がるため、試験勉強にもよい影響があるはずです。

今回紹介した資格はどれも食に関する基本的な知識が得られるため、それぞれの特徴を見た上で自分に合ったものを受験してみてくださいね。

合わせて読みたい!