在宅ワークをお探しの方はこちら

子育て中の資格取得の秘訣を伝授!勉強法やおすすめ資格も紹介

子供がある程度大きくなってくると、社会復帰を考えるようになりますよね。再就職に向けて資格取得を志す人も多いのではないでしょうか。

ですが子育てをしながら資格の勉強をするのは大変そうなイメージがあるかと思います。

しかし、正しいマインドと取得する資格の選定ができれば非常に簡単に資格合格することができ、安心して社会復帰することができます。

今回の記事では、子育てしながら資格取得を目指す親御さんに向けて、両立方法やおすすめな資格の紹介をしていきます。
この記事を読んで、子育てしながら資格を取ることに前向きになっていただければ幸いです。

子育てと資格勉強の両立の方法

子育てと資格取得の勉強を両立させるには、やり方を知っておく必要があります。

ポイントさえ抑えれば決して不可能ではありません!

まずはなりたい自分をイメージ

資格の勉強を始める前に、まずは自分がどんな風に社会復帰したいかをイメージしてみてください。

新しい知識を身に着けて仕事をしたいのか、それとも子育て経験を生かした仕事をしたいのか、ここが大きな分かれ道となります。また、社内で事務系の仕事がしたいのか、実際に人と関わる仕事がしたいのかも、勉強する資格を決めるための指標となります。

数ある資格の中から自分の理想に合ったものを正しく選択することが、その後の生活に大きく関わってきます。

なんとなくぼんやりと「何か資格取りたいな」と考えるのではなく、なりたい自分をイメージしたうえで資格を選ぶことで、その先にある社会復帰がより明るくなるでしょう。

子育てと勉強両立のコツ

子育てと勉強を両立させるためには、日常の中でどれだけ時間・体力的余裕が作れるかがカギになります。

時間的余裕というのはそのままで、勉強時間の確保をするために必要です。

資格取得にはある程度のまとまった勉強時間が必要になりますので、生活の中でその時間を少しでも増やす必要があります。また、子育てと勉強両方やるとどうしても疲れが出てしまうため、しっかり休むためのリラックスタイムが作れると良いでしょう。

さらに、勉強には体力も必要です。疲れた状態では勉強に集中できませんし、頭に入ってきません。

時間、そして体力に余裕を持たせるためには、家事に割いていたリソースを減らしたり、周囲の助けを得たりすることが最も効果的です。

体力に余裕を持たせる方法①

家事のリソースを減らすためには、食器洗い機やロボット型掃除機のような時短や負担軽減に繋がるアイテムを積極的に活用するのが良いでしょう。

日々の買い出しを通販にするだけでも余裕が生まれます。どうしても自身が動かなければならない食事作りや洗濯等も、完璧を目指さずある程度手を抜いたって問題ありません。余裕があるのであれば、家事代行サービスを使うのも良いでしょう。

体力に余裕を持たせる方法②

また、配偶者や子供、幼稚園や学校の先生へ説明をし、協力を仰ぐこともおすすめです。家族の理解を得ればストレスが軽減されるでしょうし、家事の手伝いもお願いしやすくなります。子供の指導者が家庭事情を把握することは親御さんにとっても指導者にとっても大切といえます。

一人で全てをこなそうと頑張りすぎる必要はないです。使えるサポートは存分に使い、勉強のためにエネルギーを確保しましょう。

詰め込みすぎのスケジュールは禁物

早い社会復帰を求めて、少しでも早く資格取得しようと思ってしまうかもしれません。ですが詰め込み過ぎのスケジュールは逆効果になります。

というのも、子育ては何が起きるかわかりません。

あまりギチギチに勉強スケジュールを組んでしまうと、子育てでもしものトラブルが起きた時にスケジュールを守れなくなってしまいます。

スケジュールの立て直しが必要になってしまいますし、そもそも詰め込みすぎて余裕のない状態はストレスに繋がります。

ストレスの溜まった状態で良い勉強をすることは難しいです。

子育て中の資格勉強はスケジュール管理が大切

子育てと資格取得の勉強を両立させるためには、ある程度余裕を持った勉強スケジュールを立てる必要があります。

例えば、直近の試験日で合格する目標を立てるのではなく、その次の試験日を目標にします。そうすることで、勉強の期間を長く確保できます。

また、毎日きっちり勉強予定を立てるのではなく、週単位で予定を立てたり、1日予備日を作ったりして柔軟に対応できる状態にすると良いでしょう。

子育て中はどうしても勉強だけに集中できる環境ではないですが、だからこそ、余裕を持ったスケジュールを立てて無理なく勉強を進める必要があります。

子育て中におすすめの資格6選

子育てをしながら勉強するのにおすすめの資格を6つ厳選して紹介します。自分の適正や興味に沿って合格を目指す資格を見つけてみてください。

日商簿記検定

公式サイト

日商簿記検定は事務系の職種において求められる代表的な資格です。

経営活動をおこなう人や企業は、会計取引を日々記録したり、財政状態や経営成績を表すための書類を作成する必要があります。日商簿記検定はそのために必要な知識があることを証明するものです。

初級・3級・2級・1級とありますが、実務で役立つのは3級以上からです。

初級を受けずいきなり3級から受けることが可能ですし、ここから勉強を始めても特段大変ではありませんので3級からの受験をおすすめします。

2級まで持っていれば、多くの企業で評価されます。

多くの教材が出ているため、比較的勉強しやすいでしょう。また、2級までであればそれほど高い難易度ではなく、子育て中であってもそれなりの勉強時間さえ確保できれば取得できる資格です。

事務系の仕事、特に企業の経理や会計事務所の職員として働きたいというのであれば、おすすめの資格です。

合わせて読みたい!

FP技能検定

公式サイト

FP技能検定とは、ファイナンシャル・プランニング技能士(以下FP技能士)として必要な知識を持っているかが問われる試験です。

ファイナンシャルプランナーという名前なら聞いたことがあるかもしれませんが、お金を軸としたライフプランニングをおこなうお金のエキスパートとして働く人を指します。

FPには国家資格と民間資格がありますが、FP技能士は国家資格にあたり、3級から1級まであります。

FP技能士検定の勉強をすることで、節約や税金といった直接的な話から、保険、相続、不動産、老後、それから投資といったように、お金が関わる幅広い分野の知識をつけることができます。

3級までなら市販の問題集、2級以上であっても通信講座で勉強できます。

銀行や保険会社といった金融業界へ就職するのにはもちろんのこと、日常生活においても非常に役に立ちます。将来的に独立も可能な資格です。

TOEIC

資格公式サイト

TOEIC(トーイック)は自身の英語力を、合否ではなくスコアで証明するものです。

知識・教養としての英語ではなく、実務における英語のコミュニケーション能力が問われます。

リスニング495点、リーディング495点の計990点満点で、スコアによって自身の英語力がどのぐらいであるかを判断されます。

400点は英語初心者、500点は新卒で求められるレベル、600点は中途採用でアピールできるレベル、730点はビジネス英語が扱えるレベル、860点は海外出張や海外赴任を任せられるレベルであると言われています。

市販であっても多くの教材が出ていますし、自分の目指すレベルに合わせて勉強量が調整できますので、かなり勉強しやすいでしょう。

どんどん国際化が進む現代において英語は非常に役に立つ知識のため、どこにいっても評価される可能性が高いです。

合わせて読みたい!

食育アドバイザー

公式サイト

ここから先は、家事や育児での経験を生かすことができる資格を紹介します。

まずは食育アドバイザーです。これは、食に関する正しい知識を持っており、食育活動ができることを証明する資格です。

栄養学といった食に関する基本的な知識や、健全な食生活を送るためのノウハウなどが必要になります。この資格を取るためには、日本能力開発推進協会の認定講座を受講し、試験に合格する必要があります。

食育アドバイザーの資格を持っていれば、食品現場や教育・医療業界など、幅広い分野で活躍することができます。

また、生活の中で直接生かせる知識が身につくため、食事作りの面でレベルアップも期待できるでしょう。

子育てアドバイザー

公式サイト

子育てアドバイザーとは、子育て相談において的確なアドバイスをおこなえると認められた人に与えられる資格です。

妊娠初期から思春期まで、あらゆる段階における子育てについての知識が必要となります。資格を取るには、まず日本子育てアドバイザー協会が主催する養成講座を受ける必要があります。

試験はそこまで難しくなく、比較的高めの合格率が保たれています。

教育現場での活用はもちろん、自身で子育てサロンを開設するのも良いでしょう。経験を積めば、子育て関連の講演会で講師を務めることもできます。また、子育てに関する知識を生かして、コラムや記事を執筆するのもおすすめです。

もちろん自身の子育てにおいても非常に活用できる知識です。

オンラインチャイルドコーチング資格

公式サイト

オンラインチャイルドコーチング資格とは、子供の成長をサポートし、可能性を引き出す力を持った人に与えられる資格で、その名の通りオンラインでの資格取得ができます。

コーチングとはコミュニケーションを通して相手のやる気や行動、能力を引き出す教育法で、直接的な指導をおこなうティーチングとは反対です。

資格取得および受験には、Smart資格のオンラインチャイルドコーチング講座に申し込む必要があります。1週間から、長くても数ヶ月といった勉強期間でとれる資格です。スマホで勉強から受験まで出来るので、忙しい人であっても勉強しやすい資格でしょう。

教育現場といった対面はもちろんのこと、オンライン上でのアドバイザーとして活躍できる資格です。

アドバイザーとして個人サロンを開いたり、相談を受けたりする人もいます。また、自身の子育てでも直接的に生かすことができます。

子育て中の資格取得は余裕作りと資格選びがカギ!

いかがでしたでしょうか。子育てをしながら資格を取るというのは大変ですが、ポイントさえ抑えれば不可能なことではありません。家電や周りの人の力を借りながら、無理のない範囲で進めていけば大丈夫です。

また、家事や育児のような家族のためではなく、スキルアップのように自身のために時間を使うのは、想像以上に気持ちの良いものです。

一見大変そうな勉強という行為ですが、子育て中においてはリフレッシュの効果もあります。

子育てしながらでも目指せる資格はたくさんあります。自分が社会でどんな風に活動したいか、どんな仕事をしたいかを考えたうえで資格を選ぶことで、その後の生活がより豊かになるでしょう。

ぜひ資格取得で得た知識を、社会で役立ててください。あなたの子育てと資格取得、どちらも上手くいくことを応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です