在宅ワークをお探しの方はこちら

司法試験の予備校で社会人におすすめはアガルート!予備校選びのポイントを解説

忙しい社会人の方が司法試験を受験するときは、予備校での試験対策がおすすめです。

予備校では、通信と通学の勉強スタイルから自分に合った内容を選んで試験対策が進められます。

実力派の講師による講義から内容が理解できるので、わからないところがあれば質問サポートを利用して解消できるでしょう。

今回は、社会人におすすめの司法試験の予備校から「アガルート」を紹介しながら、予備校選びのポイントを解説します。

アガルート以外の予備校を選ぶときも「どのような観点から予備校を選べばよいのか?」という参考にしてみてください。

司法試験の予備校を社会人が選ぶときのポイント

 

効率よく勉強するには、予備校の講義を受ける方法がおすすめです。

集中して一発合格を目指したい社会人の方に向けて、自分に合う予備校を選ぶときのポイントをいくつかまとめているので参考にしてください。

教材や講義内容が充実している

予備校の内容は、司法試験の勉強を始める方から勉強中の方まで、受講生の要望を叶えられるカリキュラムが準備されています。

予備校を選ぶときに決め手にしたい項目は、下記のとおりです。

  • テキストや問題集(紙媒体・デジタル)
  • 質問サポートの有無、回数制限(直接対面、メールなど)
  • カリキュラム内容の充実度(添削や過去問など)
  • オンラインの機能、サポート対応

勉強スタイルは、通信と通学の方法があります。

講師から対面で授業を受けたいときは通学、社会人が本業と両立させたいときは通信など、それぞれのライフスタイルに合わせた方法を選びましょう。

これから司法試験の勉強を一から丁寧にサポートしてもらえるコースを選ぶと不安や心配を解消できます。

予備校の特徴を公式サイトから比較しておき、勉強を進めるときの優先順位と検討して選んでみてください。

計画が立てやすくモチベーションが維持できる

司法試験の予備校は、これから勉強する人でも無理のない設定で効率よくスケジュールを組んで講義を実施してくれます。

独学で勉強するには、司法試験の理解にかかる時間を逆算しづらく、計画を立てづらい場合もあるかもしれません。

予備校では、基礎知識を取り入れる課題から始め、時期に合わせた最適な勉強法を提供してくれます。カリキュラムの内容によっては、試験対策の直前コースや特定の科目限定の講義が実施されており、苦手科目をなくす取り組みにつながるでしょう。

集中して確実に理解を進めたい方、試験日までのスケジュールを自動的に組み立ててほしいと感じる方は、予備校の勉強法を検討してみてください。

合格者の実績や声で未来をイメージしやすい

予備校の公式サイトには、合格者の声が掲載されている場合もあります。インタビュー記事や感想コメントを通して、合格した人の声を聞くとモチベーションの維持につながるでしょう。

  • どのような対策をしていたのか?
  • 勉強時間はどのくらいかかったのか?
  • 実際に予備校の講座を受けた感想は?

など、一発合格を目指す上で参考になる情報が多く記載されています。

司法試験の予備校の実績を調べるときは、公式サイトから合格者数や合格率が掲載されているか確認しましょう。

非公開の場合は、SNSやネット検索で「司法試験+予備校の名前(+評判)」で検索します。事前にリサーチをかけておくことで、予備校の講義に感じる不満を減らせるため、後悔のない方法を選べるでしょう。

ネットの評判や口コミも予備校選びのポイントとして参考にしてください。

司法試験の予備校と独学の違い

 

予備校と独学にはそれぞれの特徴とメリットがあります。

自分に合った勉強法を選ぶためにも、司法試験の予備校と独学の違いを見ていきましょう。

独学のほうが費用は安い

司法試験の対策は、予備校に比べると独学は費用が節約できます。一から授業を受ける場合の予備校の相場は8~60万円台です。

確実に合格を目指せる分、まとまったお金が必要になります。お金を節約して受験したいときは、コツコツ勉強を進められる独学がおすすめです。

独学のメリットは、ある程度勉強したところで予備校の勉強法に切り替えが可能なところです。

予備校のカリキュラムで試験直前対策や特定科目だけの受講を活用できるなど、メリハリをつけて学べます。

費用の節約を優先するときは独学、効率よく勉強を進めたいときは予備校を選びましょう。

独学のほうが勉強時間がかかりやすい

司法試験の合格には、基本的に3,000~10,000時間の勉強が必要です。法律全般の知識についての理解度によっても変わりますが、独学のほうが勉強時間はかかりやすいといえます。

予備校の場合は、試験日から逆算した無駄のないカリキュラムでスケジュールが組まれているので、効率よく勉強できるところがメリットです。

一方、独学はスケジュールを自己管理する必要があるので、その都度スケジュールを調整する必要があります。

コツコツ勉強を進めたい方は独学、集中して効率よく進めたい方は予備校を選ぶ方向で検討してみてください。

予備校は通学と通信の勉強法がある

独学はテキストと問題集を買って勉強を進める一方、予備校は通学と通信から勉強法を選べます。

通信のメリットは自宅で教材を使いながら講師に質問サポートなどが受けられるところ、通学のメリットは直接講師から勉強を教えてもらえるところです。

独学にはサポートがないため、わからないところがあるときは、自力で解消する必要があります。

予備校には、オンライン環境の動画やデジタルテキストなど、独学にはないサービスが充実している点も魅力のひとつです。

効率よく勉強を進めたいときは、通信または通学の予備校を検討してみてください。

司法試験におすすめのアガルートの予備校を徹底解説

 

今回は、司法試験におすすめの予備校「アガルート」に絞って解説します。

サポート体制が充実している予備校なので、比較検討するときの参考にしてください。

アガルート

司法試験や予備試験、法科大学院の合格者を数多く出しているアガルートは人気の予備校です。

通信タイプの勉強法で、司法試験や予備試験のカリキュラムが開講されています。

アガルートの講義内容や特徴は、下記のとおりです。

  • 動画講義(倍速や音声ダウンロード可)
  • アナログのテキストとデジタルで併用できる
  • 質問サービス(Facebookから回数制限なし)

オプションで個別指導のサービスをつけられるので、独学にはないサポート体制が整っているところが魅力のひとつです。

多くの受験生から合格の声が届いており、顔写真が入ったインタビュー記事を読み進めると、試験対策のモチベーションアップに活用できます。

実績が豊富な講師と講義を学びたい方は、目的別にカリキュラムとコースを選べるアガルートの予備校を検討してみてください。

司法試験の予備校まとめ

 

社会人におすすめの司法試験の予備校「アガルート」の詳細、予備校選びのポイントを見てきました。

アガルートの特徴は、通信タイプの勉強法でコース内容が多い点があげられます。合格者の実績も多く、実際に受講した人のインタビュー記事が掲載されている点でも信頼できるでしょう。

予備校を選ぶときのポイントは「教材や講義内容」「費用と予算の都合」「合格者の声・実績」の3つを確認すると、予備校選びでの後悔を減らせます。

アガルート以外にも予備校はあるので、自分に合う内容を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です