在宅ワークをお探しの方はこちら

年金アドバイザーの難易度は?合格率・資格試験の詳細を知って合格しよう!

年金に関する知識は人生に深く関わる内容で、多くの人に関心が深い仕組みの一つです。今回は、そんな年金に関する基礎知識が学べる民間資格の「年金アドバイザー」について解説していきます。

年金アドバイザーとは、名前の通り年金に関する知識やアドバイスするスキルが身につけられる内容です。

  • 年金アドバイザーの難易度がどのくらいなのか知りたい
  • 一発合格を目指していてなるべく失敗したくない
  • 自分の学力に合った難易度を選びたい

以上のような思いを抱える方は、年金アドバイザーの難易度を選択する際の参考に読み進めてみましょう。

他にも試験の合格率や活かせる業界、勉強法や勉強スケジュールについて解説するので参考にしてください。

年金アドバイザーの難易度はどのくらい?

年金アドバイザーの資格は、難易度が2~4級にわけられています。中途半端に感じてしまいますが、1級の難易度はありません。

また、受験資格がないため2~4級の好きな難易度から受験できます。ある程度基本知識がある方は2級からのスタートでも構いません。初心者の方は3~4級の受験がおすすめです。

年金アドバイザーの各難易度の詳細は、下記の項目にまとめています。

お金に関する知識は、自分から学ぶことで得になる情報を得られる仕組みです。意識しないとなかなか学ぶ機会がなく損をしている可能性もあるため、資格に興味を持った機会にぜひ学びを検討してみてください。

年金アドバイザー4級の難易度

初心者が受験するのにおすすめの難易度が4級です。年金に対する基本的な知識が学べるため、仕事からプライベートまで役立つ知識が身につけられます。

「年金の制度について勉強したいけど、仕組みがイマイチわからない」という方は、自分に投資する意味を込めてチャレンジするのもおすすめです。

将来的な後悔を減らせるだけでなく、年金以外のお金の仕組みについて興味を持つきっかけができれば、節税対策の知識や将来の預金を増やせるチャンスが生まれます。

年金アドバイザー3級の難易度

初心者の方でスキルアップを目指して受験するのにおすすめの難易度が3級です。お金に関する知識について勉強した機会がある人に向いています。

仕事に活かしたい人なら、年金相談へ訪れた人に基本知識や応用知識を持ってアドバイスする力が身につけられる内容です。

「4級よりも少し背伸びをして受験してみたい」人にもおすすめです。試験までにある程度詰め込んで勉強できる方に向いています。

資格の勉強は、仕事のスキルアップから私生活のアップデートを図れる良い機会です。年金アドバイザーの受験は、自分への投資として活用できます。

年金アドバイザー2級の難易度

金融に関する知識がある方、年金アドバイザー3~4級の合格者におすすめの難易度です。年金アドバイザーの中では難易度が高いため、初心者よりも中級者以上の受験に向いています。

年金に関するアドバイスに加えて、研修指導ができるくらいの知識が問われる内容です。「高校や専門学校、大学で経済に関する知識を勉強している」など、ある程度の基本知識がすでにある方向けの難易度になります。

自分が年金に関する知識に詳しくなれば、仕組みの理解が難しいと感じている人に向けて援助できるのが利点です。専門知識の理解は、仕事のスキルアップにつながり安定的な雇用を生むチャンスが生まれます。

年金アドバイザーの合格率はどのくらい?

年金アドバイザー試験の合格率を下記にまとめました。

  • 4級(初心者向け):約60%
  • 3級(基本理解者向け):約30~40%
  • 2級(上級者向け):約20~25%

初めて受験する人におすすめの4級の合格率が高いことがわかります。2~3級の合格率は民間資格の中では低めです。

お金に関する基礎知識がない場合、合格率から検討してみるなら3~4級の受験を目指してみましょう。いきなり2級を受けるのも可能ではありますが、学校で経済に関する基礎知識を理解している前提が必要です。

初心者は3・4級から合格を目指してください!

年金アドバイザーの3・4級は、年金に関する基礎知識の取得、知識を応用して相談業務に応じる知識が身につけられることは先ほど解説しました。

プライベートで年金に関する知識が知りたい方、仕事でお金に関する資格を勧められた方は、比較的短い勉強時間で取れる3・4級の受験がおすすめです。

試験の合格に必要な勉強時間が長期間かからないため、社会人や学生の方が本業と平行しやすいメリットがあります。資格の勉強を通して学んだ知識、ノウハウは今後の人生にも必ず役立つはずです。

年金アドバイザーの資格試験について理解しよう

2~4級の級は、それぞれ試験の合格基準は満点より60%以上正解が条件です。試験時間はそれぞれ2級が180分、3級が150分、4級が90分にわけられています。

持ち物は筆記用具にHBの鉛筆と消しゴム、電卓が必要です。事前に準備しておき、当日は忘れないようにしましょう。

それぞれの級に合わせて試験内容は変わります。詳細に関しては、公式サイトからご確認ください。

公式サイトはこちらから

受験料の一覧まとめ

年金アドバイザーの受験料を下記にまとめました。

*各受験料

4級:3,300円

3級:4,400円

2級:6,600円

 

※価格は税込み表記。

初心者向けの4級はリーズナブルな料金で受験できます。2~3級に関しても全体的に料金が安いため、心理的な負担を減らして受験に挑めるのも利点です。

受験料のほかには、独学の場合は公式テキストや問題集、通信講座なら教材にかかる費用が別途必要になります。

安く済ませたい方は独学、短期間で確実に合格したい方は通信講座を選択すると合格に近づけるので、自分に合った内容を選びましょう。

年金アドバイザーの資格はどんな業界に活かせるの?

仕事からプライベートまで活かせる年金アドバイザーは、資格を取得すると仕事のスキルアップにもつながります。年金アドバイザーの資格は、お金に関する資格全般に活かせるため、関連業務に就いている方もこれから転職したい方も役立つ内容です。

以下では「金融業界」「保険業界」「その他の業界」3つの業界を取り上げてそれぞれの未来図をイメージしてみます。

資格を取得することでお客さまの満足度を上げたり、売り上げアップにつなげたりなど、使い道は幅広いのでぜひチャレンジを検討してください。

金融業界

ダイレクトにお金と関わる機会が多い金融業会では、お客さまの信頼を掴むためにあらゆる税制度に関する知識に詳しくなる必要があります。年金に関する相談をされる機会もあるため、同時に相談に乗れるようになれれば売り上げアップの期待もできるかもしれません。

金融業界は、お金に関するプロが働く場所として見られているため、信用を得るためにもつねに学び続ける必要があります。

多角的な角度からさまざまなお金に関する知識を客観的に証明するためにも、年金アドバイザーの資格取得でスキルアップを目指すのがおすすめです。

保険業界

将来的なリスクに備えて申し込む保険サービスは、顧客の人生に関わるお金の相談を身近に受ける形になります。お客さまが望む形で最大限の願いを叶えるためには、年金に関する基礎知識の理解も必要不可欠です。

年金に関する直接的な相談でなくても、年金の基礎知識を知っていればさらにお金を安心して保証してもらえるサービスの説明、お客さまの不安を解消しながら話を進められるなど、満足度の充実にもつながるかもしれません。

結果として店舗の売り上げアップにつながる期待ができるため、自分のキャリアにも良い影響を与えられます。

その他の業界

年金アドバイザーの資格は他にも不動産、高齢者に関わる業種の方など、幅広いジャンルに応用できます。

直接高齢者に年金のアドバイスをするかどうかは別にして、土地の売り買いや建て直しなど、年金と人生に必要なお金に関する相談に乗ることも可能です。

他の国家資格と活かしてダブルライセンスとして活用する方法もあるため、法律関係の仕事に就いておられる方は、年金アドバイザーをわかりやすい肩書きに利用できます。

年金に関するセミナーや講演会を開くなど、学びの場所を提供するきっかけにもできるのが利点です。

年金アドバイザーの勉強方法・スケジュール・心得を徹底解説!

年金アドバイザーの勉強方法は、主に独学と通信講座の方法があげられます。基本的に公式テキストを使えば自力で勉強することも可能なので、自分の生活スタイルに合わせて選択してみましょう。

費用を安く済ませたい方は独学がおすすめです。社会人で忙しい方なら通信講座を取って確実に合格を目指すのも良いかもしれません。試験日から逆算してスケジュールを管理して、一発合格を目指せるように進めましょう。

下記では、独学と通信講座の勉強法から解説します。勉強スケジュールや心得についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

独学

年金アドバイザーは民間資格のため、3~4級に関しては自力で勉強を進めるのもおすすめです。過去に資格の勉強に取り組んだ機会がある方なら、進め方のノウハウに関しては問題なく進められます。

独学で資格の勉強に取り組むなら「基本的な内容の理解に取り組む⇒過去問に取り組む⇒復習を繰り返す」の流れが一般的です。地道ではありますが、公式のテキストと問題集を何度も繰り返して慣れるのが合格への近道につながります。

平日は毎日1時間だけ勉強するなど、自分なりのルーティーンを作ってしまうと継続しやすい環境につながるため、ぜひチャレンジしてください。

通信講座

お金に関する資格の勉強が初心者の方は通信講座がおすすめです。通信講座には、例えば以下のようなサービスがあります。

それぞれの内容や受験料と検討しながら、自分に合ったサービスを選択してみましょう。通信講座のメリットは、独学とは違いサポート大切が整っている点です。

自分で教材を選ぶ手間が省けたり、内容によっては講師から添削指導や質問を受けることもできます。一人での勉強に不安を感じるときは、通信講座を活用して合格を目指しましょう。

年金アドバイザーの勉強スケジュール

それぞれの級に必要な勉強時間をまとめているので、スケジュールを立てるときの参考にしてください。

  • 4級:約15~20時間程度(約1ヶ月)
  • 3級:約30~40時間程度(約1ヶ月)
  • 2級:50時間以上(約1~2ヶ月)

元からの知識量によって勉強時間は変化するため、スケジュール期間はあくまで目安です。試験日から逆算してゆとりのあるスケジュールを持って勉強していきましょう。社会人の方から学生の方まで幅広く挑戦できます。

初心者におすすめの4級なら、時間をとらずに受験できるのでぜひチャレンジしてください。

勉強に取り組むときの心得はこれ!

年金アドバイザーの勉強に取り組むときは、自宅以外のカフェを活用して息抜きをしながら効率良く勉強を進めましょう。こまめに休憩を挟むことで持続力がアップします。

詰め込み型で勉強する場合は、休日の時間を活用しながら集中的に取り組んでみてください。平日に少しずつ勉強したい方は、休憩時間のスキマ時間を活用しながら進めましょう。

「合格したあとの自分」をイメージしながら、事前に合格した人をインターネットを活用してリサーチしてみてください。モチベーションややる気のアップにつながります。

まとめ:年金アドバイザーの難易度なら初心者は3・4級がベスト

年金アドバイザーの難易度や詳細を見てきました。年金アドバイザーの難易度は、2~4級にわけられています。1級の設定は現在のところはありません。

初心者が受験するなら、合格率が高い4級がおすすめです。少しチャレンジしてみたい方は3級、ある程度基礎知識がある方なら2級に挑戦してみましょう。

勉強期間はそれぞれ約1ヶ月程度で進められるため、ゆとりを持って勉強をスタートすれば比較的勉強しやすい内容です。

お金に関する知識は生涯私たちに役立つスキルにつながります。特に年金は私たちの老後を支える大切な仕組みの一つです。

一度学んだ知識は、仕事からプライベートまで幅広い場所で活かせるので、気になる方はぜひ年金アドバイザーの資格取得にチャレンジしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です