在宅ワークをお探しの方はこちら

行政書士試験に最短で合格する勉強方法は?独学・スクール・通信講座の3通りで解説

「行政書士試験を受けたいけど、勉強方法はどう選べばいいの?」

「独学でも大丈夫?」

行政書士の勉強方法に迷うあなたのために、独学、スクール講座、通信講座の3つの勉強法について調べました。

行政書士は身近な法律問題を解決する国家資格です。許認可の書類や届け出書類など個人や企業に代わって書類を作ります。取り扱い書類は数えきれないほどあります。また、法律コンサルタントとしても活躍できます。今後、ますます注目される資格です。

この記事には、独学、スクール、通信講座の長所や短所、勉強方法を選ぶときの基準など役に立つ情報が盛りだくさんです。

資格講座名 資格スクエア資格スクエア アガルートアガルート ユーキャンユーキャン フォーサイトフォーサイト 大原大原
コース名 行政書士実務講座 入門総合ライトカリキュラム 行政書士資格取得通信講座 バリューセット1 通常セット 行政書士合格コース
税込価格 40,800円 200,000円 63,000円 54,800円 188.000円
受講形式 オンライン オンライン オンライン オンライン web通信
教育給付制度 なし 何度でも 1日3問まで 10回 各校に問い合わせ
特典や割引 用意されているパックを購入 オプションでマンツーマン指導や通学を選べる。早期申し込み30%off メインテキスト10冊 合格したら最大2000円のアマゾンギフトコード 時事対策などもある
受講者の合格率 記載なし 67.20% 9% 41.30% 2020年76名合格
公式サイト 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

行政書士の勉強方法は3通り

行政書士資格の受験勉強方は、受験生の状況によって違います。法学部出身や法務関連業務に従事している人は勉強時間は短くて済みます。全くの初学者の人なら相当の勉強時間が必要です。

どの勉強方法が最も効率的に勉強できるのでしょうか?3つの勉強方法の長所や短所を探ってみましょう。

独学で勉強する

行政書士試験受験者で意外に多いのが独学派です。法学部出身や法務事務所勤務の人は独学派が少なくありません。初学者の中にも独学派の人がいます。

独学の場合、勉強以外にもやることがいっぱいあります。勉強の仕方、時間管理、スケジュール作成、教材選定などです。これら間違うと合格への道は遠ざかります。また、質問する相手がいないのも困る点です。問題集の解答への添削などもありません。一人でやり切る強い意志が必要になるのです。

反面、独学には受講料も交通費もかかりません。合格できた場合のコスパは抜群です。

行政書士受験、独学のメリットとデメリット
・受講料、交通費がかからない
・自分のタイミングで勉強できる
・自宅で勉強できる

・スケジュール管理から教材選びまで自分でしなければならない
・不明点を質問する相手がいない
・モチベーション維持が難しい

スクールに通って講座を受講する

学校へ行けば講師や友達がいて、不明点や悩み相談をする相手ができます。その場で質問できるので、学習がスムーズにはかどります。勉強スケジュールを立てたり、教材選びはスクールがやってくれます。経験豊かなスクールなら方針を誤ることもありません。

一方で、スクールに通うには、いろいろな条件が付きます。まずは通学時間や交通費がかかります。受講料もかかります。また、学校の場所によっては通学できないこともあります。

行政書士試験受験、スクール受講のメリットとデメリット
・勉強スケジュールや教材はスクールで適切に用意してくれる
・その場で質問できるので、学習がスムーズ
・受験生同士のコミュニケーションがある

・場所によっては通えない
・受講料や交通費がかかる
・受講時間に合う生活をしなければならない

通信講座を受講する

通信講座はスクール学習と独学の中間的な条件になります。とっつきやすい学習方法と言えます。

教材や勉強スケジュールは講座側で用意してくれます。用意されたものは毎年分析された効率的なものです。一方で週単位や日々のスケジュールはあなたのタイミングで立てられます。通学の必要がなく、自宅でスクール並みの勉強ができるのも通信講座の良さです。受講料はかかりますが交通費はかかりません。

メールなどで質問できます。しかし、即答は無理です。翌日などに返事がきます。悩み相談システムを作っている講座もあります。

行政書士試験、通信講座のメリットとデメリット

・教材や学習の長期的なスケジュールを用意してくれる
・日々のスケジュールは自分の都合で立てられる
・自宅で勉強できる
・交通費がかからない

・不明点の質問はメール応答になる
・モチベーションの維持は簡単ではない
・受講料がかかる

行政書士の独学におすすめの勉強方法の手順

行政書士の独学で最も気になるのが勉強の手順です。これを間違うと勉強の効率はガクッと落ちてしまいます。手順と一緒に教材選びも確認してみましょう。

テキスト・問題集を1冊ずつ購入する

行政書士試験受験を独学でこなすにはテキストや問題集選びがポイントになります。受験生自身がそろえなければなりません。念のためと思って数冊買いたくなってしまいます。しかし、行政書士資格勉強に必要なテキストは1冊だけです。1冊のテキストを徹底的に勉強するのが、効率的に合格点をとるコツです。

合格のために必要な知識は試験に出る項目だけです。行政書士受験用のテキストなら試験に頻繁に出る項目は押さえています。それを洩れなく徹底的に学べば、合格点は取ることができるのです。複数のテキストで、学ぶ項目を増やしてしまうと効率が落ちてしまいます。

問題集も同じで、複数の問題集に挑むよりは1冊を徹底的に学んだ方が効率的です。

テキストを2周読み全体を把握する

しっかり選んだテキストを、まずは全部読みましょう。2回繰り返して読んで、行政書士資格勉強の概略をつかみます。試験勉強の全体像を把握すると勉強スケジュールが立てやすくするのです。

テキストの章ごとに重要箇所を暗記する

テキストの全体像をつかんだら、今度は各章ごとに重要個所を暗記します。暗記項目だけを記載したノートを作っても構いません。通勤や通学、家事の合間などにそのノートを出して、暗記するとスキマ時間を活用できます。声を出していい場所では暗記項目を音読しましょう。目で見て自分の声で聞くことで暗記効果を高められます。

ノートには暗記項目だけを書きます。あまり多くの項目を書きすぎると暗記部分の印象が薄れてしまいます。また、書くことに労力や時間を費やすのももったいないことです。

問題集を最低3回解く

1冊の問題集を最低3回解きましょう。同じ問題で飽きるかもしれません。飽きるほどしっかりと問題を解くことによって、理解が深まります。

問題集で間違えた分野のテキストを読み直す

1冊の問題集を3周したら、よく間違える部分に注目します。その部分がウィークポイントなのです。最初に用意したテキストで、その部分の復習をしましょう。

予想問題集を解く

1冊のテキストと1冊の問題集を完全制覇できたら、予想問題集を解きましょう。予想問題集も1冊です。1冊を徹底的に学びましょう。もし、予想問題集でウィークポイントに気づいたら、最初のテキストで、その部分を復習しましょう。

行政書士のスクールに通う場合の勉強方法

スクールに通う場合には、まずは必ず受講することが大切です。受講時間中にスクールへ行けるように生活環境を整えましょう。

スクールで講座を受講して知識をインプットする

スクールは知識インプットの場所と心得てひたすら知識吸収に努めます。考え事をしたりすると大切な部分を聞き逃してしまいます。受講はテキストを見ながらしたほうが効果的です。また、ダウンロードサービスがあるなら忘れずにダウンロードしましょう。スマホを活用してスキマ時間を生かせるようになります。

自宅で復習時間を設けて重要箇所を理解する

スクールで学んだ内容は必ず自宅で復習しましょう。受講時間と復習時間の間隔が短いほど復習効果が高まります。その日のうちに重要個所をチェックすると記憶に残りやすくなります。テキストと講座内容とを照らし合わせて反復しましょう。また、週の終わりに、その週の復習をすることで復習回数が増えて記憶に残りやすくなります。

わからない箇所を講師に質問する

教室通学で講師がその場にいるときには、その場で質問しましょう。映像講義の場合には質問サービスを利用して質問しましょう。わからないことを放置すると、勉強がスムーズに進まなくなってしまいます。

行政書士の通信講座を受講する場合の勉強方法

通信講座は、独学とスクール講座、それぞれの欠点を緩和できる学習形態です。自宅にいながら専門家のサポートを受けた学習ができます。

反面、独学やスクール講座の良さも少しだけ減ってしまいます。費用を抑えるという意味では独学には及びません。その場で質問できるという点ではスクール講座には及びません。それぞれの特徴をよく理解して、あなたに都合のいい学習方法を選びたいものです。

1.試験日から逆算して勉強スケジュールを立てる

行政書士の試験日は毎年11月中旬か初旬の日曜日です。あなたが受けたい年度の試験日を確認しましょう。その試験日から逆算して受講開始日を決めます。1年コースを受けたい場合には、受験年度の前年10月からの受講になります。半年コースなら受験年度の3月から受講開始します。

通信講座の資料には、標準学習スケジュールが示されています。それを参考にして、おおよその年間計画を立てましょう。また、曜日ごとに1日の学習スケジュールを立てておきましょう。生活がルーティン化すると学習習慣がつけやすくなります。

 

2.自宅や隙間時間に通信講座を受講して知識をインプットする

できるだけ決まった時間に1~3時間の勉強時間を確保します。自宅で落ち着ける時間にはテキストでインプットします。スキマ時間ではeラーニングやDVD、CDを活用してスマホ学習をしましょう。

問題集や予想問題集を解いて知識を定着させる

テキストやスマホでインプットした内容を問題集や予想問題集を解きましょう。問題集を解くと弱点がはっきりします。弱点がわかれば、その部分をテキストやDVDなどで復習します。不明点は質問サービスを利用して確認しましょう。

行政書士試験に最短で合格するための勉強方法は?

行政書士試験、独学やスクール講座、通信講座それぞれに長所や短所があります。費用面で考えると、独学は圧倒的に有利です。合格率で考えると講座を頼ったほうが有利です。時間の都合がつきやすい方法は独学か通信講座です。通信講座なら、比較的安い講座でも十分な合格率を期待できます。自宅で一流のサポートを受けて勉強できるのも通信講座の魅力です。

勉強開始時の知識量によるが通信講座の受講が効率的

初学者が独学の道を選ぶには相当の覚悟が必要です。法学部出身者、法務系の有資格者の受験生なら独学合格の可能性は高くなります。より確実で自宅で学べる方法となると通信講座がおすすめです。

通信講座の大きな特徴にスキマ時間活用がしやすいというものがあります。スマホ対応が進んでいるためです。通信講座会社では毎年の行政書士試験を緻密に分析しています。合格主義の効率的な教材づくりは通信講座が優秀です。通信講座は最短合格に最適な勉強法の一つと言えます。

行政書士の勉強方法は独学・スクール・通信講座の3つで異なる

独学、スクール、通信講座はどれも長所と短所があります。どれを選ぶかは、受験生個人の事情を十分考えて判断しなければなりません。生活環境や経済事情を無視するわけにはいかないのです。

<勉強方法を決める判断要因>

  • 合格率の高さ:できるだけ合格率の高い方法を選びたい
  • 負担できる費用:予算を立ててみましょう
  • 勉強前の法律的知識の有無:法律知識が豊富なら独学も視野にいれましょう。
  • 確保できる勉強時間:現状の生活から考えてみましょう。

無理な計画を立てれば挫折の原因になってしまいます。おおよその方針が決まれば、資料集めから始めましょう。