在宅ワークをお探しの方はこちら

建築士の仕事内容を徹底調査!資格・収入・なり方を紹介!

「建築士ってどんな仕事なの?」

「建築士になるにはどうしたらいいの?」

建築士に関心があり、このような疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

建築士の仕事内容は、建築物の設計および工事監理ですが、その業務内容は実に多岐に渡っています。

また、建築士を仕事とするには、国家資格の「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」などを取得しなくてはいけません。

本記事では、建築士のなり方や仕事内容、必要な資格や収入などについて徹底的に調査しました。建築士に関心がある方は、ぜひご覧になってください。

建築士の仕事内容は?大きく設計・工事監理の2つに分けられる!

Architect

建築士の仕事内容は、「設計」と「工事監理」の2つから成り立っています。ここでは、建築士の仕事内容を詳しく解説しましょう。

顧客が希望する条件の建物の設計

設計は、顧客の希望を詳細に聞き取りするところから始めます。顧客の希望を具体的に設計図に落とし込むためです。

顧客の希望内容が予算内なのか、法規制に則っているのか、などを確認して問題がなければ図面の設計に取りかかる流れになります。

設計は3つに分けられるので、以下をご確認ください。

  1. 構造設計⇒構造物の土台をつくる設計
  2. 設備設計⇒電気や給排水など設備関係の設計
  3. 意匠設計⇒デザインや周辺環境に配慮した建物全体の設

工事の様子をチェックする工事監理

建築士の仕事には、設計とは別に工事監理があります。工事監理とは、建物が設計図通りに建築されているか、工期が守られているか、などをチェックする業務です。

建築現場へ実際に足を運んで、建築工程や進捗状況のチェックをして、必要に応じて現場監督や職人への指示、顧客への報告・相談などを行います。

現場の状況によっては、設計の修正などの発生が考えられるため、建築士にとって重要な業務のひとつです。顧客への引き渡し時には、設計図通りに建築されているか、最終確認をして引き渡します。

建築士の一日の流れをイメージしよう!

meeting

仕事内容が分かったところで、次は建築士の一日の流れを知り、将来の自分をイメージしてみましょう。勤務先の業態によって多少の違いがあるので、それぞれ見ていきます。

1.住宅設計の場合

住宅設計の建築事務所に勤務の場合です。

  • 08:00~12:00  出社 ・朝礼・メールチェック・担当案件の図面作成など
  • 12:00~13:00  昼休憩
  • 13:00~14:00  現場監督と打合せ
  • 14:00~17:00  事務所に戻り図面の作成・翌日の準備など
  • 17:00~      帰宅

2.ゼネコンの場合

ゼネコン勤務の場合になります。

※ゼネコンとは総合建設業者を指します

  • 08:00~12:00 出社・朝礼・メールチェック・見積り・工程表作成など
  • 12:00~13:00 昼休憩
  • 13:00~15:00 現場管理・調査など
  • 15:00~18:00 顧客との打ち合わせ
  • 18:00~19:00 社内に戻り内部業務・翌日の準備など
  • 19:00~     帰宅

3.個人経営の場合

個人設計事務所を経営している場合です。

  • 08:30~12:00 出勤・メールチェック・現場打合せなど
  • 12:00~13:00 顧客と会食・打合せなど
  • 13:00~14:00 事務所で打ち合わせ・図面作成など
  • 17:00~19:30 デザイナーとの打合せ・翌日の準備など
  • 19:30      帰宅

建築士になるには?国家資格を取得する必要がある!

qualification

建築士として働くには、国家資格となる建築士の資格が必要です。建築士の資格は「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」の3種類があります。

一級建築士の資格は、国土交通省から認可を受けている国家資格です。設計できる建築物に制限がありません。

一級建築士の受験資格と合格率は以下の通りです。

  • 大学、短大、高専の建築学科で指定科目を修めて卒業した者
  • 二級建築士の資格保有者
  • 建築設備士の資格保有者
  • その他国土交通大臣が特に認める者(外国大学を卒業した者等)
  • 合格率は10~15%

二級建築士の資格は、各都道府県が免許を交付する国家資格です。一級建築士とは異なり、設計できる建築物に制限があります。設計できる建築物の規模は、一般的な戸建て住宅が目安です。

二級建築士の受験資格と合格率は以下の通りです。

  • 大学、短大、高専、高校、専修、職訓等において指定科目を修めて卒業した者
  • 建築に関する学歴なし⇒7年以上の建築実務経験がある者
  • 建築設備士の資格保有者
  • その他都道府県知事が特に認める者(外国大学を卒業した者等)
  • 合格率は20~25%

木造建築士の資格は、各都道府県が免許を交付する国家資格です。木造住宅に特化した建築士資格で、二級建築士と比べてより小規模な住宅の設計を担います。

木造建築士の受験資格と合格率は以下の通りです。

  • 大学、短大、高専、高校、専修、職訓等において指定科目を修めて卒業した者
  • 建築に関する学歴なし⇒7年以上の建築実務経験がある者
  • 建築設備士の資格保有者
  • その他都道府県知事が特に認める者(外国大学を卒業した者等)
  • 合格率は35~40%

一級建築士になると大型施設まで携われる

一級建築士の資格は設計する建築物に制限がないため、一般住宅以外にもオフィスビルや商業ビルなどの大型施設の設計に携われます。

建築士の収入はキャリア・保有資格で差がある!

money

建築士の収入ですが、保有する資格やそれまでのキャリアによって異なり、どの資格を保有しているかで収入に差がつくのです。

また、建築士は実務経験が重要視される傾向があるので、経験が豊富であればその分収入が高くなりますが、勤務先の規模にもよって変わってきます。

建築士は難易度の高い国家資格を取得しなくてはいけないので、比較的、給与水準は高い職業と言えるでしょう。

二級建築士の平均年収は「500万円」前後

二級建築士であれば、平均年収は500万円前後です。「平成30年度 二級建築士学科試験」の合格者層は24歳以下が55%となっているので、一定の経験を積めば20代後半~30第前半で、500万円前後の収入が得られる可能性があります。

一級建築士の平均年収は「650万円」前後

一級建築士の平均年収は、650万円前後です。初任給で考えると20万円代後半となり、同年代の平均給与額と比べても、大学卒で20万円前半、短大・高専であれば18万円くらいなので、高額だと言えるでしょう。経験を積めば年収1,000万円を超えることも可能です。

建築士に向いている人とは?

Architect

建築士に向いている人に必要な要素を解説します

  • 創造性

建物を造る際に必要なのは、創造力です。建物は毎回異なった条件で建築されるため、モノゴトを最初から造り出す能力が必要になります。

建築物には、安全性・快適性・デザイン性などが求められるので、それらを必要に応じてバランス良く設計して造りだす創造性が必要です。

  • 提案力

建築士は顧客のニーズに合わせて、建築物を造るのが仕事なので顧客への提案力が問われます。

顧客が希望する内容、予算、建築条件などを総合的に判断した上で、ニーズに合わせた適切な提案が必要です。顧客や現場監督との報告・連絡・相談などの、コミュニケーション能力も必要になるでしょう。

  • 建築が好き

建築が好き、という要素も大切になります。建築士は実務をこなすだけでなく、さまざまな建築物に興味を持ち続けて、勉強する必要があるからです。

法令の変更や最新の建造法などを、随時アップデートして、建築士として求められるニーズに応えていくためには大切な要素になります。

建築士の仕事内容は設計・工事管理がメイン!

Architect-work

建築士の仕事内容は、設計業務と工事監理業務の2つがメインです。

建築士は建築物の設計だけでなく、工事が適切に行われているか監督・管理する工事監理も合わせて行います。

建築士になるには、資格が必要になるので、まずは資格取得を検討してみてください。

建築士は世の中に必要とされる、やりがいのある仕事です。資格を取得して建築士として活躍してみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です