在宅ワークをお探しの方はこちら

中小企業診断士は役に立たないの!?将来性や強みについて徹底解説

「中小企業診断士は国家資格になっているけど、本当に役に立つの?」

このような疑問を抱いている人は多くみられます。

中小企業診断士の資格取得に必要な勉強時間は約1,000時間と言われています。ですが、せっかくそれだけの勉強をしても実際に役に立たなければ意味がありません。

この記事では中小企業診断士の資格は本当に役に立つのかどうかを解説します。

また、将来性や強みについても解説しているのでこれから勉強を始めようか迷っている人におすすめです。

この記事を通して資格取得後の具体的なイメージを掴むことができるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

中小企業診断士の資格は実際役に立たないのか?

資格,役に立つ

結論からお伝えすると、中小企業診断士の資格は役に立つ資格だといえます。

その理由は以下の3点があげられます。

  • 社内での昇進や昇格につながる
  • 転職にも有利
  • 実績次第では経営コンサルタントとしての独立も可能

中小企業診断士は現状唯一の経営コンサルタントに関する国家資格ですので、他人との差別化が可能です。

経営に関しての幅広い知識が身につくので、役に立たないことはありません。安心して資格勉強に取り組みましょう。

仕事でも使えるほか将来性も高いため役に立つと言える

また、中小企業診断士の資格は仕事でも使えるほか、将来性も高い資格です。

その理由は経営、財務、IT、法務など幅広く仕事に必要な知識を勉強することにあります。

たとえば財務と経営の知識を組み合わせれば、会社の経営計画を見通せるようになります。経営とITの組み合わせによるIT戦略の立案も可能です。

このように分野を横断して働ける人材は非常に少ないので、仕事における強みになります。

ITについても最新の情報を学ぶため、非常に将来性が高く、役に立つといえます。

中小企業診断士の資格を取る3つのメリット

資格,メリット

中小企業診断士の資格を取るメリットは以下の3つです。

  1. 難易度の高い資格であるため社会的評価が得やすい
  2. ビジネスパーソンとして必要なスキルが身につけられる
  3. 将来性が高く安定した収入も見込める


それぞれのメリットについて順番に解説していきます。

1.難易度の高い資格であるため社会的評価が得やすい

中小企業診断士の資格は難易度の高い資格のため、社会的評価が得やすいのがメリットです。


中小企業診断士の合格率は3%程度と言われており、合格するだけでも他のビジネスパーソンと差別化できます

資格を所有していることにより、経営全般の知識を持っていることの証明となります。自分の価値を目に見える形で示せるため、周りの人から高い評価を貰うことができます。

2.ビジネスパーソンとして必要なスキルが身につけられる

中小企業診断士の資格は、ビジネスパーソンとして必要なスキルが身につくのがメリットです。
受験科目には財務会計、法務、経営戦略などビジネスで求められる知識が入っています。

また、受験科目の1つであるITに関しても今後ますます需要は高くなっていきます。

中小企業診断士の資格を勉強することで、これからのビジネスパーソンが必要なスキルを体系的に学ぶことができます。

3.将来性が高く安定した収入も見込まれる

中小企業診断士の資格は将来性が高く、安定した収入が期待できます。
中小企業診断士の平均年収は約900万円と言われています。

資格取得によってキャリアアップが可能となったり、企業内診断士として活躍したり、独立したりすることで高くて安定した収入を見込むことができるのです。

中小企業診断士の資格が役に立たないと思われてしまう理由

資格,役に立たない


中小企業診断士の資格が役に立たないと思われてしまう理由は以下の2点です。

  1. 他の国家資格と違って独占業務を持たない
  2. 独立するためには他の資格も取得する必要がある

それぞれの理由を解説していきます。

1.他の国家資格と違って独占業務を持たない

中小企業診断士の資格が役に立たないと思われてしまう理由は、他の国家資格と違って独占業務を持たないからです。

弁護士や司法書士の国家資格は資格がないと扱えない独占業務があります。

しかし中小企業診断士の場合は、資格を取得したからといって独占業務が用意されているわけではありません。

独占業務を求める人にとっては、中小企業診断士は役に立たない資格に見えてしまいます。

2.独立をするためには他の資格も取得する必要がある

中小企業診断士の資格が役に立たないと思われてしまう理由は、独立するためには他の資格も取得する必要があるからです。

多くの中小企業診断士は他に行政書士や社会保険労務士などの資格と組み合わせて独立します。

中小企業診断士の経営コンサルティングだけでは、独立して生計を立てていくのは難易度が高いと言われています。

中小企業診断士の資格だけで独立できなくはないですが、他の資格を取得して独立した方が成功する確率が上がります。

中小企業診断士の将来性が高い理由

中小企業診断士,将来性

次に中小企業診断士の将来性が高い理由を解説します。
中小企業診断士の将来性が高い理由は、以下の3点です。

  1. AIに業務を代替される可能性が低い
  2. 中小企業が多い日本では経営コンサルタントの需要が高い
  3. 国としても中小企業診断士を増やそうとしている


それぞれの理由について順番に見ていきます。

1.AIに業務を代替される可能性が低い

中小企業診断士の資格が将来性が高い理由の1つとして、AIに業務を代替される可能性が低いことが挙げられます。

中小企業診断士としてコンサルティングをするには、まず経営者の理念を理解する必要があります。

経営者が持つ企業理念を理解してこそ、経営のコンサルティングが可能になります。

経営理念のような抽象概念をAIが理解するのは不可能なので、AIに業務を代替される可能性は低いといえます。

2.中小企業が多い日本では経営コンサルタントの需要が高い

中小企業診断士の資格が将来性が高い理由の2つ目として、中小企業が多い日本では経営コンサルタントの需要が高いことが挙げられます。

日本の企業の99%以上は中小企業です。

多くの企業は、事業承継や売上減少などの問題を抱えています。

中小企業という顧客が多い分、中小企業診断士のマーケット市場は大きいと言えます。

3.国としても中小企業診断士を増やそうとしている

中小企業診断士の資格の将来性が高い理由の3つ目は、国としても中小企業診断士を増やそうとしていることが挙げられます。

先述のように、日本の企業の大部分は中小企業で構成されています。つまり、日本経済を支えているのは中小企業だと言うことができます。

全国の中小企業を活性化できる中小企業診断士が増えれば、日本経済の活性化が期待できます。

現に中小企業診断士の合格率は上がってきているので、国としても多くの中小企業診断士を輩出したいというのがわかります。

中小企業診断士制度が見直されている理由とその内容

中小企業診断士,将来性

続いて、中小企業診断士制度が見直されている理由とその内容を解説します。

中小企業診断士制度が見直されているのは、中小企業が増加するにつれて、中小企業診断士の需要も増加しているからです。

また2021年度からは1次試験に合格した科目を履歴書に書けるようになりました。

2次試験に不合格になっても履歴書に資格として残るのは、受験者にとってはモチベーションにつながりそうです。

中小企業が増えている中で中小企業診断士が求められている

今は中小企業が増えているので、中小企業診断士が求められています。

中小企業の経営者は本業のプロではありますが、大企業ほどの参謀を持つ資金的な余裕はありません。

事業の全てを経営者が担うため、中小企業診断士のような経営の参謀が求められています。

経営者に対して的確なアドバイスができる中小企業診断士は、これからますます求められる時代がやってきます。

中小企業診断士と共に取得すると役立つ資格

中小企業診断士,資格

ここで中小企業診断士と共に取得すると役立つ資格をご紹介します。

中小企業診断士と共に取得されている資格は以下のような資格です。

チェックポイント

FP

社労士

行政書士

税理士

公認会計士

司法書士

弁理士



中小企業診断士は経営について幅広く勉強するため、他に専門分野を持っておくと差別化することができます。

他の中小企業診断士と差別化したいときは、他の資格と組み合わせて取得するとより役立ちます。

中小企業診断士は将来性が高く役に立つ!

これまで中小企業診断士の資格について解説してきましたが、中小企業診断士は将来性が高く役に立つ資格です。

なぜなら日本の中小企業の99%以上が中小企業で、中小企業診断士を求めている経営者が多いからです。

つまり中小企業診断士が活躍できるマーケットが広いのです。

中小企業診断士は、多くの経営者を救える価値ある資格なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です