在宅ワークをお探しの方はこちら

医療秘書の給料は安い?手取りの目安や年収アップのコツも紹介!

医療秘書は主に病院やクリニックで働いています。中には製薬会社や調剤薬局で働いている医療秘書もいるなど、医療秘書は医療現場のさまざまな現場で活躍できる職種です。

正社員としてはもちろん、契約社員やパート、アルバイトで働いている方もいます。医療事務は聞いたことがあるけれど、医療秘書はどんな仕事かわからない、という方は多いのではないでしょうか。

また、医療秘書の仕事に興味があるけれど、どのくらいの給料がもらえるのか興味がある、という方の為に、ここでは医療秘書とはどのような仕事なのか、どのくらいの給料がもらえるのかについて解説いたします。

医療秘書とはどんな仕事?医療施設の運営を支える仕事!

医療秘書によく似た職種に医療事務があります。同じように見える職種ですが、実は仕事の内容が大きく異なります。

医療事務
・病院やクリニックの受付業務や会計業務
・診療報酬の点数計算、レセプト(診療報酬明細書)の作成
医療秘書
・医師や看護師のスケジュール管理や行政への書類提出などのサポート(医療行為は行わない)
・医療事務と同様に受付業務を行うこともある

医療事務は受付業務が主になりますが、医療秘書は受付事務以外にも医療分野に関する知識を持っていることも必要です。直接医療行為を行うことはありませんが、医師や看護師が患者様への医療に集中できるようにサポートを行います。

病院やクリニックだけでなく、調剤薬局や製薬会社、医療メーカーなど幅広い職場で働くことができる医療現場の縁の下の力持ちともいえる職種です。

医療秘書の給料は?平均年収は約320万円!

医療秘書の仕事をする上で気になるのはやはりお給料ではないでしょうか。医療秘書の平均年収は約320万円とされています。これは一般的な給与所得者の平均から見ると100万円程度低いのです。

しかし、医療秘書は働いている医療機関や勤務年数、実務経験によって大きく給料が変化する職種でもあります。

ここでは以下の2つについて詳しく解説いたします。

  1. 医療秘書の月給は?手取り15~25万円が目安
  2. 医療秘書のボーナスは?給与3~4ヶ月分が目安

では1つずつ詳しく内容を確認していきましょう。

医療秘書の月給は?手取り15~25万円が目安

医療秘書の月給はどのような雇用形態で働いているのか、また働いている医療機関によって大きく異なります。総合病院のような大きな医療機関で正社員として働いている場合、月給の平均は15~25万円程が目安です。

医療秘書になるために必要な資格などは特にありませんが、幅広い仕事量をこなす必要があるため、実務経験やスキルなどで月給が大きく変わってきます。月給をあげるために知識を得る努力をすることが必要です。

医療秘書のボーナスは?給与3~4ヶ月分が目安

規模の大きな医療機関で正社員としている場合、充実した福利厚生を受けられます。働いている医療機関にもよりますが、年2回のボーナスはもちろん、住宅手当や家族手当などさまざまな手当てを受けることも可能です。

医療秘書のボーナスは給料3~4ヶ月分が目安と言われています。金額にすると45~100万円程です。医療機関によって非正規雇用であっても一時金としてボーナスのようなお金を受け取ることができるところもありますが、年収をあげたいのであれば正社員として勤務するほうがよいでしょう。

医療秘書の給料情報を比較!地域や業務形態別にチェック!

医療秘書の給料の金額は、勤めている医療機関だけでなく地域や勤務形態のよっても大きく異なります。

どのように違ってくるのか、以下の3つについて検証してみます。

  1. 地域別医療秘書の給料!関東や九州が高い傾向
  2. 業務形態別医療秘書の給料!時間給は1100円前後
  3. 専門卒の場合の医療事務の給料は?区別がない場合も多い

では1つずつ詳しく見てみましょう。

地域別医療秘書の給料!関東や九州が高い傾向

医療秘書の給料が地域によってどのくらい違ってくるのか、以下の表で確認してみましょう。金額は平均年収となっています。

  • 北海道・東北地方…262万円
  • 関東地方…273万円
  • 中部・北陸地方…260万円
  • 近畿地方…260万円
  • 中国・四国地方…262万円
  • 九州・沖縄地方…274万円

上記の表で確認すると、関東地方や九州・沖縄地方は274万円となっている一方、中部・北陸地方や近畿地方は260万円となっており、地域で10万円以上の差がついています。

業務形態別医療秘書の給料!時間給は1,100円前後

医療秘書は正社員としてだけではなく、契約社員やパート、アルバイトなどさまざまな働き方をすることができるのも魅力の一つです。人生のライフステージにおいてさまざまな事情により正社員として働くことが難しくなることもあります。また、引っ越しなどで土地を映らなければいけないこともあるでしょう。

どんな場所にでも医療機関は必ずあります。そのため、就職や転職先に困ることはあまりありません。しかし、働き方により給料に大きな差が出てきてしまうのは確かです。

医療機関にもよりますが、非正規雇用で働いた場合には時給1,100円程度であることが多いです。また、ボーナスや手当などもつくことがあまりないため、年収も低くなってしまうのが現状です。

専門卒の場合の医療秘書の給料は?区別がない場合も多い

医療秘書として働くためには資格などが特に必要ではありません。ただし、最終学歴や学んできた知識によって給料に差が出ることもあります。例えば専門卒などある程度医療秘書についての知識があれば、その他の学歴の人よりも給料が高くなることもあるのです。

しかし、医療機関によっては最終学歴で給料の差をつけていないところもあります。勤務先によって雇用による考え方が異なるため、就職活動をする際にはきちんと確認するようにしましょう。

医療秘書の給料が安い理由は?多様な業務形態が要因

先にも記載しましたが、医療秘書の平均年収は320万円程度となっています。これは一般的な平均年収よりも低めとなっています。医療秘書はなぜこのように平均年収が低くなっているのでしょうか。

それは医療秘書はさまざまな働き方ができるからといえます。正社員として働いている方もいれば、契約社員やパートなど非正規雇用として働いている人も多くいる職種なのです。それは医療秘書の魅力の1つでもありますが、平均年収が低くなってしまっている原因でもあります。

非正規雇用で働いている方の多くは時給での給与となり、手当やボーナスが付かないことが多いです。そのためどうしても平均で年収を計算すると安くなってしまいます。

平均年収が安く感じたとしても、正社員で働いている方はもう少し高いことが考えられます。医療事務で正社員として働きたい方は、求人票などで年収をよく確認するようにしてください。

医療秘書の給料を上げたい!職場選びが肝心!

医療秘書として働くのにもう少し高い給料がもらえたら、と感じる人は多いはずです。医療機関で働く場合、実務経験などによって給料に変動がでることがありますが、その他にも以下の方法で給料アップを狙うこともできます。

  1. 役職について給料アップ!小さな診療所がおすすめ
  2. 自分の力を磨いて給料アップ!資格取得などでキャリアアップを目指そう

どういうことなのかを1つずつ確認してみましょう。

役職について給料アップ!小さな診療所がおすすめ

医療秘書はキャリアアップを目指せる職種です。大きな医療機関に勤めているとそれだけ医療秘書の人数も多いので、地道に仕事を続けてキャリアアップを目指すしかありません。

しかし、小さな診療所だと医療秘書として勤めている人の人数が少ないため、医療秘書の勤務経験がある程度あるだけで役職が付き、給料が上がることもあります。

自分の力を磨いて給料アップ!資格取得などでキャリアアップを目指そう

医療秘書は特に資格が必要な職種ではありません。しかし、医療秘書として働く上で取得するとキャリアに有利に働く資格が2つあります。

これらを取得することで、現在の勤務先や転職先などで給料のアップしてほしいというアピールにつなげることができるかもしれません。興味のある方はぜひ資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

日本医師会認定医療秘書
日本医師会が医療行為に専念するために設けられた資格です。この資格は以下の方法で取得することができます。

1.認定された養成機関でのカリキュラムを受ける
2.日本医師会医療秘書検定の試験に合格する
3.秘書技能科目として秘書検定・英語検定・漢字検定のいずれか1つ、情報処理、保険請求事務、その他定められた検定を3科目取得する
4.資格の申請をし認定を受ける
医療秘書技能検定
医療秘書教育全国協議会が認定している資格で、3級、2級、準1級、1級の4つの階級があります。
特に受験資格が設定されていないので、誰でも受験が可能です。資格を実施している医療秘書教育全国協議会に入稿して講義を受けることもできます。

資格を得るためには60%以上の正解が必要です。

医療秘書の給料は平均年収約320万円!業務形態によるばらつきが大きい

医療秘書の給料は一般的な平均年収と比べて低く感じられるのは、正社員だけでなく、非正規雇用として働いている方が多いためです。正社員として働くのであれば、平均年収の金額よりも多い金額を得ることができます。

しかし、給料をもっとアップさせたいのであれば、資格を取得するなどして職場にアピールするのがよいでしょう。ご紹介した2つの資格を取得するためには幅広い知識の勉強が必要になるため、勉強中であっても職場にアピールをすることができるでしょう。

医療事務は医療現場を支える重要な役割を持っています。医療現場で重要なのは医療行為をする医師や看護婦だけではないのです。十二分な活躍をするためにも、知識をどん欲に求めることを忘れないようにしましょう。