在宅ワークをお探しの方はこちら

アガルート土地家屋調査士講座の口コミ評判はどう?おすすめの予備校や講座選びのポイントを解説

土地家屋調査士の試験では、土地や民法に関わる専門知識が求められます。初めて勉強を進める方は、専門用語やルールの細かさに理解が進まず悩まれる方も多いのではないでしょうか。

土地家屋調査士の試験対策は、予備校の勉強法を使うと順序立てて効率よく理解が進むのでおすすめです。

今回は、土地家屋調査士の予備校におすすめのアガルートの紹介、予備校選びのポイントを解説します。

土地家屋調査士の勉強を始める方、再受験が必要な方など、試験対策に予備校を使いたいときの参考にしてください。

土地家屋調査士の予備校講座を社会人が選ぶときのポイント

自分のライフスタイルや価値観にあった勉強法を選ぶと、費用をかけながら土地家屋調査士の試験対策を効果的に進められます。

土地家屋調査士の予備校を社会人が選ぶときのポイントを見ていきましょう。

予備校講座の費用と予算から選ぶ

土地家屋調査士の予備校の相場は17~40万円です。コース内容によっては、相場より安いものから高いものまであります。

独学の教材は、テキストと問題集の購入だけで済むため、費用が最低限に抑えられるところが魅力です。

予備校の使い方も自由なので、独学+試験直前対策や単体科目など、特定のポイントを絞ったカリキュラムとコースを活用する方法もあるでしょう。

どのくらいの予算があるかは人それぞれなので、相場の費用と比較して選べる内容を検討します。

予備校によっては割引が適用できる場合もあるので、キャンペーン期間や割引対象のコースかどうか確認しましょう。数万円程度割引から全額返金を利用できる場合もあり、費用を抑えたいときに有効活用できます。

いきなり予備校を利用するのが怖いと感じるときは、まずは独学でどのような勉強内容なのかを掴んでから、苦手科目や試験対策に予備校をご活用ください。

予備校講座の教材や講義内容から選ぶ

予備校には、初めて勉強する方から経験者向けのコースまで目的別に内容が展開されています。

予備校を選ぶときに決め手にしたい項目は、下記のとおりです。

  • テキストや問題集(紙媒体・デジタル)
  • 質問サポートの有無、回数制限(直接対面、メールなど)
  • カリキュラム内容の充実度(添削や過去問など)
  • オンラインの機能、サポート対応

予備校の試験対策は独学と違い、質問できるサービスがついている場合が大半です。

また、自宅でオンライン授業や講義に対応した通信タイプ、校舎に直接通って講義が受けられる通学タイプの勉強法があげられます。

試験直前の対策に過去問を中心に取り組める内容もあるので、勉強の理解度に合わせた内容をご検討ください。

合格者の声・実績から選ぶ

予備校の公式サイトには、予備校を利用した合格者の声が載せられている場合があります。

社会人から勉強して合格される方も多いので「自分にもできそう」と思える後押しにつながるのではないでしょうか。

  • 予備校について過去の合格率や合格者の人数
  • 講師の過去の経歴や実績、人柄など

予備校の特徴を調べるには、公式サイトから講師の実績や合格率を参考にするとよいでしょう。

合格者の声や実績が非公開の場合は、SNSやネット検索で「土地家屋調査士+予備校の名前(+評判)」でリサーチしましょう。実際の受験者からのリアルな声が集められるので、受講後に想像と違っていたという状況を避けられるメリットがあります。

土地家屋調査士の予備校講座と独学はどちらがおすすめ?

勉強法は個人のライフスタイルや価値観によって決めると、後悔のない選択肢で合格が目指せるでしょう。

土地家屋調査士の予備校と独学はどちらがおすすめなのか、勉強時間や合格率を参考に解説します。

勉強時間は平均約1,000時間が必要

国家資格の土地家屋調査士は、約一年以上の勉強期間をかけて対策に取り組む必要があります。社会人が1,000時間の勉強時間を達成する仮のスケジュールは下記のとおりです。

  • 1,000時間÷365日=1日約2時間半~3時間の勉強が必要

詰め込みで休日にまとめて勉強を続ける場合は、一年より短い期間で目標時間の到達が可能でしょう。

予備校では、初めて勉強を始める方の場合、約一年間のスケジュールで本番に向けて段階を踏んだ勉強が進められます。

独学と予備校の試験対策の違いは、わからない場面に直面したときは予備校のほうが時間をかけずに疑問を解消できるため、時短できる意味では予備校が有利です。

土地家屋調査士の試験合格率は約8~9%

土地家屋調査士の試験対策は、初心者の勉強には難しいと感じられる内容です。試験対策には、土地に関わる作図や計算、民法などの知識が求められます。

テキストや問題集を使って勉強するとわからない問題や内容にぶつかり、解決までに時間がかかるデメリットがあげられるでしょう。

独学で一発合格を目指す場合は、不動産や建築関係の資格取得者で基礎知識がある方に向いているでしょう。

予備校は初心者以外の再受験が必要な方にもおすすめで、集中的に対策ができるコースを利用すれば、確実に理解が進められます。

土地家屋調査士の難易度は高く予備校講座がおすすめ

不動産関係の勉強が初めてなら、独学よりも予備校で確実に学びを深める方法がおすすめです。土地家屋調査士の合格者は、関連資格を持っている方で午前試験の免除対象の方が多いといわれています。

一発合格を目指して効率よく勉強を進めたいときは予備校、費用を抑えるために時間をかけて学びたいときは独学を選びましょう。

天秤にかけるのは難しい面もありますが、社会人の貴重な時間を無駄にしないためにも勉強法を決める過程は大切です。

土地家屋調査士の勉強法で悩むときは、不動産に関わる基礎知識があるかどうかを判断材料にしてください。

土地家屋調査士の勉強におすすめの予備校講座アガルートを紹介!

 

受講者のモチベーションを下げない工夫が多く盛り込まれている人気の講座「アガルート」の土地家屋調査士の内容を紹介します。

予備校の合格率や特徴、口コミ評判を簡単にまとめているので、これから予備校選びを検討するときの参考にしてください。

アガルートの特徴・口コミ評判

通信タイプの講義から勉強が進められる予備校で、初心者から経験者に向けて幅広い内容が展開されています。

書籍のテキストだけでなく、動画を使った講義内容は場所や時間にとらわれずに勉強できて便利です。

Facebookから気軽に質問ができるサービスもあり、不明点を残さないように勉強が進められるでしょう。

公式サイトには、実際に社会人から合格した方の声が載せられています。

  • 「回り道をすることなく、最短最速で作図のレベルアップ達成に繋がりました。」
  • 「YouTubeで中山先生のサンプル動画を見て、その圧倒的な分かりやすさでアガルートに即決しました。」
  • 「定期カウンセリングがあったからこそ土地家屋調査士試験に合格できた」

※内容はアガルートの公式サイトの合格者の声より引用。

受験を検討される方の励みにできるので、ぜひ参考にしてください。

高い合格率と実績があるおすすめの予備校講座

予備校で人気のアガルートは、令和2年度の試験合格率が56.7%の結果でした。全国平均に比べると5.47倍になり、合格者が多いことがわかります。

初めて勉強を始めた方も5割以上の合格率です。土地家屋調査士の合格率が平均約8~9%台だと考えると、驚くべき数字ではないでしょうか。

合格者には、講座の全額返金やお祝い金がもらえるサービスも展開されています。対象科目を受講するときは上手に活用するなど、試験対策のモチベーションアップにつなげてみてください。

土地家屋調査士の予備校講座のおすすめまとめ

土地家屋調査士の予備校におすすめのアガルートの紹介、予備校選びのポイントを見てきました。

予備校選びでは「費用と予算」「教材や講義内容」「合格者の声・実績」の3つを軸に検討すると、自分の価値観に合った勉強法を選べます。

予備校におすすめのアガルートの特徴は、通信タイプの勉強法でFacebookの質問サービスを活用しながら対策が進められるところです。

また、令和2年度の試験では、初心者が50%以上合格している実績があるため、予備校の経験がない方や土地家屋調査士の勉強が初めての方も安心して勉強が進められます。

予備校の勉強法は効率よく合格を目指すときにおすすめなので、予算やコース内容から自分に合った内容をご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です