在宅ワークをお探しの方はこちら

MOSの取得難易度は?エキスパートやスペシャリストによる違いも解説!

MOS資格の取得を検討している人で、

「MOS資格を取りたいが、難しいのではないか」

「試験対策をどのくらいすればよいのかわからない」

と不安に感じている人は多いのではないでしょうか。

MOSとは、WordやExcelなどのMicrosoftOffice製品のスキルを証明する資格です。

取得すると、オフィス製品の使用について一定レベル以上のスキルを持っていることが証明できます

本記事では、MOSの資格を取りたい、オフィス製品のスキルを向上させたいという人向けに、MOSの難易度や対策方法、資格を取るまでにかかる時間などをご紹介します。

MOSの取得難易度や勉強時間は?エキスパートとスペシャリストで違う!

MOSには『エキスパート』と『スペシャリスト』の2種類があり、それぞれ取得の難易度や目安の勉強時間が異なります。

スペシャリストは『基本的な編集機能や操作を理解している』レベルで、スペシャリストは『高度な機能を理解している』レベルとなります。

それぞれのレベルでの難易度や必要な勉強時間を見ていきましょう。

スペシャリストの取得難易度は?合格率は約80%!

MOSスペシャリストは『基本的な編集機能や操作を理解している』一般レベルで、取得難易度はそれほど高くありません

合格率も約80%で、比較的合格しやすい試験と言えます。

合格基準は1000点中700点が目安で、公式サイトには以下のように記載されています。

『科目ごとの合格点は公開しておりませんが、1000点満点で550点~850点の範囲が目安となります』

これまでオフィス製品を使用してこなかった初学者の方であれば、必要な勉強時間の目安は60~80時間です。1日2~3時間勉強できるのであれば、1カ月程度が目安になります。

パソコン自体に不慣れな方は、半年~1年程度前から余裕をもって勉強を開始し、まずはパソコンの操作から慣れていく必要があるでしょう。

エキスパートの取得難易度は?合格率は約60%!

MOSエキスパートは『基本的な高度な機能を理解している』上級レベルで、より難しい試験となっています。

合格率は約60%で、それなりに対策が必要です。

合格基準はスペシャリストと同様、1000点中700点が目安で、550点~850点の範囲が目安となります。

オフィス製品を業務などで使用して慣れている人であれば、目安の勉強時間は約30~50時間です。2週間~1カ月を目安に勉強期間を設けるのが良いでしょう。

MOSの対策方法は?習熟度別に解説!

MOS試験に向けたおすすめの試験対策方法を、習熟度別に下記の3つに分けて解説します。

  • オフィス製品に慣れている人⇒独学で合格を目指す
  • オフィス製品に不安がある⇒予備校の活用を検討
  • パソコン初心者⇒パソコン教室に通う

下記の記事にも試験対策方法について詳しく説明されていますので、ぜひご覧ください。

それぞれの習熟度でおすすめの勉強方法を、次から順に解説していきます。

【オフィス製品に慣れている】独学で合格を目指せる!

仕事でオフィス製品を使用していているなどで、オフィス製品に既に慣れているひとは独学で合格を目指すことが可能です。

MOS試験の公式サイトにおいて、参考テキストが紹介されています。

テキストに沿って学習を進め、スペシャリストに向けた内容が簡単に感じる方も、エキスパートの取得を視野に入れて勉強することもおすすめします。

【オフィス製品に不安がある】予備校の活用を検討しよう!

パソコンは使えるが、オフィス製品は普段使用せず不安がある、といったレベルの方は、予備校の活用をおすすめします。

予備校を利用すれば、ポイントを押さえて効率よく学習を進めることができ、オフィス製品に不慣れでも短期間での合格を目指せます。

できれば独学で合格を目指したいという方は、参考テキストを書店などで見て、難しそうと感じるのであれば予備校を検討するのが良いでしょう。

【パソコン初心者】パソコン教室に通おう!

オフィス製品はもちろん、パソコン自体に不慣れな初心者の方は、パソコン教室に通うことをおすすめします。

パソコンの操作から独学で勉強しようとすると、わからないことが多すぎて時間がかなりかかります。

近くにすぐ質問できる人がいる環境で、わからないことをその都度確認しつつパソコンにできるだけ早く慣れることを目指すのが近道です。

MOSの試験科目や範囲は?自分の取得したい科目をチェック!

MOSの試験科目は、下記の通りオフィス製品のソフトごとに5種類あります。

  • Word ワード(文章作成ソフト)
  • Excel エクセル(表計算ソフト)
  • PowerPoint パワーポイント(プレゼンテーション ソフト)
  • Access アクセス(データベース管理ソフト)
  • Outlook アウトルック(電子メール・情報管理ソフト)

WordとExcelが人気の高い科目です。詳しい資格の種類や出題範囲を次から紹介していきます。

こちらから公式の詳細範囲も確認できるので、より詳しく確認したい方はチェックしてみてください。

MOSの資格の種類はどんなものがある?

色彩検定

MOSの資格の種類は科目、バージョン、難易度ごとに分かれています。

科目はそれぞれのソフト5種類で、バージョンは2013、2016、2019があり、難易度が先ほど解説したスペシャリストとエキスパートの2種類です。

バージョンごとには大きな違いはありませんが、出題形式が変わるため自分が普段使用しているバージョンの試験を受けるのがよいでしょう。

試験科目一覧は下記の表を参考にしてください。

試験科目ソフトの内容スペシャリストエキスパート
Word文書作成ソフトWord 365&2019
Word 2016
Word 2013
Word 365&2019 エキスパート
Word 2016 エキスパート
Word 2013 エキスパート Part1
Word 2013 エキスパート Part2
Excel表計算ソフトExcel 365&2019
Excel 2016
Excel 2013
Excel 365&2019 エキスパート
Excel 2016 エキスパート
Excel 2013 エキスパート Part1
Excel 2013 エキスパート Part2
PowerPointプレゼンテーションソフトPowerPoint 365&2019
PowerPoint 2016
PowerPoint 2013
Accessデータベース管理ソフトAccess 2016
Access 2013
Access 365&2019 エキスパート
Outlook電子メール・情報管理ソフトOutlook 365&2019
Outlook 2016
Outlook 2013
試験科目一覧(公式HPより引用)

次に、具体的にどのような問題が出題されるのか見ていきましょう。

それぞれの資格の出題範囲を簡単に解説!

まとめ

受験者が多い試験のひとつ、WordとExcelの難易度ごとの試験範囲を公式サイトから簡単にご紹介します。

Wordの難易度ごとの出題範囲は下記の通りです。

  • スペシャリスト:文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など
  • エキスパート:スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど

Excelの難易度ごとの出題範囲は下記の通りです。

  • スペシャリスト:数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など
  • エキスパート:ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など

自分の習熟度に合った難易度で試験に臨みましょう。

MOSは易しく、初心者でも取得が可能!習熟度に応じた対策で合格しよう!

オフィス製品のスキル向上を目指す方に向けて、MOS試験について解説してきました。

改めて内容をご確認ください。

  • MOSのスペシャリストは比較的取得しやすく合格率は80%程度で、必要な勉強時間は約60~80時間
  • MOSのエキスパートは合格率60%程度で、必要な勉強時間はオフィス製品に慣れている人で約30~50時間
  • オフィス製品に慣れている人は独学で合格を目指せる
  • オフィス製品に不安がある人は予備校を利用して勉強するのがおすすめ
  • パソコンに不慣れな人はパソコン教室に通うのがおすすめ
  • MOS試験はソフトごとの科目、バージョン、難易度によって選択ができる

自分に合ったレベルの試験を、自分の習熟度に沿って学習を進めるのが合格への近道です。

MOS試験は、一般的に合格しやすい試験と言われていますので、何か資格を取りたい方はぜひ受験を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です