在宅ワークをお探しの方はこちら

スポーツトレーナーの資格まとめ!取得方法やなる方法を簡単に解説!

運動競技に関わる選手には、スポーツトレーナーの存在が欠かせません。

今回は、そんなスポーツ選手たちを支えるトレーナーの仕事を紹介しながら、トレーナーになる方法をまとめて解説しました。

  • どんなスポーツに関する資格があるのか知りたい人
  • スポーツに興味関心が深く、仕事につなげてお金を稼ぎたい人
  • スポーツに関する資格は学校に通わなくても取れるのか気になる人

以上のような方々に向けて、スポーツトレーナーに関する情報をまとめました。

スポーツトレーナーに関わる国家資格や民間資格について解説するのでぜひ参考にしてみてください。

スポーツトレーナーの仕事内容とは?

運動・健康の指導に関わるスポーツトレーナーは、人々が健康的な生活を維持するために必要なサポートができる仕事です。

例えば、下記のような仕事内容があげられます。

  • リハビリ業務
  • 健康管理の維持
  • 運動のトレーニング指導

上記は広い範囲のスポーツトレーナーを指しているため、狭い意味ではスポーツ選手のコーチ役としてマッサージやけがのサポートをする役目も担います。

運動することが好きな人を支えられる仕事なので、同じように健康やスポーツに興味関心が深い方にとってやりがいのある仕事内容です。

スポーツトレーナーの資格を取得するメリット

社会的な信頼が得やすくなるのが利点です。とくに国家資格は専門性の高い知識が学べます。

民間資格でも基本的な専門知識が身につけられるため、信頼を得てスポーツトレーナーになりたい人は必見です。

スポーツトレーナーの仕事に直接関係ない場合でも、日常生活のプライベートにも知識を活かせます。

スポーツが好きな人にとっては学びになるだけでなく、自分が健康的に暮らしていくための体に関する情報が得られますよ。

人々の体に関わる内容のため、最低限の基本的な知識は身につけておきましょう。

スポーツトレーナーでおすすめの国家資格ベスト4!

専門性の高い国家資格は、社会からの信頼性も高く学問的な知識も深く学べるメリットがあります。

以下では、スポーツトレーナーを目指す人の将来を担保してくれる国家資格をまとめました。

  • 理学療法士
  • 柔道整復師
  • 鍼灸師
  • あん摩マッサージ指圧師

国家資格で学んだ技術は、確実にあなたを成長させてくれる材料になります。どんな内容があるのかぜひ参考にしてみてください。

理学療法士

体に障害を抱える方や高齢者の体をサポートしていく仕事で、リハビリを専門とした職種で活躍できます。

国家資格の理学療法士は、専門学校や大学に通い指定の実習と科目、国家試験に合格する形で取得できる流れです。

国家試験の合格率は約80%台で高いですが、専門性が高く実習過程や国家試験のクリアには苦労を伴い覚悟が問われます。資格取得後の平均年収は約350万円台です。

人体の骨や筋肉の知識に関するプロフェッショナルのため、スポーツトレーナーとして選手の体を支える役目を担えます。

同じ人体に関する国家資格のなかでも、理学療法士は人体の動きに関するものでは知識量が豊富なプロです。

一度資格を取れば、スポーツトレーナー以外の仕事にも困らないので根性のある方はぜひ取得を目指してみてください。

柔道整復師

整骨院での活動を中心に、人体の骨や筋肉などの施術から治療を実施していく仕事です。

国家資格の柔道整復師には開業できる権利があるため、身近な場所にも整骨院が多くあるかと思います。

取得方法は専門学校や大学、短大に通って指定の科目などクリアして国家試験を受ける流れです。国家試験の合格率は、約60%台になります。

柔道整復師の平均年収は、約300~400万円台で雇用形態や独立するかなど、環境によって年収は変わる傾向があるようです。

柔道整復師は、地域に住む人たちの健康をサポートできる役目を担っています。スポーツトレーナーだけでなく福祉施設など、さまざまな活躍場所があるのでぜひ技術を磨いていきましょう。

一人で将来的に独立して働きたい場合は、柔道整復師の国家資格を取得してみてください。

鍼灸師

はり師ときゅう師の資格は、両方を取得した人に対して「鍼灸師」と呼ばれています。名前の通り「はり・きゅう」を使って健康面に働きかけていく仕事です。

スポーツトレーナーとして活動する鍼灸師もいます。体の免疫力や治癒する能力を高めることが期待できると考えられており、さまざまな年代の人が利用できる内容です。

国家資格のはり師ときゅう師は専門学校や大学、短大に通う取得方法があり、最終の国家試験に合格すると資格を得られます。

平均年収は350~450万円台です。国家資格の合格率平均は、はり師ときゅう師ともに約60~70%台になります。

はり師ときゅう師のどちらも開業できる権利があるため、一人で独立する形で活躍していきたい方は鍼灸師として両方の資格を取るのがベストです。

あん摩マッサージ指圧師

体のマッサージに関する国家資格で名前の通りあん摩とマッサージ、指圧を使って施術していきます。

体の不調に関して器具を使った施術をしない点が特徴です。器具を使った施術が苦手な方でも安心して利用できます。

国家資格の取得方法は専門学校や大学、短大に通って指定の科目などをクリアして国家試験に合格する流れです。

あん摩マッサージ指圧師の平均年収は、300~350万円台です。また、国家試験の合格率は、約80%台になります。

国家資格のはり師ときゅう師と一緒に受験できる学校もあるため、将来的な視点を考えている方はぜひ取得を検討しましょう。

人々の体に関する不調をマッサージの観点から専門知識を活かして施術を実施していきたい方は、ぜひあん摩マッサージ指圧師の資格を取ってみてください。

スポーツトレーナーの資格でおすすめの民間資格ベスト3!

スポーツトレーナーに関する資格を取りたい方は、人気の民間資格を取る方法も検討してみましょう。

  • 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
  • 日本トレーニング指導者協会 トレーニング指導者
  • 認定アスレチックトレーナー:JATAC-ATC

上記の資格に関して簡単に取得方法を解説していくので、気になる方は参考にしてみてください。

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

スポーツ選手のサポートに関わる資格で、専門知識を活かしながら支えていきます。

アスレティックトレーナーを取りたい人は、運営が指定する学校に通う方法が一般的です。スポーツに関わるような指定の大学や専門学校などが対象に当てはまります。

難易度が高めの内容と言われているため、在学期間中にしっかりと勉強しておきましょう。

トレーナーとして選手の健康管理からケガの予防、応急処置など、幅広い面から対応できるので、スポーツトレーナーになりたい人にピッタリの資格です。

日本トレーニング指導者協会 トレーニング指導者

スポーツに関するトレーニングを中心に日本人に合わせた指導ができる資格です。

受験するまでの流れとしては会員に入会後、特定の養成講習を受講して課題をクリアしたあとに試験を受けます。

トレーニング指導者の資格があれば、スポーツトレーナーとしてスポーツジムのトレーナーやスポーツ選手のコーチ役として活躍することも可能です。

難易度は中間くらいの内容になるため、日頃から勉強に取り組んでいる方なら十分合格できるレベルと言えます。

人々の健康や体力をキープする役目を担える内容なので、運動することが好きな方にはピッタリです。

認定アスレチックトレーナー:JATAC-ATC

認定アスレチックトレーナーの資格は、ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会に入会後、正会員になれば得られるものです。

入会には指定の条件と特定の講習を受ける必要があります。例えば、医療系の国家資格(理学療法士・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師など)を始め、特定の資格があれば正会員になれます。

認定アスレチックトレーナー:JATAC-ATCは試験受験がないため、資格を持っている人にとってはすぐに称号を得やすい内容です。

スポーツに関するケガや健康面のサポートなど、さまざまな場所で人々の健康をサポートしていける内容になります。

すでに資格を持っている方でスポーツトレーナーとして別の肩抱きが欲しい人は、ぜひ入会してみてください。

*ヨガインストラターの資格については、下記のページでまとめました。気になる方は参考にしてみてください。

スポーツトレーナーになるにはどんな方法があるの?

一般的な流れとしては、学校で基礎から知識や技術を身につけて目指す人が多くいます。

ただ、絶対のなり方や方法というわけではないので、以下では簡単な筋道をいくつか分類しました。

  • 大学・専門学校へ通う
  • 通信講座やスクールで勉強する
  • 独学で勉強してフリーランスで活動

専門知識に加えて行動力、技術やコミュニケーション能力があれば、さまざまな場所で活動できる力が得られるはずです。

方法は一つだけではありません。自分ができそうなやり方を模索しながら今後の道を見つめてみてください。

大学・専門学校へ通う

スポーツトレーナーに関わる仕事に就きたい方は、3年制の専門学校、短大、4年制の大学に通う方法で国家資格を取得する方法もあげられます。

専門学校のメリットは、通う年数が少ない点です。また、私立の大学に比べると学費が安く抑えられる利点もあります。

国家資格を取るために必要な科目、実習をクリアして試験に合格すると資格を得られる流れです。

ある程度の期間や費用はかかるものの、一生ものの肩書きを身につけて一から本格的な技術を学びたい方におすすめできます。

通信講座やスクールで勉強する

スポーツトレーナーに関する資格は、国家資格だけでなく民間資格もあります。他にも通信講座やスクールを利用する方法で取得することも可能です。

基本的な知識を身につけたい方が自宅や特定の期間、場所を使って勉強できる方法としておすすめですよ。

社会人から大学や専門学校に通うのは難しい場合もありますが、通信講座やスクールだと費用を抑えながら比較的簡単に資格を得られます。

独自の実力や営業力で道を切り開いてみたい人は、肩書きとして利用するのにおすすめですよ。

独学で勉強してフリーランスで活動

スポーツトレーナーは、必ず資格が必要ではありません。実力や実績があれば、フリーランスや起業の形で活動できます。

「スポーツに関わる人たちのサポート役になりたい」という熱意を持ちながら、根気強く支えていく考え方が必要です。

最初から独学で勉強する方法もありますが、目指したい分野のスポーツトレーナーとして経験や実践を積んでから独り立ちする方法もあります。

日頃から研究を欠かさず実力を少しずつ身につけていき、将来的にスポーツトレーナーとして活動できるように経験を積んでいきましょう。

無資格でもスポーツトレーナーになれるのか悩む人へ

人の体や健康をサポートしていく仕事のため、最低限の基本的な知識は必要になってきます。

施術やサポートの方法によっては、法律で独占業務として資格を持っている人しかできない内容もあるからです。

資格を持っていなくても関われる分野を目指すか、もしくは同業者と肩を並べられるように今から勉強をしなおして資格を取得するほうが将来的な面で有利に働きます。

自分が活躍していきたい分野を見定めながら、基本的な知識が学べるようにさまざまな方法でスポーツトレーナーに必要な知識を深めていきましょう。

まとめ:スポーツトレーナーは資格を取得しておくのが一般的な流れでベスト

スポーツ選手たちを支えるトレーナーの仕事に関する紹介、トレーナーになる方法について簡単に詳細を見てきました。

スポーツトレーナーになりたい人は、専門学校や大学で国家資格を取得する方法が一般的な流れとして考えられます。

独学で勉強してスポーツトレーナーになる方法もあげられますが、いずれにしても健康や運動に関する基本的な知識が必須です。

ある程度の時間や費用はかかるものの、長い目で見たときに資格があると他の分野に転職しやすいメリットもあげられます。

人々の健康や運動面から支えられる貴重な仕事なので、好きな人ならきっとやりがいを感じられるはずです。

実績や技術が問われる分野のため、本格的にスポーツトレーナーの仕事に就きたい方は、国家資格や民間資格の取得を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です