在宅ワークをお探しの方はこちら

妊娠中におすすめの資格10選!子供が生まれるまでに取りたい資格や、産休・育休中におすすめの資格を紹介

昨今の経済情勢が後押ししてか、妊娠中や育休中に資格を取得する方が激増しています。

資格を取得することを目的にするだけでなく、例えば栄養系資格の勉強を通してこれからの育児に備えようと考えている方も多い様子です。

とはいえ、どんな資格を取るべきか迷っている方や、難易度の高い資格資格を取る自信がない方など、不安を抱いている方も多いですよね。

そこで今回は妊娠中でも取れるおすすめの資格を難易度別に10種類ご紹介します。

この記事のまとめ
  • 妊娠前後の資格取得なら難易度の低い、短期間で勉強できる資格がおすすめ
  • スマートフォンでも受講できる映像配信型の資格スクールがぴったり
  • 無理をしない範囲で、余裕のある時に少しずつ勉強を進めましょう

妊娠中の方におすすめの資格【難易度低|1か月~3か月目安】

難易度が低く、勉強時間も1か月~3か月で取得できる資格を見ていきましょう。

  1. 医療事務
  2. 調剤薬局事務
  3. 歯科助手
  4. MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)

医療事務|女性に大人気の医療系資格

勉強時間 最短1か月で取得可能
受験資格 受験資格なし
特徴 通信講座を利用して取得できる

医療事務は最短1か月で取得することも可能です。受験資格もなく、通信講座を利用して取得できます。通信講座では自宅での受験が可能なものもあるので、挑戦しやすいです。

医療事務が取得できるサイト

資格名 医療事務
税込み価格 49,500円(税込)
分割払い 3300円×15回払い
添削回数 あり 3回
質問回数 あり(1日3問までとさせていただきます)
学習期間 4ヵ月(受講開始から8ヵ月まで指導します)

ユーキャンの医療事務講座は顧客満足度なんと88.4%。多くの人が満足して資格取得をしています。

テキストが圧倒的に分かりやすいため、挫折せずに資格取得を目指せると評価が高いです。

調剤薬局事務|薬の知識がなくても簡単

勉強時間 約2ヶ月
受験資格 受験資格なし
特徴 在宅受験が可能

調剤薬局事務は、女性に人気が高い資格の一つです。受験資格もなく、3か月程度あれば独学でも資格取得が可能。通信講座を利用しても2か月もあれば取得できます。

調剤薬局事務が取得できるサイト

たのまなは、ヒューマンアカデミーの通信講座です。

短期間で合格を目指せるように、重要ポイントを分かりやすく解説した「たった2冊のテキスト」で学んでいくので、初心者にも分かりやすいと評判です。

たのまな公式サイト

歯科助手|求人が多く歯科衛生士よりおすすめ

勉強時間 約3か月
受験資格 受験資格なし
特徴 在宅受験も可能

歯科助手は、専門的な知識がなくても3か月程度の勉強で取得できます。求人も多いため、資格を取得していれば、産後の就職活動もスムーズにいくでしょう。

歯科助手が取得できるサイト

まなびネットは、ニチイの通信講座です。

資格取得の試験はなく、(一財)日本医療教育財団の定めるカリキュラムの講座を修了すると、資格認定されます。ニチイは全国約8,000件の医療機関と契約しているため、資格取得後は就業相談にも乗ってくれます。

まなびネット公式サイト

「事務職に就きたい人におすすめ、就職・転職に役立つ」MOS

勉強時間 1~2カ月
受験資格 受験資格なし
特徴 独学でも受験可能

MOSは、事務職・会計経理に不可欠なパソコンスキルを証明する資格のため、事務職に就きたい人におすすめです。履歴書にも欠けるので、就職や転職に役立ちます。全国約1,700の試験会場で随時受験ができます。合格のためには、テキスト1~2冊を完璧に仕上げると良いので、1か月~2か月あれば資格取得ができるでしょう。

MOSが取得できるサイト

アビバは、短期集中型の 講座の準備があり、最短2週間で資格取得を目指せます。少しでも早く資格取得をしたい人におすすめ。通学しなくてもオンラインのレッスンもあります

妊娠中の方におすすめの資格【難易度中|1か月~3か月目安】

難易度が中程度で、勉強時間4か月~7か月で取得できる資格を見ていきましょう。

介護職員初任者研修|介護の仕事への入門的な資格

勉強時間 約4か月
受験資格 受験資格なし
特徴 通学・通信で学べる

年齢に関係なく就業できる

介護職員初任者研修は、以前「ホームヘルパー2級」として広く知られていた資格が名称変更をしたものです。介護の仕事への入門的な資格で、通学・通信で学べます。短期集中講座を利用して1か月程度の短期で取得することも可能ですが、通常でも4か月もあれば資格が取得できます。

介護職員初任者研修が取得できるサイト

まなびネットを運営しているニチイは、全国約1,800ヵ所の介護事業所を運営し、45年以上にわたり教育事業を行っています。

実績とノウハウを持つため、現場の声を活かした実践的な学習内容となっています。

まなびネット公式サイト

心理カウンセラー|自分自身の人付き合いに役立つ

勉強時間 5か月から6か月
受験資格 受験資格なし
特徴 通信で学べる

講座修了後の資格試験は在宅受験が可能

メンタル心理カウンセラーは、心理カウンセラーに必要な知識を有することを証明できる民間資格です。心理学の知識に基づいたカウンセリングでケアする知識が身に付くため、自分自身の人付き合いにも役立つでしょう。在宅で受験できるので、無理なく資格取得を目指せます。

心理カウンセラーが取得できるサイト

SARAスクールは、利用者の満足度合が高い通信講座です。

初心者でも分かりやすいテキストを使って学んでいきます。添削物を提出するだけで資格を家にいながら試験免除で簡単に取得する事が出来ます。

整体セラピスト|整体サロン開業も目指せる

勉強時間 4か月から5か月
受験資格 受験資格なし
特徴 座学での学習と実際の施術の学習が必要

在宅受験可能

整体セラピストは、4か月から5か月程度の勉強で資格取得が可能です。

整体の知識が身に付き、美しい姿勢や太りにくい体作りのサポートができるようになるので、産後の体型改善にも役立ちます。資格取得によってサロンへの就職も叶いますし、サロン開業も目指せます。

整体セラピストが取得できるサイト

SARAの整体講座で用いるのは、プロ監修の完全オリジナル教材です。

分かりやすいテキストのため、効率よく学習できます。また、施術に関する知識だけでなく、開業や経営のノウハウも勉強することができます。

SARAスクール公式サイト

妊娠中の方におすすめの資格【難易度高|半年~1年】

難易度が高く、勉強時間半年~1年で取得できる資格を見ていきましょう。

「受験資格のない国家資格」登録販売者

勉強時間 7か月~8か月
受験資格 受験資格なし
特徴 2009年6月の薬事法改正によって誕生した国家資格

独学でも資格取得可能

登録販売者は、国家資格で、ドラッグストア等での一般用医薬品の販売が主な仕事です。一般用薬品の中でも、第2類・第3類に限定して販売ができるのが登録販売者です。今後ニーズが高まりそうなので、取得しておけば産後の就活や転職に有利になるでしょう。通信講座を利用すると7~8か月程度あれば資格取得は可能です。また、独学でも資格取得を目指せます

登録販売者が取得できるサイト

資格名 登録販売者
税込み価格 49,400円(税込)
分割払い 3800円×13回払い
添削回数 あり7回(模擬試験1回を含む)
質問回数 あり(1日3問までとさせていただきます)
学習期間 8ヵ月(受講開始から14ヵ月まで指導します)

ユーキャンの登録販売者講座は、要点を的確に押さえたテキストで、登録販売者を初めて学習する方でもムリなく学べます

スマホやタブレットで学習ができる、デジタルテキスト付きコースもあります

宅建(宅地建物取引士)|不動産業界で求められる

勉強時間 8か月~12か月
受験資格 受験資格なし
特徴 独学で資格取得が可能

宅建を取得していると、就・転職に有利です。特に不動産業界で働きたい人、すでに働いている人は取得がおすすめ。独学でも資格取得が目指せますが、効率よく学びたいなら通信講座を利用すると良いでしょう。

宅建が取得できるサイト

フォーサイトでは、合格率が全国平均の4倍以上。万が一資格試験に不合格だった場合、受講料の全額返金を行っています。試験の特徴を把握しているテキストを利用するため、短期間で高い学習効果が期待できます。

フォーサイト公式サイト

キャリアコンサルタント|取得しやすい国家資格

勉強時間 8か月から10か月
受験資格 厚生労働大臣が認定した講習を150時間受ける
特徴 国家資格

キャリアコンサルタントになるためには、厚生労働省に認定されている養成講座を受講する必要があります。

厚生労働大臣が認定した講習を150時間受ければ、誰でも受験資格を得られます。年に2、3回ある国家試験に合格すると資格が取得できます。試験回数が多いので、講習の受講期間や自分の都合に合わせて受験時期を選ぶことが可能です。

キャリアコンサルタントが取得できるサイト

ヒューマンアカデミーのキャリアコンサルタント養成講座は、学費の最大70%が戻ってきます。行政や教育機関へキャリアコンサルタントを輩出してきたノウハウや実績を活かし、効率良く学べます。テキストは映像教材も織り交ぜているので、初めての方でも安心です。

今後の生活や仕事のため「資格」があれば安心!

女性は、結婚、妊娠、育児など、男性よりも人生の転機が多いです。その時に資格があればよかったと後悔しないためにも、資格取得がおすすめです。妊娠中に資格取得するメリットを見ていきましょう。

 妊娠中に資格取得するメリット

妊娠中に資格取得するメリットは以下の通りです。

  • 勉強時間が取れる
  • 気分転換になる
  • 職場復帰、転職時に有利

勉強時間が取れる

一つ目のメリットは、まとまった勉強時間が取れることです。赤ちゃんが生まれると授乳や、夜泣きなど、まとまった自由な時間はなかなか取れません。妊娠中であれば、自分のためにまとまった時間が取れるので、資格の勉強に最適です。

気分転換になる

資格の勉強をすることは気分転換にもなります。時間に余裕があると余計なことまで考えがちになり、待ち遠しいはずの赤ちゃんなのに、マタニティブルーに陥ってしまうこともあります。時間を有効に使えれば、余計なことを考えることもないでしょう。資格取得は気分転換にもつながるため、おすすめです。

職場復帰、転職時に有利

妊娠前と同じようにバリバリと仕事をしたいと思っても、以前の職場とは違う部署に配属になる場合もあります。そんな中、資格取得をしていれば、職場復帰のアピールになります。また、出産後転職を考える場合にも、資格取得が強みになるでしょう。

ただし、あまりにも難易度が高く取得までの時間がかかりすぎるものは、妊娠中の短期間では取得が難しいです。また、資格取得自体がストレスになってしまうでしょう。妊娠中はホルモンの影響でメンタルが不安定になることも多くあります。しかし、短期間で目指せる資格であれば、無理なく取得を目指せるでしょう。

それでは、妊娠中の短期間で取得できるおすすめの資格を紹介します。

妊娠中におすすめの資格まとめ

比較的短期間で取得できる資格を紹介しました。将来の自分や子供のことを考えて、何か資格を取得しておきたいと思う人は多くいます。

妊娠中に資格取得を目指せば多くのメリットが得られます。

  • 産後の就職や転職、復職にも有利
  • まとまった勉強時間が取れるので資格取得しやすい

隙間時間を生かして資格取得を目指せば、産後の就職や転職にも有利になりますし、スキルアップにもつながります。

短期間でも資格取得が目指せるので、自分に合った資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です